DRAGON GATE 4・7後楽園ホール大会 ススム&神田&K-ness.&マサアキvs鷹木&YAMATO&サイバー&谷嵜 キッド&Eita&パンチvs土井&Kotoka&問題龍

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『THE GATE OF PASSION 2016』
日程:2016年4月7日(木)
開始:18:30
会場:後楽園ホール
観衆:1850人・超満員札止め

▼タッグマッチ 20分1本勝負
○ヨースケ♡サンタマリア/スタン市川
9分27秒 狙い撃ち
[ジミーズ]●堀口元気H.A.Gee.Mee!!/斎藤“ジミー”了

▼タッグマッチ 20分1本勝負
ドン・フジイ/●U-T
10分9秒 変形フィッシャーマンスープレックスホールド
[OVER GENERATION]○山村武寛/石田凱士

▼シングルマッチ 30分1本勝負
[MONSTER EXPRESS]●T-Hawk
10分47秒 腕ひしぎ逆十字固め
[OVER GENERATION]○エル・リンダマン

▼6人タッグマッチ 30分1本勝負
[MONSTER EXPRESS]吉野正人/戸澤陽/○ビッグR清水
15分35秒 砲丸投げスラム→エビ固め
[OVER GENERATION]●CIMA/Gamma/Kzy

▼パンチ富永「負けたら即引退」スペシャル6人タッグマッチ 時間無制限1本勝負
ドラゴン・キッド/○Eita/パンチ富永
12分38秒 Numero Uno
[VERSERK]土井成樹/●Kotoka/問題龍

▼8人タッグマッチ 60分1本勝負
[ジミーズ]○ジミー・ススム/ジミー・神田/ジミー・クネスJ.K.S./ジミー・マサアキ
19分35秒 ジャンボの勝ち!!→エビ固め
[VERSERK]鷹木信悟/●YAMATO/サイバー・コング/谷嵜なおき

▼緊急決定試合 時間無制限1本勝負
[VERSERK]●サイバー・コング
30秒 回転エビ固め
[VERSERK]○問題龍

VERSERKが分裂し金網で正面衝突!パンチが引退回避!八木本部長が「髪は戻る」とカベジェラ戦の欠点を指摘

第1試合

2016-04-07DRAGONGATE_第1試合 先日の愚連隊興行で東京世界タッグを落としたスタン市川がDRAGON GATEマットに登場。
市川がガットショットからウエスタンラリアットも、斎了がラリアットで倒しフォール。2で市川が返すとマリアが入ってきてバレリーナのように優雅に斎了を飛び越える。マリアはストンピングから斎了に「フゥー」っとやりなさいよとバレリーナのように飛び越えろと指示するが、斎了はマリアの背中を踏みつける。

斎了は「フゥーってやってとびこすので」と言って両足をそろえて飛び越えると、マリアにお手本を見せろというが斎了はマリアをコケさせる。
マリアはボディブローからコーナーに逆さ吊りにするが、斎了はマリアの足を挟んで離さない。マリアはその腕を引き抜くと斎了の顔面に尻を押し付ける

市川が堀口の手を掴みロープ渡り。市川は補助無しでロープを渡ろうとするが失敗して股間を強打。堀口が斎了をその隙に助ける。
斎了はゴムパッチンをしようとするが市川がすぐに離して自爆。再度やろうとするが失敗。
斎了は「後楽園の皆さんにプロレスの基本ボディスラムお見せします」と市川を雑に投げ捨てる。斎了は再度雑に投げ捨ててダイビングフットスタンプからフォールも2。

斎了は市川をロープに振るとラリアットも市川はこれを避けてコルバタで投げるとマリアにタッチ。

マリアに堀口と斎了がダブル攻撃を狙うが、ドラゴンリングインからポーズを決めたマリアにダブル攻撃を狙う。だがマリアが斎了と同士討ちさせると、市川のコルバタを斎了は着地させてモメ続けた所をマリアが斎了を馬飛びから堀口にドロップキック。斎了をコーナーに振るがマリアを蹴り飛ばしてカットした斎了に、八木レフェリーが市川を投げ飛ばし斎了は走りこんできた市川を蹴り飛ばす。再度八木レフェリーが投げようとするが、市川が逆に投げレフェリーが串刺しラリアット。市川が堀口にカンチョーロケットをお見舞いし、そのままドミノ倒しで斎了がレフェリーにカンチョー。市川は735からラ・マヒストラルもレフェリーはコーナーで尻を押さえたままカウントを叩けない。

レフェリーは尻を押さえながらなんとかカウントを叩くが、一回叩くと響くため中々続かない。しびれを切らした市川が「オイレフェリー遅いでしょ!勝てたよ!」と抗議すると、斎了も「勝てたよ!勝たしてあげてよ!もっと早く!」と指導し、市川にスクールボーイも市川は高速カウントも2で返す。

市川はブレーンバスターを予告すると斎了が上げようとするが、市川が予告通り投げ捨てる。堀口が市川にラリアットも市川は避けて場外の斎了にトペ・スイシーダ。堀内がマリアにバックスライドを狙うもマリアがリップロックから狙い撃ちで3カウント。

第2試合

2016-04-07DRAGONGATE_第2試合 CIMA「えー後楽園の皆さんこんばんわ。DRAGON GATE盛り上がってますか!皆素晴らしいね。今日はね、お隣の東京ドームでは阪神タイガースと読売ジャイアンツの大切な試合がありますけど、今日後楽園ホールもDRAGON GATE、そして我がOVER GENERATIONの大切な試合がありますんでパンチくん。パンチ冨永負けたら即引退スペシャルマッチ。つい最近まで忘れてた。マイク持っていただいてパンチくん。せっかくなんで、先月はインフルエンザに掛かっちゃってお休みだったんで、せっかくなんで負けたら即引退スペシャルマッチに向けて意気込みをよろしくお願いします」
パンチ「皆さん!一ヶ月ぶりにパンチ冨永が帰ってきました!2ヶ月ぶりです」
CIMA「帰ってきた言うほどちゃうやろ」
パンチ「インフルエンザで頭が。インフルエンザにかかっているうちに勝手に負けたら即引退マッチ決まっちゃいましたが。一ヶ月間ず~っとそのこと考えて、今日は必ず勝ちますんでみなさんの応援よろしくお願いします!」
CIMA「でもね、最悪よ、万が一負けてしまうようなことがあったらね、パンチ富永改め、ウンチ富永とか、頭スキンヘッドにしてスキン富永とか色々5つぐらい考えてきてるから」
パンチ「いや大丈夫ですCIMAさん」
CIMA「いや無茶振りしたらどうなるかって思って。だいぶテンパってきたな。石田と山村も、髪の毛切りたてほやほや、相手はU-Tとドン・フジイですわ。一歩間違えばドン・フジイ大変なことになるからやられる前にやるんやぞ。パンチくんそのままの勢いでゴングキッズお願いします」とゴングキッズを選ぶが、何故か対戦相手であるVERSERKのTシャツを着た少年を選び、案の定好きな選手はVERSERKの選手ばかり。VERSERK以外を聞いて空気を読んだゴングキッズが「パンチ富永選手」と応え盛り上がりながら試合開始。

先発は石田とU-T。エルボーの打ち合いから石田がローキックからヘッドロック。U-Tが髪を掴んでヘッドロックからショルダータックルで倒し。再度走りこむと石田がリープフロッグからアームホイップ。U-Tもアームホイップで返しドロップキックで場外に叩きだすとフジイにタッチ。

山村がドロップキックからチョップ連打もフジイはチョップ一発で返す。再度山村がチョップ連打もフジイは突き飛ばして倒し、再々度山村がチョップ連打からランニングエルボーもフジイは顔面を張って一度ロープに飛んでからその場飛びクロスボディアタック。フォールも2。

山村が低空ドロップキックもU-Tが出てきてエルボーで倒すとフジイはU-Tの胸を張りタッチ。
山村とU-Tが顔面を張り合い、お互いロープ際でエルボーの打ち合いからU-Tが馬乗りになってエルボー連打。山村が体勢を返してエルボー連打も、フジイが山村を引き剥がしU-Tの顔面を張る。

U-Tがエルボー連打からロープに振ってバックエルボー。フジイはなぜかU-Tの背中にペットボトルを叩きつける。U-Tはフジイにタッチ。

フジイは山村の顔面にナックル連打からコーナーで強烈なチョップ。さらに地獄突きからエルボードロップを投下しフォールも2。

フジイはハーフダウンの山村にサッカーボールキック。山村はチョップ連打から低空ドロップキック。フジイは顔面を張り石田が出てきてフジイにローキック連打もU-Tが場外に連れ出す。フジイは山村にボディスラムからU-Tの顔面を張りタッチ。
チョップ合戦から山村がチョップ連打からロープに飛ぶもフジイがエプロンから蹴り上げる。U-Tは山村をコーナーに振るが山村はミサイルキックを叩き込み石田にタッチ。
石田はミサイルキックでふっ飛ばし、エプロンのフジイに石田と山村がドロップキックを叩き込み場外に降りたところで2人同時にノータッチトペ・コンヒーロ。

U-Tが石田をコーナーに振るが石田は足を伸ばしカット。石田はロープに飛ぶがU-Tがスピンキックでカットしヘッドバッド、石田もスピンキックでカットしPKからフォールも2。

石田と山村はトレイン攻撃もU-Tはカットし、山村がU-Tにみちのくドライバーも2。石田が丸め込むもフジイがカット。
フジイは石田と山村をコーナーに振ると2人まとめて串刺しラリアットから2人まとめてDDT。U-Tがダイビングヘッドバッドも避けた石田と山村がフジイにダブルドロップキックも。フジイはそれぞれスピンキックからU-Tをデッドリードライブで2人に投げ捨てフォールさせるも2。

フジイとU-Tがコーナーから振り同士討ちさせた所をフジイがダブルラリアットからU-Tを背負って雷電ドロップからフォールも2。
U-Tは山村にダイビングヘッドバッド。避けた山村にフジイがラリアットも山村は首固め。返したフジイが山村にラリアットからフォールも2。
U-Tが羽交い締めにするが山村はカット。フジイが羽交い締めにするがU-Tのエルボーは誤爆。石田が出てきてフジイを場外に出すとU-Tにミドルキック連打。石田はハイキックを避けられるも延髄斬り。山村がフィッシャーマンスープレックスも2。再度山村がロコモーション式フィッシャーマンスープレックスホールドで3カウントを奪った。

第3試合

2016-04-07DRAGONGATE_第3試合 ロックアップからT-Hawkがロープに押し込みブレイク。再度ロックアップからリンダがロープに押しこむも、リンダはガットショットからロープに飛ぶがT-Hawkはタックルで吹っ飛ばす。

リンダがドロップキックからT-Hawkのラリアットを避けてショルダータックル。リンダはミサイルキックからフォールも2。
リンダはストンピング連打からコーナーに振ろうとするが、逆に振ったT-Hawkが走りこむと強烈なチョップ。

T-Hawkはリンダをコーナーに叩きつけチョップを2発叩き込み顔面を踏みつける。
T-Hawkはアームホイップからフォールも2。T-Hawkはロホもリンダはロープへ。

エルボーの打ち合いからT-Hawkが強烈なチョップで倒し、ロープに振ろうとするがリンダはロープを掴み耐える。T-Hawkはチョップから振ろうとするも逆に振ったりんだが飛びつくがT-Hawkはそのままパワーボム。リンダは三角絞めもT-Hawkは担ぎあげバスター。走りこんで来たT-Hawkをリンダはリバースして叩きつけると場外に転がったT-Hawkへノータッチトペ・コンヒーロ。

リンダは串刺しエルボーから逆コーナーに振って串刺しエルボー。リンダはノーザンライトスープレックスホールドも2。リンダはセカンドロープからのフロッグスプラッシュもT-Hawkは剣山で迎撃し串刺しチョップ。
エルボー合戦からリンダがエルボー連打しT-Hawkのチョップをガード。T-Hawkはニーリフトもリンダはバックドロップ。だがT-Hawkもウラジゴクで叩きつけ両者ダウン。

T-Hawkがナイトライドを狙うが着地したリンダが走りこむもキャッチしてナイトライド。フォールも2。
T-Hawkは再度担ぐも着地したリンダをホイップしてニーリフト。だがリンダは投げ捨てジャーマンからロコモーションジャーマン。ドラゴンスープレックスを狙うがT-Hawkがナイトライドを狙った所を引き込み腕ひしぎ。バスターしようとしたT-Hawkをそのままグラウンドに引き込んでクラッチを切るとT-Hawkがギブアップ。

第4試合

2016-04-07DRAGONGATE_第4試合 先発はGammaと戸澤。Gammaが戸澤を場外に叩きだそうとし、ショルダータックルで倒すと戸澤が「ウー!」とキメ台詞を奪う。戸澤はGammaを場外に落とすとライオンサルトでポーズを決めるかと思いきやトペスイシーダを叩き込む。

リングには吉野とKzy。吉野がドロップキックで吹っ飛ばすと、Kzyはアームホイップから吉野にウェーブさせようとするが吉野はやらない。Kzyがラリアットも吉野はこれをキャッチし逆にKzyにウェーブさせる。Kzyは「全部やられた!」とCIMAにタッチ。

CIMAと清水がショルダータックルのぶつかり合いから走りこんで来た清水に低空ドロップキック。CIMAはチョップからコーナーに振り走りこむも清水はカウンターのショルダータックルで倒し、腕を捻ると吉野にタッチ。吉野はその腕にダイビングハンマー。続いて戸澤もダイビングハンマー。清水もコーナーに登るも、もたもたしているためCIMAがKzyにタッチ。
KzyとCIMAはダブルドロップキックを叩き込むと、Kzyは戸澤をセットしギロチンドロップ。フォールも2。KzyはGammaにタッチ。

Gammaは戸澤の顔面にツバ攻撃。Gammaはナックルからストンピング。チョップの応酬から戸澤がナックル。次々OVER GENERATIONをナックルも石田が立ち位置を間違え続かない。
戸澤と吉野はGammaの腕にハンマー。今度こそ清水がコーナーに登るとGammaの腕にハンマーを落とし清水にタッチ。

清水はGammaをコーナーでチョップ連打から担ぎあげて背後に投げ捨てる。GammaはKzyにタッチ。
Kzyはドロップキックからストンピングで叩きつけるとロープ際にセットするとCIMAがセントーン。Kzyもセントーンを投下しフォールも2。
Kzyはボディスラムを狙うも清水が逆にボディスラムで叩きつけてチンロック。清水は吉野にタッチ。

吉野はKzyをロープに振ろうとするも逆にKzyが振るが吉野がジャンプしたKzyをドロップキックでふっ飛ばしフォールも2。吉野は戸澤にタッチ。
戸澤はボディスラムからダイビングセントーン。フォールも2。戸澤は清水にタッチ。
清水はKzyにコーナーでショルダーを叩き込みベアハッグからブレーンバスター。フォールも2。清水は戸澤にタッチ。
戸澤は顔面を蹴りつけストンピングからエルボー。エルボー合戦になり、Kzyがロープに振られるとバックエルボーで倒してCIMAにタッチ。戸澤も吉野にタッチ。

吉野は走りこんできたCIMAを避けるもCIMAがドロップキックで場外に出す。Gammaが出てきて清水がショルダーアタックもこれを避けた2人がダブルのブレーンバスターからKzyとウェーブを決めトリプルトペ。

清水がGammaをコーナーに振るもGammaがカットしラリアット。耐えた清水にGammaは再度ラリアット。3発目も受けきった清水がガットショットからパワーボムを狙うがGammaはDDTで返しアックスボンバー。これをキャッチした清水が旋回式バックフリップ。フォールもCIMAがカット。

CIMAは吉野にキックも避けた吉野がフロムジャングル。吉野は丸め込むも2。吉野の串刺し攻撃をCIMAが避けてビーナスからアイコノクラズム。Gammaが低空ドロップキックからCIMAがライオンサルトを決め、GammaとCIMAが串刺し攻撃からGammaのブリッツェンとCIMAのダイビングフットスタンプの共演。
KzyがKZ.timeも吉野が避けて、モンスターのトレイン攻撃をなんとか返したKzyがコーナーに登るも戸澤が正面に登り雪崩式ブレーンバスター。

Kzyにモンスターのトレイン攻撃から吉野がトルベジーノ。戸澤がぶっこ抜きジャーマンスープレックスホールドも2。清水がぶっこ抜いて旋回式ジャーマンスープレックス。清水は砲丸投げスラムを狙うもCIMAが後頭部にミサイルキック。

戸澤とKzyがエルボー合戦もKzyがエルボースマッシュから走り込むが戸澤が旋風脚も避けたKzyがB-BOYからGammaがガンマスペシャル。CIMAがメテオラを発射も清水がCIMAに砲丸投げスラム。これで3カウントを奪った。
清水は「うぉぉぉぉ!うぉぉぉぉぉ!!うぉぉぉぉぉっぉ!」と叫ぶだけ叫んでリングを後にした。

第5試合

2016-04-07DRAGONGATE_第5試合 キングオブゲートの詳細が発表され24選手がエントリーされることと組み合わせが発表された。

試合が介されるとVERSERKが急襲しパンチにストンピング連打。土井がセットしKotokaがダイビングフットスタンプも2。問題龍がフォールも2。土井がフォールも2。
土井がナックルからロープに飛ぶもキッドとEitaがダブルのガットショットからKotokaにEitaのニードロップとキッドのその場飛びムーンサルトの共演。問題龍にトレイン攻撃からPTミサイル。フォールも2。
パンチはハンマーを落としてからコーナーに叩きつけガットショット連発から逆コーナーに振り串刺し攻撃を狙うが、Kotokaが羽交い締めにし問題龍が串刺しラリアット。土井が踏みつけパンチの顔面を蹴りつけると、土井がコーナーマットを剥がして叩きつける。土井はスイングネックブリーカーからフォールもEitaがカット。土井はパンチの腕を捻り上げKotokaにタッチ。

Kotokaはパンチの腕にハンマーを落としてヴェーとポーズを決めてからストンピング。Kotokaはサミングからストンピングもキッドがカット。土井が助けに入るが「お前しっかりせんか!」と怒鳴る。
問題龍と土井がパンチに股裂きから問題龍がエルボードロップからフットスタンプ。フォールも2。
問題龍はナックルからコーナーに持たれかからせたパンチの顔面をKotokaと共に踏みつける。問題龍はパンチを土井の足に叩きつけ土井にタッチ。

土井と問題龍はダブルのバックエルボーから土井がローリングセントーンを投下しフォールも2。土井がパンチの頭を踏みつけて高角度の逆エビ固め。パンチはロープへ。土井はKotokaにタッチ。

Kotokaはストンピングもパンチは膝立ちでナックル。Kotokaはパンチをコーナーに振ろうとするが逆に振ったパンチが走りこむもKotokaはエプロンに落とす。パンチにヘッドバッドからコーナーに飛び乗りミサイルキックからEitaにタッチ。

Eitaは問題龍にドロップキックも土井がコーナーに振る。キッドがその背中にタッチしコルバタで場外に叩きだすとKotokaに走りこんだパンチをEitaがカニバサミで倒しKotokaの急所にパンチがヘッドバッド。Eitaとキッドが場外のVERSERKにトペ・コンヒーロからパンチがケブラーダを発射。

Eitaが土井にミサイルキックから土井のラリアットをキャッチし担ぐも土井は着地し、コーナーに振るもEitaがムーンサルトからフォールもKotokaがカット。

KotokaがEitaに走りこむもキッドはスワンダイブ式のスタナーから619。Kotokaは避けて問題龍がキッドの後頭部にニーから問ネル。フォールも2。

問題龍はキッドをセットしコーナーに登るがパンチが足を掴み、キッドが「盛り上がれー!」と雪崩式フランケン。
問題龍にEitaが走りこむも避けた問題龍にキックからキッドとサンドイッチドロップキック。Eitaがフェイスバスターからパンチがツーステップムーンサルトからフォールも2。パンチがPTキックも問題龍は避ける。パンチがガットショットから世界の高速ネックブリーカー。土井が担ぐも着地したパンチとバックの取り合いから土井がバックエルボーを叩き込みバカタレスライディングキック。避けたパンチが走りこむも土井はキャッチしDOI555からバカタレスライディングキック。フォールもEitaがカット。
Eitaがスーパーキックからロープに飛ぶもVERSERKが足を引っ張り倒し、Kotokaがボックス攻撃からバカタレスライディングキックもEitaが丸め込みNumero Unoから丸め込み合戦。土井にキッドがウルトラウラカン・ラナもKotokaがカット。
Kotokaとパンチがエルボー合戦からパンチがバックエルボー。パンチがガットショットからPTキックもKotokaが急所攻撃からハイキックで倒しカルデラ。パンチは避けてEitaがKotokaに逆打ちを狙うが耐えたKotokaにキッドが619からパンチがPTキック。EitaがNumero Uno。これでKotokaがギブアップ。パンチの引退が阻止された。土井はKotokaの顔面にストンピング連打。

2016-04-07DRAGONGATE_第4試合2Eita「おっしゃあ!俺達が!勝ったぞ!キッドさん!キッドさん!今日は、一緒に組めて嬉しかったです。ありがとうございます!キッドさん、僕は、パンチ先輩の引退マッチよりも、このキッドさんと組むっていう日を待ってました。キッドさん、もう覚悟はできてますよ。キッドさん、俺を、弟子にしてくださいお願いします!」
キッド「待てよオイ、落ち着け。お前前回も同じ後楽園でそれ言った」
Eita「キッドさん、お願いしまーす!」
キッド「(大歓声に)みなさ~んちょっといいですか前回も言いましたね?これがプロレスの悪いとこ。はい、そして皆さんほんと空気読みすぎです。確かにね、今日はなんかね、気分よく試合も勝てたし?」
Eita「勝ちましたよ」
キッド「すごくいいかなと思ってね。だからねだからよ、俺達みたいに小さい人間って何かしら特化したものがないと絶対にDRAGON GATEは勝ち上がれないとそれわかるよな。だからよ、今日の試合みたいにルチャのベース忘れないで、誰にも染まらずに、お前らしくさ、Eita、な?(会場から否定的な声)はいすいませーん、今のは、うん、僕が間違えてましたね。今回はわかりました僕が空気読めてなかったです。わかりましたよ決断すべき時が今日だってことね。皆さんに乗せられましょうじゃあ」
Eita「キッドさんキッドさん俺を弟子にしてくれるってことね」
キッド「弟子とか重いから。これな、ごめん上下みたいな感じで上から物を言ったりそういうの苦手なんだ。いい意味でよEitaくん、良い意味でだから、俺はEitaお前からも盗みたいしEitaも俺から盗めばいい。お互い学べばいいじゃんケースバイケースで学べばいいじゃん」
Eita「ていうことはキッドさん、OVER GENERATIONに入るってことですか」
キッド「だから、話がぶっ飛び過ぎ。文脈からそういう風に解釈できますか逆に」
Eita「キッドさん、OVER GENERATIONの新しいTシャツどうですか?このチームに入ったらこんなカッコいいシャツ着れますよ。OVER GENERATIONに入ったら」
キッド「すいません僕の話も聞いてもらえますか?すごくカッコいいと思います。でもあなたが決めるこっちゃないと思うですよ皆いるし(OVER GENERATIONメンバーは手を丸に)」
Eita「お客さんどうですか~!」
キッド「ナイナイ、こんな軽いノリで入っちゃうわけ僕?結構シレッとでしょ?いいんですかこれ?」
Eita「お客さんどうですかー!?」
キッド「分かりました今日はほんと皆悪いわー!皆にのせられます今日は。じゃあよろしくお願いします。ちょっとまって、Eitaさ、俺達が組むなら、何かしっかりした結果残したいじゃん?ベルトとかも狙って?」
Eita「OVER GENERATION誰も持ってないんですよキッドさん。二人っきりのベルトが欲しくないですか?」
キッド「2人っきりって完全ツインゲートしかないから!」
Eita「ということはツインゲート行っちゃいます?」
キッド「いっちゃいましょう!Eitaと2人で取りにいきます。なんかスゲー気分良くなってきた。今日パンチとかの引退かけて試合したけどどうでも良くなっちゃいました」
Eita「僕引退マッチ決まる前から組むことばっか考えてましたから」
キッド「言うなバカヤロー!パンチと試合したことなかったことにしますか?全部カットにしちゃいます?歴史から排除。(会場から不満の声)今のは僕間違えました。今日2回目の間違え、まあごめんね良かったじゃない引退まぬがれてさ。これでいいんでしょ?これが正解ね。パンチくん良かった。というわけでまだこの後メインイベント残ってます(OVER GENERATIONが皆帰り始める)」
Eita「キッドさんのせいで!」
キッド「こっから30分ぐらい2人で話して仲良くなればいいんです?というわけでEitaと2人でツインゲート狙ってOVER GENERATION入ったということで、まだまだこれからOVER GENERATIONで盛り上がれー!」

<試合後コメント>
ドラゴン・キッド&Eita
Eita「キッドさんありがとうございます!」
キッド「ノセられた感があるけども、これが俺のなんかプロレス好きなとこかな」
Eita「これがプロレスです」
キッド「こういうのだな。このタイミング、こういうのがあるからこそDRAGON GATE面白いのかなと。逆に、今度からDRAGON GATE、OVER GENERATION」
Eita「緑似合いますねー」
キッド「え?このためもしかして」
Eita「わかってました」
キッド「マジか。ベルト、ツインゲート」
Eita「ツイン決まりましたよ」
キッド「Eitaと2人で、それもとって、きちんと結果残した上で、さらなる進化」
Eita「その時には弟子になっていいですか?」
キッド「弟子とかそういうのやめよう。横一。それでやろうぜ」
Eita「わかりました!」
キッド「というわけで!これからは、OVER GENERATIONで!」
キッド&Eita「盛り上がれー!」

第6試合

2016-04-07DRAGONGATE_第6試合 ジミーズが急襲し場外乱闘。リングに戻るとK-ness.が鷹木とYAMATOで攻め込もうとするが鷹木がK-ness.を倒すもYAMATOが鷹木にガットショットから場外に出す。
YAMATOと神田が髪を掴み合うとショルダータックルの打ち合いからYAMATOがドロップキック。ポーズを決めようとするが鷹木が正面に立ち客への視界を塞ぐ。

谷嵜がススムにサミングからネックブリーカー。K-ness.が出てきて連携攻撃もサイバーがダブルラリアットでふっとばす。そこへマサアキがミサイルキック。
サイバーのショルダータックルを受けきったマサアキがローキックもサイバーはハンマーパンチラッシュ。マサアキはコーナに押し込み串刺しミドルキックからボディスラム。マサアキは谷嵜とYAMATOに次々首投げから背中にサッカーボールキック。マサアキは神田にタッチ。

神田がバックエルボーから倒しフォールも2。神田はボディスラムを狙うもYAMATOが耐えてボディスラムで投げようとするが神田が自軍コーナーに押し込みK-ness.にタッチ。

K-ness.は顔面を踏み潰すがYAMATOが自軍コーナーに押し込みその背中に鷹木がタッチ。
鷹木がヘッドバッド連発からガットショットを叩き込みブレーンバスター。フォールもススムがカット。
ススムと鷹木がチョップの打ち合いから鷹木がダブルチョップで倒しフットスタンプからエルボードロップ。鷹木は谷嵜にタッチ。谷嵜はストンピングからココナッツクラッシュ。ススムはボディスラムで叩きつけるが、谷嵜が自軍コーナーに押し込みYAMATOにタッチ。YAMATOはサミングから腕固め。回転して逃れたススムがマサアキにタッチ。

マサアキはミドルキック連発もYAMATOは立ち上がりエルボー連打。マサアキはミドルキック連発からフォールも鷹木がカットするが鷹木がYAMATOにストンピングから谷嵜を落とす。
YAMATOが走りこんできたマサアキをエプロンに落とすとその足にサイバーがラリアットから鷹木が場外ブレーンバスター。鷹木はマサアキの足にイス攻撃からリングに投げ入れると足をコーナーにかけてのドラゴンスクリュー。鷹木はサイバーにタッチ。

サイバーと鷹木は股裂き。マサアキは水面蹴り式のローキック連発もサイバーがセントーンで潰す。サイバーはYAMATOにタッチ。
YAMATOはコブラツイストもマサアキはアームホイップで投げミドルキック。YAMATOはその足をキャッチしアンクルホールド。

ススムが鷹木を突き飛ばしYAMATOに衝突させると、鷹木とYAMATOが睨み合う。鷹木はマサアキの足にニードロップからボディスラムで叩きつけエルボードロップ連発からセントーン。サイバーがボディプレスを投下しフォールも2。

マサアキのミドルキックから鷹木はナックル。鷹木が投げようとするがマサアキがニーを叩きこみYAMATOがマサアキを羽交い締めにするがマサアキは鷹木を避けてショルダータックル誤爆。鷹木が走りこむもマサアキはジャンピングナックルで迎撃。

神田が谷嵜にダイビングエルボーからトペ・スイシーダ。ススムとK-ness.がサイバーとYAMATOに串刺しラリアット。
ススムがサイバーにジャンボの勝ち。サイバーがラリアットで弾き返し再度ラリアットも避けたススムに地獄突きからラリアット。ススムはラリアットで返しエクスプロイダーからフォールも谷嵜がカット。
谷嵜にK-ness.が延髄斬りからコーナーに振り走りこむとジャンピングニーから走り込むがK-ness.が延髄斬りからジミーズでトレイン攻撃。マサアキの攻撃を避けた谷嵜に串刺しビッグビーツからクネスカでトレイン攻撃から須賀ドラニー。フォールも鷹木がカット。

鷹木に神田がエルボー連打。エルボー合戦から神田がエルボー連打も鷹木がナックル。神田がジョン・ウーを狙うが谷嵜がエプロンを走りこんで延髄斬りから鷹木とサイバーが串刺しラリアット。谷嵜がDHから地獄の断頭台。フォールも2。

YAMATOが神田を起こすも鷹木がYAMATOを浮き飛ばして神田を投げようとするが神田がバックを取り返す。バックの取り合いからYAMATOが鷹木に串刺しドロップキックから鷹木をコーナーに押しこみジミーズにトレイン攻撃を要求。ススムとマサアキがダブルのガットショットからサンドイッチドロップキック。三角蹴りからススムがカミカゼ、神田がダイビングエルボードロップ。フォールも2。

K-ness.が介錯を4連発で叩き込み投げようとするが耐えた鷹木を丸め込み光の輪。サイバーがカット。
サイバーがススムとマサアキにダブルラリアットからススムにトレイン攻撃。谷嵜がリバースインプラントからサイバーがダイビングエルボードロップ。フォールも2。
鷹木がススムを投げようとするがススムが丸め込むが2。ススムに追走ラリアットから走り込むがススムはジャンボ勝ち。鷹木はMADE IN JAPANもマサアキがカット。マサアキはPKからミドルキックも鷹木はラリアットから担ぎあげるが着地したマサアキがPK。サイバーが神田とK-ness.にダブルラリアットもガードされると2人まとめてブレーンバスター。

サイバーはススムにハンマーパンチラッシュから走り込むがススムはジャンボの勝ち。。谷嵜にもジャンボの勝ち。YAMATOはバックローリングエルボから走りこむがススムはジャンボの勝ち。走り混んできたススムにYAMATOはカウンターのギャラリア。
改めてYAMATOはギャラリアを狙うが着地したススムに延髄斬りからサイバーがラリアットもこれはYAMATOに誤爆。マサアキがサイバーにミサイルキックからトペを発射。ススムがYAMATOに走りこむがエルボーで迎撃もK-ness.がレッグラリアートから神田がジョン・ウー。ススムがジャンボの勝ち固めで3カウントを奪った。

VERSERKが内部分裂!?

2016-04-07DRAGONGATE_VERSERK 土井がサイバーにビンタからロープに飛ぶがKotokaが土井にボックス攻撃。Kotokaのボックスを谷嵜が奪うも谷嵜に鷹木がショルダータックル。鷹木とYAMATOが睨み合い、YAMATOが突き飛ばすがYAMATOにサイバーがジャーマン。問題龍にもラリアットから鷹木とサイバーとKotokaが腕を上げる。

鷹木「おい土井!YAMATO!谷嵜ざまーみろ!サイバーは俺とKotokaにつくということだ!サイバー、まあこれからよろしく頼むわ!拍手はどうしたお前ら!ブーじゃねーだろこの野郎!」
YAMATO「おいサイバーこの木偶の坊が、テメーの足りない頭でもそっちに作ってことがどういうことかわかるだろ何考えてんだテメー!」
サイバー「おいこら!お前はほんまに甘っちょろい奴やの。お前は、長いもんに巻かれるってことがわかってんのかお前。オイ!信悟は!現ドリームゲートチャンピオンやぞ!ドリームゲートチャンピオンに楯突くなんてよ、100年早いわ。おい恥を知れ恥を!恥を知れ恥を!恥を知れー!」
土井「おいサイバー、サイバーこれが、これがお前の出した答えか?元々は信悟とYAMATOの問題から始まって俺が間に入っても収集がつかず、谷ヤンとKotokaでモメて最後はサイバーお前か。これで完全にVERSERKは真っ二つに別れたな。俺は毎回言ってるよな、力関係立ち位置ポジションはっきりさせると。俺はもう我慢の限界や。なんだったら3対3でやったってもいいぞ」

八木本部長が現れ「6人に最高の舞台があるじゃねーか」よ5月5日愛知県体育館で金網に入ってもらう事を要求!

サイバー「ちょっと待て八木、俺はな、長いもんに巻かれる。いわゆる信悟には付くって言ったけどな、俺は金網にははいらんぞ」
問題龍「おいサイバー、テメー訳わかんねーこと言ってんじゃねーぞ。大体お前からこの問題に入ったんだったらお前はきっちり金網に入れ。だいたいよ、テメー金網登れねーから金網ビビってんだろそうだろサイバーお前ハッキリ入れ」
サイバー「おい問ちゃん、確かに俺は金網に登られへん。それやったらなおさら登れる問ちゃんが入ったらええんちゃうか」
問題龍「俺関係ねーんだよ」
サイバー「お前が入れや!」
問題龍「お前が入れや!」

ここで八木本部長がシングルで闘って決着をつけろと言い、緊急決定試合が開始。

緊急決定試合

2016-04-07DRAGONGATE_緊急決定試合 サイバーがラリアットからパイルドライバーで叩きつけフォールも2。
サイバーがパワーボムで叩きつけようとするが、問題龍がそこを丸め込み3カウント。
サイバーが金網に入ることが決定。

エンディング

2016-04-07DRAGONGATE_エンディング 八木本部長が金網マッチをマスカラコントラカベジェラ6人タッグマッチへ。さらに「俺は昔っから一つ腑に落ちない点があったんだよ。負けてマスクを失うこれは良い。負けて髪の毛を切るのも良いんだが、髪の毛を切った選手は数カ月後には元に戻ってる。世の中には、髪を伸ばしたくても伸ばせない、そんな奴もいるんだ。だから今年は、坊主になった選手は一年間、2017年5月5日まで坊主頭キープしてもらうぞ!長さは3mm以下にしようか!ワンイヤー坊主ヘッドマッチ!全国各地の皆に素顔もしくは坊主頭さらしてもらおうじゃねーか!」とカベジェラマッチの欠点を補った試合形式へ。

マサアキ「いやー、八木本部長、素晴らしい提案。何何今年は?今年の金網はVERSERKのみ、いいねこれね。毎年誰かが坊主になってさ、悲しい思いをする人がいたけど、これなら誰が勝っても愛知県体育館はハッピーエンドですね」
土井「OKちゃうやろ望月、何自分関係ないみたいなこと言ってんのや。俺がこのまま終わるわけ無いやろオイ、望月、ジミーズ、DRAGON GATE全員がかかってることやからな。俺たちVERSERKだけの問題ちゃうぞ。リスクを用意したるからな。お前ら全員巻き込んだるからな。ただじゃ終わらんからな。お前全員道連れにしたるから楽しみにしとけよ」
鷹木「土井、道連れとかどうでもいいんだよ。最近のVERSERKおかしいと思ったんだよ。ベルセルクは狂戦士の集まりじゃなかったのかオイ。お前ら2人バカなファンにキャーキャー言われて面白いんか。チャラチャラカッコつけやがって、特にYAMATO、ドリームゲートチャンピオンに文句あんのか?俺の坊主なんかよりYAMATOの坊主見たいよな?おもしれーそのチリチリパーマ、これで綺麗さっぱり俺が坊主にしてやるから覚悟しとけ」
土井「いうてくれたな。俺とYAMATOと谷ヤンとがかっこつけてるって?カッコつけてカッコついてるからそれでええやんけ!おいおいおい、そこのボク、ボク、カッコつけてもカッコついてないボク、何がVERSERKいちの狂戦士じゃ、VERSERKの戦力外や、二軍や、補欠や、準レギュラーや、さっき言うたよな?VERSERKのポジション決めるて、それがお前の位置や、リングに上がる資格はないんや。俺とYAMATOと谷やんのプロレスをそこで勉強しろや」
YAMATO「土井ちゃん、俺はあんな小僧には興味ねー。鷹木信悟!やっぱりお前とは上手くいかなかったようだな。だがここは東京だ。来月の後楽園!キングオブゲート1回戦。鷹木信悟対YAMATO、それまでに?お互いどういう立場になってるのか、どういう髪型になってるのか、楽しみだなオイ。タッグでは闘い長かったが、俺は元々シングルプレーヤーだ。ドリームゲートチャンピオン鷹木信悟、俺の前でひざまづいてもらうからな。楽しみにしとけ!」
(VERSERKはそれぞれリングを後に)

マサアキ「あいつら興行のしめ方というものをもう少し考えてほしいな。カッコつけてるとカッコつけてないのに別れましたけど、我々はね、全員がカッコつけたらカッコつく6人ですから。そういう感じで。まあでもあのあれですかね、あの人達ワイワイ騒いであれですけど、勝ったの我々ですから」
堀口「そうですよね。今日勝ったのジミーズですよね!」
マサアキ「ボクの入場覚えてますかね?」
堀口「それよりも僕と斎了の第一試合覚えてますかね。もう2時間40分ぐらいたってる僕らの試合してから」
マサアキ「でもほんとね、一夜限りのジミーマサアキいかがでしたでしょうか?」
斎了「一個いいですか?社内販売係ですよね?ただの駅弁屋じゃないですかこれ。しかもやっすい作りですねこれ。ガムテープ?」
マサアキ「必死に考えたんですよ」
斎了「もうちょっとこういうやつ(ワゴン)だと思ってましたよ」
マサアキ「いや引きづらいから階段どうすんの階段」
斎了「商品どうすんですかこの商品」
マサアキ「どうしましょう」
斎了「DVDと」
堀口「DVD投げたら割れるかもしれませんからね。気をつけてください」
マサアキ「降りた後欲しい方は元気よく手を上げてください」
堀口「愛知県のメインのカードも決まりましたけど、土井があんな事言ってどうなるかわかりませんけども、まあでもこのは東京後楽園ですから、来月からいよいよキングオブゲート開幕しますよ!」
マサアキ「史上最大のね。ワタクシはどのブロックか聞いてませんでしたけど、斎了と同じブロックというのだけはしっかり聞いてましたので」
斎了「よろしくお願いします」
堀口「どっかで当たりますね。来月は」
マサアキ「ワタクシあれですねT-Hawkですね」
斎了「今日の感じだったらモンさん行けるよ」
マサアキ「対策は練ってくるかもしれませんがボッコボコに。最近T-Hawkがやられっぱなし何であれですけど、必ずT-Hawkに勝ちたいと思いますので応援よろしくお願いします」
堀口「来月再来月とキングオブゲートありますけど、望月さんが一夜限りのジミーズトレイン特別ご乗車いただこうじゃないですか!」
斎了「望月さんは一番後ろでいいですかね」
堀口「整列!本日も札止めありがとうございました!また来月後楽園ホールでお会いしましょう!本日はありがとうございました!」

<試合後コメント>
鷹木信悟&サイバー・コング&Kotoka
鷹木「おい、お前らんなんだよあんなバカ共に媚びやがってよ、キャーキャー言われて嬉しいんか?VERSERKっていうのは狂戦士の集まりじゃなかったのか?お前らにはポリシーの欠片もねーんだこの野郎。まあいいよ、5月8日か、キングオブゲートがあるみたいだけどな、YAMATOと一対一でやる前に、決まってるよ、あいつととことんやって、坊主にしてやる。あいつが二度と鏡見てカッコつけられないようにしてやる。とことんやってやるぜお前とよ」
Kotoka「おい土井ちゃんよ、土井ちゃんよ、俺のこと散々バカにしてるけどな、VERSERK一の狂戦士の力、甘くみんなよ!ヴェーーー!!」
鷹木「サイバーも言ってやれ」
サイバー「おいお前ら覚えとけよ、愛知県の金網、負けたらマスク剥ぎ?それか坊主?ファックユー!楽しみやな」
鷹木「どっちが本物のVERSERKか、俺達が証明してやるからな」
サイバー「チェケナウ!」
Kotoka「ヴェーーー!」

土井成樹&YAMATO&谷嵜なおき
土井「あいつらとやるのよ、その舞台が5月5日愛知県で金網やぞ。絶対に負けられへんルール作ってきたな。一年間坊主やぞオイ。これはもう俺ら、協力体勢や」
YAMATO「俺が金網から逃げて奴らを丸坊主にしてやる」
土井「いいルール作ってやるから、俺らだけの問題ちゃうぞ。全選手を巻き込んだるわ。DRAGON GATEの全選手を道連れにするから、ちょっと考えさえてくれ。とりあえず、Kotokaはいらんわ」
YAMATO「おい鷹木信悟、この俺を見くびるなよ。坊主になるのはお前だこら。そして勝つのは俺だ」

【写真:Nob(Photo’sGate)】

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る