「NEW ERA同士のタイトルマッチが本当の世代交代」とW-1タッグ王座戦もNEW ERAのぶつかり合いへ!

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 都内・GSPにて記者会見が開かれ、後楽園大会で新W-1タッグ王者となった土肥孝司&熊ゴロー、そして同王座に4・19後楽園大会で挑戦することが決まった稲葉大樹&児玉裕輔が登場。土肥&熊ゴローは王座奪取から一夜明けての心境と初防衛戦に向けての意気込みを、稲葉&児玉もタッグタイトル奪取へ怪気炎を上げた。

熊ゴロー「昨日、第8代W-1タッグチャンピオンに孝司さんと一緒になることができました。本当にありがとうございます。僕と孝司さんだけの力だけでなく、応援してくれた方がたくさんいらっしゃって、本当に感謝しかありません。でも、チャンピオンになったからにはこのベルトを守り抜いて、これからもガンガンいきたいと思います。一生懸命がんばります」

土肥「やっと熊ゴローとタッグを組んだ結果が出たかなと。まあ、安心もありますし、喜びもあります。ただ、俺らはNEW ERAでやってきて、世代交代ということをテーマに動いているんですけど、上に勝って世代交代じゃなくて、やっぱり俺らがタイトルマッチをしていくことによって完全な世代交代が生まれると思うので、まあ稲葉&児玉組を俺らが逆指名しました」

児玉「次回後楽園大会でタッグのベルトに挑戦させてもらう児玉です。隣にいるのが稲葉です。やっぱりNEW ERAでやっていくということで逆指名もらいまして、この4人だったら必ずヤベー試合ができるんじゃないかと思いますんで、タイトルマッチまで気合い入れてがんばりたいと思います」

稲葉「次回後楽園ホールで僕らで度肝を抜く試合やりたいです」

──チャンピオンチームから見て、チャレンジャーチームはどうですか?
熊ゴロー「僕たちと同じぐらい絆が深そうなチームだなという印象を受けます」
土肥「僕は絆はないと思いますけどね。まあ、上辺は仲良さげですけど、本質的にそんなに心は通い合ってないんじゃないかなと。俺と熊ゴローは仲は悪いけど、心は通い合ってるから」
稲葉「上辺だけなんですかね?」
児玉「知らないでしょ? 僕らが夜な夜な何やっているか知らないでしょ? みんなが知らないところで何やっているか知らないでしょ、俺たちが」
熊ゴロー「はい……」
児玉「そういうことだよ、そういうこと」
稲葉「通ってるんです」
児玉「通ってんだよ(ニヤリ)」
熊ゴロー「(何かを察したかのように)あっ……」

──今NEW ERAがベルトを3本独占して、その中で互いにジェラシーが芽生えてくるとかありますか?
熊ゴロー「僕はもうこのベルトを取ったので、この1本に集中したいのでジェラシーはそんなにないです。このベルトを巻いて、孝司さんとやっていきたいとしか考えてないです」
土肥「ジェラシーというか、俺らは元々チームとして集まったわけじゃないので。若い力でWRESTLE-1を盛り上げたいその一心でと形としてNEW ERAというユニットみたいになってますけど。だから、俺らはチャンピオンになってますけど、WRESTLE-1の中では最強タッグチームを目指すし、本当に俺らの中でメインイベントをやっていきたいというその一心ですかね」
児玉「まず当面の目標であったNEW ERAでベルトを独占するっていうのにかなり近づいたので、まずはそこ。そして、その中でドンドン目立ってやろうかなと思ってます」
稲葉「児玉さんとのタッグでそのベルトを巻きたいですね、タイトルマッチ。今持っているのが土肥さんと熊さん……」
熊ゴロー「熊さん……?(笑)。初めて言われました」
稲葉「熊ゴローなんで、に勝って、ちょっと児玉さんと一緒にタッグを」
児玉「でも、僕らが取ったら2本いらないです。1本のベルトを2人で巻いちゃいます」
土肥「絶対巻けないだろう」
児玉「巻けますよ」
土肥「いや、こういう仲が悪い人間ほど、仲の良さをアピールするんですよ。仲の良さが違う方向にいっていると思います」

──土肥選手、ジェイク・オーメン選手が闘いたいとおっしゃっていましたけど。
土肥「リザルトチャンピオンシップね。俺はいつでもどこでも誰とでも防衛戦をすると言っていたので、最初に名乗り上げてきたのがジェイク・オーメン。凄いおもしろい選手だと思いますし、前回日本に来た時よりも数段動きが良くなってきていて、その選手とタイトルマッチをできるということで凄い楽しみにしています。本当にもっと名乗り出てきてもいいかなって。俺は毎週防衛戦をしてもいいんで。したら、熊とのタッグも減るんで」
熊ゴロー「なんでそういうことを言うんですか? こっちもがんばりましょうよ、せっかく取ったんだから」
土肥「いや、これは防衛戦をするけど、そんときだけでいいかなっていう。熊とのタッグ」
熊ゴロー「いや、こっちもがんばりつつ、タッグもお願いしますよ。僕は不器用なんでこっちに集中します」
土肥「ああ、そうですか。楽しますね(笑)」
熊ゴロー「いやいや(笑)」

 なぜか妖しげな絆をアピールする挑戦者の稲葉&児玉。しかし、土肥が言うように、NEW ERA同士の一戦で盛り上がってこそ、世代交代は完成する。このタッグチャンピオンシップは新時代の到来を占う一戦になりそうだ。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 CHERRY BLOSSOM』
日時:2017年4月19日(水)
開始:19:00
会場:東京・後楽園ホール

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者/TriggeR】芦野祥太郎
vs
【挑戦者/TriggeR】近藤修司
※第11代王者は初の防衛戦

▼WRESTLE-1タッグチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者組/NEW ERA】土肥孝司/熊ゴロー
vs
【挑戦者組/NEW ERA】稲葉大樹/児玉裕輔
※第8代王者組は初の防衛戦

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【王者/NEW ERA】吉岡世起
vs
【挑戦者/NEW ERA】アンディ・ウー
※第7代王者は初の防衛戦

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る