【会見】征矢学の復帰戦の相手が大森隆男に正式決定!久々のワイルド会見は案の定収集つかず!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 20日、都内GSPメディアセンターにて、10.9後楽園ホール大会にて復帰が決定している征矢学とその復帰戦の対戦相手に決定した、全日本プロレス・大森隆男が記者会見を行った。

 先日の全日本プロレス後楽園ホール大会では保留としていた大森だったが、果たしてどのような心境だったのだろうか。そして大森との対戦が決定した征矢の現在の心境とは?

征矢学
「10月9日の後楽園ホールで復帰が決まりまして。私、征矢学はどうしても復帰戦は大森さんとシングルマッチでやりたいという気持ちを、昨日ですかね?全日本プロレスさんの会場に行きまして直接私の気持ちを伝えたところ、まぁその場では返事がもらえませんでしたが今日こうしてちゃんとシングルマッチを組んでいただいたことを感謝しています」

大森隆男
「昨日の全日本後楽園大会でね、直接会場に足を運んでもらって彼の意向を聞きました。僕も本当に過去の事もあるんで即答はできなかったんですけど、まぁ一晩昨日試合が終わってかえっていろいろ考えまして、ここは過去の事もいろいろありましたけどすべて飲み込んだ上で彼の復帰戦の相手を務めたいというように自分で決断しました」

――正式に大森選手との復帰戦が決まりましたが今の心境はいかがでしょうか?
征矢「僕、今までのプロレス人生でまぁ藤波さんの団体も全日本プロレスさんも、形としてはいい形の円満退社という事はしていないんですよ、おそらく。そういう部分でやっぱり向こう側のみなさんにはご迷惑かけたと思います。でもそれでも自分自身、今回はどうしても大森さんと復帰戦は戦いたい。もともと全日本プロレスの時には、ワイルドを組むにあたりワイルド・コントラ・ワイルド、ワイルドストリートファイヤーデスマッチ。あ、デスマッチじゃないですね。ストリートマッチ?ストリート、なんでしたっけ?まぁストリート何とかっていうシングルマッチ。2回やってますから。3回目はワイルドを思い起こすためにも自分に刺激を与えたい。そういう気持ちで戦いたいと思っています」

――逆に大森選手は約3年ほど離れていた中で、征矢選手の活動については気にしていたんでしょうか
大森「そうですね。新聞、雑誌、インターネットサイト等では彼の行動・活躍は見ていましたね。…どう思っていたか…まぁ彼のやりたい事を体現しているんだろうなってのは思っていましたけどね。僕は僕で全日本プロレスに残ってやっていかなきゃいけないこと、自分の進む道を、戦っていくことをしていかなきゃいけないので。それで精一杯でした」

――征矢選手はいかがでしょうか
征矢「そうですね、自分の事でいっぱいいっぱいでしたから大森さんの事は見ておらず、どういう活動をしていたのかはわからないですけど、ただ髪の毛の色が変わったなっていう感じではあります。とにかくですね、やっぱりそのワイルドという物を追及していくとなると、おそらく大森さんも私が見ていなくても背中で男は語るという信念がワイルドにはありますので、三冠のベルトを獲ったりそういう活動はしていたのではないかと思います」

――昨日の段階では即答は避けていましたが、一晩経って復帰戦の相手を務めようと決めた理由はどのようなものでしょうか?
大森「2013年末に彼が退団するまでの経緯だとか、退団する際の事だとかいろいろ思い返してみて、復帰する時にはGET WILDでっていう事は彼と話していたんですけどそれも果たせないまま去って行ってしまって。僕も胸中複雑なものがあったし…ここで即答できないっていうのはそういう部分ですよね。でもやっぱり全てを飲み込んで、あの時の続きっていう言い方はおかしいんですけど果たせなかった物を今果たす、そういう巡りあわせっていうかチャンスが来ているんじゃないっかって。今回彼が全日本のリングに足を運んでくれたことがきっかけとなったことなんで、俺にとっては拒む理由もなかったし、全てを飲み込んで思い切って俺の方から一歩前に出てもいいんじゃないかっていう。かえって彼の行動から僕の気持ちの変化を起こしてもらった、っていう風には思いますよね」

――征矢選手はワイルドを思い起こすっていう言葉がありましたが、ここで大森選手とやるという事にどのような意味を見出しているのでしょうか
征矢「欠場している状態っていうのが、まぁ今回初めてじゃなく2度目の欠場ですけど、どうしても欠場中っておそらく存在自体が薄れていくと思うんですよね。征矢学というレスラーがドンドン地球上からなくなっていくような、そんな状態になるわけですよ。やっぱり会場で試合しないとお客さんの思い出からどんどん離れていくので、やっぱり不安だったりとか、それでも試合したいっていう気持ちが強くなってきて。そんな中思い返すと、もともとプロレスを楽めたきっかけってやっぱりワイルドなんです。そのワイルドの原点を見つめなおしたい、ワイルドとは何だったのか、と。まぁワイルド五箇条、なんでしたっけ?大森さんの」
大森「女性に優しく…自分に厳しく」
征矢「いろいろあるんですよ。征矢に優しく…あとなんでしたっけ?」
大森「宵越しの銭は持たない…雨の日には遠出するな」
征矢「今日はすみません、雨の日に遠出していただいて。大森さん、マイクもって喋ってくださいよ。全然聞こえないですから。伝えるのも我々の義務ですよ?とりあえず一つだけ大森さんに聞きたいんですけど、寝ずに考えたって言ったじゃないですか、私とのシングルマッチを。本当に寝ないで考えたんですか?」
大森「寝ないで考えたよ。寝ないで考えました。目が真っ赤です」
征矢「お疲れ様です。まぁ―」
大森「今彼が言った欠場している間、自分の存在が無くなるような不安な気持ちがあるというのは同じレスラーとしてすごくよくわかるんですよね。まぁ全日本プロレスが2013年に分裂してしまっている時に彼は欠場していた。その間、残された選手で何ができるかと。試合もしなければならない。自分たちの事で精一杯で欠場している彼のことまで想ってやることはできなかったんですよね。やっぱりパートナーとしてそういう支えられなかったっていう気持ちも同時に持っているんですよ。だから今回のこの彼からの申し出っていうのは俺は受ける必要があると、そういう風に自分で判断しました。これがワイルド五箇条の五箇条目だ」
征矢「すごく長い五箇条目ですね。今たぶん誰も覚えられないですよ。もう一回言えますか?さっきの五箇条。言えます?四箇条目まではなんとなくわかったんですけど、五箇条目はどこからどこまでが五箇条目なのか」
大森隆男選手「“だ”までだよ」
征矢「“だ”までですか。凄く長いですね。おそらく一回言ったっきりで終わりますよ。までも本当に大森さんのそういうね、おそらく全日本さんはみなさんが良いとは思っていないでしょうけど、大森さんが死ぬ気で僕にシングルマッチを…大森さんが僕とシングルマッチをやりたいという」
大森隆男選手「お前ワザと言うな」
征矢「それは僕自身間違えたんですけど、大森さんが僕とやりたいのも、僕が大森さんがやりたいのも、1+2=、2+1=と一緒なんですよ」
大森「今やっと同じになったんだよ。俺もお前とはやりたいよ」
征矢「だから2+1じゃないですか?昨日は2+1かもしれないけどじゃあ今日は1+2ってことですか?一緒でしょ?」
大森「1=1じゃないか、今は」
征矢「1=1ですか。だから大森さんが僕とやりたいっていう言い方でも間違いじゃないのかなって、今も昔も」
大森「いやいやいや、昨日の時点では1=0だったんだよ」
征矢「1=0…1=0、え?1=0ってどういうことですか?1は…1=0…」
大森「…その話、長いの?」
征矢「いや、そろそろ終わりにしましょう」
大森「それだけ喋ればノドも乾くだろ、なぁ?久しぶりにあったら相変わらずベラベラ喋ってばっかで。伸びたの髭だけか?お前は」
征矢「髭はあれですよ…大森さん、またそうやって人を外見で判断するっていうのは全然ワイルドじゃないですよ」
大森「外見で判断するとか言って人の事金髪だなんだ言ってるじゃん、最初に。おかしいだろ」
征矢「言いましたっけ?」
大森「久しぶりに会って変わったところは金髪ぐらいですねって、人間的に全く変わってないみたいじゃないか、俺の事」
征矢「いやだって金髪って…言いましたっけ?ちょっとだけ髭伸びましたね、って言うのはアリですか?」
大森「いやもう髭と髪の毛の区別つかなくなったですね。人間そこまで髭が伸びるのかと思うよ。ある程度まで伸びたら止まるだろ。そこまで伸びるのか。ギネスブックに載ってるどっかの国の人みたいだな、なんか爪が異常に長い人、みたいな。っていうかお前ほんと後楽園覚悟しとけよ!ふざけやがって!こんなつもりで今日会見来たんじゃねぇんだよ!ふざけんじゃねぇ!(大森が怒って退場)」
征矢「またそうやって得意の帰るやつですか。ちゃんと傘もって帰ってくださいよ!…すいませんまた…まったく、大森さん!」

 征矢学の復帰戦の相手が正式に全日本プロレス・大森隆男に決定した。かつてワイルドの名のもとに共に戦ってきた仲間との再会。どうなってしまうのかという期待と不安が入り混じった会見場で、案の定収集がつかない状況に。久々に行われたワイルド会見。両選手の想いはどのように交差するのか。10.9後楽園、ワイルドな男たちのワイルドな戦いを絶対に見逃すな。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 UPDRAFT』
日程:2016年10月9日(日)
会場:東京・後楽園ホール
開始:12:00 開場:11:00

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】児玉裕輔
vs
【挑戦者】ジェイ・フレッディー
※第5代王者は2度目の防衛戦

▼征矢学復帰戦 シングルマッチ
[new Wild order]征矢学
vs
[GET WILD]大森隆男(全日本)

▼5対5イリミネーションマッチ
稲葉大樹/土肥孝司/黒潮“イケメン”二郎/熊ゴロー/藤村康平
vs
河野真幸/近藤修司/葛西純(FREEDOMS)/火野裕士(フリー)/NOSAWA論外(フリー)

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×