【#プロレス今日は何の日】1990年8・19 新日本プロレス両国国技館 ビッグバン・ベイダーvs長州力

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

【#プロレス今日は何の日】

1990年8月19日 新日本プロレス 両国国技館
ビッグバン・ベイダーvs長州力!

88年にアントニオ猪木からピンフォールを奪った長州、しかし未だピンフォールを取っていないベイダーとのIWGP王座戦!
前年8月の東京ドーム大会でベイダーに王座を奪われ一年越しのリベンジマッチ!舞台は両国!気合みなぎる長州力!

対角には右目の眼球を取り出して8箇所の手術をしてきた王者ベイダー!

「がむしゃらに行って欲しい、けどよく見て行って欲しい、でも見すぎてもよくない」なるドラゴンアドバイスを投げ付ける解説の藤波!

ベイダーの大迫力の投げやプレスの猛襲に、文字通り力一杯長州を応援する我々!
たまに横殴りに打ち抜くベイダーラリアットに長州が本気で心配になる我々!

トップロープからアタックを狙ったベイダーに、雪崩式ブレーンバスターで反撃!

続けざまに延髄斬り!長州がエンズイを出すことが妙に嬉しい私!
サソリ固めにも文字通り力が入る!

ベイダーはコーナーへのビッグバンアタックで再び長州の動きを止め、二発目で仕留めにかかるも、待っていたのは術後の右目を狙ったカウンターのリキパンチ!

動きの止まったベイダーにリキラリアットを打ち込み続け、決着は5発目、全身でなぎ倒す渾身の一撃で遂にベイダーからピンフォール!王座奪取!

両国のファンも第8代王者に納得の声援!

1987年にIWGPヘビー級王座が出来てから、初代の猪木、ベイダーに勝利して1度だけ戴冠を果たしたサルマン・ハシミコフを除けば長州、藤波、ベイダーの3強が王座戦線を独占。
しかし、武藤敬司&橋本真也&蝶野正洋の三銃士も台頭してきており、1992年にグレート・ムタが、1993年に橋本が、少し遅れて1998年に蝶野が初戴冠を果たします。
こうした世代交代を楽しむのもプロレスの醍醐味だと思います!

今日もプロレス最高っ!

著者:AJスレンダー
【元祖 #プロレス今日は何の日 since2014 】アメブロで365日分書き溜めております!
https://ameblo.jp/ajslendertokyo
キン肉マン、プロレス、ファミコンで育った少年期から早や数十年、
「ほんとにこれで良かったのかな・・・?」と自分の判断に自信がないと相談されたら
「それは選ばれし者の恍惚と不安だよ!ごちゃごちゃ言わんと迷わず行けよ!行けばわかるさ!」と
新旧格闘王mixでお応えします!

プロレストークライブ企画・制作・券売などお手伝いしております。
↓実績一例
「待っていてくれて本当にありがとう!ファイプロ復活祭!」
「俺達のG1クライマックス!ライガーさんに聞いてみよう!」
「Go for broke!俺たちのマサ斎藤さんを語る夜!」
「燃えろ!俺たちのケロちゃん旅日記!」
「山ちゃんがやっちゃった 燃えろ俺たちのUWF」など
その他、プロレス興行のSNS告知・販促協力もさせていただいております。
お仕事依頼やご相談頂けます際はtwitterからお気軽にDMください。
Twitter:@ajslendertokyo

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

サイト内検索

日別

2024年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

月別

ページ上部へ戻る