【試合詳細】10・29 大阪プロレス 176BOX大会 ゼウスvsTORU タイガースマスク&ビリーケン・キッド&ブラックバファロー&佐野蒼嵐 vs ツバサ&ザ・ボディガー&三原一晃&後藤哲也 タコヤキーダー&アルティメット・スパイダーJr. vs クワイエット・ストーム&ゴリアテ

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

「天王山2023~誰が一番強いねん!トーナメント~優勝決定戦」
日時:2023年10月29日(日)
開始:13:00
会場:大阪府・176BOX
観衆:519名(超満員札止め)

▼天王山2023~誰が一番強いねん!トーナメント~準決勝 30分1本勝負
○TORU
12分6秒 垂直落下式ブレーンバスター→体固め
●松房龍哉
※TORUが決勝進出

▼天王山2023~誰が一番強いねん!トーナメント~準決勝 30分1本勝負
○ゼウス
10分55秒 ジャックハマー→片エビ固め
●浅川紫悠(フリー)
※ゼウスが決勝進出

▼3WAYマッチ 30分1本勝負
●くいしんぼう仮面
10分16秒 商売繁盛リバーススプラッシュ→片エビ固め
○えべっさん
※もう1人は大坂丈一郎

▼タッグマッチ 30分1本勝負
タコヤキーダー/○アルティメット・スパイダーJr.
10分2秒 マスク剝ぎによる反則
クワイエット・ストーム/●ゴリアテ

▼8人タッグマッチ 30分1本勝負
タイガースマスク/ビリーケン・キッド/ブラックバファロー/●佐野蒼嵐
14分55秒 メガトンラリアット→体固め
ツバサ/ザ・ボディガー/○三原一晃(MoveOn)/後藤哲也(紫焔)

▼天王山優勝決定戦 時間無制限1本勝負
○ゼウス
21分23秒 ジャックハマー→片エビ固め
●TORU
※ゼウスが2023年度覇者になる

ゼウスが天王山2023を制す!大阪プロレス精鋭揃いの8人タッグで三原一晃が勝利!ローグネイションによるスパイダーのマスク剥ぎに会場大ブーイング!

第1試合


初の決勝進出に向けて気合十分の松房をあざ笑うかのようにのらりくらりではぐらかしにかかるTORU。
ことごとく焦らし戦法で松房にペースを掴ませずじわじわとダメージを与えていく。
松房も必死に反撃の糸口をつかもうと得意の膝を使って攻めるが余力十分でかわしてからレフリーのブラインドを突いた急所撃ちから垂直落下式ブレーンバスターで一気に仕留め悠々と決勝進出を決めた。

第2試合


ローグネイションの浅川がゼウスと初の一騎打ち。意外と真正面からぶつかっていった浅川だったが体格差からゼウスが優勢に。
ならばと浅川は場外にゼウスを引きずり出してロープを使って首絞めなど反則攻撃で勝負する。
リングに戻っても多彩な技でゼウスを追い込むがゼウスは怒りの水平チョップ乱れ撃ちで応戦。
最後は急所撃ちを寸前で受け止め浅川が唖然とした所を必勝パターンに持ち込んで一気に勝負を決め堂々の決勝進出を果たした。

第3試合

伊丹大会でのくいしんぼうの要望により念願の「三人揃って」の入場で華やかに登場した三名はその後も数々の爆笑ムーブで館内の笑いを誘う。
最近好調のくいしんぼうが美しいケブラーダから雪崩式フランケンシュタイナーで勝利を奪うかと思われたがえべっさんが割って入り一気に勝利を奪い取った。
試合後マイクを握ったえべっさんが12・10咲洲ビッグマッチでの大阪名物世界一ベルトに挑戦をアピール、丈一郎も挑戦をアピールして次回大会での王座戦が決まった。
 

第4試合


天王山一回戦で共にローグネイションにマスクを剥がれた屈辱にまみれたタコスパが怒りの奇襲で始まった。
しかしストームとゴリアテの猛獣パワーは凄まじく勢いを止めることはままならない。
ゴリアテがスパイダーのマスクの紐を解きにかかり精神的に揺さぶりをかける。
タコスパもタッグ王者の威厳をかけて反撃するがその気持ちを踏みにじるようにゴリアテがスパイダーのマスクを剝ぎ取り反則裁定が下った。

試合後もスパイダーのマスクをもてあそびながら悠々と引き上げていくローグネイションの面々に館内は大ブーイングだった。

第5試合


大阪プロレスの精鋭陣が揃った豪華なセミファイナル。後藤が気を吐くが大阪勢の手厳しい洗礼を浴びる。後藤も必死に食らいついて交代した三原が大爆発。
大車輪の大暴れで混戦の中助走充分のメガトンラリアットで逆転勝利した。

第6試合


意外にもセコンドをつけずに正攻法でゼウスと真っ向勝負を仕掛けたTORUががっぷり四つの互角の戦いを見せ優勝決定戦にふさわしい白熱の好勝負に。
両者ともに持てるすべての技を繰り出しTORUもゼウスのチョップ連打で胸を赤く染めながらも自らを鼓舞して反撃する。
ゼウス渾身の雪崩式ブレーンバスターで両者大の字に。カウント9で起き上がり突進したゼウスにレフリーを巻き込みレフリーが倒れたのを合図にローグネイション勢が乱入。
総がかりでゼウスに攻め込む波乱の展開に。一旦はゼウスがセコンド勢を排除してさらなる猛攻を仕掛けるが必殺ジャックハマーが決まってフォールの体勢に入った所を今度はローグネイションがレフリーの足を引っ張りカウントを阻止。
再びレフリー不在の状況に乱入しゼウスに総攻撃を仕掛ける。
しかし今度はタコスパがリングインしてローグネイションを排除、ビリーも追撃のトぺでセコンド排除にサポートする総力戦となる。
邪魔者がいなくなった状況に息を吹き返したゼウスが怒りの猛反撃で必殺パターンに持ち込み10年ぶりの栄冠を手に入れた。

試合後、優勝したゼウスがストームの持つ無差別級王座に挑戦をアピール。ストームも応じて次回咲洲大会での挑戦が決定となった。

またストームはローグネイションのタイトル総取りを宣言し、タッグベルトにも色気を見せる。チャンピオンベルトを携えてリングに上がったタコスパもマスク剥ぎでの屈辱を晴らすべく、当事者であるTORUとゴリアテを指名し、同じく咲洲大会でのタッグタイトル戦が決まった。

  • はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

関連記事

サイト内検索

日別

2024年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る