鈴木秀樹が耕平をWアームスープレックス“ホールド”で撃破して世界ヘビー級王座奪取!磐城がKAMIKAZEとのリターンマッチに敗れてUN王座から陥落

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

11月1日、プロレスリングZERO1東京・新木場1stRING大会で、佐藤耕平が保持する世界ヘビー級王座に挑戦した。昨年5月6日の後楽園大会で挑戦した際は、耕平のジャーマンスープレックスで敗れている鈴木。この一戦でお互いの実力を認め合った耕平と鈴木はその後タッグを組むことに。
鈴木は一時期、主戦場をWRESTLE-1にしていたが、久しぶりにZERO1に戻ってきたことで、約1年半ぶりに耕平の王座に挑戦した結果、必殺技のダブルアーム・スープレックスで投げたあとに、そのままブリッジしてホールドする「ダブルアームスープレックスホールド」で勝利して世界ヘビー級王座を奪取した。
敗れた耕平は大日本プロレス・関本大介とのコンビで保持しているNWAインターコンチネンタルタッグ王座に、崔領二&KENSOが11.23新木場大会で挑戦することが決定。

また、9.23後楽園大会でKAMIKAZEからデビュー以来初勝利をあげ、UNヘビー級王座奪取という快挙をやってのけた磐城利樹だったが、KAMIKAZEとのリターンマッチに敗れて王座陥落。ミラクルを起こすことが出来なかった。UN王座を奪還したKAMIKAZEに、ZERO1ベラルーシからやって来たビリー・アレクサンダーとの次期挑戦者決定戦に勝利した横山佳和が、11.23新木場大会で挑戦することが決定。

かつて新日本ジュニアで暴れ回った大谷晋二郎、高岩竜一、金本浩二の「とんがりコーンズ」がZERO1マットで復活。ZERO1ジュニアの“侵略者”として、日高郁人&“brother”YASSHI&ズッファと対戦したが、大谷が日高をライガーボムで撃破して圧勝してみせた。

同じ弾丸ヤンキースの田中将斗とシングルマッチで対戦した小幡優作は、スライディングDに沈んだのだが、試合後に再戦を直訴。11.23新木場大会での再戦が決定した。

ZERO1新木場大会
日時:2015年11月1日(日)
開始:12:30
会場:東京・新木場1stRING
観衆:未発表

▼第1試合 次期UN王座挑戦者決定戦 30分1本勝負
○横山佳和
7分55秒 デスバレーボム→エビ固め
●ビリー・アレクサンダー(ZERO1ベラルーシ)

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
藤田峰雄/○ショーン・ギネス
7分15秒 横入り式エビ固め
TARU/●将火怒

▼第3試合 NWA・UNヘビー級選手権 30分1本勝負
[王 者]●磐城利樹
7分59秒 ムーンサルトプレス→体固め
[挑戦者]○KAMIKAZE
※第23代王者・磐城が2度目の防衛に失敗。KAMIKAZEが第24代王者となる。

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○田中将斗
16分37秒 スライディングD→片エビ固め
●小幡優作

▼第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○大谷晋二郎/高岩竜一/金本浩二
15分42秒 ライガーボム→エビ固め
●日高郁人/“brother”YASSHI/ブッファ

▼第6試合 ZERO1vs.BJW タッグマッチ 30分1本勝負
○崔領二/ジェームス・ライディーン
16分11秒 那智の滝→片エビ固め
関本大介(大日本プロレス)/●橋本和樹(大日本プロレス)

▼第7試合 世界ヘビー級選手権 30分1本勝負
[王 者]●佐藤耕平
15分35秒 ダブルアーム・スープレックス・ホールド
[挑戦者]○鈴木秀樹
※第18代王者・耕平が3度目の防衛に失敗。鈴木が第19代王者となる。

ZERO1次回東京大会
日時:2015年11月23日(月・祝)
開始:12:30
会場:東京・新木場1stRING

<決定カード>
▼NWA インターコンチネンタルタッグ選手権 30分1本勝負
[王者組]佐藤耕平/関本大介
vs.
[挑戦者組]崔領二/KENSO

▼NWA・UNヘビー級選手権 30分1本勝負
[王 者]KAMIKAZE
vs.
[挑戦者]横山佳和

▼シングルマッチ 30分1本勝負
田中将斗
vs.
小幡優作

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×