変貌した王者・ブライアンがAJを襲撃し大ブーイング!TLC三つ巴戦に向けてアスカ、シャーロット、ベッキーの因縁激化

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現地時間12月4日、テキサス州オースティンのフランク・アーウィン・センターでスマックダウンが開催された。

▼AJ襲撃の王者ブライアンに大ブーイング
 スマックダウンのミズTVにゲストとしてWWE王者ダニエル・ブライアンが登場。
 WWE王座を獲得して変貌したブライアンは「お前達の言うことを聞くのはやめた。これからは夢が俺を動かす」と会場のファンを失望させると、「古いブライアン、イエスムーブメントは死んだ。誰もニュー・ブライアンを変えることはできない」と我が道を行くことを主張した。
 するとそこへTLCで再戦が決定しているAJスタイルズが登場すると、ブライアンはミズをぶつけて逃走したが、ミズも共闘してAJスタイルズにスカルクラッシング・フィナーレを炸裂。その結果、メイン戦でAJスタイルズ対ミズの対戦が急遽決定した。
 試合ではゲスト解説のブライアンがAJスタイルズに握手を求めたり、足を引っ張ったりして介入するも、最後はAJスタイルズがカーフ・クラッシャーでミズにタップ勝ち。しかし、ブライアンは試合後もAJスタイルズを襲撃して左足に集中砲火。ポストに叩き付け、ヒールホールドで左足を痛めつけると顔面ストンピングの連打も繰り出し、ブライアンは大ブーイングを浴びた。

▼TLC三つ巴戦に向けてアスカ、シャーロット、ベッキーの因縁激化

 オープニングでスマックダウン女子王座TLCトリプルスレット戦の調印式が行われ、アスカ、シャーロット・フレアー、王者ベッキー・リンチが舌戦を展開。
 シャーロットは「私は竹刀一本でロンダをやっつけた。でもベッキーはナイアのパンチ一発で怪我。TLCではどうなるのかしら」と王者に警告すると、アスカも「ベッキーはシャーロットを倒してるけど、私を倒したことはない。私だったらロンダに勝てたのに」と2人を挑発。しかし、ベッキーが「2人ともロンダにも、私にも勝てない」と言い放ってサインをすると、そのまま立ち去ってしまう。さらに、そこにマンディ・ローズ&ソーニャ・デビルが登場してアスカとシャーロットを挑発。するとペイジGMは険悪なアスカとシャーロットにタッグ戦を決定した。

 試合終盤、シャーロットがソーニャにバックハンドチョップの連打からスピアーを決めて攻め込んだが、場外のマンディに放ったつもりのビックブーツがアスカに誤爆。これに対してアスカもスライディングキックをシャーロットに放ってしまうと、ソーニャがシャーロットからフォールを奪ってカウント3。アスカ&シャーロットの敗戦を見守っていたベッキーはベルトを掲げてアピールした。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る