葛西純とハードコアマッチを行う黒潮“イケメン”二郎が「アンダーグラウンドなハートを露出する」と怪気炎!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 5.4東京・後楽園ホール大会にて、イケメン試練の七番勝負 第四戦として葛西純選手とハードコアマッチを戦うことになった黒潮“イケメン”二郎選手。果たしてどのような気持ちで当日を迎えるのか、現在の心境を聞いた。

――5.4後楽園ホール大会でイケメン試練の七番勝負として葛西純選手とハードコアマッチで戦うことになりましたが、今の気持ちを教えてください。
イケメン「怖い。怖いです。ただ、公にはしていないんですけど、実は僕が一番好きなプロレスラーはジェフ・ハーディーなんですよ。で、一番好きな試合形式もTLC形式なんですよ。まぁジェフ・ハーディーといえば大きな脚立から飛ぶっていうことで。僕の中ではハートがとても華やかなハードコアの選手なんですよ。ハードコアの選手であそこまで華やかなスーパースターはいない。僕はそこを目標にやっているわけです。僕、一度某団体でTLCマッチをバラモン兄弟とやりまして。その際、6mの脚立から見事に自爆してバラモン兄弟にバラモンヘアーにされてるっていう経歴を持っていまして。今回も正直怖いですけど、ハードコアマッチでお客さんを魅せる自信はあるんです。試練ですけど、僕にとって武器を使って葛西さんと戦うこと自体は正直そんなに試練じゃなくて。武器を使った試合でお客さんをいかに魅せるかっていうのが僕にとっての試練であって、そこを乗り越えてお客さんに感動を与えるっていう。そんな使命感を持って5月4日に臨みたいと思います」

――では対戦相手の葛西選手についてはどのようなイメージをお持ちですか?
イケメン「人格者。“ザ・レスラー”じゃないですか?普段はやっぱり優しい一面を持って、子供を愛して、いい家族を持ちながらリングに上がったら豹変する。…まるで二重人格ですね。そこは僕も同じで、普段実は僕は暗い一面を持っていたりするんですよ。A型なんでほっといてほしいときはほっておいて、みたいな。でもリングに上がるとイケメン全開になるんで。やはり人格者対決じゃないですかね。葛西さんはキャリア20年くらいありますよね?そこはまだ僕は4年と半年くらいなんですけど、5倍近いキャリアを乗り越えてみせますよ」

――先ほど葛西選手とハードコアを戦う事よりも、そのハードコアマッチでお客さんに何を見せられるか、というところが試練とおっしゃっていましたが、具体的に何か考えていることはありますか?
イケメン「小さいころに集めた、何百体とあるプロレスラーのフィギュアをリングに敷いて、そこにボディスラムしてやろうか、とかは考えていますね。やるかはわからないですけど。まぁどういう事をするかというのはまだ秘密ですが、お客さんが、はっ!っと驚くようなことをしたいですね。痛みとかはもちろんなんですけど、ブッ飛んでるところ。イケメン二郎のアンダーグラウンドなハートをお客様に露出できればと思っています」

――では最後に5.4後楽園ホール大会に向けての意気込みをお願いたします。
イケメン「目標とする選手、いろいろといますけど葛西さんは正直僕の中では戦うと思っていなかった相手なので非常に冒険というか。そんなハートを持ちつついつものイケメンにどう狂乱な、狂?きょう…きょうき!狂うに気持ちの気で“狂気”ですね!イケメンにどう狂気をつけるか…見どころだと思います。5月4日、後楽園ホールで黒潮“イケメン”二郎vs葛西純、ハードコアマッチ!エニウェアフォールマッチでもいいですよ!僕はみせますんで!あ、魅了の“魅”ですよ!?魅せますんで皆様期待していてください!ヒントは高所!高い所と書いて“高所”!ダイブ!バルコニーから飛ぶなんてそんな甘いもんじゃないですよ!?もっと複雑にいってやります。フィニッシュ」

 イケメン七番勝負第四戦 黒潮“イケメン”二郎vs葛西純。ハードコアマッチの経験は圧倒的に葛西の方が上であり、まさに試練という言葉に相応しい形となったイケメン。しかし話を聞くと、怖いとは言うものの最後には秘策を用意しているともとれる発言を残し、むしろ楽しみにしている様子。5.4後楽園ホール大会は新たな、“狂気”を携えたイケメンの一面を見ることができるかもしれない。

『WRESTLE-1 TOUR 2016 TRIUMPH』
日程:2016年5月4日(水・祝)
会場:東京・後楽園ホール
開始:12:00

▼シングルマッチ
藤村康平
vs
佐藤恵一

▼シングルマッチ
稲葉大樹
vs
土肥孝司

▼8人タッグマッチ
田中稔/TAJIRI/浜亮太/アンディ・ウー
vs
河野真幸/“brother”YASSHI/村瀬広樹/芦野祥太郎

▼new Wild order vs REAL DESPERADO 6人タッグマッチ
征矢学/AKIRA/熊ゴロー
vs
KAZMA SAKAMOTO/NOSAWA論外/MAZADA

▼イケメン試練の七番勝負 第四戦 ハードコアマッチ
黒潮“イケメン”二郎
vs
葛西純(FREEDOMS)

▼スペシャル6人タッグマッチ
武藤敬司/橋本大地(大日本)/LEONA(DRADITION)
vs
岡林裕二(大日本)/中之上靖文/吉岡世起

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】鈴木鼓太郎
vs
【挑戦者】カズ・ハヤシ
※第4第王者2度目の防衛戦

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者】火野裕士
vs
【挑戦者】KAI
※第7代王者の3度目の防衛戦

(記事・写真提供 WRESTLE-1)

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る