【会見】9・1横浜文体でW-1王座をかけて闘うT-Hawkと稲葉大樹が意地のぶつけ合い!タッグ王座戦に臨む立花誠吾にパートナーの近藤修司が「俺が立花の唯一の舎弟」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 7月19日(金)、都内・GSPメディアセンターにて、W-1が記者会見を実施。9月1日(日)の『2019プロレスLOVE in YOKOHAMA』のメインイベントでW-1チャンピオンシップを闘う王者・T-Hawkと挑戦者・稲葉大樹が出席。それぞれ意気込みを述べた。
昨日の新木場大会で前哨戦を闘った2人だが、その試合が初対決。試合はT-Hawkが土肥孝司からフォールを奪い、チャンピオンとしての力を見せつけた。会見でもT-Hawkに「レスラーにしては人が良すぎる。今の段階のイメージでは僕に(気持ちが)届いてない」と言われた稲葉。しかし、「足りてないって言うんだったら、もっともっと上げていきます」と静かに闘志を燃やすと、「お客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたい」とベルトを獲った後のビジョンを語っていた。

稲葉大樹
「『W-1 GP』優勝して横浜文体のメインでT-Hawk選手とのタイトルマッチ決まりました。ベルトを獲り返すのはもちろんですけど、それ以上にT-Hawk選手との試合を楽しみたいというか、自分自身がT-Hawk選手とのシングルマッチが凄い楽しみです。最後勝ってベルトは獲り返します」

T-Hawk
「僕、個人としては今年の頭にこのベルトを獲って3回目の防衛戦ですけど、やっぱりW-1最大のビッグマッチのメインイベントで稲葉さんとこのベルトをかけて1vs1の試合になるんですけど、先程稲葉さんが楽しみたいとおっしゃっていましたけど、やっぱり楽しむとかではなく、稲葉さんもW-1を代表してベルトを獲りに来るだろうし、僕はこの#STRONGHEARTSを代表して防衛しなければいけない責任というものがあって、お互いメインイベンターとしての責任を果たしたいなと僕は思います」

──昨日の前哨戦が初めての対戦だったんですよね?
T-Hawk「そうですね。初対決だったんですけど、僕の印象としては稲葉さんはレスラーにしては人が良すぎるというか、もっと例えるならばサラリーマンっぽいですよね。人が良すぎるんですよね。もっと今まで獲った芦野選手とかイケメン選手だったりとか、近藤さんもそうですけど、気持ち的な部分は凄く来るなというのはあったんですけど、今の段階のイメージでは僕に届いてないかなっていうのが昨日のコメントでもありましたけど、そういう印象は受けました」
稲葉「試合を通じてもっと稲葉大樹を感じてもらいたいなと思います。最終的には勘弁してほしいなと言うぐらい追い込みたいなと思います」

──稲葉選手、人が良すぎるとかサラリーマンっぽいという言われ方をしたんですが、それについてはどのように思われますか?
稲葉「試合やってもらえればサラリーマンなのかなんなのかわかると思います。昨日の新木場はそんなに絡んでないと思っているのでもっともっと絡めばわかってくると思います」

──T-Hawk選手、『W-1 GP』見ていたと思うんですけど、ご自分の前に立つのが稲葉選手だというのは予想していましたか?
T-Hawk「グランプリの決勝を僕は本部席で見てたんですけど、その時は稲葉さんってこんなに感情を出せるんだと思ってたんですよ。昨日肌を合わせてみて、その時がピークでグラフ的にはちょっと下がってきたなというふうに見受けたんで、やってみて。それを9月1日、その前に8月1日の後楽園ホールでも当たりますけど、そこにピークを持ってこないと今の僕のベルトには到底届かないかなとは思いますね」

──稲葉選手は実際にT-Hawk選手と闘ってみて、どのような印象を受けました?
稲葉「凄い刺激ですか? やっぱり初めてだったので、普段のW-1の選手と以外は、そんなに#STRONGHEARTSの選手と絡むこともなかったので凄い刺激をもらいました。やっぱりその刺激に勝つぐらいの自分もさっきも言われてましたけど、どんどん気持ちを高めていって、文体に気持ちを上げていきたいと思っています」

──まだ気持ちが本番に向けて上がりきってないという状況ですか?
稲葉「いや、上がってるつもりですけど、足りてないって言うんだったら、もっともっと上げていきます」

──お互いに警戒する部分、注意する部分がありましたら、教えてください。
T-Hawk「ちょっと厄介だなと思う部分がありまして、お客さんを味方につけるのがうまい。多分本人は自覚ないと思うんですけど、お客さんが感情移入しやすいところ。そういった声援もあると思うんですけど、正直、そういった部分では僕は全く動じないメンタル持ってますし、もちろん気持ちという部分では絶対負けない。そこぐらいですかね、稲葉さんは。あとは一発逆転の卍があるので、そこをしっかり警戒して対策を練って当日を迎えたいと思います」
稲葉「攻撃力が凄いなと思っています。ただ自分も攻撃に負けないぐらいの気持ちはあると思っているんで、耐えて耐えて一発逆転の卍もあるんで、そこまで耐えきりたいと思っています」

──稲葉選手、もし仮にベルトを獲ったら、どのような形でW-1を引っ張っていこうと思っていますか?
稲葉「試合が終わったらお客さんが笑顔で会場を後にできる団体にしたいと思っています」

──T-Hawk選手は防衛したら引き続きチャンピオンということになりますけど、その先、このW-1のリングでやりたいこととか考えていらっしゃいますか?
T-Hawk「今現在ビジョンは明確なものはないんですけど、単純にこのベルトは僕が持っていたほうがW-1的にはいいんじゃないかなと思っているので、しっかり防衛してT-Hawkここにあり、W-1チャンピオンここにありというのを証明したいと思っております」


続いて、既報カードである8月1日(木)の後楽園ホール大会で行われる近藤修司&立花誠吾vs芦野祥太郎&児玉裕輔のタッグマッチが、W-1タッグチャンピオンシップに変更となったことが発表された。会見には王者組の近藤&立花、そして挑戦者組となった芦野&児玉が出席。それぞれ意気込みを述べた。
そもそも、今回のタイトルマッチはタッグ王者となった立花から、芦野を指名したことから始まる。芦野からの返答はなかったものの、昨日の新木場大会で6人タッグによる対戦が組まれた立花は「芦野にやる気にさせる」と意気込んで試合に臨んだ。だが、結果は返り討ち。芦野から直接フォールを奪われるという屈辱も味わった。
しかし、芦野は立花の指名を受諾。ベルトを獲って調子に乗っているという立花をタイトルマッチで完膚なきまでに叩きのめす腹積もりなのだ。会見でも芦野の口から出る言葉は「お前の舎弟はどこにいんだよ」、「他の奴と一緒ですよ。口だけ。タナカ岩石と一緒だよ」、「そのスーツどこで買ったんだよ。それを正当化しているのがダメ。だから笑われんだよ」と、立花に対して厳しいものばかり。その様子を見ていた児玉も笑い出すは、挙句の果てにはパートナーの近藤まで、「この顔を見ろ。この顔でまともにやれって、どっちみち笑いになるんだよ」とフォローにならないフォローをする始末だ。
結局、終始会見場で一人笑い者にされてしまった立花。8.1後楽園大会でこの屈辱を晴らすことができるのか?

近藤修司
「ええ、こんにちは。昨日の新木場大会で立花があれだけのことをされて、完膚なきまでにフォール負けをしたっていうのは当然本人も悔しいと思うんですけど、あれを見て僕も悔しさを感じたというかね。まあ立花はベルトを獲ってちょっと調子に乗ったのかもしれない。天狗になったのかもしれない。まあそれを鼻を見事にへし折られた形になったと思います。そうやってレスラーが強くなるのは知ってるしね、昨日立花が潰されておいて良かったのかなと思います。ただ立花は昨日の痛みより怒りに震えてるんじゃないかと思っています」

立花誠吾
「昨日、新木場でボロクソに負けて、あんなに公開処刑みたいに舎弟の前でやられて、単純に怒りと悔しさしかねえからよ。俺はこういう気持ちが人を強くするってわかるからよ。これを何百倍にも何千倍にもされたからよ。それを後楽園で爆発させて必ず俺たちが勝つからよ」

児玉裕輔
「こんにちは。昨日の新木場で見た人はわかると思いますけど、児玉としては非常に棚からぼた餅というか、凄いチャンスになっちゃったなって。残念ながら昨日の通り、後楽園ホールでもああいう形で芦野くんと僕で立花をこてんぱんにやってですね、ベルトも舎弟もいなくなっちゃうんじゃないかなと思いますね」

芦野祥太郎
「昨日、リング上で挑戦すると。まあ、立花のほうから挑戦してほしいということだったんでいいよっていうことだったんですけど、こいつのために時間を割いて会見までやらされてかったるいですよ。なんでこいつのために動かなきゃいけないんだっていう。だいたいこいつはベルト獲ったぐらいで逆指名だの言いやがって。ふざけんじゃねえよ。防衛、1回か2回ぐらいしてから言えよ。1回もしねえでよ。アレハンドロのちびっ子マスクマンから獲ったぐらいで調子に乗りやがってと思ってますよ。まあ、元々タッグのベルトは興味ないんで、獲ったらすぐ返上しますけど、その勢いですよ。でもね、とにかく後楽園で立花をもう一度ボッコボコにします。それだけですよ。こいつが生意気な口を利けなくなるまでやりますよ。『ああ〜ん?』とか『舎弟』とか。だいたい舎弟どこにいんだよ。どこにいたんだよ、新木場のどこに。こいつが舎弟なんですよ。そうだろ、お前? アンファンにいた時は俺の舎弟だな。イケメンと組んでる時はイケメンの舎弟だよ。今は副社長の舎弟だよ。お前の舎弟はどこにいんだよ。それを教えてくれ。まず舎弟がどこにいるか聞いてから、質疑応答をやりましょう」
立花「世界にいるよ、たくさんよ」
芦野「世界に(笑)」
立花「いるよ。お前、何笑ってんだよ。世界中にたくさんいるよ」
芦野「あれか、Twitterのフォロワーか?」
立花「世界中だって言ってんだろ。フォローしてない奴でも俺の舎弟はいるよ、お前」
芦野「どういうことか理解できません。まあ彼はそう言っているんで、いるんでしょうね。世界中に。じゃあ、世界中から見に来るんじゃないか、お前の舎弟が。何万人いるんだ。 億か? ふざけんじゃねえよ。どうぞ、質疑応答」

──芦野選手としてはタイトルマッチを受けたモチベーションはベルトよりも、制裁という感じで考えていらっしゃるんでしょうか?
芦野「そうっすね。こいつは違うと思ったんですよ。今までね。この間グランプリやって、戻ってこいと俺から言って、まあ戻ってこない。対角に立ってやりたいということだったんで、それはまあいいなと。タッグのベルトを獲ったまでは良かったと思いますよ。そっからの行動ですよね。結局何もないくせに。他の奴と一緒ですよ。口だけ。タナカ岩石と一緒だよ」

──立花選手、芦野選手の言葉を聞いてどのように思われますか?
立花「何もねえから逆指名したんだろうって話だよ。タナカ岩石だったらベルト獲って満足で終わりだよ」

──近藤選手は今回の立花選手の行動に関してどのように思われているんですか?
近藤「まあこのチームに関しては立花主導でやっているんで、立花の思うようにやってもらいたいし、舎弟……まあ俺が舎弟になんのかな、唯一の」
立花「唯一のじゃねえよ。世界にいんだよ」
近藤「(無視して)唯一の舎弟なのかもしれないです、僕が。だから、立花の思うようにこのチームはやってもらいたい。動いてもらいたい。チームリーダは立花です。唯一の舎弟が……」
立花「だから、唯一じゃねえって」
近藤「以上です」

──児玉選手は近藤&立花組に関してはどのような印象を受けていますか?
児玉「いやまあ近藤修司が自分のことを立花の舎弟だって言ってるんなら、そうは見えないかなっていう。やっぱりどっちかって言うと近藤修司が見えるタッグチーム。これなんか……なんだろう……?(急に後ろを向いて笑いをこらえ出す)」
芦野「結局よ、お前を見たら笑いが出ちゃうっていうそういうことだよ」
立花「それはお前らの笑いのツボだからだろう(と言っていると近藤が立花の身体をさすり出す)」
児玉「さすられてんぞ。さすられてんぞ、身体を(笑)」
立花「俺が言ってんだよ、さすれって」
芦野「なんでさすれって言うんだよ(笑)」
立花「なんで笑ってんだよ!」
芦野「なんでお前がさすれって言うんだよ(笑)。おかしいだろう。おかしいぞ、これ(笑)」
立花「笑うんじゃねえよ、この野郎!」
児玉「まあそういうことです。舎弟だなんだって、おもしろおかしくネタにされるようなそういうチーム」
芦野「やっとね、いつかの新木場で竹刀を俺が封印して、まずは色物じゃなくしてやろうと思ったんですよ。アンファンにいた頃の愛情がまだあったから。それで6月2日、グランプリ。いい闘いをしてきたと思いますよ。けど、結局これですよ。まだこのスーツ着てる。なんだそのスーツ。どこで買ったんだよ、それ。これを着て、それを正当化しているのがダメなんですよ。だから笑われてんだよ。なんか言い返してみろ、この野郎」
近藤「まず一言言わせてもらえば、見ろよ、これ。顔を見てみろよ、お前。ちゃんと見ろ。お前、これでまともにやるってどういうことだよ」
立花「おめえ! 一番どういうことだよ、それよ! 一番どういうことだよ!」
近藤「俺はこの業界、十何年もいるよ。この顔でまともにやれって、どっちみち笑いになるんだよ、お前」
立花「なんねえよ!」
近藤「見ろ。よく見ろ」
芦野「気持ち悪いから見んな」
近藤「見ろ。穴が空くほど見ろ。穴が空くほど。色だろ? どう考えたって」
芦野「なんでお前ズボンめくってんだよ。見えないからってめくるんじゃねえよ、スーツのズボンを」
立花「それはおめえ自由だろう!」
近藤「流行ってんだろ? 歌舞伎町で流行ってんだろ」
立花「ああ」
児玉「サングラスの角度が凄いな」
立花「それはお前、ファッションだよ」
近藤「歌舞伎町で流行ってんだろ?」
立花「これは俺のポリシーだよ。うるせえな、お前ら! (近藤に向かって)お前もうるせえし、お前らもうるせえよ!」

──立花選手、一人だけ浮いちゃっているような感じになっているんですけども。
立花「浮いちゃってるんじゃねえよ、お前! 浮かしてんだよ、こいつらが」
近藤「怒り芸か」
立花「怒り芸じゃねえ! 怒ってんだよ!」
芦野「こんな感じでずっとふざけてますけど、試合はこうはなんないですからね。昨日の新木場以上に、ジャーマン百発ぐらいこいつに食らわせますよ」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年9月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

月別

ページ上部へ戻る
×