【特別寄稿】9.18リアルジャパンプロレス後楽園大会で凱旋試合を行う石川雄規にインタビュー

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

カナダ・オンタリオ州ミシサガ市の総合格闘技ジム「Battle Arts Academy」でコーチをしている石川雄規がリアルジャパン9・18後楽園ホール大会参戦のために1年ぶりに戻ってきた。カードは「情念・石川雄規凱旋試合」と銘打った6人タッグマッチ。石川はタカ・クノウ、アレクサンダー大塚と組んで、高岩竜一、関本大介、長谷川秀彦組と激突する。待ってたぜ、トーイ!
【取材・文/安田拡了 記事提供/リアルジャパンプロレス】

カナダではお前たちのプロレスなんか、ぶち壊せと教えている

――お帰りなさい。今回は6人タッグですが重厚なメンバーばかりで、どんなプロレスを見せてくれるのか楽しみですよ。いまの日本のプロレスはライブプロレスというか、見ている分にはずいぶん楽しいものが増えた。それはそれで結構なことなんだけど、逆に石川さんのような生々しさを見せてくれるレスラーが希少価値。今回の対戦相手も高岩、関本という小細工が嫌いで真正面からぶつかってくるレスラー。言ってみればかつて日本人レスラーたちが築いてきた文化としてのプロレスを見られるのが楽しみでしょうがない。
石川 ありがとうございます(笑)。

――あらためて、いまカナダでプロレスのクラスを教えていますがずいぶん育ってきたんじゃないですか?
石川 プロレスの技術というのは教えられるんだけど、そこから先のあふれ出る情感というか、たたずまいというか。それは教えられないですからね。それはそのレスラーの人生ですから。僕は小さい頃から世の中がムカついてムカついてね。たとえば夢を否定する大人とか、猪木を否定する大人とかね。フラストレーション、そして怒りを抱いていたんですよ。それをベースに行動していて、そしてプロレスラーになったんですよ。でも、プロレスクラスの彼らは小さい頃から広い家に住んでいて、おもちゃに囲まれ、家族から叱られもせずに育ってきていてね。日本でゆとり教育が問題になったけど、カナダなんかは日本どころではないんですよ。

――超ゆとり教育(笑)。
石川 そうなんですよ。それくらい生ぬるい教育なんです。この間、プロレスクラスの若い子たちの試合があった。なんか伝わってくるものがない。試合のあとに「お前ら、これまで本気で怒ったことはなかったのか!」と怒鳴り散らしたんですよ。もちろん、全員がそうだったわけじゃないけど、怒りとかフラストレーション、焦り、ぶち壊したい気持ちとかそういう感情を持ったことがないのかと。そんなのは教えられないですからね。

――試合が淡々としているんですね。感情が伝わってこない。
石川 そう。カナダに最初に入植してきた第一世代は非常に苦労してきた。しかし、第二世代、第三世代になってくると考えられないくらいに広い家があって、ゲストルームが2つくらいあってね。車が2台入れられる車庫あって、その前にも広い敷地があって…。甘やかされて育っているんですね。プロレスクラスに学校の先生がいるんですが、生徒はが宿題をやってこないから親に電話をするんだけど、親はまったく子供を叱らないらしい。つまり、小さい子供たちも親に真剣に叱られたことがないわけですよ。だから最初は僕が真剣に叱っても子供たちに届かないわけですよ。「何を怒ってるんだ、この人は」と思っている。こっちが真剣に語っているのに、どうして真剣にならないんだと頭にきて拳骨で頭を殴ることもありましたからね。

――えっ、親から抗議されない?
石川 とんでもない。親からはもっとやってくれ、ですよ(笑)。「いいか、お前らがいけないから、ぶん殴るんだ。いいか、よく聞け。このままだったらお前ら人間のクズになるぞ。お前らの周りには怠け者の馬鹿な大人しかいないからわからないんだろうけど、俺を信じろ。このままだとお前らはクズだ」と言う。

――子供たちは分かるの?
石川 わかるんですよ。僕についてきますよ。

――石川雄規の情念が伝わるんですね(笑)。でもカナダのプロレスは石川さんに合わないでしょ(笑)。
石川 カナダのプロレスはファンも100年の形のままなんですよ。悪いことをやるレスラーにブーイングして、悪いことをしないレスラーを応援する。子供たちはそういう構図のなかで安心して見ている。まったく糞!ですよ。悪い役もいい役もプロレスにはないんですよ。うちのプロレスクラスの連中にはお前たちの接してきたプロレスなんかぶち壊せって言ってるんです。だから僕がカナダで試合をやるとファンは総立ちですよ。頑張れ! 立ち上がれ!って、泣いている子だっているんですよ。バトラーツ現象ですよ。

ページ:

1

2 3 4

関連記事

サイト内検索

日別

2019年11月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る
×