アイスリボン6.24後楽園でベストフレンズと対戦するディーノ&男盛がコメントを発表!世羅ピンチ!髪の毛をくれるところを大募集

  • -
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

アイスリボンが6.24後楽園ホール大会でアイスリボン後楽園大会で藤本つかさ&中島安里紗の“ベストフレンズ”と対戦する、男色ディーノ&男盛からのコメントを発表した。

男色ディーノ「貴様らごときにこのわたくしのケツを出すとでも?
我々ゲイレスラーにとってのケツ、それは君が見た光、僕が見た希望。それはふれあいの心、幸せの青い雲。
差?差はあるよ。女子のタッグが我々のケツを出させたら大したもんですよ。」

男盛「この度の初参戦、完全なる女vs男の対戦。。。
本当に良いんでしょうか?

私のデビュー間も無い頃に男色さんには一皮剥いていただいた感謝はしてますが、このカード、ある意味3vs1である様な気もします。

尻を引き締めて試合に臨みます。」

また、アイスリボン6.20道場マッチで藤本が希月あおいと組んで柊くるみ&世羅りさと対戦。ICE×∞のベルトをめぐって王者くるみと挑戦者あおいの前哨戦だったのだが、そんな中、藤本と世羅がエルボー合戦では
藤本「何が人毛だ!」
世羅「何が男盛だ!」
藤本「何がデスマッチだ!」
世羅「何がベストフレンズだ!」
と、6.24ホール大会のカードをネタにお互い一歩も引かない攻防が繰り広げられた。最後はくるみとあおいの一騎打ちとなったが、20分フルタイムドローとなった。

座談会で世羅から「深刻なお知らせがあります。とある組合から美容業界に圧力がかかり、変な奴が髪の毛を集めているので渡さないようにとお達しがきてしまいました。本当は、あるカットチェーン店から500キロの髪の毛を提供して頂く予定だったのですが、それもなくなり非常にピンチな状況です。そこで皆様にお願いがあります。知り合いの美容院や美容師さんから、髪の毛を頂けるという情報がありましたら、serarisa1119@yahoo.co.jpまでご連絡お願いします」と告知があった。

また、この日の観衆が132人を超えれば、6月の道場マッチの平均観客動員数が100人越えとなったが、発表された動員数は114人。この結果、6月平均観衆は96人となり今年初の100人越え達成とはならなかった。

藤本「記録はいつかは途絶えるものです。でも1月から5月までの100人越えの記録は消えません。そこは自信を持っていきます! なのでガッカリしないでください! 新たな目標ができました! 来月また100人越えるぞ! そして後楽園満員にするぞ!」

6月は月末にビッグマッチが集中したこともあり本日が道場マッチ最後。平均観衆が100人越えとならなかったが10年目最初の道場マッチは、オープニングからエンディングまで勢いが止まらなかった。
アイスリボン9周年WEEKに相応しいスタートの大会となった。

関連記事

サイト内検索

日別

2018年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る