【会見】吉岡がクルーザー奪取を宣言!余裕を見せる王者・MAZADAへの秘策あり?

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 3月20日(月・祝)東京・後楽園ホール大会にてWRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップに挑戦が決定した吉岡世起が記者会見を行った。過去数回挑戦するも奪取まで至らなった同王座について吉岡はどのように語るのだろうか。

吉岡世起
「この間の後楽園で挑戦表明する前に向こうに挑戦者として決めてもらうというよくわからない状況でしたけども、挑戦が決まったからにはクルーザーのベルトを獲りたいと思います。昨日の名古屋大会で、追い込まれましたけどMAZADA選手からスリーカウント獲りましたんで。一発イイの入れられればベルトを獲れるというのを証明できたので、次のタイトルマッチで決めたいと思います」

――王者のMAZADA選手は経験も豊富で非常に強敵だと思いますが、吉岡選手から見て王者はどのような印象ですか?
吉岡「MAZADA選手はそうですね…本当に曲者だと思います。普段の試合とタイトルマッチとじゃ本当に人が違うかのような畳みかけ方、ギアの上げ方っていうのは本当にすごいと思います。やっぱりそういう怖いMAZADA選手に勝たないと未来を作れないと思うので、僕はその怖いMAZADA選手に勝ってクルーザーチャンピオンになりたいと思います」

――昨日の試合で6人タッグではありましたが直接勝利したことが自信につながっているということでしょうか?
吉岡「そうですね。MAZADA選手と試合自体もそんなになくて、あんなに試合で絡むっていうのも久々だったので。MAZADAさんの怖いところを見れたのも一つの収穫ですし、そのMAZADAさんからスリーカウントとれたのも自信になってますね」

――クルーザーのベルトを獲ったらやはりクルーザー戦線を自分の手で引っ張っていくという気持ちは強いですか?
吉岡「そうですね。WRESTLE-1を旗揚げしてから結構いろいろチャンスに恵まれて。他団体でも王座戦を経験して。NEW ERAの中でもたぶんぶっちぎりで王座戦やっていると思うので。ただWRESTLE-1のベルトに関してはケガとかでいろいろチャンスをつぶしてきたので。もういい加減獲らないとっていう気持ちでいます」

――確認なんですが。前回の後楽園で王者が先に挑戦者に決めてしまったんですが、当然クルーザーのベルトに挑戦しようとしての行動だったんですよね?
吉岡「どうでしょうね(笑)そうです、その通りです」

――王者のMAZADA選手はこれまで王座戦では一貫して余裕を見せていますが、そこを切り崩す方法などは考えているのでしょうか?
吉岡「そうですね、僕が児玉さんアンディさんとも違うところって、一発。イイ蹴りが入れば意識を飛ばせるので。そういう余裕を見せたら危ないっていうのを昨日の名古屋で分かってもらえたと思うので、ちょっと緊張感を与えることはできると思います」

 過去、何度もチャンスを掴み、すべてとは言わないもののものにしてきた吉岡。しかしWRESTLE-1のベルトには手が届いていない。特に自分の階級であるクルーザーのベルトには何度も挑戦しているが、届かなかった。だからこそ今回のチャンスは背水の陣。冷静さの奥に秘めた負けん気の強さがこの王座戦で爆発した時こそ、吉岡が王者となる瞬間なのかもしれない。

『WRESTLE-1 TOUR 2017 TRANS MAGIC』
日時:2017年3月20日(月・祝)
会場:東京・後楽園ホール大会
開始:19:00

▼WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
【第10代王者】河野真幸
vs
【挑戦者】芦野祥太郎
※第10代王者・河野真幸、3度目の防衛戦。

▼WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ 60分1本勝負
【第6代王者】MAZADA
vs
【挑戦者】吉岡世起
※第6代王者・MAZADA、2度目の防衛戦。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

月別

ページ上部へ戻る