【会見】W-1戦線に異状アリ!覚醒した征矢が芦野政権を批判!イケメンが他団体のイケメンとの王座戦を要求!MAZADA&アンディがクルーザー級の地位向上に燃える!

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 2月15日(木)、都内・GSPメディアセンターにて、WRESTLE-1が記者会見を実施。


 最初に昨日の後楽園ホール大会のリング上で長期欠場からの復帰を宣言した大和ヒロシが出席し、改めて復帰への意気込みを述べた。2016年3月に負った首の怪我により長期欠場を続けていた大和は3月14日(水)の後楽園ホール大会で復帰戦を行なうことが決定。心配される負傷箇所の首も、手術をした箇所に新たな骨ができてしまうぐらいの異常な回復ぶりで、医師からのお墨付きを得ているという。昨年11月からはスパーリングの練習も再開し、「もしかして現在が一番絶好調かもしれない」と豪語するほど、抜群のコンディションとなっているようだ。

大和「昨日の2月14日、W-1後楽園ホール大会にて、ちょうど1カ月後のホワイトデーの3月14日、W-1後楽園ホール大会で復帰戦を行なわせていただくことを発表させていただきました。2016年の3月に首を負傷しまして、その10月に手術をしまして、怪我からは約2年、手術からは1年半、リングから離れていたんですけど、こうして無事に復帰することができました。これは欠場後、たくさんの方々が『復帰を待ってます』と応援の声を届けてくださったおかげが一番でございますので、その応援してくださった皆さんの期待に応えられますような熱い試合をその日はお届けできればと思っております。そこから新たな大和ヒロシを始めたいと思いますので、今後とも応援よろしくお願いします」

──復帰戦でこういうカードで闘ってみたいという希望はありますか?
大和「まずは大和ヒロシが戻ってきたことをお見せできればと思っておりまして、どんな相手でも大和ヒロシをお見せできる闘いをできる準備を整えておりますので、とにかく目の前に出されたカードですすべてをぶつけられたらと思います」

──改めまして首の状態ですが、試合をするのに万全の状態なんでしょうか?
大和「手術後、定期的にかかりつけのお医者さんにずっと見てもらっていたんですけど、見るごとに手術をしたあとに新しく骨ができてしまうぐらい、早い回復とその先生曰くですね、『レスラーって特殊なんだな』というぐらい通常では考えられないスピードで回復しまして、現在もレスリングに出稽古に行ったりしているんですけど、そういうところで何にも症状が出てませんので、まったく問題はないかと思います」

──練習はいつ頃から再開されていたんですか?
大和「ウェイトトレーニングに関しては昨年の頭には普通に行なっていたんですけど、スパーリング等に関しては2017年11月から徐々に始めていきまして。それもまずは寝技のスパーリングから中心に、受け身をまったく取らないようなところから始めていたんですけど、レスリングの受け身を取るところから始めていって、プロレスも練習試合を行ないながらやったりしていますね。

──練習していて、自分の中で恐怖感や不安はまったくないんですか?
大和「まったくそういうことはなくてですね、むしろ30歳を超えるとがくんと落ちるといろんなところから聞いてたいんで、実際30歳を超えて、実際にリングから離れておりましたので、自分自身の体力も落ちているなと思いながら練習に取り組んでいたんですけど、やればやるほど34歳でこんなに元気なんだなと実感しまして。もしかして自分の中で現在が一番絶好調かもしれないなと思うぐらい動けております」


 続いて、昨日の後楽園ホール大会で行なわれた『WRESTLE-1 CRUISER FES 2018』の1回戦を突破し、2月18日(日)の清水マリンビル大会で準決勝を闘うことになったアンディ・ウーとMAZADAが出席し、意気込みを述べた。会見中、MAZADAは『CRUISER FES』という大会にも関わらず、昨日の後楽園大会で公式戦が前半の試合に組まれたことについて疑問を呈し、「扱いが上になるようにみんなでがんばらなきゃいけない」と出場選手を代表して『CRUISER FES』の地位向上を誓った。

アンディ「9月からずっとほとんどドランク・アンディとしか試合してなくて、昨日ドランク・アンディと1回戦を闘って勝ったんで、こっからが『CRUISER FES』開幕だと思っています」
MAZADA「9月からあんまり試合をやってなくてですね、なかなかしんどい状況にありますね。『CRUISER FES』って基本大変です」

──お二人は以前クルーザーのベルトを懸けて闘ったこともありますが、現在はどのような印象をお持ちなんでしょうか?
アンディ「最近ドランク・アンディとしかリング上でやってないんで、清水で当たってみないとわからないです」
MAZADA「去年の記憶があんまなくてですね。アンディとやるのは久しぶりなのかなと。ドランク・アンディとケンカしてるんですか? 悪い奴がいるんスか? 反目なら味方につけるのもありですね(笑)。楽しくなる。そういうのいらないですか、『CRUISER FES』に? ちょっと考えます。日にちがあるので、(指で輪っかを作りながら)こっちでお話を」

──アンディ選手、本当にMAZADA選手のほうにドランク選手が味方についた場合、対処する方法はあるんでしょうか?
アンディ「それはそれで2回戦突破してからが『CRUISER FES』開幕になると思います」
MAZADA「なんでしょう、俺、やられちゃうということですね?(笑)。ということは、アンディを買収するというのはどうですかね?(笑)。ここも受け付けてくれないですかね? やっぱやるしかないんでしょうね。せっかく第1回の大会にエントリーされているので汚いことはやらないです。ちゃんとやります」

──それぞれ1回戦を突破したところで、トーナメントを勝ち抜く手応えは感じられたんでしょうか?
MAZADA「その試合に必死過ぎて人のことは見てられなかったですね。でも、誰か言っているのか知らないですけど、『CRUISER FES』を盛り上げようとなっているけど、結構前のほうの試合で……これはどう思う?」
アンディ「それは自分もおかしいなと思いますね」
MAZADA「1回目だからしょうがないけど、中身で勝負というか、昨日言うべきだったな。みんなが中身をガッチリやって認めさせないと、なんか嫌な感じですよね。出てるこっち側としてみれば。まあ、出してやったりもするんでしょうけど、扱いが上になるようにみんなでがんばらなきゃいけないところだと思ったりしたので」

──アンディ選手も同じ気持ちですか?
アンディ「まあ、来月の後楽園、無差別級のタイトルマッチが組まれると思うんですけど、『CRUISER FES』の決勝がメイン飾れるようにもっていきたいですね」

──MAZADA選手は昔、全日ジュニアの時にジュニアのリーグ戦も最初の頃は下でしたけど、年を追うごとに上がっていって、最後はメインでやったという経緯がありましたが、この『CRUISER FES』もそのようにしたいということですか?
MAZADA「最初こういうことやりましょうとなって、会社も信頼はしたいけど賭けみたいなものだから、立ち位置的にわかるんですよね。真ん中へんかなとか。でも、下はさすがにねえだろうって。第1、第2ですからね。やっていくしかないですよね。こんなの自分だけが息巻いたところでどうしようもないですから。客に認めさせて、客が会社に認めさせて盛り上げていかないと難しいかも。副社長って、この間はメインだったですか?」

──メインでした。前日の全日本のジュニアのリーグ戦ではメインでした。
MAZADA「マジ? それってここ数年だけの全日本のジュニアのだけじゃなくて、その前からみんながいた時からの蓄積というか、年月重ねてそこまでいったようなもんだから、そこに副社長がいっただけという話で、ちょとずつちょっとずつ積み重ねていかないといけないところかもしれないですね。クルーザーを盛り上げるためには。軽いからメインはダメとか、時代が違いますからね。認めさせればなんでもいいんで」


 続いて、昨日の後楽園ホール大会で行なわれた『WRESTLE-1 CRUISER FES 2018』の1回戦を突破し、2月18日(日)の清水マリンビル大会で土方隆司と準決勝を闘うことになったアレハンドロが出席。公務の関係により欠席となった土方に対して、「僕はナメられているとしか受け取ってない」と怒りを露わにしつつも、「優勝しか見てない」と自信たっぷりに語った。

アレハンドロ「ソイ・アレハンドロ。昨日、1回戦突破しましたが、喜ぶ間もなく2回戦がきますので、気を引き締めて油断せずしかっかり当日を迎えたいと思います」
土方隆司(会見に寄せられたコメント)「気持ちを切らさずに次の試合に臨みます」

──土方選手にはどのような印象がありますか?
アレハンドロ「まず、今日この場に来てないことはどういうことなのか? 何か理由があるのかないのかわからないですけど、僕はナメられているとしか受け取ってないです。油断するなよっていうことですね」

──元クルーザー王者の児玉選手に勝利したことで、このトーナメントを勝ち抜くという手応えは感じられたんでしょうか?
アレハンドロ「優勝しか見てないので、次のステップに進むだけです」

──先程、MAZADA選手がおっしゃっていましたけど、クルーザーの立ち位置が低いということに関してはどうですか?
アレハンドロ「今回第1回のトーナメントということで、昨日僕は第1試合で試合をしたんですけど、もっと上のセミとかメインでやるべきじゃないかなと思っています」

──そういった試合を見せる自信があるということですか?
アレハンドロ「もっと素晴らしい試合をして周りに認めてもらって、第2回はもっと上の試合でやりたいと思います」


 続いて、3月14日(水)に開催される後楽園ホール大会で、芦野祥太郎vs征矢学のW-1チャンピオンシップが正式に決定したことが発表された。昨日の後楽園大会ではタッグマッチで激突した両者だが、勝利した征矢が芦野に挑戦表明。これを芦野が受諾したことにより、芦野の8回目の防衛戦が3カ月ぶりに行なわれることになった。
 会見中、征矢は芦野たちEnfants Terriblesの手段を選ばぬ闘いぶりに関して、「ああいう暴力的な行為はチャンピオンとして相応しくない」と自論を展開。それに対し、芦野も「この業界は勝つことが正義。負けたら何も言えない」と反論するなど、両者とも静かなテンションで火花を散らしていた。また芦野は、「文体でのイケメンとの試合よりも気合いが入っている。負けるようなことがあれば、若手でやってきたことがすべて崩れると思っている」と、世代間の闘いであることも強調。「俺は俺なりにやってきたことを3月14日のリングで証明したい」と約1年歩んでいる防衛ロードの成果を見せつけることを宣言していた。

征矢「自分の中でいろいろ悩み、模索をしていた時期があったんですが、周りにいるAKIRAさんをはじめ、岩石に思いというか、気持ちというか、思いやりで自分の中に一本の道ができまして、ようやく時間はかかりましたが、ベルトに挑戦しようかなと。もう一度ベルトを巻いて、W-1を変えていきたいなと心から思いました」
芦野「昨日リング上で挑戦表明をされたので受けました。僕は以前、やりたい人間としかタイトルマッチはやらないと言ったんですけど、受けたということはそういうことですね。やりたい人間がでてきたと。僕の中ではやっときたなという感じですね。ずっとNEW ERAとやっていておもしろくない。主張のない人間たちとやっていて。今、やっとこうして、昔の征矢学が戻ってきたのかなと。僕の中ではある意味、文体でのイケメンとの試合よりも気合いが入っていますね。ここで負けるようなことがあれば、若手でやってきたことがすべて崩れると思っているので。あいつらのためにとは言わないですけど、俺は俺なりにやってきたことを3月14日のリングで証明したいと思います」

──芦野選手はずっと征矢選手に対して厳しい言葉を投げかけていたと思うんですけど、挑戦を受けるということは昨日試合をしてみて、挑戦者に相応しいという手応えがあったんでしょうか?
芦野「以前からなぜこの人はチャンピオンシップの路線に絡んでこないんだろうという不満は持っていましたね。NEW ERAじゃないだろうと。それこそ今NEW ERAとやってますけど、河野、近藤、あの人たちも一緒ですよね。副社長にいたっては他団体のリーグ戦に出ているんで、それをW-1でも気合い入れてやってほしいなというところですね」

──征矢選手は軸ができたということなんですけど、ここでベルトに挑戦しようと思ったのはなぜなんですか?
征矢「AKIRAさん、岩石の気持ちというものが自分の心に届いたというのが一つ。もう一つはこの時期、2月に他団体の話になるんですけど、全日本プロレスさんでKAIが挑戦して、新日本プロレスでSANADAが挑戦した。次、大日本プロレスで中之上が挑戦するんですよ、ベルトに。みんな同じ釜の飯を食べて、切磋琢磨してきた仲間だと思っているので。その仲間が挑戦者として名乗りを上げているのに自分がいかないわけにはいかないのかなと。そういう気持ちにもなったし、一番は自分に自信がなかった部分があったのかもしれないです。それを破らないといけないと。自分ためではなく、もしかしたらAKIRAさんとか応援してくれる人のために何か恩返しじゃないですけど、そういうものを周りの人にしていかなければいけないのかなと。自分の精一杯をベルトにぶつけたいなと思っています」

──征矢選手は昨年の5月に芦野選手に挑戦されていますけど、その時と比べて現在のチャンピオンとしての芦野選手はどのような印象を持たれていますか?
征矢「デビューして3年でここまでの地位を作り、元々持っているポテンシャルは相当高いと思います。自分が3年の時に何していたかと思うと差もありますし、プロレスの才能は凄く評価しています。ただ、やっぱり彼のスタイルなのかわからないですけど、チャンピオンだったらチャンピオンらしく。昨日の自分の同じチームのメンバーに暴力を振るう。そういった行為は相応しくないんではないかと。これはあくまでも俺の自論ですから。そういうイデオロギーというか、気持ちはあります」

──暴力的な行為はチャンピオンとして相応しくないという言葉がありましたが、どのように思われますか?
芦野「僕らは俺らのやり方でいいんですよ。かわいがりです」

──征矢選手の髭を切ったのもかわいがりだったと。
芦野「あれは彼(立花)の独断ですね。俺は関わってないです。試合前に自分やりたいことあるんでって言うから、じゃあ好きにやればと。ベルトを持っているユニット……そういうことは特に意識はしてないですね。タイトルマッチで勝てば。勝つことが正義なんですよ、この業界は。負けたら何も言えないです。ただそれだけです」


 最後に、昨日の後楽園ホール大会で伊藤貴則を破って、リザルトチャンピオンシップのベルトを手に入れた黒潮“イケメン”二郎が出席し、一夜明けての心境を述べた。ベルトを手にしたイケメンは改めてデザインを変えることを宣言。また、昨日のバックステージで述べていた通り、挑戦者をイケメン限定にすることも改めて述べ、W-1内では「タナカ岩石、近藤修司、熊ゴロー」の3選手に挑戦NGを勝手に通告。さらに「ドラゴンゲートだったり、違う土俵のイケメンに来てほしい」と他団体からのイケメン挑戦者も受け付ける意向を示していた。

イケメン「ありがとうございます。W-1新リザルトチャンピオンの黒潮“イケメン”二郎です。フィニッシュ! 平日なのにこんなにたくさんの記者の方々にお集まりいただき、本当にありがとうございます。フラッシュがめちゃくちゃ眩しいですね。まず伊藤はね、強かった。まだこめかみが痛いよ。まあまあ昨日の感想を言ってもしょうがないので勝ちは勝ち。これが僕のところに来たということは、俺のやりたいことをとことんやってやろうと。正直、最近はW-1の本線というか、ストーリーに絡んでいなかったので、ただの賑やかし、客寄せパンダ的なポジションについていたんですが、そろそろW-1でももう一度もモチベーションを上げていきたいなと。このベルトがちょっと一つ『あれ?』と思ったのが、これを持ってみんなに写真撮ってもらったら、めちゃくちゃ似合っていましたね。W-1で多分一番似合うわ。でも、デザインを変えます。その名も……名前は変えたら怒られるかな? リザルト……リザルト……リザルトチャンピオン。まあ、リザルトでいいか。もっとド派手なカッコいいベルトにして、イケメン、ツラのいい奴にしか挑戦させません。フィニッシュ!」

──ツラのいい奴というのは、W-1の中で挑戦者に相応しい選手はいますか?
イケメン「W-1という感じではないんですけど、正直。俺の中で勝手なイメージでロン毛はイケメンだと思っているのでMAZADAさんかな? それか昨日一番チョコをもらっていた稲葉、第2位の吉岡、イケメンと名乗る俺に対しての侮辱ですから」

──ちなみにイケメンさんは何位だったんですか?
イケメン「20個」

──稲葉選手は?
イケメン「わかんない。いっぱいもらってた。もっともらっていたと思うんだよ。持って帰れなかったもん。とにかくちょっと俺的になんですけど、ドラゴンゲートだったり、違う土俵のイケメンに来てほしいなと思っております。W-1でも全然いいです。もし不細工でも「こいつ心イケメンやなあ」と思ったら快諾したいなと思っています。フィニッシュ! まずはベルトのデザイン変えますから、楽しみにしていてください」

──こいつだけは絶対ダメだという選手はいますか?
イケメン「タナカ岩石ですね。タナカ岩石、近藤修司……あと誰だろうな? みんな意外と顔はいいから。熊ゴローでしょ。熊ゴローは気持ちが二枚目なんですよね。電話をかけたら待ち歌がEXILEだったり、カラオケでも『Choo Choo TRAIN』とか普通に歌うし、気持ち二枚目だからな。心がカッコいい気持ち二枚目は違うので奴に挑戦権はございません。元々このベルトって、W-1を活性化させるためにできたベルトなんですよね。イマイチ活性化してないと思ったんですよ。こんな何の色もついてないベルトを好きにできるというのは、一番おいしいと思っておりますので。このベルトに色をつけられるのは俺しかいない。第1試合専門のチャンピオンベルトとかだったらおもしろいなとか、ハードコアだったり、というベルトにしたらおもしろいのかなあと思ったけど、せっかくイケメンやってるんだから、イケメンにしかできないことをするとなったら、このベルトをイケメン専門ベルトにするしかないと。このベルトがあれば会場は女の子だけで埋まる。そういう会場にしたいです。フィニッシュ!」

──他団体からでもドンドン挑戦は受け付けるということですね?
イケメン「もちろん。そっちのほうがいい。全然売れてないし、知名度もないけど、顔がカッコいいという人、結構いますよね。例えば進祐哉選手とか。あの人は顔カッコいいですよね。とかね。カッコいい選手。ノアのYO-HEY選手だったり、HAYATA選手だったりとか。まあこのベルトがカッコいいデザインになればみんな否が応でも欲しくなるでしょうということで、このベルトのデザインを変えたいと思います」

──NEW ERAの問題に関してはいかがですか?
イケメン「正直、俺一人突っ走っちゃってる感じはあるよね。でも、イナビーもいいやつだから、考えれば考えるほど、ああなっていくし、「あ、ダメかも……」ってなったら、僕がイナビーを救います。だから、上の奴らになんと言われようと、俺がいつかなんとかするから、イナビーは悩むだけ悩んでいいと勝手に思っております。大丈夫だイナビー! 俺がついてるぞ!」

──NEW ERAは継続していくという方向でお考えなんですか?
イケメン「正直、なくなったらなくなったでいいと思います。だってプロレス界だから。ただ、今このまんまダラダラなくなるのだけは避けたいですね。なくなるならド派手になくなりたい。「よかったね、これがあって」って思われればプラスなんで。今はなくす気はないですけど、なくすなら俺がぶっ壊してやります。フィニッシュ!」

関連記事

サイト内検索

日別

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

月別

ページ上部へ戻る
×