【インタビュー】プロレス番組のMCに決まった元AKB48の倉持明日香さんがプロレスとアイドルの共通点を語る!【後半】

  • 0
    Google+でシェア
  • 2
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 11月23日よりAmazonプライム・ビデオにて、新番組『有田と週刊プロレスと』がスタートした(毎週水曜更新)。この番組は、大のプロレスファンで知られる“くりぃむしちゅー”有田哲平さんが、プロレス大好き女子(通称:プ女子)である元AKB48の倉持明日香さんとともに、プロレス初心者のゲスト芸人を招いてプロレスファンのバイブル『週刊プロレス』を教科書に、語り尽くせぬプロレスの魅力を紐解くトークバラエティとなっている。

 今回は動画メディアである『Amazonプライム・ビデオ』と、紙メディアである『週刊プロレス』と、WEBメディアである『バトル・ニュース』のメディアの枠を超えた異色コラボレーションが実現し、MCを務める倉持さんが本当にプロレスが好きなのかを確かめるため直撃取材を行った!

 前半では純粋にプロレスへの興味や愛を語っていただいたが、後半はアイドルとプロレスの共通点や、さらに踏み込んだコアなプロレストークへ!

■アイドルとプロレスは通じるものだらけ

――現在は男子のプロレスだけではなく女子プロレスも盛り上がりを見せており、先日の週刊プロレスではサンリオピューロランドで女子プロレスが開催されたりと活躍の幅が広がっていますが女子プロレスに関してはいかがでしょう?
「(サンリオピューロランドプロレスは)すごいですね!ビックリしました!色んなところでやるんだなと思って!最初はほんとに女子プロレスを見る機会がなくて、週プロの誌面でしか見たことがなかったんですけど、実際に女子プロレスの試合を生で見に行くことがあって、初めて試合を見た時にすごく面白かったんですよね。プロレスラーとは言ってもやっぱり女性ですから、少し加減してやるのかなと思って見たんですけど、全くそんな事はなくて、気持ちでぶつかってるのがすごく伝わってきたんです。女子プロレスの方がわりと気持ちの部分が大きいかもしれないですね。自分より大きな選手にどう勝つかっていう時には、気持ちでぶつかるしかないと思うんですが、そういう姿を目の前で見ると、同じ女性として素直にすごくカッコいいと思いました。痛そうというよりは、その前に『カッコいい!』って思う気持ちの方が大きかったです。そういう意味では、女子プロレスは生で見たほうがより一層グッと引き込まれるかもしれないですね」

――実際に女子の選手の中で引き込まれた選手はいらっしゃいますか?
「私は(宝城)カイリ選手がすごく好きです。元々すごく好きで、ファンとしてTwitterをフォローしてたんです(笑)普通に歩いてたら誰もがプロレスラーだなんて思わないルックスというか、可愛らしさがある方なんですよね。週プロで見たのをきっかけに、カイリ選手をすごく好きになって、試合も見に行ったりしています。女子の団体は、試合が終わったあとのサインとか生写真だとか、そういうファンサービスにもすごく力を入れている所が多くて、それも女子プロレスの魅力だなと思います。あと、(安川)惡斗さんのドキュメンタリー映像を見て感銘を受けたというか、すごく心を打たれたんですよね。それで女子プロレスの見方がガラッと変わったというのもあるかもしれないです」

――ファンサービスが多いというお話がありましたが、倉持さんはアイドルというご職業ですがアイドルとプロレスに通じるものというのはあると思いますか?
「通じるものだらけだと思います!けど、8年間AKBをやっていましたが、やはりプロレスには敵わないなって思いながら卒業しました。例えば、私達も東京ドームでライブをさせていただいたんですけど、プロレスの場合は、東京ドームの大きさからするとすごく小さなリングの上で、360°お客さんに見られながら試合するわけですよね。スポットライトが当たって、ゴングが鳴って、30分、60分、さあ好きなように試合をしてくださいって事じゃないですか? そんな中で一番後ろのお客さんまで満足させるなんて、私にはできないなって。私もさいたまスーパーアリーナで1人で歌わせていただいた事があるんですけど、一番後ろのお客さんまで楽しませられたかって言われたら、やっぱりそれは私には出来てなかったと思いますし、皆でパフォーマンスして引き込むことは出来ても、1人だとやっぱり難しいなって。それを感じた時に、プロレスラーの方には敵わないなって思いましたね。私達はパフォーマンスを魅せる、プロレスラーの方々は試合で魅せる。小さなリングの上で、あれだけのものを魅せられるというのは、カッコよすぎますよね。それはまだまだ敵わないところですが、アイドルやってる時も、そこに追いつけるようになりたいなと、すごく思ってました」

■私の背中じゃ何も魅せられない

――今話を聞いているとリングへのリスペクトをすごく感じましたが、リングで立ってパフォーマンスしてみたいという気持ちはありますか?
「リングは何度か立った事はあるんですけど、震えました、足が!嬉しくて!リングに立つなんて、ほんとプロレスを好きになった時の16歳ぐらいの私に伝えたいって思いますね(笑)一番最初に立ったのは橋本大地選手のデビュー戦で花束を贈呈させていただいた時だったのですが、立った時に『あ~リングってこんな感触なんだ』って見えない所で軽く足踏みしたりしてました、花束持ったまま(苦笑)そして「爆勝宣言」がかかった時には、大地さんより先に泣きそうになっちゃって。嬉しくて!それぐらいほんとに嬉しくて。小橋さんの引退試合で花束を贈呈させていただいた時にも立ちましたね。あとは、大谷選手に技を教えて貰うという企画で、一度、ZERO1のリングに上がらせていただいたこともありました。新日本のリングでは、本間選手と抽選会をさせていただくというイベントをしたんですけど、何度立っても震えますね。嬉しくて」

――今聞いた所、後楽園ホール、両国国技館、日本武道館を制覇しているわけですが、東京ドームのリングにも
「東京ドームのリングはまだ上がってないですけど、立ってみたいですね…立ちたい気持ちはありますけど、怖いですね(笑)いつ何のタイミングで私は立てるんだろうと思いますけど、立てたら幸せですね…嬉しいです」

――実際プロレスを見ていて、試合をしてみたいと思ったことはありますか?
「試合をしてみたいとは思わないですね。私じゃ、私の背中じゃ何も魅せられないと思います。けど、セコンドには付いてみたいです。ある企画で、AKBのメンバーがプロレスの技をやってたんですが、ほんとに女子プロレスラーになって欲しいってずっと言ってたんですよ!私、ほんとにセコンドに付くからって。ぜひセコンドに付いてみたいですね。(リングを)叩きたいです、セコンドで!」

――カイリ選手のセコンドなどは
「それはもう、嬉しくてニヤニヤしちゃうかもしれない(笑)カイリ選手のセコンドだと嬉しくてニヤニヤしちゃうのでダメですね。AKBのメンバーのセコンドだったら気兼ねなく叩けると思います(笑)」

――そのメンバーとカイリ選手が闘うとなったらどちらのセコンドにつきたいですか?
「!?いや、その、もちろんそのメンバーのセコンドには付きますけど、めっちゃカイリさん見ちゃいます!(笑)あと、カメラマンもやりたいです」

――リングサイドカメラマンですか?
「はい。やりたいですねー。今の写真、絶対ベストショットだろうな!って思う所に居るじゃないですか?絶対あの写真見たいっていつも思いますもん!」

――この番組の企画で是非
「やりたいですね!ほんとに10秒ぐらいの配信でいいので(笑)行きたいです、写真撮りに」

――この番組は基本はスタジオ内で週刊プロレスを題材にプロレスの魅力を発信していくということですが、やはりそういう体験コーナー的なものも率先してやりたいと
「やりたいです!現場というか会場に行って、何かをするというのはやってみたいですね」
20161209kuramothi
■書いてる人によって色んな言葉があるのでいろんな記事を見ちゃいます

――今回この番組はWEBの動画メディアでの配信になりますが、週刊プロレスは紙のメディアになります。紙とWEBの違いはどのように感じますか?
「紙の良さは、とにかく細かいところまで見れることですよね。もちろん映像も止めたり巻き戻したりというのができますけど、紙は細かい所まで何回でも何度でも、すぐに見返すことが出来るっていうところですよね。例えば週刊プロレスの場合、まずは写真だけ見て、その後にじっくり記事の内容やコラムの文章を読む。で、さらにまた見返してっていうのを一週間かけて何回も楽しめるんですよ。ただ、何回でも楽しめるんですけど、それを読んだ人の意見はそこにないんですね。誌面ではプロのライターさんの試合レポートや選手が書いてるコラムというのもありますけど、それを見た人の感想はどこにも書いてないわけです。プロのライターさんじゃなく、一般のファンの見方だったりとか、誌面に書ききれない背景というのも沢山あると思うんですけど、この番組では有田さんが、有田さんならではの見方で、その当時のことや試合の内容をゼロから面白く話してくださるので、それを聞けるのがすごく楽しいです」

――ちなみに、WEBメディアのバトル・ニュースはご覧になられたことあります?
「あります! Yahoo!とかに記事が出てきますよね?書いてる人によって切り口や言葉が違うので、気になる試合がある日はもちろん色々チェックしています」

――他のプロレスメディアもチェックはしているのでしょうか?
「新日さんの動画サイト(新日本プロレスワールド)はすぐに試合の動画が上がるので、試合を見に行けない時は動画サイトで見ていますね」

■プロレスを構えて見ないでほしい

――今まで話題には出ませんでしたが、DDTやDRAGON GATEを見に行かれた事は
「ドラゲーの試合は、過去に3回チケットを取って3回とも行けなかったんですよ、仕事で!で、心が折れました(笑)悔しすぎてそれからは家で見てます、放送を。DDTも試合の放送があるので、スカパーで見てますね」

――これから新たに行ってみたい団体は
「やっぱりドラゲーは一回行ってみたいですね!ドラゲーに行きたすぎて、昔ハルク選手が舞台に出演された時にその舞台を観に行きました(笑)でもそれは過去3回とも行けなかったリベンジにはなっていないので、ぜひやっぱり試合に行きたいです」

――今度からはこの番組で仕事として行けますね
「行けますかね?けど確かに、勉強っていう名目でスケジュールを空けてもらいやすいかもしれません(笑)」

――そろそろお時間となってしまいました。それでは改めて、初めてプロレスを見る方にここを見てほしいという部分はどこになりますか?
「男子と女子で、見る目線も様々だと思うのですが、私は女子目線から、ぜひ見て欲しいなと思うのはプロレスラーの背中ですね。顔もカッコよかったりとか、肉体がすごくカッコいいって方もいらっしゃると思うんですけど、私はプロレスラーの背中がすごく好きなので、ぜひ背中を見て欲しいなと思いますね。選手がぶつかり合って闘う迫力や勝利への気持ちとか、技の綺麗さやその応酬っていうのはもちろんなんですけど、それと同時に選手の背中というのは、それだけで語りかけてくるものがあってものすごく魅力的なので、ぜひ見て欲しいなと思います」

――ありがとうございました。最後にこの番組への意気込みをお願いします
「全くプロレスを知らない方も沢山いらっしゃると思いますが、バラエティ番組としてぜひ軽い気持ちで見て頂きたいです。プロレスが分からなくても楽しい番組ですから!プロレスを構えて見ないで、普通にこの番組を楽しんで頂く中で、見てみたいと思う試合や気になる団体、選手ができてくれたらいいなと思っています。プロレスに興味が湧いて、ちょっとでも頭の片隅に置いてくれる人が増えたらうれしいですね」

20161115arita_syuupro
■「有田と週刊プロレスと」11月23日(水・祝)よりAmazonプライム・ビデオで独占配信中! ※毎週水曜日更新
出演者:有田哲平、倉持明日香/第1回ゲスト:綾部祐二(ピース)/ナレーター:田中ケロ/イラスト:広く。/演出:前川コーファン/監修:週刊プロレス/制作:全力カンパニー/製作・著作:フラッグ/ (C)flag Co.,Ltd.

公式サイト:http://arita-wp.com
公式twitter:http://twitter.com/aripro_wp
公式facebook:http://www.facebook.com/aripro.wp
Amazonプライム・ビデオ:http://www.amazon.co.jp/PrimeVideo

関連記事

サイト内検索

日別

2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る