HEAT-UPとどろき大会に川崎フロンターレの協力が決定!ふろん太くんが越中詩郎に対戦要求!?

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 10月20日(木)15時、神奈川・川崎市高津区にある川崎フロンターレクラブ事務所にて、HEAT-UP田村和宏代表が緊急会見を行った。今年6月25日、フロンターレのイベントにHEAT-UPが参加し提供試合を行っており、その時のつながりから今回HEAT-UPがとどろきアリーナで大会を開催すると聞きどうしても協力したいと名乗りを上げてくれた方がいるとの事。

田村「10月31日、とどろきアリーナ大会に向けての緊急会見を行います。大会まで2週間を切りました。この色々バタバタしている中で、なんと!また一つ山が動きました。今一番川崎を盛り上げているのではないかと思われる川崎フロンターレさんから、スペシャルサポーターの参加が決定いたしましたので、発表させていただきます。川崎フロンターレ公式マスコットキャラクターのふろん太くんです!ふろん太くんには、とどろきアリーナ大会を盛り上げてもらうために会場ロビーや特設売店に出てもらいます。来てくれたお客さんに、まずふろん太くんを見てテンションを上げてもらって…」

ふろん太くん「…(話す田村の肩を叩き、ファイティングポーズをとる)」

田村「え?戦いたい?リングに上がって戦いたいって?いやいや、無理だよふろん太くん、カードも決定しているし、だいいちふろん太くん鍛えてないでしょ?」

ふろん太くん「…(ガッツポーズで田村に返答する)」

田村「鍛えてるの?リングに上がりたいの??」

ふろん太くん「…(うなずく)」

田村「いやいや、(ポスターを指さし)見てみなよこのメンバーを。藤波さんから藤原さん、越中さんに大森さん、鈴木みのるさんやジャガー横田さんもいるんだよ?誰と戦いたいの?」

ふろん太くん「…(田村に耳打ちする)」

田村「越中詩郎さんとだって??無理無理、だって鍛えてないじゃないの」

ふろん太くん「…(力こぶを誇示する)」

田村「大丈夫?やった事あるの?…困ったねえ。わかった、じゃあ俺のチョップに耐えられたらリングに上がってもいいよ。自信ある?」

ふろん太くん「…(大丈夫!とポーズをとる)」

田村「じゃあ…(おもむろに立ち上がる)鍛えてるんだよね?普段。じゃあ行くよ!」

ふろん太くん「…(逆水平を受けてへなへなと崩れ落ち、無理無理と手を振る)」

田村「どう?ふろん太くん、リング上がる??」

ふろん太くん「…(手で×を作って駄目だと伝える)」

田村「じゃあ、ロビーで活躍してくれる??」

ふろん太くん「…(まかせて!とポーズ)」

田村「そっちの方がいい?リングは危険がいっぱいだからね。という事で、とどろきアリーナにふろん太くんが来場して盛り上げてくれるので、プロレスが好きな人たちだけじゃなくサッカーを、フロンターレを愛する人たちも会場で熱くなりましょう!!」

 以上のやり取りを経て、晴れてふろん太くんがとどろきアリーナ大会のスペシャルサポーターとして会場ロビーに来場する事が正式に決定した。川崎フロンターレから許可を受け、プロレス大会のサポーターとなるのは稀なケース。「川崎総力戦」に巨大な山が動いた瞬間であった。
20161020heatup_furonta2
――田村にはふろん太くんの言葉がわかるのか?
田村「熱い思いを持っている者同士、伝わるものがあるのです。僕だけじゃなく、皆さんも熱い心を持っていればふろん太くんの言葉が伝わるはずです!」

――プロレスとサッカーの共通点とは?
田村「やはり熱く応援してくれるサポーターがいてくれる事ですね。」

――ふろん太くんはどう思う?
ふろん太くん「…(田村に耳打ちする)」
田村「全く同じだと言っております」

――『川崎』を一言で表すと??
田村「そうですね、工業地帯というイメージが大きいですけど、豊かな自然と人々の繋がりの強さ。熱く繋がっている地域だと感じています」

――とどろきアリーナへの意気込みを
ふろん太くん「(田村代弁)サッカーファンも、プロレスファンも一緒になって熱く盛り上げましょう!」
田村「川崎を盛り上げるために強い、強いふろん太くんが来てくれて嬉しいです。10月31日は一緒に川崎を盛り上げていきましょう!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る