【試合結果】1・20 Beginning新木場大会 沙紀&瑞希vs茉莉&清水ひかり 安納サオリvs​松井珠紗 里歩&未依vs本間多恵&水森由菜

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『Color’s 旗揚げ大会』
日程:2019年1月20日(日)
開始:19:00
会場:東京都・新木場1stRING
観衆:321人(超満員)

▼タッグマッチ 15分1本勝負
○旧姓・広田さくら(フリー)/角田奈穂(Beginning)
13分29秒 シャイニング・ウィザード→片エビ固め
入江彩乃/●櫻井裕子

▼シングルマッチ 15分1本勝負
○関口翔(Beginning)
9分18秒 STO→片エビ固め
●林亜佑美

▼タッグマッチ 20分1本勝負
里歩(我闘雲舞)/●未依
15分1秒 串刺しランニングボディアタック→片エビ固め
本間多恵(Beginning)/○水森由菜(我闘雲舞)

▼シングルマッチ 30分1本勝負
○安納サオリ(Beginning)
10分39秒 フィッシャーマンズスープレックスホールド
●​松井珠紗

▼タッグマッチ 30分1本勝負
[ブリバト]○沙紀/瑞希
23分30秒 雪崩式ブレーンバスター→片エビ固め
茉莉/●清水ひかり

アクトレスガールズから沙紀を中心に新団体旗揚げ!久々登場のブリバトがメインイベントで勝利!新人の松井が安納に「Color’sはBeginningには絶対負けない」と宣戦布告!

オープニング


 某ネズミ王国的な音楽で選手が入場しColor’s旗揚げ戦はスタート。Beginningと同様にオープニングダンスがあり、曲をザッピングしながら入れ替わり立ち替わり選手たちがダンスを披露した。

第1試合


 さくらは右指を骨折した状態で試合に出場。

 先発は奈穂と裕子。リングを回ってコール合戦になるが、それを見ていたさくらがタッチを要求。
 さくらもコールを促すが、会場は裕子コール一色。さくらは不機嫌になり奈穂とタッチ。
 彩乃が出てきて奈穂をロープに振ると、ダブルのガットショットからサンドイッチドロップキック。カットに来たさくらにに彩乃がガットショットから裕子がフェイスバスターで奈穂に叩きつけて踏みつけると「Color’s旗揚げいえーい!」とポーズを決める。

 裕子が奈穂をコーナーに振って走り込むが、奈穂は避けて自爆させるとフロントネックで捉えて髪を掴んでいく。
 そのままグラウンドに持ち込み絞り上げていくが、裕子は切り替えしてフォールも奈穂が離してこれを逃れる。奈穂はヘアーホイップからさくらにタッチ。

 さくらはコーナーに振って追走してのフェイスバスター。さくらは裕子を正面ロープにくくりつけると、走り込んでカンチョー攻撃。だが裕子はこれを避けると彩乃にタッチ。

 彩乃はドロップキック連発からボディスラムを狙うが、さくらが逆にボディスラム。さくらはロープを往復しての高田純次を狙うが、これを裕子がカット。さくらは「じゃあお前らが高田純次やるってことか!」と寝転がり、裕子と彩乃は高田純次。だがさくらはこれを避けて二人まとめてフェイスバスターから奈穂にタッチ。

 奈穂はケンカキック連発から、コーナーに顔面を叩きつけていく。
 さらにぶら下がり首4の字から、これを離すとフェイスバスター。フォールも2。
 彩乃はガットショットからボディスラムでった叩きつけると逆エビ固め。これはさくらがカットしようとするが裕子がコブラツイストで捉える。なんとか奈穂がロープへ這ってブレイク。
 彩乃はロープにもたれかかる奈穂の背中にドロップキックからフォールも2。彩乃はストンピングから裕子にタッチ。

 裕子はドロップキック連発も、奈穂がロープに振るが裕子がエルボー。だが受けきった奈穂が河津落としからフォールも2。
 奈穂は裕子の頭をマットに連続で叩きつけ、チョーク攻撃から河津落としの体勢。そこへさくらが走り込みネックブリーカーとの合体攻撃。奈穂はさくらにタッチ。

 さくらはロープ渡りも、裕子が手を離して股をロープに打ち付けさくらは悶絶。そこへ裕子が走り込むが、さくらはロープにぶら下がり裕子を場外に落下させると、カットに来た屋なおをロープにくくりつけてボ・ラギノール。場外に落下した
彩乃と裕子にさくらはトペ・スイシーダを狙うが、さくらはロープに引っかかり自爆。裕子がリングに走り込み、ドロップキックからさくらのラリアットを丸め込んで逆さ押さえ込み。かえされるとスクールボーイも2。さくらがキャノンボールを狙うも裕子がキャッチし丸め込むが奈穂がカット。
 さくらが619からボ・ラギノール、裕子がこれを避けると彩乃がドロップキックを叩き込んで裕子がフォールも奈穂がカット。
 奈穂が裕子を羽交い締めにし、さくらがときめきメモリアル。だがこれは裕子が避けて奈穂に誤爆。裕子が走り込むがさくらはフラフラドーンも綾野がカット。
 彩乃と裕子はダブルのブレーンバスターを狙うが、さくらは逃れると二人まとめてボ・ラギノール。さくらは裕子にシャイニング・ウィザードを叩き込んでフォールし3カウント。

第2試合


 リストの取り合いから亜佑美がヘッドロック。翔が切り替えしてヘッドロックからグラウンドに押し込むが、亜佑美はヘッドシザースで抜けて距離を取る。だが翔が走り込んでガットショットから四方のコーナーに顔面を叩きつけていき、さらに顔面を踏みつけて挑発。これを離すとストンピング連打からコーナーに叩きつけ、首投げからボディシザース。さらにサーフボードストレッチからキャメルクラッチへ。続けて逆エビ固めも亜佑美はロープを掴みブレイク。

 翔はロープにくくりつけて顔面を踏み潰すと、背中にドロップキックからフォールも2。

 翔はロープに振っていくが、亜佑美はドロップキックも翔は受けきる。亜佑美は負けじとドロップキック連発で倒しフォールも2。

 エルボーの打ち合いから亜佑美がエルボー連打。翔は受けきり強烈なエルボーを打ち込むが、亜佑美は気合を入れてエルボー連打。翔もエルボー連打からボディスラムの体勢も、亜佑美が首固めも2。続けてスクールボーイも2。翔のラリアットを巻き込んで逆さ押さえ込みも2。
 亜佑美はロープに飛んで走り込むが翔は一本背負いで迎撃しフォールも2。

 翔は腰投げ連発からフォールも2。
 翔るはSTOで叩きつけて3カウント。

第3試合


 由菜がアイドル対決を未依に要求。未依が元気いっぱいに出てくると、会場は「未依ちゃんかわいい超かわいい」コールに包まれる。これに怒った由菜がロックアップからロープに押し込むと、これを離しセクシーポーズ。
 再度ロックアップから由菜がロープに押し込むが、未依は体勢を切り替えしてあざといポーズ。由菜はガットショットから首投げで倒し、多恵とともにガトムトレイン。
 由菜がコーナーに振って串刺しボディスプラッシュ。逆コーナーに振って再度串刺しボディスプラッシュからフォールも2。由菜は多恵にタッチ。

 多恵はキャメルクラッチ。これは里歩がカット。多恵は由菜にタッチ。

 由菜は逆エビ固めを狙うが、未依はすぐにロープを掴みブレイク。
 由菜は中央に引きずり改めて逆エビ固め。未依はロープを掴みブレイク。
 由菜はストンピングからロープに振っていくが、未依はドロップキックで迎撃し里歩にタッチ。

 里歩はジャンピングニーからロープに振ろうとするが、逆に由菜がロープに振るが里歩はジャンピングニーで迎撃しフォールも2。
 里歩はコーナーに振って走り込むが、由菜はエプロンに落とすが里歩はエルボーからコーナーに登る。だが由菜はエルボーから担ぎ上げるとボディスラムを狙うが、着地した里歩がエルボー、避けた由菜が回し蹴りも、里歩は避けてロープに飛ぶが由菜はカウンターのボディスラムからフォールも2。由菜は多恵にタッチ。

 多恵はミサイルキックからフォールも2。
 多恵がコーナーに振って串刺しバックエルボーからローっプに飛んでドロップキック。フォールも返されると脇固め。これは未依がカット。
 未依と里歩はコーナーに振って、未依が串刺しエルボー。里歩も串刺しエルボーから、未依と腕を絡めて回転して、カットに来た由菜を巻き込むと由菜を多恵に串刺しエルボーさせる。
 里歩がコーナーに上り多恵にダイビングフットスタンプも、避けた多恵が走り込んできた里歩のカサドーラを潰してフォールも2。
 里歩はエルボーも多恵は脇固めで捉える。ロープを掴もうとした里歩の腕をつかみ羽折り固めになるが、里歩は足を伸ばしてブレイク。
 多恵は里歩の腕をロープに絡めて痛めつけていくが、これを逃れた里歩がエルボーからアームホイップでロープに振り、619からフォールも2。里歩は未依にタッチ。

 未依はドロップキック連発からコーナーで踏み潰し、足を引っ張って引きずるとフォールも2。
 エルボーの打ち合いから未依がエルボー連打。多恵は受けきってエルボーで吹っ飛ばすと、ロープに振っていくが未依はカウンターのクロスボディアタックでフォールも2。
 未依は走り込むが多恵はカニバサミで倒し由菜が低空ドロップキック。さらにダブルのエルボードロップからフォールも2。
 多恵はDDTから低空ドロップキック。フォールも2。多恵は由菜にタッチ。

 由菜はショルダータックル連発からフォールも2。
 由菜は逆エビ固めを狙うが、未依が丸め込むが2.未依はスクールボーイも2。
未依は逆さ押さえ込みも2。
 未依はボディスラムを狙うが由菜は逆にボディスラム。更に逆エビ固めで捉えるが、これは里歩がカット。
 多恵が里歩を担いで、由菜も未依を担ぐとそれぞれモンキーフリップからトロピカルやっほープレスでフォールも2。
 由菜は未依をコーナーに振って走りこむが、未依は避けてシーソーホイップからフットスタンプを投下しフォールも2。
 未依はコーナーに登るも、由菜はエルボーからアルゼンチンで担ぐが、里歩がカット。由菜はダブルラリアットも、里歩が避けてガットショットから社会人固めも2。
 未依はコーナーに登り、ダイビングクロスボディアタックからフォールも多恵がカット。

 未依が走り込むが由菜はミドルキックで迎撃すると、コーナーへの変形キャノンボールからフォールし3カウント。

由菜「おい未依、このアイドル対決、私達グリーンが勝ったぞオラ!ということは、私達がほんとのアイドルです!今、可愛くて人気があって守られるアイドルがすごい多いけど、違うこれからの時代は、私がお前らを守れるアイドルになるぞー!」
未依「はい・・・はい、守られるんですか?トロピカルお疲れ様でした」
由菜「(多恵が里歩と未依側につき)なぜ3対1になってんだよふざけんなよ!次はボコボコにしてやるから覚悟しろよ!」
未依「また戦ってやるからな!トロピカルやっほー!」

川畑梨瑚&網倉理奈挨拶


梨瑚「皆さんこんにちはお久し振りです!多分知らない方も多いと思うのでまず自己こ紹介させてください、11月15日にアクトレスガールズ初の後楽園でデビューさせていただきましたカラーズ所属の川端梨瑚と申します。えっとですね、デビューして5戦目で試合中に12月23日尼崎で試合途中に骨を折ってしまって手術をしました。いまボトル8本ぐらい入っていて、復帰が多分3月後半か4月頭ぐらいになるのかなと思うのですが、忘れずに皆さん復帰戦を期待して待っててくださいよろしくお願いします」
理奈「皆様こんばんは!本日はカラーズ旗揚げにおこしくださってありがとうございます。私は昨年の5月13日にデビューさせていただきまして、それから3ヶ月ほどで前十字靭帯断裂と半月板が粉々になってしまいプロレスをおやすみさせていただきました。私も手術も終わりましてガンダムみたいな左足になってるんですけど、絶対にこのリングに戻ってカラーズのメンバーになることができたので、絶対に舞い戻ってきます!なので皆様私達をこれからもよろしくお願いします!本日はありがとうございます」

 するとここでハッピーバースデーが流れて堀田祐美子がケーキを持ってリングに登場。
 網倉が誕生日ということで、お祝いされる。

網倉「はい、ありがとうございます。皆様のおかげで24年間生きてくることができました!24歳の目標はズバリ!大人の女になーる―~~~!です」

第4試合


 サオリは握手をはたき落とし、花束をリングに投げ捨て「旗揚げおめでとう」と吐き捨てる。珠紗はそれを拾うと、サオリの背後から花束で殴りかかっていく。サオリは鬱陶しそうにトラースキックから場外に蹴落として場外乱闘へ。

 リングに戻り、サオリはストンピングからヘアーホイップ。コーナーで顔面を踏み潰し、ロープに振ってショルダータックル。さらに背中に踵落としから逆エビ固めで捉えるが、珠紗はロープを掴みブレイク。
 サオリはロープに振るが珠紗はクロスボディアタックで迎撃し丸め込むが2。

 珠紗はストンピング連打から、サオリのラリアットを巻き込んで卍固め。サオリはロープを掴みブレイク。
 珠紗は串刺しドロップキックからドロップキックで倒しフォールも2。

 エルボーの打ち合いからサオリがビンタ。珠紗がエルボー連打からサオリのエルボーを避けてドロップキック連発。フォールも2。
 珠紗はボディスラムからフォールも2。

 珠紗はロープに飛ぶが、サオリは追走ビッグブーツから投げようとするも、耐えた珠紗がエルボー連打からロープに飛ぶが、サオリはカウンターのサイドバスターで叩きつけてフォールも2。
 サオリは投げようとするが珠紗は丸め込むが2。さらに横入り式エビ固めも2。
 珠紗はサオリをコーナーに叩きつけてから逆コーナーに振ると、串刺し攻撃を狙うがサオリはこれを飛び超えて延髄斬り。フォールも2。

 サオリは逆エビ固めも珠紗はロープを掴みブレイク。
 サオリはロープに飛ぶが、珠紗はカニバサミで倒しレッグクラッチホールドも2。サオリは延髄斬りからコーナーに登りミサイルキック。フォールも2。
 サオリはフィッシャーマンスープレックスホールドで3カウント。

サオリ「ビギニングの安納サオリです!こんばんは。今日は、カラーズの旗揚げ大会おめでとうございます。珠紗、お前がなんでセミ、セミに抜擢されたかわかる?期待されてるってことだからね。もっとがんばんな(ボロボロの花束をもちだして)せっかく買ってきたからさ、ちゃんと持って帰ってあげてくれるかな」
珠紗「おい安納!カラーズは、ビギニングには絶対負けない!私がカラーズを上に連れて行く!」

第5試合


 沙紀と瑞希のブリバトが復活。久々の「ハートが見えた!」ポーズに会場が湧く。

 先発は茉莉と沙紀。ロックアップからグラウンドの攻防。アームホイップの応酬から距離を取り両者タッチ。

 ロックアップからひかりがヘッドロック。これを離して走り込むとクロスボディからフォールも、瑞希はブリッジしてこれを抜けるとドロップキックで倒し、沙紀が出てくると「ハートが見えた」とポーズをきめようとするが茉莉がカット。
 ならばと茉莉をロープに振ってダブルのフェイスバスターから、正面ロープにくくる。するとひかりがエプロンに座り、ブリバトと一緒に「ハートが見えた!」とポーズ決める。
 ひかりも一緒に喜ぼうとするが、瑞希がガットショットからコーナーに振って踏みつけていくと、逆コーナーに振って串刺しドロップキック。首投げからフォールも2。瑞希は沙紀にタッチ。

 ひかりは膝立ちでエルボー連打も、沙紀は髪を掴んで蹴りつけると、ヘアーホイップからサーフボードストレッチ。沙紀はこれを離すとコーナーに叩きつけて瑞希にタッチ。

 瑞希は逆エビ固めで捉えると弓矢固め。ロープに振ろうとするが、ひかりが耐えて体勢を切り返すとエルボー連打からロープに飛びクロスボディ。これを沙紀がキャッチしカットすると、瑞希が沙紀を踏み台にしてのフットスタンプ。フォールも2。瑞希は沙紀にタッチ。

 沙紀は髪を掴んでいくが、ひかりがエルボー連打。だが受けきった沙紀がヘアーホイップ2連発から顔面を踏み潰す。沙紀はコーナーに振って走り込むが、ひかりはこれを避けて自爆させると、エルボーからロープに飛んでクロスボディアタック。フォールも2。ひかりは茉莉にタッチ。

 茉莉は次々ショルダータックルも、ブリバトはロープに振るが茉莉は前蹴りから瑞希にミドルキックから沙紀にサッカーボールキック。バズソーキックを避けられると改めてサッカーボールキックからコーナーに振って串刺し攻撃を狙う。だが沙紀はこれを飛び越えて丸め込むも2。
 沙紀はカンパーナを狙うが茉莉が切り替えしてカンパーナ。茉莉は担ぐが丸め込むも2。
 沙紀はカンパーナを狙うが、茉莉は切り替えして再度カンパーナを狙うも、沙紀がこれを切り返すと茉莉をカニバサミでロープに叩きつけてからカンパーナ。沙紀は瑞希にタッチ。

 ブリバトがロープに振って、瑞希がカニばさみから沙紀を馬跳びして背中にヒッププレス。さらに瑞希がコーナーに登りダイビングクロスボディアタックからフォールも2。
 瑞希はボディスラムを狙うが茉莉が逆にボディスラム。さらにソバットからフォールも2。
 茉莉は変形腕固めからマフラーホールド。瑞希はなんとかロープへ。
 瑞希はコーナーに振って走り込むが、茉莉は足を伸ばしてカットするとコーナー上での水面蹴りからサッカーボールキック。フォールも2。茉莉はひかりにタッチ。

 ひかりはドロップキックからサッカーボールキック連発。続けてPKも瑞希は避けて丸め込み合戦へ。ひかりはサッカーボールキックからフォールも2。
 ひかりはボディスラムを狙うが、瑞希は耐えるとラリアットを巻き込んで脇固めからフェイスロック。ひかりはロープを掴みブレイク。
 瑞希は背中にドロップキックからフォールも2。瑞希は沙紀にタッチ。

 コーナに振ろうとするがひかりが逆に瑞希をコーナーに振る。だが沙紀が捕らえて合体バックブリーカーから瑞希がコーナーにフェイスバスターで叩きつけて、沙紀がボディプレスからフォールも2。
 沙紀はサソリ固め。ロープを掴もうとするひかりを中央に引きずり逆エビ固め。これは茉莉がカット。
 茉莉とひかりはロープに振ると、ひかりがガットショットから茉莉のショルダータックルとひかりの水面蹴りのサンドイッチ。さらにサンドイッチサッカーボールキックからフォールも瑞希がカット。
 ひかりと茉莉はダブルのハイキックも、避けた瑞希が二人まとめてスワンダイブクロスボディアタックに沙紀がスクールボーイをあわせてで丸め込むが2。
 沙紀が茉莉を蹴りつけていくが、ひかりがエルボー連打も沙紀はエルボーで返す。
 沙紀はブレーンバスターを狙うも、着地したひかりがラリアットを避けてレッグラリアート。さらにジャックナイフも2。
 ひかりはボディスラムを狙うが、耐えた沙紀がエルボー。エルボーの打ち合いから沙紀がビッグブーツで倒す。ひかりはミドルキックで返すが、沙紀もミドルキックを叩き込み、倒れ込むひかりを沙紀はロープに座り見下ろす。ひかりは立ち上がるとミドルキックも、沙紀はエルボーからロープに飛ぶが、茉莉がハイキックで迎撃しリバースゴリースペシャルからひかりがダイビングフットスタンプ。フォールも瑞希がカット。
 ひかりは瑞希にラリアットも、避けた瑞希が走り込むがひかりはブロックバスターホールド。ひかりが走り込むが瑞希もキューティースペシャルで返すと、沙紀がストンピング連打からパワーボムを狙うがひかりは丸め込むが2。
 ひかりはコーナーに登るが、沙紀が正面に登りエルボー連打。コーナー上でエルボーの打ち合いから、沙紀がビッグブーツを叩き込んで動きを止めると雪崩式ブレーンバスターで叩きつけて3カウント。

沙紀「本日はご来場ありがとございましたー!みずぴょん!参戦してくれてどうもありがと~!ひかりは大丈夫?勝ちに行くとか甘いこと言ってるからだよ。本日参戦してくれた選手のみなさんあがってくださーい!皆さん参戦してくださりどうもありがとうございます!翔とかは?まあ居ないから言いますけど、私第2試合組んだのは、翔は引っ張ってくれる選手だと思ったので亜佑美と試合してもらいました
。私はできればカラーズ来てほしいと思ってるんですけど、本人いないので本心は見えませんが、自分はビギニングでデビューしたんでと言う人なんで、24日のビギニングで茉莉と組んで、カラーズのいいところを見せつけようと思います。はいそしてなんと!本日カラーズ旗揚げ大会の観衆は、みなさんのおかげで!321人です!どうもありがとうございます!はいそしてなんと、本日、新木場1stRingとれまして、次回カラーズ大会は2月の12日です!今日決まったばっかりなのでチケットの準備できてないんですけど、大会の公式発表お待ち下さい。ひかりも何か喋る?」
ひかり「楽しかったです。カラーズ旗揚げほんとにご来場ありがとうございます。沙紀さんと瑞希さんと茉莉さんと、カラーズはですね、自分も含め2018年の新人ばかりなので、皆さん2月12日も来ていただいて、カラーズの色を皆さんと一緒に作っていただけたらなと思います。カラーズはいろんな色になってもっと明るくなって、自分もその中で一番に光輝けるように頑張ります。カラーズをもっとみんなに知ってほしい団体なので、2月12日、321人を超えられるように皆さんもう一度ご来場よろしくお願いします!」
沙紀「では最後のしめを!夢の数だけ、花咲くキャンパス。あなたとリンク!ウィーアー!カラーズ!」

<試合後コメント>

沙紀&瑞希
――旗揚げおめでとうございます
沙紀「ありがとうございます!」

――今日は瑞希選手以外にも我闘雲舞の選手が参戦するなど“沙紀カラー”が前面に出ていたと思います
沙紀「私がプロレスやってて楽しいと思うようになったきっかけになった選手が今日来ていただいたみなさんなので。Color’sの子たちは新人がほとんどなので、まずプロレスを楽しいって思ってもらえることが一番だと思ったんです。悔しい思いの中に、悔しいけど、もっと立ち向かいたいとか、そういう感情をもたせてくださる選手の皆さんに来ていただいたので、そういった意味ではホントに感謝しています。みずぴょん今日来てくれてありがとっ!」
瑞希「どういたしましてっ!」

――瑞希選手は記念すべき旗揚げ戦に沙紀選手との久々のタッグで参戦した感想は
瑞希「すごい、沙紀っぽは元々すごいしっかりはしてるんですけど、何を練習するにも『え~っ!出来ないです~!』みたいなことを言って、頭で考えてからしか動かないタイプなんですよ。頭で考えて理解してからやっとやるタイプなんですけど、そういう姿とかも見てたので、後輩とかにも愛を持ちながら言うことは言う、やることはやる、後輩の技を練習台に受けてあげるとかしてる姿を見て、なんかちょっと自分も頑張ろうって思いました」
沙紀「未依ちゃんのトップからのプランチャ見て泣きそうになっちゃった……」

――第2戦の日程も決まりました
沙紀「新木場が(スケジュール)合わないってことで、2月Color’s無い予定だったんですけど、そんなのヤダヤダって思ってて、あるところで2月中に空いたのを見て、『これは!』と思って坂口さんに確認していただいて、今日押さえられました。火曜日なんですけど、12日と19日も空いてて、なんで12日かって、12がいいです!12がいいです!ってゴリ押ししたのは、私の誕生日なので!」
瑞希「イェ~イ♪」
沙紀「それだったら、もういっかいみずぴょん来てくれたらいいなって。確認してないけど、来てくれたらいいなって、ゴリ押ししました」
瑞希「今日出れたのは奇跡的だなって思ったのもあるし」
沙紀「超奇跡」
瑞希「嬉しかったのもあるし、Color’sのみんなは、自分が偉そうなことは言えないですけど、すごい個性的で、キラキラしてて、興味のある子がすごくたくさんいるので、機会があれば……」
沙紀「あぁん!機会作るようにがんばりまぁ~~す!」
瑞希「よろしくおねがいしまーす♪」

――沙紀選手が育てたとも言える新人たちの試合を見ていかがでしたか
沙紀「全部は見れてないんですけど、アクトレスガールズって自分たちのリングを持ってないので、リングを借りて練習するしかなくて。私が昔育った環境は毎日リング行って、掃除して、練習して、ご飯食べたらまた練習しての環境だったので、限られた時間でどれだけ練習するかしかなかったんですよ。それを今回代表に無理言って、この一週間ずっとリングを借りてもらって。その練習ですごい頑張ってるのを見せてくれたし、自分も練習台になったし、どんどんどんどん成長してきてるのを実感できたので。だから今日は安心して……見ない試合も大丈夫というか、あぁ~~もう、なんだろう……忙しくて見れなかったんですっ!(笑)だけど安心して任せられました。任せられる選手もお呼びしてますし、みな頑張ってくれたと思います」

――興行全体を通しての手応えは感じられましたか
沙紀「うん。どうですか?」

――次の大会が2月12日ということで、今回の大会よりも準備期間が少なくなりますが、次回のカードや改善点など感じていることは
沙紀「ホントに今日押さえたんですよ!会場!今日押さえられたので、どこの団体にも確認できてないですし、参戦してほしいって連絡もできてないですし、まずそこから……でもやりたいカードはどんどんどんどんワクワクしてるので、本人たちもやりたいカードたくさんあるし、希望というか、本人たちが楽しんでもらうことを一番に考えたいし……えっと……他団体に確認させていただいて声かけてから……だって今日決まったんです……」
瑞希「がんばって、お母さん」
沙紀「え~っ、なんて答えたら正解でした?でもだって今日決まったんですもん!」
瑞希「(沙紀に耳打ちで)『これから考えます』って……」
沙紀「これから考えます!今日よりも、より良い大会になるようにこれから考えます」

――対戦した清水選手に土江、高い期待をかけていましたが、戦ってみていかがでしたか
沙紀「うーん、なんかTwitterとかでも『私は勝ちにいきます』とか言ってて、その姿勢は大事だと思ってて。茉莉、清水ひかりのタッグが、アクトレスの大会で何回か組んでて、本人たちで仕上がってきてる、だけど私達のほうが当たり前に仕上がってるという自負もあるし……うーん、だからもっとひかりが頑張って立ち向かってほしくて。うーん!頑張ってましたけど!もっと光れると思います!それを引き出せなかったのは私の今後の課題でもありますし、もっと光れると思うんです。もっと来いよと思います。私に勝ちたいなら。多分Color’sの現メンバーで私に勝ちに行くって宣言したのは茉莉さんとひかりだけなので、その気持があるんだったらもっと立ち向かってこないと先に進めないし、新人ばっかりなので、ホント新人の年代だけど、ひかりも。新人だけどColor’sの中ではもう新人でいちゃいけないので、期待を込めて、です」


茉莉&清水ひかり
――旗揚げ戦を終えて、自分たちが思い描いていたような試合はできましたか
茉莉「いえ、全然足りないです。もっともっと、もっと今日までにもっともっと上がって勝って、新しい自分を、新しい道を広げて行きたかったんですけど、でも、勝ちは獲れなかったんですけど、逆にまだまだこれから伸びしろがあるということなので、沙紀さんを踏み台にしてもっともっと上に上がっていきたいと思います」
清水「最初戦う前に何思ってなかったのかも知れなかった。勝ちたいと思うような試合……がむしゃらでした」

――入場曲、コスチュームが新しいものになっていました
清水「Color’sの旗揚げが嬉しすぎて、コスチュームも歌も、Beginningでやってきたものを、そのまま、持っていって、Color’s、まあ、BeginningがあったからColor’sになれたんですけど、新しい気持ちを持って、でも、今までをもちろん大切にしつつ、新しい気持ちで、ゼロから、白のところからやりたいとおもって、歌もコスチュームも新しくしました」

――茉莉選手と清水選手は沙紀さんに次ぐColor’sのナンバー2、ナンバー3だと思います。指導にも当たっているかと思いますが、新人の成長は感じますか
茉莉「コツコツみんな上がっていて、まだ変に技ばっかりワーッて出すんじゃなくて、基礎からキレイに。例えばロックアップ一つでも、ヘッドロック一つでも、ドロップキック一つでも、なんでも一番いいねって言われるように、自信を持って欲張って練習をしましょうと声をかけていつも練習しています」
清水「自分は1年しか変わらないので。自分はBeginningの2017年組と言われて、みゆきさんから有田ひめか、2017年が一年あって、有田ひめかと自分は負けることもあるし、全然、身体の大きさとかでも全然負けることがあって、Color’sの新人の2018年の子たちは、全員小さいけど、一年しか変わらないとかじゃなく、その子達は、すごい、伸びしろが、ゼロから見てるから伸びしろが、ナンバースリーって言ってくれて、今日うれしいです。それくらい楽しいです」

――第2戦も決まりましたが、意気込みは
茉莉「ホント今日決まったので、カードもまだ何もわからないですけど、沙紀さんにもお客さんにも、いい意味で期待を裏切るような、もっともっと上を目指してあげていきたいと思います」
清水「お客さんみんなに、2月12日が何の日でしょうって問題を出したいですねー。2月12日も1月22日と変わらないくらい大切な日にしたいので」
茉莉「20日ね」
清水「なんていいました?」
茉莉「22になってた」
清水「ちがった。20日と変わらないくらい素敵な日にしたいと思いますので、今日来てくださった皆さんにまた来てもらいたいなって思います」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る