タッグ王座に挑戦する論外が王者246を立てるコメント連発!鈴木秀樹に挑む近藤はデビュー戦以来の“がむしゃらさ”が出せたら…

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

5月18日(月)、都内GSPメディアセンターにてWRESTLE-1の5.23新宿FACE大会でWRESTLE-1タッグ王座を懸けて闘う“チーム246”カズ・ハヤシ&近藤修司、“東京愚連隊”NOSAWA論外が記者会見を行った。なおMAZADAは諸事情により欠席。コメントは下記の通り。

カズ・ハヤシ「やっとタッグチームらしいタッグ屋と戦うことが出来ます。まだ新しいベルトなので、そういう意味でタッグチームとして歴史を作ってきたNOSAWA選手、MAZADA選手と戦えるという事は、僕たち、そしてWRESTLE-1のこのタッグベルトを作る上で重要なことなんじゃないかなと思っています。彼らが築き上げたタッグ、その歴史に負けない僕らのタッグの試合で防衛していきたいと思っています」

近藤修司「先日の新宿FACEで、4WAYでシングルですけど挑戦権を獲得した中で、物凄い大変さというのを初めて味わいました。まぁタッグ選手権をやるに際して、挑戦者決定戦をタッグの3WAYで勝ち上がってきた愚連隊というのは、多分チームワークというタッグの試合で一番重要なものを持っているチームだと思います。僕らのタッグよりもはるか何年も前から組んでいるタッグ、二人の絆、阿吽の呼吸で試合が進められていくという印象を持っています。タッグの試合というのは、よりどちらが阿吽の呼吸で機能するかというのがというのが物凄く重要になるので。まぁ僕とカズさん、キャンプトレーニングで絆を深めようかと思っています」

NOSAWA論外「まず、MAZADAの方がキャンプに行っているので。今日来れないという事でチャンピオンに申し訳ないなと思いながら自分一人で来ました。WRESTLE-1に出て、東京愚連隊にとってたぶん初めてのチャンスだと思うので。タッグという部分ではどのチームにも負けないという自信があるのですが、やっぱりこのカズさんと近藤さんのチーム246というのは防衛戦が今回で7度目という事で、やっぱいり完成されたタッグチームだなと思うので。崩せないんじゃないかなって部分もやる前から感じているところがあるんですが、やっぱりまだNOSAWA、MAZADAっていうのはまだのびしろがあると思うので。これからも進化していきたいので、やっぱりここは一発で東京愚連隊が初めてのチャンスを獲れたらいいなと思っています」

ーー東京愚連隊は去年のタッグリーグ前からベルトを巻くのは俺たちだ、とおっしゃっていましたがこの機会をどうとらえていますか?
論外「そうですね。なかなか僕らのらりくらりしている部分があるので、ちょっとここは。チャンスってなかなか回ってこないと思うので、一発で獲りたいな、と」

ーー王者組としては東京愚連隊は難しい相手だと思いますが、どのようなところで攻略していきたいと考えているのでしょうか?
カズ「すげぇ残念なのが、獲れないかもしれないというようなウソくさいことを言うところが…すごくなんかイヤですね。自分たちに凄く自信を持っている2人なので。じゃなかったらこうやっていろんな世界に行ってベルトを何個も何個も獲れるわけがないんです。なのにそういう風なウソくさいコメントをして、俺らを立てるようなことを言っているというのが非常に腹立たしく感じています。MAZADA選手はわからないですけど、NOSAWA選手については僕が獲るつもりで、タッグチームとして彼らが今後やっていけないぐらいに完勝していきたいと思います」
近藤「カズさんが言ったように、愚連隊の怖さっていうのはそこにあるのかなと。はっきり言って、7度目の防衛戦ですか? 一番警戒しないといけない相手。はっきり言って一番怖いし、一番曲者だし、今までのタッグチームとは全然違うと僕は見ています」

ーーNOSAWA選手はコメントがウソくさいと言われていますが、それに関してはいかがでしょうか?
論外「どっちなんでしょうね?だから面白いんじゃないですかね?ただやっぱりもう本当にこのチーム246というのは素晴らしいタッグチームだと思うので、追い抜けたらいいなと思っています」

ーーカズ選手は今日の会見を持ってNOSAWA選手狙いという事でしょうか?
カズ「そうですね。自信を持っているんですよ?本当に。じゃなかったらこんなにウソくさいコメント何回もしないですし。僕らもタッグ屋としてやってきたところもあるので、その意地っていうのはぶつけたいと思います」

王者組が過去の挑戦者チームの中で一番警戒すると話す中で、論外は王者組を立てるコメントに終始。そのコメントの裏には一体どんなことを考えているのか全く分からないが、王者組が注意するのもうなずける。5.23新宿FACE大会は、最強王者陥落の日になってしまうのだろうか? 全対戦カードは以下の通り。

WRESTLE-1 TOUR 2015 ROYAL BATTLE WEEKEND
日時:2015年5月23日(土)
開場:17:30 開始:18:00
会場:東京・新宿FACE

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョン 60分1本勝負
[王 者]田中稔
vs.
[挑戦者]TAJIRI
※初代王者・稔の初防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
[王者組]カズ・ハヤシ/近藤修司
vs.
[挑戦者組]NOSAWA論外/MAZADA
※初代王者組チーム246の7度目の防衛戦

▼WRESTLE-1vsDESPERADO シングルマッチ3本勝負
浜良太
vs.
パニッシャー・ビッグ・ブルート
※1本目はアームレスリング、2本目は相撲、3本目は通常のプロレスでの試合

▼WRESTLE-1vsDESPERADO 8人タッグマッチ
KAI/大和ヒロシ/中之上靖文/アンディ・ウー
vs.
河野真幸/KAZMA SAKAMOTO/土肥孝司/エル・イホ・デル・パンテーラ

▼6人タッグマッチ
船木誠勝/黒潮“イケメン”二郎/芦野祥太郎
vs.
AKIRA/征矢学/熊ゴロー

▼タッグマッチ
吉岡世起/村瀬広樹
vs.
ジェイ・フレッディー/洞口義浩(K-DOJO)

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×