女子プロレスラー・Rayが「悪性脳腫瘍」を公表

  • -
    Google+でシェア
  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 超戦闘プロレスFMWにレギュラー参戦している女子プロレスラー・Ray(フリー)が、2月17日、東京・秋葉原で記者会見を開き、「悪性脳腫瘍」であることを公表した。
 Rayは昨年12・22後楽園での浜田文子戦で脳震とうを起こし、同25日に東京女子医科大学病院でMRI検査を受けたところ、左頭部の視床に脳腫瘍があることが判明。そのため、1月21日、腫瘍が良性か悪性かを鑑別するため、生検手術を受けていた。
 2月上旬、医師から告げられた検査結果は非情にも「悪性」だった。腫瘍の悪性度は4段階中、「グレード3」だという。
 あいにく、腫瘍が手術できない部位にあるため、放射線、抗がん剤、陽子線、粒子線など治療方法の選択肢がある。今後医師と相談したうえで、治療方法を決定し、今後の詳細については、FMW2・26後楽園でファンに報告する。3・12埼玉・宮代町大会にも来場する予定だ。
 現在、目立った自覚症状はなく、受け身を取るなどの激しい運動こそ避けているものの、今まで通りのトレーニングを続けているが、治療が始まると、練習も制限されてしまう。
 Rayは「10万人に1人といわれる病気を、『なぜ私が?』との思いはあります。長期欠場となりますが、必ず病気に打ち勝って、リングに戻りたい」と気丈に語り、復帰を誓った。
 また、Rayはこれまでも、養護施設などを慰問する福祉活動を続けてきたが、欠場している間、この活動に力を入れていきたいという。「施設回りをして、プロレスの良さを伝えていきたい」とRayは語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年11月
« 10月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る