鈴木秀樹の持つW-1王座への挑戦権をかけ、W-1 5.16新宿でKAI、近藤、征矢、河野の4WAYマッチが決定

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

5月7日、WRESTLE-1が都内GSPメディアセンター内で、5.16東京・新宿FACE大会でWRESTLE-1チャンピオンシップ次期挑戦者決定4WAYマッチを闘うことを発表した。会見にはこの決定戦に出場するKAI、近藤修司、征矢学が出席。なお河野真幸のみ先に別室でコメントを発表したため、3選手のみのコメントを発表した。

KAI「昨日のリング上でみんなから言われたことも、ファンのみんなからブーイングされたことも、俺はもう受け入れるし。こうなったのはもう自分の責任なんで。自分のケツは自分で拭かなきゃいけないと思うんで。本当に俺の問題だと思うので。この4WAYマッチというチャンスをもらったので。必ずチャンスをものにして、俺が必ず鈴木秀樹からベルトを獲り返します。自分のことを一人でも応援してくれるファンがいる限り、俺はその人の、その人たちの達のために闘います。そしてベルトを獲ります」

近藤「まぁ会場にいた方はわかると思うんですけど、多分僕がお客さんからの支持率が一番あったんではないかと。それプラスこの団体の中でタッグベルトを持っていると。今何回か防衛しているけど、実績もある。まぁ僕が一番ふさわしいんじゃないかと。征矢に至ってはお客さんの支持率ゼロですし、論外。河野は団体のためという気持ちがなければ鈴木には勝てない。この4WAYにも勝てないと思います。KAIはね、他団体に流出させたA級戦犯ですから。ここにいるのも僕はどうかと思っています」

征矢「タイトルマッチに挑戦という事でですね、会場で一番支持があったのは間違いなく僕かな、と。まぁお客さんが鈴木対征矢を望んでいるんじゃないかと。試合終わった後リングに上がった後、そういう歓声を耳にしたので。やっぱりファンの気持ちに応えて。4WAYでやるんですけど、必ず私が挑戦権を獲って、鈴木秀樹に挑戦したいと思っております。ただ一つ気に食わないのが、なぜ負けたKAIが鈴木秀樹に挑戦するのか。これでいいのかと、会社に問いたいと私は思います。負けた奴がもう一度すぐに挑戦できるのはおかしいだろと。そういう気持ちであります」

ーー改めて鈴木秀樹選手の印象を教えてください。
KAI「前々回負けているんで。そりゃ強いですよ。強いですけどWRESTLE-1に対して愛がないと思いますし、WRESTLE-1のベルトに対しても愛がない。やっぱりそこは僕の方が絶対あるので。そこでは負けない。本当に超えていかなきゃいけない壁ですね」
近藤「彼は強さが一番の象徴だと思っていますが、プロレスってそれだけが全てじゃないので。そんな強い彼にも弱点はあります」
征矢「チャンピオンはですね、鈴木という日本人でも最も多い苗字ではないかな、と。プロレスラーで鈴木秀樹選手、たくさんいますよね?だからどこの鈴木なのかと。で、下の名前は秀樹だと。まぁ“ヒデキ、感激”じゃないですけども、そんな彼にも鈴木という日本人らしい名前があるのだなと、実感しました。以上です」

ーー4WAY戦という形であり戦略が非常に大事になると思われますが、その点に関しては考えていることはありますか?
KAI「そうですね、4WAYというのは自分も初めての経験なので。やってみなきゃわからないというのもあるんですけど、この僕以外の3人にはシングルで実際勝っているので。まぁでもそこに驕らず、これから4WAYの研究をしたいと思います」
近藤「たぶん頭がよくないと4WAYって勝てないと思うので。これは勝ち抜け?まぁバカな奴は勝てないでしょうね」
征矢「まぁ御三方がどういうふうに言っているかはわかりませんけど、これシングルマッチではない訳じゃないですか。頭が良いっていうのも確かに必要かもしれない。でも一番必要なのはワイルドさです。ワイルドさっていう事はこれ山にこもったらですね、自然との闘いという事になります。という事はイコール運がよかったら勝てるという事になります。要するに勝ち負けは時の運というか、頭が良くても悪くても運が良ければ勝てると。まぁこの4WAYを越えてチャンピオンシップに臨みたいと思っております」

ページ:

1

2

関連記事

サイト内検索

日別

2017年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

月別

ページ上部へ戻る