FREEDOMS 11.7大阪大会で神威&正岡がバラモン兄弟にタッグ王座防衛!“西の主戦場”だった城東区民ホールが来年3月で閉館

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月7日、大阪・城東区民ホールでプロレスリングFREEDOMS大阪大会が行われた。この大会でKING of FREEDOM WORLD TAG王者の神威&正岡が3度目の防衛戦を行った。
挑戦者はバラモンシュウ&バラモンケイのバラモン兄弟。開始早々から汚水、タコ焼き、ラーメン、空き缶、ダンボール、自転車が飛び交い会場は阿鼻叫喚。
終盤、神威と正岡がダンボールで作った通天閣ラダーを投入。会場ステージからハイアングルダイブを敢行。バラモン兄弟も五体不満足であわやの場面を作るも3カウントは奪えず。最後は猛攻を凌ぎきった神威が神威クラッチで逆転の3カウント。王者組が3度目防衛に成功。

2015-11-7FREEDOMS大阪大会②試合後、正岡は「これもある意味デスマッチだけど、次回防衛戦はやっぱり蛍光灯やガラスを使ったデスマッチ形式でやりたい」とアピール。神威はこれまでFREEDOMSの大阪での主戦場となっていた城東区民ホールが来年3月で閉館となる事を発表。これに伴い来年3月の最終週の日曜日を押さえてFREEDOMSとして同会場でのラストプロレス興行開催を宣言した。

プロレスリングFREEDOMS大阪大会
日時:2015年11月7日(土)
開場:17:15 開始:18:00
会場:大阪・城東区民ホール
観衆:290人

▼第1試合 タッグマッチ 20分1本勝負
影山道雄/○AK
11分37秒 スワントーンボム→片エビ固め
杉浦透/●小山寛大

▼第2試合 タッグマッチ 20分1本勝負
進祐哉/○政宗
12分29秒 飛び付き腕ひしぎ十字固め
松田慶三/●ダイナ御堂

▼第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○高岩竜一
13分09秒 デスバレーボム→片エビ固め
●田中祐樹

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
佐々木貴/○力
13分46秒 リングアウト勝ち
●GENTARO/ジ・ウィンガー

▼第5試合 unchain対ダブプロレス ハードコア6人タッグマッチ 45分1本勝負
○葛西純/藤田ミノル/吹本賢児
17分53秒 パールハーバースプラッシュ→片エビ固め
●カブキキッド/HAYATA/内田祥一

▼第6試合 KING of FREEDOM WORLD TAG CHAMPIONSHIP 浪花地獄!!ホームレス寸前!!人間廃業デスマッチ 60分1本勝負
[王者組]○神威/正岡大介
16分26秒 神威クラッチ
[挑戦者組]バラモンシュウ/●バラモンケイ
※第9代王者神威&正岡組が3度目の防衛に成功。

【記事提供/プロレスリングFREEDOMS】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る