WWEから離脱するカイリ・セインがTwitterでファンにメッセージ!「ファンの温かいサポートで私はこの3年間で沢山のことを達成することができました」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 日本時間7月28日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターにて行なわれたロウが配信され、真のロウ女子王者を決めるべくアスカ(withカイリ・セイン)とサーシャ・バンクス(withベイリー)がロウ女子王座決定戦で再び激突した。
 先週行われたPPV「ザ・ホラーショー・アット・エクストリーム・ルールズ」のロウ女子王座戦が不完全決着となった両者は激しい攻防を展開。試合前にセコンドのカイリがベイリーを追いかけ回したことでセコンド不在となると、アスカがドロップキックからヒップアタックやシャイニング・ウイザードを決めて攻め込んだ。サーシャもバックスタバーで反撃すると、レフェリーの死角でアスカに王座ベルトを渡して反則勝ちを狙うも失敗。試合終盤にはサーシャがバンク・ステートメント、アスカがアスカロックやアンクルロックを繰り出してシーソー戦を展開すると、突如会場ビジョンにバックステージでベイリーに暴行を受けるカイリが映し出された。これを見かねたアスカは敗戦を覚悟してカイリを救出しにバックステージに向かうと試合はリングアウト裁定。試合後、正式にロウ女子王座を戴冠して2冠王者となったサーシャが「やったぞ!やったぞ!」とベイリーと大喜びすると、王座奪還を逃したアスカはカイリの容体を心配しながら「あいつらしばくぞ!おら」と声を震わせて報復を誓った。

そして、カイリ・セインがWWEから離れることになり、ツイッターにWWEスーパースターやスタッフ、ユニバース(ファン)に感謝するメッセージを投稿した。カイリは2017年にWWEと契約すると、同年のWWEメイ・ヤング・クラシックで優勝を果たしてNXTで活躍。翌年の2018年には因縁のシェイナ・ベイズラーを破ってNXT女子王座を戴冠し、2019年にはスマックダウンに昇格してアスカと共にカブキ・ウォリアーズを結成すると、アレクサ・ブリス&ニッキー・クロスを撃破してWWE女子タッグ王座を奪取している。

ツイッター全文
「NXTとWWEでの私の時間は素晴らしいものでした。皆さんが優しく、面白く、素晴らしい才能に溢れ、毎日が幸せでいっぱいでした。またスタッフのサポートに助けられました。私は一緒に働いたプロフェッショナルな皆さんが大好きでこれからも尊敬し続けます」

「私はこの3年間で沢山のことを達成することができました。でもそれは私の能力や強さが理由ではありません。それはファンが常に温かいサポートしてくれたからです。皆さんに会えてとても感謝しています。心からありがとう。カイリ・セイン」

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

関連記事

サイト内検索

日別

2020年8月
« 7月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る
×