【特別寄稿】LEGEND THE PRO-WRESTLING 1.12後楽園ホール大会開催迫る!見どころ解説

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

来週12日(月祝)に開催が迫ったLEGEND THE PRO-WRESTLINGの2015年初戦となる後楽園ホール大会。長州力と大仁田厚が久々に対戦する話題のメインイベントをはじめ、バラエティ豊かな全6試合が揃った。

大仁田厚が因縁の3人と対戦

メインイベントは「長州力&初代タイガーマスク&貴闘力vs.大仁田厚&矢口壹琅&保坂秀樹」。過去と現在の因縁が渦巻く注目の6人タッグマッチだ。

邪道軍を率いる大仁田は相手チームの3人とは深い遺恨で繋がっている。初代タイガーマスクとは2012年3月にリアルジャパンマットで初対決。2度の一騎打ちを経ても決着がつくどころか抗争は激化するばかりで、邪道軍とリアルジャパン軍の全面対決にまで発展した。

その渦中で貴闘力との因縁も生まれた。2013年9月、リアルジャパン後楽園ホール大会をリングサイドで観戦していた貴闘力を襲撃。担架送りにした上でプロレスデビューを要求した。まさかの無法行為に激怒した貴闘力は、12月大会で大仁田の試合に乱入。両者の怒りは沸点に達し、去年のリアルジャパン4.16代々木大会でに邪道軍を成敗すべくとうとう貴闘力がプロレスデビュー。プロレス転向2戦目となった12.5後楽園大会でも、邪道軍と貴闘力は対戦しており、抗争が収まる気配はない。

たとえ試合上は黒星を喫しても、自分たちのペースに持ち込んで因縁を深め、「点」を「線」にしていく手法は邪道流プロレスの面目躍如と言ったところだが、その仕掛けがさらに飛び火。大仁田が「初代タイガーマスクならびに、貴闘力、ついでに長州力の相手をしてやるから、カードを組んで待っておけ」とレジェンド実行委員会側に要求したのを発端に、今回いよいよ長州力が抗争のど真ん中に割って入ることになった。

大仁田は90年代後半、長州が現場監督を務めていた当時の新日本プロレスにケンカを売り、執拗に長州に電流爆破マッチを要求。三銃士全盛期の新日本で戦い抜き、2000年の7.30横浜アリーナ大会で長州との電流爆破マッチを実現させた。長州が発した「跨ぐなよ」発言や大仁田が実現までの道程でテレビ朝日の真鍋由アナウンサーと繰り広げた「大仁田劇場」はあまりにも有名だ。

2人の因縁は、長州が新日本を退団した以降も続く。長州が2003年にWJプロレスを旗揚げすると、大仁田も参戦。同年の6.29北海道立総合体育センター大会では2度目の電流爆破マッチで対戦している(長州&越中詩郎vs.大仁田&天龍源一郎)。この日を最後に長州と大仁田の戦いが交わることはなく、今回の対戦は実に約10年6ヵ月ぶりとなる。

長州の動きいかんで貴闘力の潜在能力爆発も…

長州力と貴闘力ここまで戦線を拡大したのは大仁田の狙い通り。早くも長州との電流爆破マッチまでぶち上げているが、この長州の参戦は諸刃の剣でもある。これまでの初代タイガー&貴闘力の抗争では、セコンド総出で乱戦に持ち込み、凶器攻撃や反則を駆使して強引に邪道ペースに持ち込むことで有利に進めてきたが、長州はそんなファイトに付き合うつもりはさらさらないはず。力ずくで押し潰しにかかるだろう。

長州は過去の遺恨を忘れてはおらず、記者会見の席では「何を言われてもやるとなったら、一言で言えば倍返しですね。倍返しじゃ済まないかもしれない。後楽園に救急車でも呼んどかないとぐらいの気持ちで僕はやりますよ」と“倍返し”を予告。あくまでも「自分との戦い」というスタンスを取ってきた最近の長州としては珍しい異例の激しい言葉で大仁田を挑発している。

長州が持ち前の突破力で邪道軍の動きを制すれば、これまで大仁田たちの仕掛けに翻弄されてきた貴闘力ものびのびと戦うことができる。長州と貴闘力は以前から交友関係にあり、信頼も強い。過去2戦で圧倒的な爆発力を見せた貴闘力の潜在能力がさらに発揮される可能性も…。そこに百戦錬磨の初代タイガーが加わるのだから、長州組の圧勝で終わり、これまでの抗争に決着が付いてもおかしくない。初めてタッグを組む長州と貴闘力の戦いぶりだけでなく、大仁田がどう劣勢を覆していくのかにも注目したい。今年のLEGEND THE PRO-WRESTLING、そしてリアルジャパンマットの行方を左右する試合になりそうだ。

ページ:

1

2 3

関連記事

サイト内検索

日別

2018年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  

月別

ページ上部へ戻る