大仁田がプロレスデビュー2戦目を行う貴闘力の対戦相手に名乗り!「プロレス界から抹殺する」

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

10月15日、東京・竹芝のプロレスリングZERO1道場で大仁田厚が記者会見を開き、リアルジャパン12.5後楽園ホール大会でプロレスデビュー第2戦目を行う貴闘力の対戦相手に名乗りをあげた。貴闘力を半年に1回しか試合をしない“フリーター”扱いし、「プロレス界から抹殺する」と糾弾した。

貴闘力は、昨年のリアルジャパン9.28後楽園ホールで大仁田に襲撃されたことをキッカケにプロレスデビューを決意。今年の4.16代々木で初めてプロレスのリングに立った。鈴木みのるとのタッグで、大仁田&矢口壹琅組と激突。流血に追い込まれながらも、相撲時代から得意としていた左の張り手で矢口をなぎ倒し、初陣を勝利で飾った。
あくまでもプロレスは1試合限定と語っていた貴闘力は、継続参戦について明言を避けたが、9.18後楽園大会でリングに上がり、初代タイガーマスクで握手。12.5後楽園で初代タイガーとタッグを組み、大物相手にデビュー2戦目を行うと発表した。意気込みを問われた貴闘力は曙との対戦を熱望。大相撲出身者同士の対戦が浮上していた。

この時の報道を目にしたという大仁田は、「正直言って、『舐めとるな』というのが僕の意見。半年にいっぺん出てきて、『こんにちは』はないだろ?」と貴闘力の姿勢に疑問符を付けた。相撲時代の実績、そして代々木大会で感じた張り手の破壊力を称えながらも、「だからと言って、虫が良すぎるだろと。プロレスはあんたの焼き肉屋を宣伝する道具じゃねえぞ。おい、貴闘力。静かにキムチを漬けて、焼き肉でも焼いてお客さんに振る舞っておけ。それが一番の仕事だろ?」と指摘した。
近年は積極的に様々な団体に参戦し、月に10試合以上行う時もある大仁田の発言には確かに一理ある。さらに、大仁田は「お前は何しに来てるんだって。勝手に曙選手の名前を出したり。現に代々木第二で俺は負けてねえぞ」とまだ決着が付いていないことを強調。発表されていない12.5後楽園での対戦相手に名乗りを挙げた。

「半年に1回の、今で言うフリーターなのか何なのかわからないけどさ。やったりやめたりフラフラする貴闘力に対して引導を渡し、プロレス界から抹殺する!」と大仁田の激情は燃えさかるばかり。気になるパートナーについては、「アイツの張り手に対抗するぐらいの人間を俺は用意するつもりですから。ぜひ期待しててください」と大物投入を示唆した。
会見の最後には、サンドバックに貴闘力の顔写真を張り、有刺鉄線バットをフルスイングで叩きつけて気勢を上げた大仁田。時には強引な“邪道流”のアピールを見せてきたが、今回の対戦表明はプロレスラーとしてのプライドが垣間見えた。果たしてリアルジャパンサイド、そして貴闘力はこの問いかけにどう応えるのか。一度は沈静化したかに見えた大仁田と貴闘力の因縁が、再び燃え上がり始めた。

なお会見では、11月3日にグランメッセ熊本で開催される『火乃国大花火』の対戦カードが、大仁田厚&鷹木信悟&田中将斗vs.高山善廣&NOSAWA論外&金村キンタローのノーロープ有刺鉄線電流爆破マッチ(詳細形式未定)に決定したことも合わせて発表された。

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る