レッスルマニアで中邑真輔&ルセフが4WAY戦でタッグ王座挑戦も戴冠逃す

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現地時間4月7日にニュージャージー州イーストラザフォードのメットライフ・スタジアムにて82265人の観客を集めてPPV「レッスルマニア35」が開催され、中邑真輔&ルセフがウーソズが持つスマックダウンタッグ王座に挑んだ。

 フェイタル4ウェイ形式となったこの王座戦で、中邑はルセフと連携してアリスター・ブラックの顔面にハイキックを決め、ジミー・ウーソズにはスピンキックを決めるなど試合を優位に進めていく。試合終盤には大技の攻防を繰り広げ、中邑がキンシャサをブラックに炸裂させるも、最後はウーソズがダブル・スーパーキックからダブル・サモアンスプラッシュでシェイマスから3カウント。
 中邑&ルセフは善戦も王座奪取を逃し、ウーソズが王座防衛に成功した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る