日本初のMTBF公認ラウェイ大会『Lethwei Grand Prix in Japan 2016』を後楽園ホールで開催!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

(株)FOSがミャンマー人以外で初の「ラウェイプロモーターライセンス Grade-A」を取得。
これにより、日本国内をはじめ世界中でラウェイ興行を主催することが可能となり、その第1回目のラウェイ大会「Lethwei GP in Japan 2016」を下記要項にて開催することが発表された。

fos201609101419_0001

タイトル:『Lethwei GP in Japan 2016』
日時:10月27日(木)午後6:30開始
会場:後楽園ホール
主催:(株)FOS、MMG
認定・提供:MTBF(MyanmarTraditionalBoxingFederation:国家ラウェイ連盟)

<試合>

  • 純ラウェイルール6試合(全試合3分5R:判定なし)
  • ミャンマー選手VSミャンマー選手 3試合(対戦カードは後日)
  • スペシャルファイト75kg契約:Too Too(ミャンマー:75kg級王者) VS Soe Lin oo(ミャンマー:73kg級王者)
  • スペシャルファイト80kg契約:Tun Tun Min(ミャンマー80kg級王者)VS Adem(オーストラリア:タイ国フェニックスジム)
  • 日本から、桜華選手(道場絆)が60kg契約で出場、対戦相手は後日決定。

 

<ラウェイ・ルール抜粋>
・3分5R、インターバル2分、判定なし(ダウン数ダメージは無関係)
・1Rで3回ダウン、試合を通し合計4回のダウンでTKO
・第1R~第4Rの試合中、劣勢又は失神等が起こった場合選手又はセコンドがレフリーに「タイム」を要請
し スペシャルタイム(2分間)の休息が許される。最終ラウンドはスペシャルタイムを行使できない。
・グローブは装着せず、バンデージのみで試合を行う。肘撃ち、頭突きが認められる。
・故意ではなく流れの中で蹴りが金的に当たってしまった場合は有効打となり試合は続行される。
・選手が流血した場合、レフリーとドクターの判断により続行又は勝敗が宣告される。

<入場料金>
VVIP:15000円、VIP:10000円、S席:7000円、A席:5000円、B席:4000円

*チケット発売開始しました。

関連記事

サイト内検索

日別

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る