BreakingDownの最恐グラップラー樋口武大の顔面にキック直撃!売名と笑われた優里ちゃんねるからの刺客が流血KO勝利!

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 23日、さいたまスーパーアリーナ・コミュニティアリーナにて『BreakingDown10』が開催。第4試合では【優里ちゃんねるからの刺客】カンジvs【不屈のグラップラー】樋口武大が行われた。

 朝倉未来の曲も作った【クリエイター集団CHIMERAZのボスの付き人】カンジがオーディションで「樋口の試合がつまんない。自覚あんでしょ?」と挑発し、MMA経験があるということで試合が決定。
 前日会見でKO予告を続けるカンジに樋口は「売名で絡んで来て水かけてきて、芸能人の優里だとかてんちむだとか名前出してきてなんでお前にビビるんだよ」と苦笑した。


 試合が始まるとカンジがジャブで牽制しワンツーからミドル。樋口が下がっていくが、先程のジャブがサミングになったということでレフェリーがタイムストップを要求。

 再開し、樋口がローで牽制するとカンジがワンツー。樋口が殴り合いに応じるかにみせてがっぷり組んでいき膝。だがこれがローブローとなりタイムストップ。

 再開し、樋口がタックルでケージに押し込みグラウンドに持ち込み、ヒールを取ろうとするが、カンジが抜け出しブレイク。
 樋口がワンツーからタックルを仕掛けようとするが、カンジが組んでいく。離れ際に樋口がパンチを振り回すがここで時間切れ。
 判定0-0で延長戦へ。

 樋口が左フックからストレート。カンジが組み付いてケージに押し込むが、これはブレイク。
 カンジのワンツーが顔面を捕らえていくが、樋口が距離を詰めて組み合うとブレイク。
 カンジがワンツーから右ミドル。樋口の顔面にこれがヒットするが、樋口はそのままタックルで組み付く。カンジは転がしマウントを取りパンチ連打。しかし樋口が顔面から流血しており、レフェリーがタイムストップを要求しドクターチェックへ。試合続行不可能と判断されカンジの勝利となった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る