悪性脳腫瘍で闘病中のRayがトークショーで現状報告!骨折中の大仁田が試合に出場しエール!

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 悪性脳腫瘍のため、闘病中のRayを応援する大会「FMW presents Rayエイド」が8月7日、東京・板橋区立グリーンホールで開催された。
 Rayは昨年12・22後楽園での浜田文子戦で脳震とうを起こし、同25日に都内の病院でMRI検査を受けたところ、左頭部の視床に脳腫瘍があることが判明。今年1月21日、腫瘍が良性か悪性かを鑑別するため、生検手術を受けた結果、2月上旬に腫瘍が「悪性」であることがわかった。3月中旬より入院し、抗がん剤、放射線治療を受けたが、水頭症を併発していることが明らかになり、5月6日に手術した。同14日に退院し、現在は通院で治療に取り組んでいる状況。

 6・21後楽園以来、約1カ月半ぶりにファンの前に姿を見せたRayは、この日、トークショーを行い、腫瘍が小さくなっていることを報告。Rayは「皆さんの前に立つことを思い浮かべて、治療を続けていきます。必ず復帰しますので、待っていてください」と気丈に語った。

 メーンイベントでは、今大会の発案者である大仁田厚がパンディータと初タッグを結成し、雷神矢口&ザ・ショッカー1号と対戦。あいにく、会場側の規定で、イスや机の使用、毒霧、水まき、水吹きなどが禁止とあって、大仁田は全日本プロレス仕込みのテクニックで対応。ダブルアームスープレックス、DDO、コブラツイストなどを繰り出し、矢口組を追い込んだが、矢口組のセコンドに就いていたザ・ショッカー2号がムーンサルトプレスをパンディータに見舞い、そのまま1号と2号が押さえ込んで、矢口組が勝利。

 試合後、Rayをリングに招き入れた大仁田は「Ray! 早く病気を克服して戻ってきてほしい」とエールを送り、大会を締めくくった。
 大仁田は右腕の右尺骨遠位端骨折のため、8月2日に全身麻酔で手術(観血的整復内固定術)を受け、プレートを6本のボルトで止めたばかりだが、手術後、早くも2試合目となった。
 控え室に戻った大仁田は「ひとりでも俺の試合を楽しみにしてるファンがいるかぎり、欠場するわけにはいきません。驚異的に治っているような気がする、医者には全治3カ月といわれたけど、あと10日で治るような気がします。人が摂取する10倍のカルシウムを摂ってるんで。8・11博多、8・12熊本では電流爆破デスマッチも控えてるし、早く治るようにがんばります」とコメント。今後も満足に右腕が使えないハンディを抱えたまま、強行出場を続ける覚悟だ。
2016-08-07Ray1
<ダイジェスト>
 JWP提供試合では、Rayの「ボラドーラスL×R」のタッグパートナーであるLeonが、Rayと故ハヤブサさんをほうふつさせる「FMW仕様」の新コスチュームで登場。キャプチュードバスターでライディーン鋼を仕留めた。

 異種格闘技3WAYマッチは、“70歳のキックボクサー”上田勝次がザ・シューター、HASEGAWAの関節技に苦しみながらも、右ストレートで、シューターをKOした。

 リッキー・フジと、デビュー戦を闘ったショッカー2号は、アクロバチックな動きでリッキーを幻惑したが、チキンウイング・フェースロックでギブアップ負け。
 歌手・宇野美香子さんが第2試合の前に、国家を独唱。Rayのトークショーの前には、持ち歌で会場を大いに盛り上げた。

<試合結果>
超戦闘プロレスFMW『FMW presents~Rayエイド』
会場:東京・板橋区立グリーンホール
観衆:200人

▼シングルマッチ~ザ・ショッカー2号デビュー戦 15分1本勝負
○リッキー・フジ
9分9秒 チキンウイング・フェースロック
●ザ・ショッカー2号

▼異種格闘技戦~3WAYマッチ 30分1本勝負
○上田勝次
6分39秒 右ストレート→KO勝ち
●ザ・シューター
※もう1人はHASEGAWA

▼JWP女子プロレス提供試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○Leon
13分27秒 キャプチュードバスター→片エビ固め
●ライディーン鋼

▼タッグマッチ 60分1本勝負
雷神矢口/○ザ・ショッカー1号
16分44秒 セコンドのショッカー2号のムーンサルトプレスから1号と2号が押さえ込む→体固め
大仁田厚/●パンディータ

サイト内検索

日別

2019年4月
« 3月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  

月別

ページ上部へ戻る