船木誠勝35周年&アレクサンダー大塚25周年記念試合が決定!29年前にアレクの藤原組入門テストを見ていた船木がシングルで対戦!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 12月17日に後楽園ホールにて開催される『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.8』にて、船木誠勝35周年&アレクサンダー大塚25周年記念試合が決定した。
 アレクは「藤原組の入門テストを受けさせてもらった時にテストを見てくださったのが船木さんでした。今回ストロングスタイルプロレスのリングで船木さんがデビュー35周年、私がデビュー25周年の区切りな年に船木さんとのシングルマッチ、テストを見ていただきながら不義理をしてしまった謝罪も込めて、25年の全ての経験を船木さんにぶつけて闘いたいと思います」とコメント。
 船木は「今から約29年前。自分がまだ藤原組在籍時に抜群の身体能力で入門テストをクリアした青年が居ました。大塚崇。凄い新人が入る。そう思いましたが、何故かその青年は入門を辞退。残念。それから約6年後。総合格闘技PRIDEでマルコ・ファスを破る日本選手が出現。アレクサンダー大塚。抜群の身体能力で入門テストをクリアしたあの青年でした。そして29年後、2020年年末最後の試合で、自分はあの青年と35周年記念試合を行います。アレクサンダー大塚こと大塚崇選手。あの時の気持ちで船木誠勝に向かって来て下さい。自分も今の全力で闘います」と当時を振り返りながらコメントした。

 船木vsアレクはセミファイナルで行われ、メインイベントでは藤田和之の持つレジェンド王者にスーパー・タイガーが挑戦する。スーパーは先日WEWヘビー級王座を奪取し勢いにのっている。「この一戦を背水の陣とし、不退転の決意で臨みます」とコメントしたスーパーが団体の至宝を取り戻せるのかにも注目が集まる。

<アレクサンダー大塚コメント>
「先ずはじめに、この度このカードを組んでくださいました初代タイガーマスク 佐山サトル ストロングスタイルプロレス様、対戦を受けてくださいました船木さんに感謝します。2020年始まって間もなく新型コロナウイルスで日本はもちろん世界中が大変な状況になり、今年8月で私自身デビュー25周年を迎える為、15周年、20周年と5年の区切りで自主興行を開催してきまして、今年もアレクサンダー大塚らしさを出せる自主興行のプランを考え進めていましたが、このコロナで自主興行は断念しました。
 そんな中、リアルジャパンプロレスの時より佐山さんはじめ団体の方々にも助けていただきながら今に至り、今に至る前に一度、藤原組の入門テストを受けさせてもらった時にテストを見てくださったのが船木さんでした。それから時を経て自分の20周年で後楽園、徳島と参戦いたいだき、不思議なご縁でその後も何かとポイントでご一緒する機会があり、今回、ストロングスタイルプロレスのリングで船木さんがデビュー35周年、私がデビュー25周年の区切りな年に船木さんとのシングルマッチ、テストを見ていただきながら不義理をしてしまった謝罪も込めて、25年の全ての経験を船木さんにぶつけて闘いたいと思います。応援、宜しくお願い致します」

<船木誠勝コメント>
「今から約29年前。自分がまだ藤原組在籍時に抜群の身体能力で入門テストをクリアした青年が居ました。大塚崇。凄い新人が入る。そう思いましたが、何故かその青年は入門を辞退。残念。それから約6年後。総合格闘技PRIDEでマルコ・ファスを破る日本選手が出現。アレクサンダー大塚。抜群の身体能力で入門テストをクリアしたあの青年でした。そして29年後、2020年年末最後の試合で、自分はあの青年と35周年記念試合を行います。アレクサンダー大塚こと大塚崇選手。あの時の気持ちで船木誠勝に向かって来て下さい。自分も今の全力で闘います」

『初代タイガーマスク ストロングスタイルプロレスVol.8』
日程:2020年12月17日(木)
開始:18:30
会場:東京・後楽園ホール

▼船木誠勝35周年&アレクサンダー大塚25周年記念試合 60分1本勝負
船木誠勝(フリー)
VS
アレクサンダー大塚(AO/DC)

▼レジェンド選手権試合 60分1本勝負
【王者】藤田和之(はぐれIGFインターナショナル)
vs
【挑戦者】スーパー・タイガー
※藤田は2度目の防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る