アントニオ猪木さんがジャイアント馬場さんの誕生日に旭日中綬章を受章!遺品の赤ネクタイを締めた孫・寛太さんがボクシングへの興味を語る

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、東京都・参議院議員会館にて、アントニオ猪木さんが位記・勲記勲章(位階:従四位、勲章:旭日中綬章)を受章した。

 アントニオ猪木さん(本名:猪木寛至さん)は1960年に日本プロレスでデビューし、1972年に新日本プロレスを旗揚げ。新日本プロレス離脱後には格闘技イベント『INOKI BOM-BA-YE』や『イノキ・ゲノム・フェデレーション(IGF)』などを立ち上げて活躍した。参議院議員やタレントとしてTV出演の機会も多く、プロレス・格闘技ファンでなくとも猪木さんの『1!2!3!ダー!』のフレーズは全国民が認知していると言って過言でない。

 猪木さんは2022年10月1日に全身性トランスサイレチンアミロイドーシスによる心不全のためにこの世を去り、多くの人々が悲しんだ。猪木さんが旅立って約4ヶ月経ち、様々な人間が様々な場所で追悼イベントを行っている。

 そんな中、猪木さんが位記・勲記勲章(位階 : 従四位・勲章 : 旭日中綬章)を受勲することが発表。
 1月23日は「1!2!3!ダー!」にちなんだ日付であり、あらゆる意味で猪木さんの最大のライバルであったジャイアント馬場さんの誕生日。
 遺族を代表して猪木さんの弟の猪木啓介氏(64)と孫の猪木寛太(ひろた)氏(20)が受章し、受章後の記者会見にてお披露目。

 啓介氏は、「本当にこんな素晴らしい名誉ある勲章を頂いたこと、本当に心から嬉しく思っております。また兄貴も喜んでいるのではないかと思います。本当にこういう名誉ある勲章なんですけど、兄貴は色々とプロレス業界に於いても、ブラジルだ、パキスタンだ、キューバだと、色々北朝鮮も含めていろいろな勲章を頂いておりますが、日本人である以上は日本に於いていただくことが一番名誉でないかと思っております。自分も弟として誇らしく兄貴を思っております。本当に、出来ることなら生きている間にいただけたらなと思っていますが……本当に自分だけじゃなく、猪木家としても本当に誇りが持てる兄貴です」と途中で涙ぐみながら故人への想いを語る。

 海外生活が長く、現在はロサンゼルスで大学に通っているという寛太氏は、「9歳のとき、夏休みに東京来ました。おじいちゃんと一緒に、昼ごはんをホテルで食べました。おじいちゃんと一緒に遊びました」と思い出を振り返った。
 今後プロレス・格闘技業界に関わっていくかどうかは現状未定であるものの、ボクシングへの興味と車のメカニカルエンジニアになることへの興味を語った。


 この日、寛太さんが締めていた赤いネクタイは、アントニオ猪木さんの遺品。
 啓介氏によってネクタイやマフラーはすべて猪木さんの娘である猪木寛子氏が保管しているということが明かされており、ゆくゆくは寛太さんが受け継いでいくことになりそうだ。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年5月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る