アスカがシャーロットに「“女王”は“女帝​”にひれ伏すことになる」と勝利宣言!AJスタイルズが“寸止め”で中邑を挑発!ブライアントシェーンが和解!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 米国現地時間4月3日テネシー州ナッシュビルのスマックダウンで中邑真輔がAJスタイルズとタッグを組んでチャド・ゲイブル&シェルトン・ベンジャミンと対戦するも、お互いが心理戦を展開。“無敗の女帝”アスカは“女王”シャーロットと対峙し、「“女王”は“女帝”にひれ伏すことになる」と宣言した。

▼ブライアンとシェーンが和解

 レッスルマニア34で現役復帰を果たすダニエル・ブライアンが、タッグパートナーのシェーン・マクマホンを呼び込んでスマックダウンのオープニングがスタートした。これまでGMとコミッショナーという立場でケビン・オーエンズ&サミ・ゼインの処遇を巡って対立してきた2人だったが、ブラインアンが「オーエンズとゼインは友達だ。しかし、その関係が間違った判断につながった」と反省すると、シェーンも「自分も頑固なところがあった」と自身を振り返った。
 するとブライアンが「会場の皆さんはハグで仲直りするところを見たいだろ?」と問いかけ、ファンの後押しでハグをすると両者は和解した。しかし、スマックダウンの中盤では解雇されているオーエンズ&ゼインが現れると、「スマックダウン、そしてレッスルマニアは俺たちのショーだ」と一旦は番組を占拠するも、マイクを切られて警備員に囲まれるとブライアンとシェーンがステージに登場。ブライアンが「スマックダウンで彼らを観られるのは最後だ」と言うと、シェーンが「ナナ・ヘイヘイ・グッバイ」の大合唱を始めるとオーエンズ&ゼインは会場から立ち去った。
 対戦を5日後に控え、結束を固めたブライアン&シェーンは復帰のチャンスを狙うオーエンズ&ゼインとレッスルマニアで激突する。WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼“無敗の女帝”アスカ「“女王”は“女帝”にひれ伏すことになる」

 スマックダウン女子王者シャーロット・フレアーはナタリアとのシングル戦に挑むと、途中カーメラの妨害に遭うも、最後はフィギュアエイトでナタリアからタップを奪って勝利した。試合後、“女王”らしく貫禄勝ちしたシャーロットの前にレッスルマニアでの対戦相手、アスカが現れた。アスカは「レッスルマニアで“女王”は“女帝”にひれ伏すことになる。誰も私には敵わない」と強気発言。
 しかし、アスカからマイクを奪ったシャーロットは「闘う準備はできているわ。あなたこそ準備できてるの?」と問うと、両者不敵な笑みを浮かべて火花を散らした。WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼寸止めフェノメナル・フォアアームに中邑屈辱

 “ドリームマッチ”を5日後に控える中邑真輔とAJスタイルズがタッグを組んで、チャド・ゲイブル&シェルトン・ベンジャミンと対戦した。中邑は試合前に「レッスルマニアに出場するためにアメリカに来た。スタイルズは感情的になって間違いを犯し、俺がWWE王者になる」とコメントし、この日もスタイルズに心理戦を展開。中邑が交代時にスタイルズの頭をポンポンと叩いてスタイルズを苛立たせた。すると今度はスタイルズも中邑に心理戦を仕掛ける。これ見よがしに中邑の目前でフェノメナル・フォアアームをゲイブルに炸裂させると、3カウントを奪って勝利。
 さらに試合後、ベンジャミンの襲撃を中邑が1人で蹴散らすと、その隙にスタイルズが中邑にフェノメナル・フォアアームを狙う。しかし、スタイルズは先週のお返しとばかりにこれを寸止めすると、中邑の頭をポンポンと叩いてリングを後にした。果たしてレッスルマニアで心理戦を制してWWE王座を手にするのはどちらになるのでしょうか?WWE最大の祭典「レッスルマニア34」は日本時間4月9日にWWEネットワーク(日本語実況版有り)で生配信される。

▼中邑の動画「レッスルマニアへの道」が視聴100万回突破
 世界の“ロックスター”となった中邑真輔の「レッスルマニアへの道」を振り返った動画が掲載されると約1日で視聴100万回を突破した。「ロイヤルランブル」ではジョン・シナ、ロマン・レインズと世界トップスーパースター達に勝利して巻き起こった“中邑旋風”。日本時間4月9日、WWE王座戦AJスタイルズ対中邑真輔。このドリームマッチを目撃せよ。
https://sports.yahoo.co.jp/video/player/647301

▼ヒデオ&戸澤、因縁の覆面チームにノーコンテスト

 205 Liveでヒデオ・イタミ&戸澤陽が覆面タッグのリンセ・ドラド&グラン・メタリックと対戦した。因縁のあるヒデオは試合前から相手を挑発し、試合では打撃を中心にメタリックに攻め込んだ。しかし、巧みなロープワークで徐々にメタリックに攻め込まれると、ヒデオは戸澤と交代してチームワークを発揮。戸澤がセントーン、ヒデオが串刺しのヒザをメタリックに叩き込んでペースを掴んだ。
 しかし、試合終盤に攻撃を食らったヒデオが場外に逃げると、ドラドのプランチャ・スイシーダ、続けてメタリックのダイブ攻撃を食らい形勢逆転。ダメージを負ったヒデオは苦し紛れになんとメタリックのマスクをはがそうとする。この行為に激怒したドラドがリングに上がり込むと、試合は乱闘に発展。試合はノーコンテストとなってしまった。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2018 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る