新車市場や100円レンタカーの現役社長レスラー・カーベル伊藤が『朝青龍を押し出したら1000万円』の最終審査へ!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 16日、新木場1stRingにて開催された『カーベル大感謝祭&頑固プロレス』にて、カーベル伊藤が『朝青龍を押し出したら1000万円』の最終審査に残ったことを発表した。

 カーベル伊藤とは、『新車市場』『100円レンタカー』『ペットの旅立ち』を全国に展開する株式会社カーベルの社長・伊藤一正その人であり、オリジナルのマスクを被って全日本プロレスなどのリングに上がりレスラーとして戦っている社長兼プロレスラーだ。
 2016年11月に突如日本マット界に現れ、AKBグループのプロレスドラマ『豆腐プロレス』ともコラボするなどみるみる露出を増やしていった。しかもプロレスラーとしてはメキシコでデビューしたという経歴も持つ謎の存在。活動の場は全日本プロレスだけにとどまらず、インディープロレス団体へも参戦が決まっている。

 この日のカーベル伊藤は大森隆男とタッグを組み、世界ジュニア次期挑戦者の丸山敦&GWC認定タッグ王者の阿部史典と対戦。カーベル伊藤は阿部をジャイアントスイングで振り回しスリーパーで苦しめるが、丸山が「社長!いつもありがとうござますオラァ!全国に何店舗あるんだオラァ!」と叫びながらストンピング連打。これに怒ったカーベル伊藤はスワンダイブ式ダイビングクロスボディで二人まとめて倒すと、大森がカーベルボンバーで阿部を沈めて勝利した。

 試合後、マイクを取ったカーベル伊藤は「11年前、たった4人でスタートしたカーベルです。今、社員が50名になり年商50億の会社になりました。これも皆さんのおかげです。ありがとうございます!今日は皆さんに一つお知らせがございます。『朝青龍を押し出したら1000万円』!それになんと!カーベル伊藤!最終審査に残っています!300人位が応募されてて、今日最終審査の20名。そのうちの一人が私です。その中から5名に絞られます。だから私、朝青龍にビデオメッセージで言ってやりました。『でっかい奴ばっかと戦ってもな、見てる人飽きるんだよ!』って!もちろん、チャレンジャーの中で僕が一番スモールサイズです。78kgの僕が、朝青龍をぶん投げるシーンを決まりましたら見てください」と発表。

 さらに「誰か!朝青龍の倒し方を教えて下さい!」と叫ぶと、全日本プロレス社長の秋山準が登場し「いつもカーベルさんにはメインスポンサーとしてお世話になっています!今、カーベル伊藤さんが言った朝青龍の倒し方ですが、一番いいのはカーベルの支店の多さを(朝青龍の)耳元で言うのが一番いいと思いますよ(笑)CMとか……そういう話をすればコロっと負けると思うんですけど(笑)ただ、真正面からガツンと行ってください!期待してます!」とアドバイスを送った。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年10月
« 9月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る