【#プロレス今日は何の日】2003年10・13 新日本プロレス東京ドーム 蝶野正洋vsハルク・ホーガン

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

2003年10月13日 新日本プロレス 東京ドーム
蝶野正洋vsハルク・ホーガン!

nWoで縁ある両者の対戦!
この頃のホーガンはミスターアメリカのキャラクターで活躍していましたが、すぐにWWEを退団。ホーガンが新日本参戦やIWGPヘビー級王座への興味を示したことから蝶野vsホーガンの夢のシングルマッチが実現!

蝶野の入場曲は「君が代」のロックアレンジで始まり、ボカンと爆発してから『CRASH』に移行!わっと叫び派手に入る蝶野のスター感!

次いでギャリギャリ叫ぶエアギター!
しかし、なにか違和感。『転調無し?あの曲ちゃうの?』と首を傾げてしまいます。
みんな『リアルアメリカン』で盛り上がりたかったのですが、権利の問題からか効くことは出来ずに残念でした。

バンダナ・ロングタイツのホーガン、この時50歳!

マネージャー、59歳のジミー・ハートは背中にホーガンのイラスト、左右の袖には「HULK」と「Hogan」を湛えた(讃えた)ナイスジャケット!

「みんなが見たいのは80年代のストロングスタイルだろ?」と言うだけあって、グランドレスリングを挟むホーガン。呼吸も整いメリハリついてイイですな。

場外戦では蝶野をブレーンバスターで投げリングに戻る。
フラフラとエプロンに立つ蝶野!すかさずホーガンはダダっと走りIWGP決勝再現ボンバー!く~っ!ホーガンめ~!(好き!)

フラフラしつつも、リフティングベルトを奪いバチバチはたいてくる蝶野!
これをコブラツイストで締め返し、河津落としでやり返し、出ましたぶるぶるホーガン!「YOU!」からゴチゴチパンチでロープに振って、ビッグブーツとレッグドロップ!

キックアウトした蝶野を「アックスボンバ~!」の掛け声と共にロープに振る!
かがんでかわした蝶野がケンカキック3連発からSTFへ!

「落としたぞ、エ~!」とアイアムチョーノでキメる後ろでホーガンが復活!
パンチ一発ロープに振って今こそ決着の「アックスボンバ~!」が炸裂!

筋肉パフォーマンスをキメ、花道をギャリギャリエアギターで横歩き、ダダっと走って「イチバ~ン!」

観られただけ幸せと思いつつも、やっぱり「リアルアメリカン」聞きたいやん!

今日もプロレス最高!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

サイト内検索

日別

2020年10月
« 9月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×