【試合結果】8・25 HEAT-UP名古屋大会 田村和宏vsノリ・ダ・ファンキーシビレサス 兼平大介&阿部史典vs近藤“ド根性”洋史&大谷譲二 ヒデ久保田vs室田渓人vsゼヴィウス ヤス久保田&伊東優作vs飯塚優&井土徹也

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『経営者の野望特別編〜大将のケジメ〜』
日時:2018年8月25日(土)
開始:13:00
会場:愛知・スポルティーバアリーナ
観衆:51名

▼第1試合 徹也と優作〜野郎のタイマン前哨戦〜20分1本勝負
ヤス久保田(スポルティーバ)/○伊東優作(DEP)
11分24秒 鬼丸→片エビ固め
●飯塚優/井土徹也

▼第2試合  むろたの挑戦状〜3WAYを制するには?〜3WAYマッチ20分1本勝負
○ヒデ久保田(フリー)
7分5秒 SMOKEYクラッチ
●室田渓人
※もう一人はゼヴィウス(スポルティーバ)

▼第3試合 This is HEAT-UP NOW 30分1本勝負
兼平大介/○阿部史典(BASARA)
19分37秒 お卍固め
●近藤“ド根性”洋史/大谷譲二

▼第4試合 拙者はプロレスラー〜漢と漢のケジメ〜60分1本勝負
○田村和宏
11分25秒 バズソーキック乱れ打ち→片エビ固め
●ノリ・ダ・ファンキーシビレサス(今池プロレス)

引退を控えた“紅白歌手レスラー”ノリ・ダ・ファンキーシビレサスを田村が愛の花束乱れ打ち!阿部が引退を控えた近藤に勝利し激励!

第1試合


 翌々日に控えた井土と優作によるタイマン勝負の前哨戦。互いに気持ちがはやるふたりをヤスが「ブレイク!熱くなるな!おじさんはそういうの苦手だ」と言って分ける。この日のレフェリーはHARU。が務める。
 先発は飯塚とヤス、先にグラウンドを仕掛けたヤスが主導権を握る。両軍交代、最初から互いの頭部を狙った打撃を打ち合う井土と優作。セコンドの近藤が「遠慮するな!」と声をかける中、クイックタッチで優作を攻める飯塚&井土。しかしカウンターのケンカキックを井土に食らわせた優作がヤスにタッチ。苦手だと言っておきながら井土と優作に感化され熱くなるヤス。優作のサッカーボールキック、カウント1で跳ね返し意地を見せる井土。
 5分経過、優作が胸板へロー、ヤスとのWエルボー、スリーパーと井土を攻め込む。熱くなったヤスはコスチュームの上着を脱ぎ捨て井土を挑発、チョップを受けるが顔を掻きむしってそれ以上やらせない。が、ロープに走ると井土はカウンターでドロップキックを放ち飯塚にタッチ。飯塚はミドル連打から串刺しエルボー、走り込んでPK、スタンド式のアームロックからコブラクラッチ、続けてグルジア投げを放ちヤスを追い込む。「投げるぞ!」と叫びブレーンバスターの体勢、しかしヤスが投げ返してピンチを凌いだ。両軍交代、優作のキック、エルボーと井土のエルボーがリング中央で交錯。優作がカウンターでスリーパー、抜け出した井土フォーアームからフィッシャーマン・バスター。優勢のまま飯塚に交代、井土のローリング・エルボーに飯塚のスクリューハイキックの時間差攻撃、スライディングDとサッカーボールキックのサンドイッチと連携攻撃を優作に叩き込む。
 10分経過、フォローに入ったヤスは飯塚と井土にWラリアットを叩き込む。優作は飯塚に串刺し攻撃を見舞うと思いきや、場外の井土にスライディングキック。ヤスは孤立させた飯塚に串刺しラリアットからジャンピングボム。優作はPKに繋ぐが井土のカットでフォールを奪えず。「終わりだ!」優作は飯塚に煩悩ドライバー、エビに固めるが飯塚自力でキックアウト。慌てなかった優作、十分間合いを取り顎への鬼丸。食らった飯塚は動けずカウント3。
勝ち名乗りを受けることもなく、優作は場外の井土に蹴りを放つ。両者はもつれ合うように乱闘を繰り広げながら去っていく。若いふたりによるバチバチなタイマン対決、果たして結果はどうなるのか。

第2試合


 室田がスポルティーバで初めての試合。どうしてもSMOKEY CRIMINALのヒデ久保田が相手にいるのでゼヴィウスと結託し攻め込んでいく展開に。Wエルボーを食らうと場外にエスケープしたヒデ、室田がタックルで倒したゼヴィウスに覆いかぶさりフォール。文句を言う室田の背後から忍び寄ったゼヴィウス、目突きから膝蹴り、ボディスラム。スルスルっとヒデが場外から室田に覆いかぶさりフォール、3WAYの戦い方を熟知しているヒデ。エルボーでロープ際までゼヴィウスを追い込んだ室田、ロープに走ると待っていたヒデが足を引っ張り場外戦へ。ゼヴィウスも参加し三人で場外乱闘、そのゼヴィウスをイス攻撃などで攻め込み戦線から離脱させたヒデ。室田の腕を攻めるヒデ、加勢に入ろうとするゼヴィウスを蹴散らす。串刺しエルボーを食らわせるヒデ、ゼヴィウスチョップで応戦するが余裕で受けるヒデ。
 5分経過、横から室田が割り込んでくるとふたりがかりで室田をロープスロー、しかしまとめてドロップキックを食らってしまう。ここから若い室田がふたりを相手に大技攻勢で善戦。ヒデへは「死ねー!」と叫びながら串刺しエルボー、ブレーンバスター。ゼヴィウスにはジャンピング・エルボー、河津落とし、バックドロップ。ヒデのカットでカウント3は奪えず。室田はヒデ、ゼヴィウスと立て続けにドロップキックを放ち、またも「死ね!」と叫んでヒデをバックドロップの体勢に。これを防ぎゼヴィウスの延髄斬りを呼び込んだヒデ、ゼヴィウスをサイドキックで排除し、首を押さえて立ち尽くしている室田の両腕と左足をフックし回転、そのまま肩をつける丸め込みで3カウントを奪う。
 収まらないのは室田、「こんなのじゃ納得がいかないので、明後日27日新木場大会でスモーキーとやりますから。絶対獲ってやる。古い風を吹かせてみせます!」と叫び、ガッツ石島とのコンビで雪辱をアピール。だが相手は海千山千の新井健一郎&ヒデ久保田組、「むろたの挑戦状」が目の前で破り捨てられなければ良いのだが。

第3試合


 翌々日に控えた兼平対近藤による最後のシングル対決前哨戦、久しぶりにタッグを組んだ近藤と譲二の仲良しコンビ、カルッツかわさきでしのぎを削った兼平と阿部によるタッグ、と注目点の多いタッグマッチだったが、全てをかき消したのは近藤に向けられた阿部の視線であった。実は阿部がHEAT-UPマットに初登場した日(2015年12月13日露橋スポーツセンター大会)、最初の対戦相手は近藤“ド根性”洋史だったのだ。
 先発は兼平と譲二、静かな展開を破る譲二のチョップ。兼平も応じて逆水平、そういえば兼平が逆水平を使い始めたのは近藤の影響もある。体格の差もあり打ち勝ってタックルで倒す兼平、譲二が下がると近藤は頭をポンポンと軽く叩いて交代、兼平も阿部と交代する。ローで牽制して腕を取っていく、グラウンドで下になっても近藤の額にパンチを放ち離れさせると相変わらず予測できない動きで近藤に対する阿部。珍しく近藤がローを放てば、阿部はロープ離れ際に強めのローを一発。「来い!」と挑発する近藤、阿部は場内を煽り控えの譲二に一発入れてから蹴飛ばす。ド根性で耐えた近藤は至近距離からヒップアタック、阿部のボディにヒット。両者が離れると弥武芳郎の名調子。

弥武「間違いなく言えることはこの阿部史典、日本最強の僧侶です(館内爆笑)。」

 この言葉に気を良くした阿部、少々照れくさそうな表情をしていたが「もう一回言ってください、もう一回」と催促。弥武は「日本最強の僧侶、阿部史典」と言い直すと「よっしゃー!」と気合を入れる阿部。自軍コーナーに近藤を押し込み兼平とタッチ。兼平ボディスラムで投げつけ背中を蹴飛ばすと、近藤下から睨みつけて挑発する。立ち上がって近藤逆水平、兼平は敢えてエルボーで反応、胸板を真紅に染めた兼平は顔面への張り手。
 5分経過、近藤のお返しにニーダウンする兼平だが、サッカーボールキックで倍返し。タッチを受けた阿部は「最強の僧侶の出番だな」と言い聞かせてリングイン。ヘッドロックの際は「世界最強の僧侶によるヘッドロックだ」とかなりお気に入りのフレーズのようだ。近藤ヘッドロックで返し阿部ロープスロー、「日本最強のそう…」と言いかけるが近藤のタックルで倒される。兼平をカット、譲二が入ってきて阿部を押さえる。が、エルボーはかわされて同士討ち、ダメージを負った譲二は阿部に向かって放たれた近藤のフライングショルダーをまともに食らってしまう羽目に。「イチャイチャしてんじゃねえ!」と叫んで阿部サッカーボールキック、ロープに走って胸板への低空ドロップキック、ノーカウントで返し意地を見せる近藤。兼平にタッチ、ボディを蹴上げて阿部とのWエルボー。珍しいシュミット式背骨折りからその場飛びボディプレス、譲二カット。阿部フォローに入り譲二を排除、クイックタッチから阿部コーナーに詰めてミドル連打、首筋を踏みつけ。またもクイックタッチ、近藤逆水平で押し戻すがここで兼平が逆水平、前のめりにうずくまる近藤。クイックタッチ、阿部は足をフックするヨーロッパ式ネックロック、フライングメイヤーからスリーパー。カットに入った譲二は背中に思い切りチョップを放つと顔をしかめて悶絶する阿部。「くっそ~」と言いながら兼平にタッチ、腕を捻ってボディへのニー、踵DDTからアキレス腱固め。
 10分経過、素早くフォローに入る阿部が譲二をカット、近藤暴れつつロープに手を伸ばす。タッチ、阿部グラウンドのドラゴンスクリューを2発、膝へのニードロップから顔をこする蹴り。これにカチンときたか近藤はカウンターのドロップキックでお返し、譲二にタッチ。兼平をカットし阿部にはランニング・エルボー、コーナー最上段からミサイルキック。フィッシャーマンを逃れた阿部はぐるぐるソバット、続けて放ったミドルをキャッチした譲二は強引に網打ち式原爆固め、カウント2。譲二のスライディングDを飛び越えてかわす阿部、蹴りをキャッチしてドラゴンスクリュー。兼平にタッチ、ロープスローからキチンシンク、滞空時間の長いブレーンバスター。譲二も着地しようとするがそれを再度持ち上げて叩きつけた兼平。バックドロップをヘッドロックホイップで投げ返した譲二、ローリング・エルボーからみちドラⅡ、踏ん張った兼平逆にボディスラム、背後に降り立った譲二バックを取るが振りほどきロープに走る兼平、直角に走っていた譲二が飛びつきダイヤモンドカッター。近藤にタッチ、膝への低空ドロップキックから阿部を排除、その勢いでスライディングヒップ、カウント2。膝の痛みに耐え立ち上がり、兼平を担ぎ上げて初公開の水車落とし、速攻でコーナーに登り立ち上がる兼平にダイビングショルダー。突っ込む近藤に兼平は久しぶりに出すフラップジャック、串刺しエルボーはかわされるが突っ込む近藤を担いでコーナーに乗せる。普段ならボディへの虎王を突き刺す場面だが、近藤がコーナーから落ちてしまったためボディを蹴り上げてからダイビング・Wフットスタンプを見せた兼平。
 15分経過、交代した阿部は近藤に顔面へのチョン蹴りから立ち上がらせてエルボー。近藤が逆水平で返すと阿部は「おお~!盛り上がる~!」と叫びエルボー。近藤の逆水平にローキック、コンビネーション、ぐるぐるハイキックで呼応する阿部。額へのナックルからロープに走る阿部、近藤カウンターのスパインバスター。ブレーンバスターを卍固めに切り返す阿部、こらえた近藤が投げっぱなさないバックフリップ。リング中央でド根性デスロック、兼平がニーを放ってカット。フォローに入った譲二は兼平に投げ捨てジャーマン、阿部のハイをかわしてもう一発投げっぱなし。譲二は近藤に喝、膝立ちのまま、立ち上がってエルボーをぶつけ合う近藤と阿部。阿部張り手から伊良部パンチ、ロープに走るが近藤がスピア。譲二を呼び込む近藤、串刺しトレインから近藤の投げっぱなしバックフリップと譲二の飛びつきダイヤモンドカッターが合体。すかさず近藤ピョン吉スプラッシュ、兼平カット。続けて近藤ジャンピング・ブレーンバスターから再びピョン吉スプラッシュ、阿部かわしてロクデナシキック、ノーカウントで跳ね返す近藤。ロープに走った近藤に阿部はカウンターのドロップキック、立ち上がらせて卍固め、腕をロックするお卍固めを決めると近藤ギブアップ。20分近い戦いに終止符を打った。

 勝利を噛みしめるように右腕を突き上げた阿部、マイクを握る。

阿部「近藤さん!引退するって言って、(対戦したい)いろんな選手の名前を挙げてきたけれども、何故か2年3年前から切磋琢磨してきた私の名前は挙げてくれなかったじゃないですか!(館内笑い)ちょっとメンヘラになりかけましたよ。うん。でも、近藤さん僕らにはきれいな技とか、華とか、くるくるピーンとか、そういうのないから、やっぱり、うん。エルボーとかチョップとか、うん、単純でシンプルな技しかないから、うん。どうかその技と、近藤さんが誰にも誇る、その誰にも負けないその心で、どうか引退試合まで、うん、悔いのないようにやり過ぎてください。今日は本当にありがとうございました(一礼、館内拍手)。」
近藤「別に忘れてたわけでは…」
阿部「忘れてたよね!(館内爆笑)完全に忘れてたよね!松田慶三さんとかとやってる場合じゃないよね!(館内爆笑)もっとやるべき人がいるよね。イルミナティとかとやってる場合じゃないよね。」
近藤「イルミナティとはやってない。だけど阿部くんとはあの、ノリさんと最初タッグでやって、そのあと名古屋でやって、バチバチ来て、僕の好きな選手です(館内拍手)。正直、名前は…(譲二が近藤の向きを変える)」
阿部「イチャイチャすんなよお前らは!(館内笑い)」
近藤「…出してないけど、こうやって阿部くんも名古屋に…このカード受けてくれて、組んでくれた田村さんも意図を…実際話してないけど組んでくれて、あと、こんなに突然だったけど、来ていただいた名古屋の皆さん、ありがとうございました(館内拍手)。僕は引退しますけど、どの試合でも、ゲリラでも、全力でやるというのが僕の信条で、最後まで、最後まで、とどろきまで駆け抜けるので、最後まで応援お願いします!ありがとうございました!!(館内拍手)」

 華はない、きれいな技もない、そんな近藤と阿部が繰り広げた魂のぶつけ合い。もっと昇華させたらどんな試合になるのだろうとも考えさせられるが、近藤の引退によりここまでとなる。そして待ち受けるチャンピオン兼平大介、最後の一騎打ちはまさに鬼と化すであろう。近藤は無事にリングを降りられるのか。

第4試合


 10月19日の『愛プロレス博2018~紡ぐ~』での引退を発表しているノリ・ダ・ファンキーシビレサス。昨年11月25日新百合大会で田村を破り第2代ユニバーサル王者に君臨したノリをHEAT-UPで送り出したいと考えた田村和宏だったが、ノリのスケジュール上この日しか参戦ができなかった。急遽決定したスポルティーバ大会、万感の思いを込めてリングに上った両者。田村はねぎらいの意味を込め、リング上で花束を差し出す。
 …と思いきや、花束を使ってノリをめった打ちにする奇襲攻撃を仕掛けた田村。この攻撃にはさすがに大ブーイングが沸き起こる。黄色い花びらの散るリング上、田村はガウンも脱がずにサッカーボールキック。ガウンを取り喉元を踏みつける光景に、弥武リングアナも「なんて経営者なんでしょうか」と率直な感想を述べる。エルボーからチョップでロープに追い込み走る田村、そこにノリはドロップキック。転がり落ちる田村を負って場外に出るノリ、「花がかわいそうだろ!」「農家をなめるな!」と文句を言いながらイス攻撃、リングに戻っても「リングが汚いだろー!」と叫んでボディスラム。ボディへのパンチからチョップを放つ田村、しかしノリのチョップを呼ぶ誘い水となってしまう。セコンドからHARU。に渡そうと自在ぼうきがリングへ、とそれを見つけた田村はこともあろうかホウキを凶器に使ってノリを打ち付ける。ちゃんと花びらを掃き出しているなと思わせて背中に一撃、これにも当然館内ブーイング。チョップ合戦で打ち勝ったノリはコーナーに詰めて更に逆水平、対角線にスローするが田村ウルトラタイガードロップ。串刺しエルボーからスリングブレイド、観客を煽ってミサイルキック、田村の攻勢が続く。フォールをカウント2で跳ね返したノリ、すかさず田村は腕十字へ。上半身を反転させて防ごうとするノリ、田村は腕を離さずアンドレへ。絞りの角度や指を4本掴んでギブアップを迫る田村。

 5分経過、ノリは腕力でアンドレから逃れようとする。それを見た田村はワキ固めにスイッチ、極められたまま立ち上がるノリにニーからソバット、ミノルスペシャル。こらえたノリに担ぎ上げられるが、バックに回って再びワキ固め、踏ん張るノリの腕にアックスボンバー、ロープに走る田村だがノリのビッグブート。ジャンピング・ネックブリーカーで反撃するノリ、レッグドロップをかわした田村は胸板への低空ドロップキック。気合を入れて田村ブレーンバスター、ノリ豪快に投げ返しセカンドロープに登る。フラフラと立ち上がる田村の後頭部目掛けてレッグドロップ、まさに“地獄の断頭台”と言えるあの日のタイトルマッチを思い起こさせる一撃。追撃のバックドロップ狙い、田村こらえてソバットからロープに詰まったノリにアックスボンバー、走り込みロング中央でもう1発斧爆弾。座り込むノリに走り込んでPK、蹴り足をキャッチしたノリは立ち上がり膝にエルボーを連発、コーナースローから串刺しエルボー、かわした田村串刺しミドルから雪崩式フランケン。雄叫びを上げて立ち上がるノリにステップ延髄、走り込んで3発目の斧爆弾、かわしたノリはキャッチしてフルネルソンバスター、カウント2。なかなか立ち上がれない両者だったが、ここで遂にノリのバックドロップが火を噴く。フォールを返されると仰向け状態の田村を担ぎ上げるノリ、必死で踏ん張る田村だが腕力で持ち上げるノリ。すると田村は空中でノリの額に膝を打ち込みカット。
 10分経過、田村ステップ延髄、鬼の形相で倒れず走るノリ、田村リング中央で4発目のアックスボンバーからPK、カウント2。すぐにバズソーキック、ノリカウント1で跳ね返す。田村はここからバズソーを連発、一度はガードされるが立て続けにノリの頭部を何発も蹴飛ばしていく。4発食らって尚気合を入れるノリ、田村頭部へのソバット、十分に距離を取ってもう一発バズソー。カウント2でノリを引きずり起こす田村、意識を刈り取らんとバズソーを3発、合計8発に渡るバズソーキックを放った田村。セコンドの「返せ!」という声以外は戦慄で静まり返る場内、HARU。の手がマットを3回叩き決着。これまでと違い10分少々と短い試合時間ではあったが、それだけに田村の放つ打撃が今までのものよりも更に強力になっていたことが計り取れる。

エンディング


 田村はマイクを掴むとコーナーに座り込む。ピンポイントのキック連打はミット打ち以上の体力を消耗するので当然か。

田村「ノリ・ダ・ファンキーシビレサス…最後、思いを込めて、今までの思い出全部詰め込んで、キックに表してやったよ。ノリさん!ノリさん…アンタと出会えてよかったよ、ノリさん。HEAT-UPを更に成長させたのは、ノリさん、アンタの力もあるよ。改めて言います。ありがとうーっ!(館内拍手)」

 そう言うと田村は用意しておいたもうひとつの花束を差し出す。試合開始前のこと、阿部や優作から「来ますよ」「気をつけて」の言葉もあり「前半の記憶があるぞ」と躊躇していたノリだったが、クリーンに花束を受け取ると館内から拍手。

田村「ノリさん今日最後だね、HEAT-UP。名古屋のHEAT-UPファンの皆さんにぜひひとことお願いします。」
ノリ「え~、今日お集まりのHEAT-UP名古屋ファンの皆さん、ありがとうございます。とりあえず…花ふた束いただいて(館内笑い)、ちょっとまあ…(ひとつ目は)木っ端微塵になりましたが、ふた束いただいて、ちゃんと形に残って…まあ、なにしろ東京に出ることを拒み続けたこの俺を無理矢理引きずり上げてくれたのは、この田村和宏ですが、なにしろ、まあ…そのおかげであるかどうかわかりませんが、プロレスラーとしてのキャリアの中で、最も良いキャリアを積ませていただけましたし、そこから(ベルトを)名古屋に持ち帰って、色んな奴らに伝えることがそれなりにできたかも知れません。これは間違いなく、HEAT-UP田村和宏のおかげだと思ってますんで。それは田村さん、ありがとうございました(館内拍手)。最後、俺が引退すると発表してからわざわざ、無理くり、HEAT-UPの興行を組んでくれて…チケットの誤りがあり…(館内笑い)そして皆様に多大なる迷惑をかけ…それはただただ田村和宏のわがままで『俺と試合がしたい』その心ひとつで集まっていただいたお客様に多大なる迷惑をかけ(館内笑い)、その上で、ここ最近俺の中での最大の好敵手にあれだけ蹴られ(館内笑い)、好敵手である男をあんだけ蹴り上げてね、蹴り上げたって言っても後半ほとんど覚えてないけど。でもそれもね…徹底的に…そりゃそうですよ、辞める奴に、ね、レスラーとしての花道をまともに与えるのは良くない。やっぱり潰してそいつを『やっぱり引退するんだ』と思わせる位やらないと。ダメだ今日の試合は負けて全然悔しいとか…まあ悔しいけど(館内笑い)、まだ続くから多少現役が。悔しいけど、まあまあ最高の介錯をしていただきましたよ。そして皆さん、HEAT-UPってのは最後ですけど俺は10月19日までここで毎週出るし、杉浦プロレスにも出るし、愛プロもあるし。それで皆さんまだ、名古屋でここに観に来てくれてる皆さんはまだ観れるチャンスがあると思いますので、ぜひ最後観に来てください。田村さん、ならびにHEAT-UPスタッフの皆さん、集まってくれたお客さん、ありがとうございました!(館内拍手)」

 最後はノリを含めた所属選手による「名古屋ヒートアップ!」で締められた緊急大会。田村と肩を組んで写真に収まるノリの表情は、これまでHEAT-UPマットでは見たことのない穏やかな笑顔。今池の怪物が、HEAT-UPに別れを告げた。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る