AEWにも参戦中の“魔法少女”坂崎ユカが王座防衛!「積極的に肉食系で行きたいと思います!」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、『東京女子プロレス'20』が後楽園ホールにて開催。メインイベントでは坂崎ユカの持つプリンセス・オブ・プリンセス王座に山下実優が挑戦した。

 坂崎ユカは2013年1月にプロレスデビュー。身体能力を生かした試合が特徴的な選手であり、AEWの旗揚げ戦にも参戦。以降定期的にAEWには参戦しているが、11月3日のDDT両国国技館大会で行われた王座戦で中島翔子よりプリンセス・オブ・プリンセス王座を奪取。かつて絶対王者として君臨していた山下実優を相手にイッテンヨンで初防衛戦を行う事となった。

 試合では激しい場外乱闘が行われ、坂崎は山下を机の上に座らせるとそのまま階段を滑り落とす狂気な行いを見せる。
 リングに戻るとお返しとばかりに山下がエプロンへのアティテュード・アジャストメントを叩き込み、ハイキックから三角蹴りと猛攻。しかし坂崎はカウンターのレッグクラッチ式ノーザンライトスープレックスを決めると、マジカル魔法少女プランチャを投下し3カウントを奪った。

 勝利した坂崎は「ホントに闘うの嫌だったんですけど、思い返してみればわたしには仕返ししなきゃいけないことがあるのを思い出して、モチベーション上がった状態でこの超満員の後楽園ホールでアドレナリンがすごかったです。東京女子の注目度も上がってきたんで、それで選手全員のモチベーションも上がって、団体として技術や意識が上がっていけば、それを集客として皆の心をガッチリつかめるのかなと思うので、選手1人1人が、お客さん1人1人を掴んでいくような形で、積極的にガッチリ、肉食系で行きたいと思います!」とコメント。

 今年TDCホール進出も発表された東京女子プロレスの王者は、新たなステップに上がるために団体力の強化を掲げた。

関連記事

サイト内検索

日別

2020年11月
« 10月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×