【永島勝司編集長特別取材】天龍源一郎の40年間を描いたドキュメンタリー映画が完成!天龍と当時を語る!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

プロレス界を40年間にわたり背負ってきたミスター・プロレス天龍源一郎の引退と真実の姿を描いた劇場用ドキュメント映画が完成した。馬場、猪木からピンフォールを奪った唯一のレスラーと言われる天龍。その引退発表からオカダ・カズチカとの引退試合までの一年間を、あらゆる角度から記録したドキュメントは天龍ファンのみならず、プロレスファン必見の映画である。
20161228tenryuu
 先日、何と10年ぶりに天龍と会った。以前と変わらない語り口調と笑顔。「カツゼツ悪いとか言われるけど、永島さんはすべてわかるよね」といきなり天龍に言われてビックリ。「そりゃそうですよ。長い付き合いですから」と返してガッチリ握手。

 天龍との話は、彼が新日本プロレスに参戦した時にほとんど集中したが、中でも対猪木戦(東京ドーム)の話は盛り上がった。この伝説の一戦を仕組んだのは俺だが、周囲は一様にビックリしていた。「どうやって猪木さんに承知させたのか?」「自分にプラスになるとは思われない試合を猪木さんが何故受けたのか?」と周囲の反応はすごかったね。坂口、藤波、長州なども首をひねっていた。しかし、俺の頭の中には猪木の今後を考えた時、ドームの集客を考えた時、これしかなかった。

 「猪木さんのスリーパーで俺が一度落とされたんだ。長州がリングにかけ上がってきたのを覚えているけど。あれは凄かった」天龍は当時を振り返りながら話していたが「あのスリーパーは反則ですよ。それで終わったらお客さんが怒るでしょう。だから俺は試合再開を直訴したんです」俺もその話を聞きながら当時を思い出していた。
 やはり天龍は凄いレスラーだ。とつくづく感じたものだ。それは一言づつの話の合間にも「格の重さ」を感じるものだったから。
 長州のアキレス腱を切断した時に両国の病院に見舞いに行ってくれた天龍。そこから新しい二人の因縁が生かされたり・・・話は尽きないほどだったが、時間もあり終了しなくてはならなかったのは残念だった。
 天龍が最後に言った。「永島さん、ウチのが最大の敵だったんじゃないの?」ウチのとは天龍の奥様のことだが、俺が天龍との交渉は一手に受けていたが、その時のスケジュールとギャラはすべて奥様が相手だったからね。天龍の言うとおり、俺にとって最大の敵だった。「いやあ実にはっきりしていて、やり易かったですよ。娘さんの紋奈(嶋田)さんがよく似ていますね」と当たり障りの無い返事をしたが、最後まで天龍は俺の心の中を読んでいたようだ。

 このドキュメンタリー映画『LIVE FOR TODAY-天龍源一郎-』は、来年2月4日から新宿武蔵野館などユナイテッドシネマ系の全国劇場で公開される。映画の中ではオフの様子とその過ごし方や試合会場の裏の部分での様子、様々な選手との交流風景などが克明に収録されており、天龍というレスラーの生き様と男気が伝わってくる逸品と言える。
livefortoday_tenryuu

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る