11.8 Genexy旗揚げ戦で大仁田組に敗れたブードゥーが電流爆破での雪辱戦を要求!大仁田はダンプに電流爆破のラブコール

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

新感覚のプロレスイベント「Genexy」が11月8日東京・新木場1stRINGで旗揚げし、大仁田厚、ダンプ松本ら個性派揃いの22選手が出場した。

2014-11-8Genexy旗揚げ戦メーンイベントのストリートファイト8人タッグマッチでは、大仁田とブードゥー・マーダーズ(以下、VM)が禁断の初遭遇。
大仁田は戸井克成、マグニチュード岸和田、ジ・ウインガーをパートナーに、VMはTARU、“brother”YASSHIに、茂木正淑とKENJIが合体。ふだんのリングでは見られない異色の顔合わせとなった。
8人がリング内外で入り乱れる大激戦のなか、KENJIを捕獲した大仁田が、机の破片で脳天を叩き割ると、DDOにつないで3カウントを奪取し、VMを制した。
邪道狩りを果たせなかったYASSHIは、「大仁田、この借りは電流爆破デスマッチで返してやる。爆破して、オマエを消してやる」とアピールし、電流爆破でのリベンジ戦を要求した。

一方、大仁田は試合後、大会プロデューサーのブルーサンライフ・阪口晴樹社長をリングに招くと、聖水の洗礼を浴びさせた。
さらに、試合を見ていたダンプに対して、大仁田は「井上京子選手が12.23川崎で電流爆破に入る。ダンプさん、一度、電流爆破のリングに上がってみませんか?」とラブコール。ダンプはこれに「やってやるよ」と呼応した。

バックステージに戻った大仁田は、「YASSHI? プロレスをよく知ってるな。それは認めるよ。それから、プロレスを愛する新しくて若いプロモーター(阪口社長)を育てるのも、俺たちの役目」とコメント。
そして、「ダンプさんよ、よかったら電流爆破のリングに上がってみませんか? そしたら、大仁田厚の世界が分かりますよ。俺は日本で初めてミクスドマッチを実現させた男。何が起こるか分からない」と改めてエールを送った。
VMからの要求に対しては、明言を避けた大仁田だが、両者が再び、対峙する日は来るのか? また、近い将来、大仁田とダンプとのミクスド電流爆破デスマッチは実現するのか、注目が集まる。

よしえつねおとグラビアアイドル今大会には、桃瀬まいみ、嘉村早織、小林明日香、小日向美羽、佐原麻衣子と5人のグラビアアイドルも登場し、観客のもとに飲食物を運ぶサービスも実施され、大好評だった。
また、大会実行委員の一員でもあるアンジェリアン社長のAKO(渡辺亜紀子)も、モデルとして1日復活し、水着姿で大会に花を添えた。
なお、ペ・ヨンジュンのモノマネでおなじみのタレント・ぺよん潤がリングアナを務め、美声を響かせて、会場の盛り上げに一役買った。

【文・写真/Genexy大会実行委員会】

Genexy〜第1章〜旗揚げ戦
日時:2014年11月8日(土)
開場:18:00 開始:18:30
会場:東京・新木場1stRING
観衆:200人

▼第1試合 シングルマッチ 20分1本勝負
○よしえつねお
9分1秒 逆エビ固め
●見た目が邦彦

▼第2試合 ハンディキャップマッチ 30分1本勝負
リッキー・フジ/○雷電
10分7秒 チェーン攻撃→反則勝ち
佐野直/木更津KID/●ヤミキ

▼第3試合 ミクスド3WAYマッチ 45分1本勝負
○がばいじいちゃん
12分34秒 スワントーンボム→体固め
●那須晃太郎
※もう1人はボリショイ・キッド

▼第4試合 女子プロレス・タッグマッチ 60分1本勝負
ダンプ松本/○堀田祐美子
5分58秒 タイガードライバー→エビ固め
渡辺智子/●薮下めぐみ

▼第5試合 ストリートファイト8人タッグマッチ 無制限1本勝負
○大仁田厚/戸井克成/マグニチュード岸和田/ジ・ウインガー
13分48秒 DDO→体固め
TARU/“brother”YASSHI/茂木正淑/●KENJI

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る