CPE15周年記念新木場3Daysは大成功!トーナメントは若林美保が優勝!“バナナおじさん”木原文人の50歳の誕生日をお祝い!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5月19日、新木場1stRingでの三連戦初日となる『何が起こるか解らない!?キャットファイトミステリーツアーpart7』が開催された。この初日は観客数限定のプレミアム・イベントとなり、お客さんがリングに靴を脱いで上がり込み、追いはぎされた選手がお客さんの膝枕にでロープブレイクという3way試合形式も行われた。選手とのツーショット撮影特典があるなど、アットホームな雰囲気が初日の特徴であり、試合カードなども当日発表のお楽しみとなる。

2016-05-19CPE初日
 第1試合に組まれた佐野直vs.さちこYokozunaは衝撃的だった。前田日明のようにキックをぶち込む佐野だが、アンドレ・ザ・ジャイアントのような肉体を晒したままのさちこは岩のように動じない。無理やり佐野がさちこを倒してグランドに持ち込み足固めの体制に持ち込んだりはしたが、結局は膠着してしまう繰り返しのセメント臭がただよい始め、キャットファイト大会の特徴である場内実況陣も言葉が続かない試合展開に。終いにさちこがリングに大の字になって試合放棄の意思表示。
 THOGO代表が「お客さんに見せるモンじゃない」とリングに飛び込み、試合はノーコンテスト裁定に。しかし、選手が消えたあとも新木場の控室から怒号が聞こえる荒れたカードとなった。

 初日はキャットファイトの常連さんが軸であるが、新木場がギッシリ満員になる金曜、土曜でなくあえて初日から初めて来られたお客様もいらっしゃったが、ただただトンデモなプレミアム・イベントに唖然とされていた方も大勢いた。

2016-05-20CPE二日目2
 三連戦中日の20日では『ぶっかけ放題!選手全員水着ッ!わくわくキャットファイト水着ぶっかけ祭り2016』が開催。
 オープニングは恒例のMC陣による前説から。「来年真打ちに昇進する」のは白いスーツの落語家・鈴々舎馬るこリングアナウンサー。山本雅俊と山田ぶぅの実況席コンビは定番で、印度の林檎と木曽さんちゅうがラウンド間インターバル時の選手コメントなどに活躍する。「元週刊プロレス・格闘技通信、現・歌手の安西伸一」がヤマモ山本雅俊より紹介されていた。安西は千葉テレビに出て熱唱したのだから確かに歌手だ。
 但し大会は、キャットファイト代表THOGOのプロデュースでCDデビューを果たした中村ピアノの「キャンディ キャンディ」からスタートした。

2016-05-20CPE二日目1 第5試合の『女闘美ファイト』にはスマックガールなどで活躍する総合選手の川畑千秋が参戦。キャットファイトでは常連にして格闘家の羽柴まゆみとはガチンコ戦の再戦になり一部ではどよめきが起こった攻防が実現。チョークで締め落とされた試合後、羽柴まゆみがアザだらけになった肢体を見せてやりすぎだと文句を述べた。リアルな柔術のポジション取りから、オープンフィンガー・グローブを着けての試合を選手は水着姿でお客さんは水鉄砲でぶっかけ放題という構図はCPEならではのシュールさを醸しだした。

2016-05-20CPE二日目 メインイベントではラ・マルクリアーダ&さちこYokozuna&栗鳥巣vs遠藤マメ&Kouzy&シバターという男子対女子のタッグマッチ。新宿二丁目プロレス所属の遠藤マメが大嫌いな女性に攻められ悲鳴をあげると、真っ向勝負にでたKouzyも襲われる。シバターの格闘ファイトもさちこYokozunaの肉体の前では歯が立たず、最後はさちこが各選手を圧殺し勝利した。

2016-05-19CPE初日2 『バナナとアワビのロイヤルランブル』と題されたカードでは、全日本プロレスの木原文人がバナナおじさんとして前夜に続き大活躍。フィナーレには、この日50歳の誕生日を迎えた木原さんがBABYMETALのTシャツ姿で会場に集まった全員からお祝いされた。

2016-05-20CPE三日目1
 三連戦の最終日・千秋楽となる21日では『CPE宣言ッ!女闘美クライマックス!~最強は誰だ!?ワンナイトキャットファイトトーナメント~』が開催された。
 
 ダークマッチではNCL総帥だったガッティがCPEの母ラ・マルクリアーダにいたぶられ、タップする前にセコンドからタオルが飛んだ。

2016-05-20CPE三日目 ワンナイトトーナメントがスタートすると、第1試合から“Hカップ格闘家”キラ☆アンと“セクシー女優”範田紗々が今宵のバナナおじさんエキサイティング吉田に大人のテクニックを披露するが、ここはプロである範田紗々が勝利。第2試合では“ロリカルトファイター”として人気の白玉あもと“初代ミニスカポリス”福山理子が対峙し福山がビューティフルアートな試合でキャリアの違いを見せつける。続く第3試合の追い剥ぎマッチでは胸に定評があるディジーマインを追い剥ぎの女王である“美熟女ストリッパー”若林美保が一枚ずつしっかりと脱がしきり貫禄の勝利。第4試合のオンリーギブアップマッチでは平井さん。改め中村さんを鳳華が下し、これで準決勝のカードが決定。

2016-05-20CPE三日目3 両国で行われたCPEでもパフォーマンスを行った小泉千秋、桃杏める、ひなたあみ改め愛海がラウンドガールで盛り上げる中、福山理子がコスチュームも毎回変えるサービスで決勝進出。逆ブロックからは若林美保が勝ち上がり、アダルト凶器公認40リットルローション使用マッチで福山の悲鳴が鳴りやまない中、若林美保が優勝し15周年のCPEを大歓声に包んだ。
2016-05-20CPE三日目エンディング

(写真・記事提供:CPE)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

月別

ページ上部へ戻る