【#プロレス今日は何の日】1994年6・10 UWFインターナショナル日本武道館 スーパーベイダーvs田村潔司

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1994年6月10日 UWFインターナショナル 日本武道館
スーパーベイダーvs田村潔司!

1億円トーナメントこと『'94プロレスリング・ワールドトーナメント』の準決勝!
高田延彦率いるUWFインターナショナルがぶち上げた起死回生の策である1億円トーナメント!現金1億円を渦高く積み上げ、当時のメジャー5団体のエースである前田日明(RINGS)、橋本真也(新日本プロレス)、三沢光晴(全日本プロレス)、船木誠勝(PANCRASE)、天龍源一郎(WAR)への招待状を見せつけたあの伝説の会見で発表されたあのトーナメントです!
残念ながらUインターの理想とする形では開催されませんでしたが、このベイダーvs田村のような名勝負も生まれました。

ベイダーは1993年からUのリングに参戦。諸事情により名前こそ違いますが、あの“皇帝戦士”ビッグバン・ベイダーその人です!

試合前に握手を求め右手を差し出すベイダーに対し、バチンと張り手をくらわす田村!
『行け行け田村!』と思う反面、この頃ベイダーの「デカいやつは文句無しに強い」の体現に強く惹かれていました!!

コーナーに詰め、ゴォっと殴りかかるベイダー!ダッキングでかわし速いローキックをビシリと放つ田村!
苦悶の表情を浮かべるベイダーへ更にビッシビッシ行く田村!ジャンピングハイキックも繰り出しちゃう!殴り返すも踏ん張り効かず崩れてしまうベイダー!すかさず膝従事に入る田村!はい、もう行け行け田村で武道館は歓声が止みません!
200kg越えの怪物相手に思いっきり踏み込んで蹴飛ばしに行くなんてなかなか出来ません!パンチ一発で飛ばされる距離に飛び込むんですから!

散々田村に蹴飛ばされたベイダー、ハイ・ローの打ち分けにイラっとしたかパンチ連打でダウンを取ると、「二階からスラム」「二階から後方ポイ捨て」と続けて投げ飛ばし、決着は二階から思いっきり振り抜く投げっぱなしパワーボム!
「こんなの誰が立てるのか!」と誰もが思うその説得力に大興奮!

試合後の勝利者インタビューに応えることなく田村への拍手を促すベイダー、田村を抱き寄せて讃え認めるベイダー。
最後はめっちゃ爽やか!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る