【インタビュー】リングサイドカメラマン榎本高志がプロレスラーデビュー決定!悪役レスラーの襲撃から“居合パンチャー”町田光とのデビュー戦に至るまでの軌跡を語る!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 某日、7月13日に神奈川県・大桟橋ホールにて開催される『ベストボディ・ジャパンプロレス 4周年記念大会』でデビューする“リングサイドカメラマン兼プロレスラー”榎本高志のインタビューを実施した。

 ベストボディ・ジャパンプロレスリング(BBJ)とは、『トレーニングの文化、身体づくりの文化をもっと日本中に広めたい』という思いから発足し、47都道府県全てで開催するまでに成長した『ベストボディ・ジャパンコンテスト』を起点とし、元DDTプロレスの谷口智一ベストボディ・ジャパン協会代表が「プロレス界でも健康美や肉体美を活かして活躍する選手がベストボディ・ジャパンから出てきてもいいんじゃないか」という想いを持って2018年8月に旗揚げしたプロレス団体。
 日々ボディメイクに取り組む人材を積極的にプロレス界に勧誘し、昨年には当時58歳の生え抜き選手である吉田和彦が誕生。60代になっても最前線で闘い続けるゴージャス松野とタッグ王座を戴冠するなど幅広い選手層がリング上で活躍している。

 そんなBBJは、現在TPG(たけしプロレス軍団)の血を引くDPG(ダンカンプロレス軍団)によって侵略を受けており、悪のDPGによって徹底的に秩序を破壊されている。

 DPGのスポークスマンを務める大石真翔は、2021年2月大会にて試合に負けた八つ当たりでリングサイドで写真を撮っていた榎本をリングに投げ入れ、カメラを破壊した上でボディスラムで叩きつけるという暴挙に出た。
 翌3月大会でも大石はカメラマンの榎本をリングに上げて再びカメラを破壊。またボディスラムの餌食にしようとするが、なんと榎本は密かに練習していたドロップキックで反撃。これにブチ切れた大石は、「お前はプロレスラーデビューしろ。プロレスラー同士がリングで起こしたことは全て合法。相手が死んでも合法なんだよ」と榎本を強制的にプロレスデビューさせた上で合法的に抹殺することを宣言。

 榎本は完全に巻き込まれた被害者であったが、「大石にやり返したい」という一心で本格的にプロレスの練習を開始。しかし、元々運動経験も無く、コロナ禍で練習もしばらく無くなってしまったこともあり中々デビューには至らず。さらに、初めてのエキシビジョンマッチでは大和ヒロシに徹底的に叩きのめされたことで“闘う”という行為自体に恐怖心を抱いてしまう。

 今回の4周年記念大会でも榎本のカードは無かったが、後輩である木村昌嗣のデビュー戦が先に組まれたことに悔しさを爆発させ、榎本は自身のデビュー戦も組んでもらうよう谷口CEOに懇願。
 谷口CEOは「『榎本とデビュー戦をやってもいい』という選手を見つけてこれたらデビュー戦を組む」という条件を付けたが、榎本は元キックボクサーの町田光を招聘することに成功し、正式にデビューが決定した。

 今回のインタビューでは、ただのカメラマンからプロレスデビューすることになってしまった榎本の波乱万丈の経緯について聞いた。

――榎本さんは元々カメラマンとしてBBJに関わっていたということですが、まずはカメラマンとしての経歴を教えてください
「僕は今年40歳なんですけど、写真の専門学校を出て、観光関係の会社に入ってプロのカメラマンとして働き始めました。そこからフリーランスになって、僕の仕事に関わっていた共通のスポンサーさんに谷口さんを紹介していただいて、ベストボディ・コンテストでのお仕事をするようになりました。僕がコンテストのオフィシャルカメラマンになって7~8年経ちますね。プロレスに関しては、BBJプロレス旗揚げ2戦目からプロレスの方でもリングサイドに入ってオフィシャルカメラマンをやっています」

――“普通のカメラマン”だった榎本さんですが、大石真翔選手との因縁からプロレスデビューすることになってしまいました
「いや、もうあのときは急にリングに入れられてホント怖かったんですよ。それでなんかボディスラムで投げられて、カメラも壊されて……。考えられないですよ。ホントあの人頭おかしいんじゃないかと……。カメラも2台とも壊されちゃって、1台は全損したんで買い替えましたし、ストロボは粉々。2台目のカメラも修理に30万かかったんです」

――それでも2回目にリングに投げ入れられたときはドロップキックで反撃する場面が有りました
「悔しかったんですよ。ボディスラムも、プロレスラーの皆さん当たり前のように試合で何発も食らってますけど、一発食らっただけの僕は1週間くらい身体中痛くて。カメラの修理でお金も飛んでいきましたし『なんで俺がこんな目にあわなきゃいけないんだ!』ってホント悔しくて。だから、なべやかんさんに頼んで、自衛のための受け身と、一矢報いるためのドロップキックを教えてもらって。まあ、そのせいでプロレスデビューすることになっちゃったんですけど……」

――プロレスデビューを目指そうとしてからの苦労はありましたか
「谷口さんに『男として悔しくないのか!』って焚きつけられて、そのときは僕も熱くなっちゃってたんで『やります!』って言っちゃったんですけど、軽い気持ちで言うべきじゃなかったです。本当にキツいです。スポーツ経験とかも特に無かったですし、38歳でゼロから格闘技の練習だったんで体も心もボロボロで……。でもちょっとずつやれることが増えていくのは楽しくて、最初は巻き込まれて流れでやってたけど、段々前向きな気持ちで取り組めるようになっていきましたね。『やってやる!』って気持ちが湧いてきて。でも、今思えばそれも甘かったんですよね。そんな甘い世界じゃなかったってのを思い知らされました」

――2021年5月のエキシビジョンマッチ第1戦、大和ヒロシ戦は公開処刑のようでした
「……そうですよね。ゴングが鳴った瞬間に頭真っ白になっちゃって、動けなくなっちゃったんです。戦意喪失状態というか、大和さんが『好きに打ってこい』って待ち構えてるのに、ただただオロオロして棒立ちになっちゃって。僕がそんなんだったから大和さんを怒らせちゃって、もう本当にボコボコで……ボコボコっていっても記憶がなくて、電車に乗れずにタクシーで帰ったことしか覚えて無くて、あとで映像で見てもなにも思い出せなかったです」

――そこから1年以上デビュー出来ていない状態です。聞くところによると、あの大和戦がトラウマになってしまったとか
「本当に怖かったんです。何も覚えてないのに怖かったことだけ覚えてて、今でも大和さんにボコボコにされる夢を見るくらいです。練習でも、1個1個は出来るようになったのに、いざ試合形式の練習となると大和さんとのエキシがフラッシュバックして、いつもの練習では出来るはずの受け身も身体が固くなっちゃってロクに取れなくなっちゃう状態が続いて。だから谷口さんにもやかんさんにも『デビューはさせられない』と。あと、色んな方に『闘争心が感じられない』と言われ続けてきました」

――闘争心を失ってしまったのは、やはりトラウマのせい?
「もちろんそうなんですけど、今思うと大石さんの存在が大きかったんだと思います。僕が全然ダメダメでデビューできずにいる間に大石さんが大怪我(※2021年7月、第一腰椎骨折)しちゃって。今月復帰されるみたいですけど、この間までいつ復帰できるのかも分からない状態だったので。エキシで心を折られた中でやり返す相手もいなくなって、目標が無くなってしまったからだと思います」

――プロレスデビューを諦めようとは思わなかった?
「何度も思いましたよ。でも、大石さんと大和さんにボコボコにされて、今でも夢に見るほど怖い思いをして、このまま辞めたらずっとこれに苦しむと思うんです。あの2人と、自分のトラウマに打ち克つためにも練習はずっと続けました。それで、4周年大会のカードに自分の名前が無かったとき、悔しかったんです。そこで『試合がしたい!』っていう気持ちが湧いてきて、谷口さんに直談判して、必死に対戦相手を探して。そうやって必死になってみて初めて『闘争心がないからダメだ』って言われてた理由が分かったんです」

――デビュー戦の相手は、元キックボクサーの“居合パンチャー”町田光選手です。今年5月にDDTでプロレスデビューしたばかりで、BBJには初参戦。なぜ町田選手がデビュー戦の相手なのでしょう
「普段僕の練習を見てくれている方々は既にこの大会でカードが決まっていたので、出場予定の無かった色んな選手にデビュー戦の相手をお願いして回って、全て断られてしまって……。もう途方に暮れている中で、偶然練習で一緒になった町田さんに相談したら『やってもいいよ』ってお返事をいただけました。町田さんが優しい方だからっていうのもあると思いますし、今までのダメダメな僕を見てないから引き受けてくれたんだと思うんですけど……」

――対戦相手として見たときの町田選手はどうですか
「練習では本当に優しく接していただいているんですけど、キックボクシングではチャンピオンになったメチャクチャ強い方じゃないですか。DDTさんでの試合映像も見たんですけど、パンチもキックも勢いがスゴくて怖くて。あんなのモロに食らったら秒殺されちゃいますよ。だから、コーチのやかんさんには打撃対策というか、バシバシ打ってもらって打撃耐性を鍛えてもらっています。僕はプロレスの練習しかしていないので、僕が練習してきたプロレスのすべてを出して立ち向かっていきたいです」

――最後に、改めてデビューへの意気込みをお願いします
「形はどうあれデビュー戦にはこぎつけたので、町田さんに感謝の気持を持って僕が今できる全力をぶつけます。あと、そもそも僕がプロレスデビューしようと思ったのは大石さん……いや、大石真翔への復讐のためです。これから大和さんにも僕が成長した姿を見せなきゃいけないと思っています。僕が今できる全力を出し続けてあの2人にたどり着きたいと思います。応援、よろしくお願いします!」

『ベストボディ・ジャパンプロレス 4周年記念大会』
日程:2022年7月13日(水)
開始:18:00
会場:神奈川県・大桟橋ホール

▼シングルマッチ 榎本高志デビュー戦
町田光(フリー)
vs
榎本高志

▼セクシーボディの美男美女コンテスト SEXY BODY JAPAN 2022 Yokohama July
第1ラウンド:規定ポーズ審査
第2ラウンド:パフォーマンス審査(大会の後半)
*今大会は男女のセクシーボディコンテスト

▼シングルマッチ 木村昌嗣デビュー戦
小仲=ペールワン(666)
vs
木村昌嗣

▼タッグマッチ
アントニオ小猪木(西口)/赤井沙希(DDT)
vs
なべやかん/竹林早苗

▼BBWタッグ選手権試合
【第6代王者組】ライジングHAYATO(愛媛/全日本)/イマバリタオル・マスカラス(愛媛)
vs
【ダンカンプロレス軍団】諸橋晴也(フリー)/鈴木悟(フリー)
※HAYATO&タオルは2度目の防衛戦

▼BBWスーパーボディ級選手権試合 バトルロイヤル
【第6代王者】チェリー(フリー)vsベストボディ・ベイダーvs大和ヒロシ(フリー)vs唐澤志陽vsバキュームけーすけvs高尾蒼馬(DDT)vs大鷲透(フリー)vs男色ディーノ(DDT)vs伊橋剛太(DDT)vs政宗(フリー)vs石井慧介(ガン☆プロ)vs八須拳太郎(PPP)vsしゃあ(愛媛)vs谷口智一vsラグジュアリー吉田
※チェリーは3度目の防衛戦

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2022年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る