ウィル・オスプレイが英国に帰るビー・プレストリーに捧げるIWGP世界ヘビー級王座奪取!「このベルトが世界で最も価値のあるベルトだと証明していく」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 4日、東京都・両国国技館にて新日本プロレス『SAKURA GENESIS 2021』が開催され、ウィル・オスプレイが飯伏幸太の持つIWGP世界ヘビー級王座を奪取した。

 飯伏は今年の1・4東京ドーム大会でIWGPヘビー級王座&IWGPインターコンチネンタル王座の二冠王となり、2本のベルト1本に統一するプランを提唱。これには団体内外から賛否両論の声が沸き起こったが、異を唱える選手たちが次々NJCで破れ統一が決定。先月4日の旗揚げ記念日大会で飯伏が初代IWGP世界ヘビー級王者として認定された。

 オスプレイはオカダの進言から2016年に新日本に上陸し、またたく間にジュニア戦線のトップを獲るばかりかジュニア戦士としてヘビー級戦線で闘うなど階級を超えた闘いを繰り広げた。しかし、オスプレイは「俺はずっとあいつの影に隠れていた。俺が素晴らしい試合をしても、いつだってスポットライトを浴びるのはオカダだった」と不満をつのらせ、昨年10月にオカダを裏切って“THE EMPIRE”を結成。紆余曲折の末に現在は“UNITED EMPIRE”としてグレート-O-カーン、ジェフ・コブの3人で活動し、今大会では新メンバーとしてトーア・ヘナーレ改め“アーロン・ヘナーレ”を加えさらに勢力を拡大した。

 オスプレイは自らの存在価値を証明すべく鬼気迫る闘いを展開し今年のNEW JAPAN CUPを制覇。飯伏の眼前で交際しているスターダムのビー・プレストリーをオスカッターでKOし王座奪取への想いを叫ぶなど、不退転の決意でこの日の王座戦に臨んだ。

 試合はじっくりとしたグラウンドから始まるも、飯伏がフランケンシュタイナーからのプランチャと序盤から場外戦を仕掛けて先制。しかしオスプレイも場外鉄柵を使ったラフファイトや断崖式フットスタンプなどで応戦。
 中盤からは両者得意とする蹴り技の応酬となり、飯伏がシットダウン式ラストライドからのカミゴェで試合を決めにかかるがオスプレイは急所へのヘッドバッドで迎撃。オスプレイがリバース・ブラディサンデーやシューティングスター・プレスを連発すれば、飯伏もリバース・フランケンシュタイナーや垂直落下式ぶっこ抜きスワンダイブジャーマンと大技が飛び交う死闘を展開。
 飯伏は各種カミゴェを連発して畳み掛けるが、オスプレイはこれを丸め込みで切り返してジャンピングニーで起き攻め。最後はヒドゥンブレイドからストームブレイカーで叩きつけ3カウント。オスプレイが悲願のIWGP世界ヘビー級王座戴冠を果たした。

 試合が終わっても波乱は収まらず、コブが倒れたままの飯伏を引き起こしてツアー・オブ・ジ・アイランドで追撃。
 マイクを取ったオスプレイは「俺があの神に何をしたのかわかるか!ずっと『イギリス人のお前がプロレスラーになんかなれない』『お前が日本でスターになれるわけがない』『お前にSUPER Jr.優勝は無理だ』『お前がIWGP Jr.のベルトを巻けるわけがない』と言われ続けてきたが、結果、俺は2回もSUPER Jr.を制覇し、3回もIWGP Jr.のベルトを巻いた。いまもここにいるお前らは、直前まできっとこう思っていたに違いない。『イギリス人のお前がIWGP世界ヘビー級王者になれるわけがない!』と。だが、いまここに立っているのは誰だ!ニュージャパンに来て5年。再びこの両国の舞台で、俺がデビューしたこのリングに俺は立っている!俺は良い人間ではないし、間違えだって犯してきた。しかし、ここで謝る…気はさらさらない!俺たちUNITED EMPIREはこれからも思うがまま、好きなようにさせてもらうぞ。俺たちにはそれだけの力がある! そして、まずは『WRESTLE KINGDOM』の借りを返させてもらおう!」と、オカダ・カズチカを初防衛戦の相手に指名。

 しかし、ここで鷹木信悟がリングに上ってきてオカダからマイクを奪うと「お前ちょっと、調子のりすぎじゃねーかオラ。王様にでもなったつもりかコラ!東京ドームでオカダに負けたリベンジか_馬鹿野郎!そんなのな、誰も覚えちゃいねーんだ!だけどな、先のNJC一回戦、ここにいるオカダがこの俺に、豪快に負けたのはみんなよーく覚えてるよなオイ!そんなオカダが、このタイトルに挑戦できるならば、ならば!NJC全戦メインイベント、さらには見事、初の準優勝のこの俺にも、いやいやいや、この俺のほうが挑戦権利あるだろうがオイ!」と割り込んで挑戦表明。
 オスプレイも「まずはシンゴだ。その次にお前(オカダ)とやってやる」とこれを認め、最後はオーカーンの演説で大会を締めた。

 なお、今大会と同日同時刻から行われていたスターダム横浜武道館では、ビーが“ビッグダディ三女”林下詩美の持つワールド・オブ・スターダム王座(赤いベルト)に挑み、惜しくも敗北。試合後には、「この日がスターダムのラストマッチだった」と明かし、敵対してきた詩美、渡辺桃と泣きながら笑顔で抱擁を交わした。ビーは、スターダムを離れる理由について「イギリスの家族が私の助けを必要としている」と語っているが、このことがオスプレイの決意を固くしたことは想像に難くない。

 試合を終えたオスプレイは、「俺は防衛ロードを通して、世界で俺より強いプロレスラーはいないと教えてやる。このベルトが世界ナンバーワンの証だ。狙われる立場になったが、誰が挑戦してくるのか今から楽しみだ。もし俺より強いと思う奴がいるなら、相手になってやる。だが、誰が挑戦しようと一人残らずレベルの違いを叩き込んでやる。このベルトはニュージャパンだけに留まらず世界で最も価値のあるベルトだと身をもって証明していく」と、新日本プロレスのベルトが世界に通用するものであると証明していく覚悟を語った。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年4月
« 3月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

月別

ページ上部へ戻る