VKF 10.19新木場大会 川島&真霜&矢郷vs.バッファロー&木藤&松田、リン・バイロン&進vs.アレックス&タンク

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

MONDA NIGHT “BRAWL”
日時:2015年10月19日(月)
開場:19:00 開始:19:30
会場:東京・新木場1stRING
観衆:107人

▼第1試合 シングルマッチ30分1本勝負
○ヤス久保田
7分19秒 ヤ・スワントーンボム→片エビ固め
●翔太

▼第2試合 シングルマッチ30分1本勝負
○くいしんぼう仮面
8分26秒 ラリアット→片エビ固め
●中邑珍輔

▼第3試合 タッグマッチ30分1本勝負
△リン・バイロン/進 祐哉
9分10秒 両者リングアウト
△ アレックス・リー/タンク永井

▼第4試合 シングルマッチ30分1本勝負
○GENTARO
10分11秒 足決め首固め
●松本崇寿

▼第5試合 タッグマッチ60分1本勝負
○川島真織/真霜拳號/矢郷良明
11分36秒 スモールパッケージホールド
バッファロー/デッドボール木藤/●松田”KING”慶三

オープニング

2015-10-19_VKF新木場_オープニングEmiriレフェリーの前説にリン・バイロンが登場。
何でも結婚したタンクに対して何やら思惑があるらしい。「邪魔者は消えてもらう」とだけ言い残して颯爽と帰って行った。

オープニングVTRの後にIWAジャパン・浅野社長のCD「すてきな16歳」でバッファロー、デッドボール木藤、松田”KING”慶三のIWA復興軍が登場。
前大会の試合しなかった件を謝罪。
「我々はプロレスラーでありながらリングで試合をしませんでした。賛否両論ありまして、賛否の否がきつかった!プロレスラーでありながら、プロレスをせずに誠に申し訳ありませんでした。」

続けて、「我々はIWAジャパン復興興行をしないといけない。既にマッチメイクも考えている。但し妄想だ!オファーもしてなきゃリングの上で言っていいって許可もとってない!」
と、次々にバッファローの頭の中のマッチメイクが発表される。
「VKFのリングでやってやろうかと!今日のメインで俺たちが勝ったら次回はIWAジャパン復興大会だ!」と川村代表のOKも取りつけた。

第1試合

2015-10-19_VKF新木場_第1試合今回が初対決になる両雄。
ヤスの強烈なブレーンバスターからのエビ固めに苦しむ翔太。最後はヤ・スワントーンで翔太から3カウント。

第2試合

2015-10-19_VKF新木場_第2試合超低空のロックアップから珍輔のボマイェの連発を耐え、くいしんぼう仮面がラリアットとから3カウントを奪う

試合後、 翔太とヤスがリングイン。
翔太「中邑珍輔さん、最近色んなところに出て売れてるんじゃないか。でも、勘違いすんなよ、中邑真輔が売れてるんだ。」

「やめろー!こいつはな、どんな形であれプロレスが好きなんだ!」とヤスが珍輔をフォロー。

これに対し翔太が「芸人に加担するのか!!好感度上げることばっかりしやがって。こんなこともあろうかと、おれも”パレハ”を用意してるんだッ」と”パレハ”を呼び込む。

館内にハイエナジーが鳴り響く中、”パレハ” 棚ボタ弘至 が登場。
来月、ヤス久保田&中邑珍輔vs.翔太&棚ボタ弘至が決定した。

第3試合

2015-10-19_VKF新木場_第3試合リン・バイロンはブラックコスチュームで登場。

タンク「おい、リンバイロン!てめぇ、どういうつもりだよ。お前、俺、先週結婚したんだよ、そういう話題今一番やばいだろ!」
それに対しリンは「VKFのリングに上がりたかったから嘘をついた」とタンクとの関係が全て嘘だったと告白。
そんなリン・バイロンに今度はアレックスが「VKFの女子は私一人で充分なのよ!」とリン対しジェラシーを燃やす。さらに「リンは進に気があるじゃないのか?」と言い放つ。

試合はリンとアレックスがお互いに感情的になり両チーム場外乱闘へ。
場外カウントが20になり両者リングアウト。判定後も大乱闘を繰り広げた。

第4試合

2015-10-19_VKF新木場_第4試合前回大会の全大会試合終了後に、花鳥風月での矢郷良明のパートナー志願に現れ、ハードヒットではグラップリングトーナメントで優勝した経歴を持つ松本崇寿がVKF初登場。GENTAROとのシングルマッチが実現。プロレスvs.総合格闘技を彷彿させる。
両者は関節技やグランドの攻防を繰り返す。互いに譲らない関節の搾り上げだったが、最後はGENTAROがフロントヘッドロックの体勢から3カウント。

第5試合

2015-10-19_VKF新木場_第5試合IWA復興軍がゴングを待たずに攻撃を仕掛ける。
メインに大抜擢された川島真織を集中攻撃するIWA復興軍。
松田、バッファローの連続ブレーンバスターに耐える川島。
IWAスペシャルの3重奏から、松田が慶三ボトムアで川島が3カウントを奪うかに思えたが、あえてフォールを止めて再度IWAスペシャルを狙った所を川島が丸め込み大金星。

エンディング

2015-10-19_VKF新木場_エンディング試合後、まさかの敗退に意気消沈のIWA復興軍。この結果次回11.16新木場大会は通常のVKF興行になった。

矢郷「今、VKFの総帥として、VKFと花鳥風月 を盛り上げようと思ってる。
今回出た松本も実はこの矢郷の息がかかっている。
実質的に花鳥風月も矢郷の息をかけて2段体制にしてやろうと思ってる。」
さらに矢郷は11.3の花鳥風月の大会で山本裕次郎とVKF選手権試合を行うことを正式発表。

そして花鳥風月と最高顧問の西村修に宣戦布告。

西村修「ドタバタなプロレスを見せて貰いました。私がNWAの伝統的なプロレスを教えてあげましょう。」

最後は新たな流れ VKFプロレスと花鳥風月の全面抗争を匂わせて矢郷が大会を締めくくった。

<大会総括>
矢郷良明総帥
「10.19 VKFプロレス Monday Night Brawl新木場1stRINGにご観戦の皆様ありがとう!
そして観戦できなかったけど熱く応援してくださるVKFマニアの方々、本当にありがとう!

毎回濃く奔放な興行になって来ていて、大丈夫なのか?と心配してるが(笑)今回の大会総括は、ブログやFacebookで試合について語ったんで、オフィシャルに選手・矢郷VKF総帥ではなく、プロデューサー矢郷VKF総帥として語ってみよう。
冷静に考えると、VKFは1年間でオリジナルストーリーと、固定選手メンバーの洗練、若い選手の台頭、誰も思いつかなったIWAジャパンの再生、新たにシアタープロレス花鳥風月さんとの交流、そこからまた派生した強豪選手の登場と新たなストーリー展開など、プロデュース部門ではかなり成功したんではないか?と思っている。
まだ完全には自分が思い描いているカタチにはなってないが、近づきつつある。

課題はマネジメント部門で、川村代表が関西在住、矢郷総帥が北陸在住で、関東に地盤がなく、営業活動ができないので、その部分をどうやってクリアするか?がネックである。
自分も地元では経営者でもあるし、地元メディアにも関わっていて、いまどきはスポンサーも費用対効果が具体的にわからないものに出資はしないので、プロレスというコンテンツそのものにスポンサードする人は稀有だと思う。
いまVKFは内容が良くなって来たので、もっとたくさんの方にライブで会場観戦していただきたいので、どう集客をしていくかが課題である。それはどの団体さんも同じ課題を抱えておられるのでしょうが。
あとマーチャンダイズの問題で、映像の販売などが無料動画配信などで、プロレス業界のみならず販売力を落としてきているのが誤算であり、間口が広がらないとグッズなどの収益は上がらないので、無料動画配信にどこまで立ち入るスタンスにし、どこから利益を出すか、よく考えなければならない。
これらをまた川村代表、知恵袋エミリ姐御様、スタッフの方々と考えていきたいと思う。

シアタープロレス花鳥風月さんに関しては、若い選手と総合格闘技と並行した選手がほとんどで、学生プロレス出身者主体だったプロレス業界を塗り替える可能性を秘めてると思って私は観ており、花鳥風月の上位選手層が今回、花鳥風月最高顧問としてVKF新木場大会に登場した西村修先生からの指導を受ければ大化けするやもしれないと思う。
また花鳥風月さんは集客力が高く、コストパフォーマンスをバランスよくされてるので、あとはソフト・ハード共に、花鳥風月さんにないものをVKFが提供できれば提供させていただき、VKFにないものは花鳥風月さんからお貸しいただければ、どちらもよいカタチになるのではないかと思う。

VKFも花鳥風月さんもプロレス業界のアウトサイダー的なスタンスなので、交わる部分を太くし、相互作用で両団体が従来とは違うパイを占有できればと考える。
いまは時代は変わり、プロレス界特有の価値観は通じなくなってきているので、一般人、常識人の視点・価値観と鑑みて行かなければならないと思う。

あと矢郷良明自体は、この業界でのし上がろうとかまったく考えてなく、野心野望はゼロである。
知恵とカラダを使い切りたいから難題なプロレスに関わってるだけである。
それだけ。

というわけでVKFプロレス、次回大会11.16、Monday Night Brawl 新木場1stRING大会にゼヒ御参集あれ!
今回の総括はなんのパブリにもならないな(笑)
とにかくVKFプロレス、ヨロシクどーぞっ!」

【記事提供/VKFプロレス】

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る