4.21弘前で行われた超戦闘プロレスFMWのプレ旗揚げ戦は大盛況!いきなり村上和成が乱入して大仁田を襲撃

  • -
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

記念すべきプレ旗揚げ戦の日に、“招かれざる男”がやってきてしまった。
4月21日、青森・弘前市河西体育センターで開催された「超戦闘プロレスFMW」プレ旗揚げ戦は、超満員1200人の大観衆で膨れ上がった。

地元弘前出身の五所川原吾作を始め、リッキー・フジ、超電戦士バトレンジャー、ミス・モンゴルらの元FMW勢の他、KAIらのWRESTLE-1勢も熱闘を展開。
メーンイベントでは、大仁田厚&田中将斗&保坂秀樹のFMW軍が、NOSAWA論外&モンスターレザー&モンスターフレディーのモンスター軍と有刺鉄線ボードデスマッチで対戦。

試合は乱戦のなか、大仁田がサンダーファイアーパワーボムで、NOSAWAをマットに沈めて、FMW軍が勝利。場内は大熱狂となり、在りし日のFMWが復活したかのような盛り上がりとなった。
その時だった。脱兎のごとく、リング上に駆け上がったのが“平成のテロリスト”村上和成。大仁田にターゲットを絞った村上は、殴る蹴るでボコボコにすると、「大仁田、4.27新宿で待ってろ! 寝言は寝て言え」と吐き捨てた。

村上は“黒幕”であるNOSAWAらとガッチリ握手を交わし、モンスター軍に合流。これに、スーパーシューターも加わり、モンスター軍は一気に5人となり勢力拡大。
襲撃を受けた大仁田は新宿大会での村上との決着を叫んだが、この日ばかりは形無しだった。

4.27新宿では、大仁田&田中&マンモス佐々木vs.村上&NOSAWA&シューターのカードが組まれている。FMW軍としては、勢いづいたモンスター軍をなんとしても食い止めたいところで、ますます見逃せない一戦となった。
高橋英樹社長は村上の無法乱入に対し、不快感を露わにするも、「何が起こるか分からないのがFMW。FMW軍には新宿大会でキッチリ、カタを付けてほしい」と話した。
新宿大会まで、4.22仙台、4.23会津若松が残されている。どこでテロを仕掛けてくるのか分からない村上だけに、FMWは両大会ともに厳戒態勢を強化する必要がありそうだ。

FMW復活シリーズvol.1
日時:2015年4月21日(火)
開始:18:30
会場:青森・弘前市河西体育センター
観衆:1200人(超満員)

▼第1試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●超電戦士バトレンジャー
9分57秒 エビ固め
○リッキー・フジ

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
●菊タロー/ワイルドベアー
13分32秒 サンドストーム→体固め
スーパーシューター/○五所川原吾作

▼第3試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○ミス・モンゴル/Ray
15分28秒 ラリアット→片エビ固め
旧姓・広田さくら/●花月

▼第4試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○KAI/アンディ・ウー
14分37秒 LAT→片エビ固め
吉岡世起/●芦野祥太郎

▼第5試合 有刺鉄線ボードデスマッチ 6人タッグマッチ 60分1本勝負
○大仁田厚/田中将斗/保坂秀樹
12分48秒 サンダーファイアーパワーボム→エビ固め
●NOSAWA論外/モンスターレザー/モンスターフレディー

【記事提供/FMWプロモーション】

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る