【試合結果】6・30 WWE両国国技館大会 クリス・ジェリコvsヒデオ・イタミ カール・アンダーソンvsフィン・ベイラー

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

『WWE LIVE TOKYO (ダブリューダブリューイーライブトウキョウ)』
開催日:2017年6月30日(金)
会場:東京・両国国技館
開始:19:00
観衆:6069人

▼時間無制限1本勝負
○クリス・ジェリコ
11分10秒 ウォールズ・オブ・ジェリコ
●ヒデオ・イタミ

▼時間無制限1本勝負
○タイタス・オニール
1分21秒 クラッシュ・オブ・タイタス→エビ固め
●ボー・ダラス

▼WWEクルーザー級選手権試合~トリプルスレットマッチ 時間無制限1本勝負
【王者】○ネヴィル
9分53秒 戸澤陽のダイビング・セントーン→片エビ固め
【挑戦者】●オースチン・エイリース
※第4代王者が防衛に成功
※もう1人は【挑戦者】戸澤陽

▼ロウタッグ選手権試合 時間無制限1本勝負
【王者組】○シェイマス/セザーロ
9分9秒 ブローグキック→片エビ固め
【挑戦者組】ヒース・スレーター/●ライノ
※第60代王者組が防衛に成功

▼時間無制限1本勝負
セス・ロリンズ/○ディーン・アンブローズ
18分3秒 ダーティディーズ→片エビ固め
サモア・ジョー/●ザ・ミズ with マリース

▼時間無制限1本勝負
ベイリー/サーシャ・バンクス/○アスカ
11分37秒 アスカロック
アレクサ・ブリス/ナイア・ジャックス/●エマ

▼時間無制限1本勝負
○フィン・ベイラー
14分0秒 クー・デ・グラ→片エビ固め
●カール・アンダーソン with ルーク・ギャローズ

▼時間無制限1本勝負
○ロマン・レインズ
14分11秒 スピアー→片エビ固め
●ブレイ・ワイアット

フィンベイラーがアンダーソンとの元BULLET CLUB対決に勝利!ネヴィルvs戸澤陽vsエイリーズの元ドラゲー参戦対決はネヴィルが漁夫の利で王座防衛!

第1試合

 ジェリコがリングを周り、ヒデオはコーナーでその姿を静観。手4つからロックアップになると、ジェリコが腕を捻ってリングに叩きつけコーナーでトップロープに寝そべり挑発。

 改めてロックアップからバックの取り合い。グラウンドの攻防からジェリコがロープを掴む。ヒデオはそのジェリコに強烈な張り手から挑発。走り込んできたジェリコにヒデオはニーリフトから首投げで倒しサッカーボールキック。さらにニードロップを顔面に連発し、ジェリコの顔を飛び越えるとバックキック。ヒデオはジェリコと同じようにコーナーでトップロープに寝そべり挑発する。

 ジェリコはトーキックから逆水平チョップ。さらに逆水平チョップでロープに押し込むとナックル。ガードしたヒデオがローキックとミドルキックのコンビネーションからロープに振ってスピンキック。だがジェリコは場外に転げ出てこれをスカす。ヒデオはそのジェリコにリングかスライディングキックを叩き込み場外乱闘へ持ち込むと、鉄柱に叩きつけてリングに投げ入れる。

 だがジェリコはリングに入ろうとしたヒデオがロープをまたいだところでロープを蹴飛ばし、うずくまるヒデオをスライディングキックで場外に叩き出す。

 リングに戻ると、ジェリコがコーナーに登りダイビングハンマー。フォールも2。
 ヒデオは走り込むとジェリコのキックを避けるが、ジェリコは追撃のドロップキックからバックドロップ。フォールも2。
 ジェリコはサッカーボールキックから顔面を蹴りつけ、さらにスリーパー。そのまま立ち上がったヒデオはボディに掌底も、ジェリコはハンマーブローから逆水平チョップ。ロープに振ってラリアットも、避けたヒデオがショットガン・キック。ヒデオはエルボー連打もジェリコがロープに振るが、ヒデオはラリアットで返し、再度ラリアットからラリアットを避けてコンビネーションキック。さらにブレーンバスターで叩きつけると、ジェリコがコーナーに振るがヒデオは前蹴りからスイングカッター。さらにダイビングラリアットからフォールも2。

 ヒデオは掌底からドラゴンスクリュー。だがジェリコがキックからライオンサルト。これを剣山で迎撃したヒデオが串刺しドロップキックからgo2sleepを狙うが、ジェリコは着地しスクールボーイ。これを回転して逃れたヒデオがバズソーキック2連発から投げようとするが、ジェリコはコードブレイカーで迎撃。フォールも2。

 ジェリコはヒデオの頭を叩いて挑発していくが、ヒデオは裏拳からショットガン・キック。これをキャッチしたジェリコだったが、ヒデオは丸め込むが2。ジェリコはラリアットから丸め込むが2。

 ジェリコはコーナーに登ると飛び込むが、ヒデオはハイキックで迎撃するとgo2sleep。これをキャッチしたジェリコがウォール・オブ・ジェリコ。これでヒデオはギブアップ。

ジェリコ「TOKYO、私がまた日本に帰ってきたが、ヒデオ・イタミもまた日本に帰ってきた。私は明日王座戦に挑戦するが、彼は将来王者になる選手だ」

第2試合

 ボー・ダラスが急襲し試合開始。オニールがナックルで返していくが、ショートレンジラリアットでボー・ダラスが倒しフォールも2。

 ボー・ダラスがニーリフト連発から走り込むも、オニールがクラッシュ・オブ・タイタスでなぎ倒しフォールし3カウント。  

第3試合

 オースチン・エイリーズ、ネヴィル(PAC)、戸澤陽のDRAGON GATE参戦組の対決。

 エイリーズがトーキックから戸澤を場外に叩き出すが、そこをネヴィルが丸め込む。これを避けたエイリーズがネックロックもネヴィルは急いで場外に転げ出る。エイリーズはコーナーに寝そべるが、場外では戸澤がネヴィルにナックル連打。
 戸澤がリングにネヴィルを投げ入れると、エイリーズと戸澤がネヴィルに詰め寄る。ネヴィルは戸澤にトーキック、戸澤はこれをキャッチしエイリーズとともにダブルのエルボー。エイリーズは急いで場外に転がり逃げる。

 エイリーズと戸澤は握手しリングを周ると、ロックアップから戸澤がヘッドロックで捕らえショルダータックル。再度走り込むとエイリーズがカウンターのアームホイップからヘッドシザースも、戸澤は倒立で抜ける。エイリーズが走り込むとエプロンに飛び降りショルダーをボディに叩き込んで、ロープを使ったネックブリーカーからコーナーに登る。これをネヴィルが突き飛ばして場外に落下させると、戸澤の顔面にストンピングからコーナーに叩きつけて後頭部を踏み潰す。
 ネヴィルはストンピング連打からニードロップを投下しフォールも2。

 ネヴィルはコーナーに戸澤を再度叩きつけて顔面を踏み潰していく。そこをエイリーズがカットしエルボー連打。だがネヴィルはエイリーズもコーナーに叩きつける。

 ネヴィルはストンピングからヘッドロックで捕らえ、戸澤はエルボーもネヴィルはフェイスバスター。エイリーズがリングに戻るとエルボー連打からエイリーズを側転で避ける。走り込むとネヴィルはショルダースルーも、エプロンに着地しがシルバーブレッド。だが戸澤がバイシクルキック。戸澤はエイリーズにもナックル連打もエイリーズはソバットから前方回転エビ固め。これを切り替えした戸澤がサッカーボールキックからセントーンを投下。戸澤はスピンキックから延髄斬り。避けられると股下をくぐってバックを取るとバックドロップ。フォールもネヴィルがカット。

 戸澤はエイリーズにソバットから延髄斬り。避けたエイリーズがラスト・チャンスリー。これはネヴィルがカット。

 ネヴィルがチョップ連打にエイリーズがラリアットも、避けたネヴィルがバックドロップ。ネヴィルがコーナーに登るも、エイリーズはロープを揺らしてカットすると正面に飛び乗り雪崩式ブレーンバスターを狙う。これを戸澤がカットし、二人まとめてパワーボムで叩きつける。そのままエイリーズをフォールも2。今度はネヴィルをフォール2。

 ネヴィルが場外からエイリーズの足を引っ張りカット。戸澤がそこへトペ・スイシーダ。エイリーズもヒートシーキングミサイル。戸澤がリングに戻ったエイリーズにダイビング・セントーン。だがネヴィルが戸澤を投げ捨てオースチンをフォール。これで3カウント。

第4試合

 セザーロとヒースが先発。リストの取り合いからセザーロがヘッドロック。さらに小手返しから投げ捨てていく。セザーロはロープに押し込みボディブローからヘッドロック。さらにショルダータックル連発で倒していくが、ヒースはフラップジャックで叩きつける。ヒースはライノにタッチ。
 ライノとヒースはダブルのバックエルボーで倒し、ライノをセザーロが羽交い締めにしてシェイマスにタッチ。

 シェイマスにライノのチョップ連打からショルダータックルも、シェイマスはこれを受け切る。
 ライノがシェイマスを挑発してショルダータックル。シェイマスはロープに吹っ飛ぶが、ライノもコーナーにに吹っ飛ぶ。
 シェイマスとライノはシコを踏んで挑発しあうと、ライノが走り込んでラリアットを避けてショルダータックル。セザーロにもショルダータックルから、シェイマスの腕を捻ってヒースにタッチ。

 ヒースはライノが羽交い締めにするシェイマスにハンマーブローから腕を捻っていくがシェイマスはエルボーからアームホイップ。
 シェイマスはエルボースマッシュから走り込むが、ヒースは足を伸ばしてカット。だがエプロンからセザーロがラリアットでなぎ倒し、シェイマスはセザーロにタッチ。

 シェイマスとセザーロはダブルのストンピングからセザーロがロープを使ったシーソーホイップ。フォールも2。
 セザーロはヒースを羽交い締めにするが、ヒースはエルボー連打。だがセザーロはコーナーに振り串刺しエルボースマッシュからシェイマスにタッチ。

 シェイマスはニードロップを投下しフォールも2。シェイマスはエプロンに降りたヒースにナックルからセザーロにタッチ。
 セザーロはエプロンを走り込みハンマーブローからブレーンバスター。フォールも2。
 セザーロは腕を取っていくが、ヒースはアームホイップで場外に投げ捨てる。だがセザーロは戻ってきてスリーパー。だがヒースはロープに振ってドロップキックからライノにタッチ。セザーロもシェイマスにタッチ。

 ライノはラリアットで倒し、再度エルボーで倒すと串刺しゴア。さらにジャンピングラリアットでなぎ倒すと走り込むが、シェイマスは足を伸ばしてカット。シェイマスはコーナーから飛び込むが、ライノはキャッチしそのままベアハッグスープレックスで投げ捨てフォールも2。シェイマスが今度はフォールもセザーロがカット。
 ライノはコーナーに行くと、場外からセザーロが足を掴み、そこへシェイマスが走り込んでブローグキック。これで3カウント。

第5試合

 第5試合開始前、アモーレが襲われ、ビッグキャスにアモーレがナックル連打から延髄斬り。アモーレがさらに走り込むが、ビッグキャスビッグブーツで迎撃しリングを後にした。

 先発はミズとアンブローズ。ミズは急いでジョーにタッチ。セスが「チキン」と挑発すると、ミズがジョーにタッチ。だがアンブローズが攻め込むと、ミズはすぐにジョーにタッチ。

 ロックアップからジョーがナックル連打でコーナーに押し込み、さらに逆コーナーに振って走り込むが、バックエルボーで迎撃したアンブローズがチョップ連打から走り込むが、ジョーがキャッチし投げようとする。アンブローズは着地しセスにタッチ。
 セスとアンブローズはダブルのブレーンバスターで叩きつけて股裂き。ジョーはセスにヘッドバッドからミズにタッチ。

 ミズはナックルも、セスがキャッチしエルボーから首投げで倒しPK。セスはアンブローズにタッチ。アンブローズは走り込むがミズは急いで場外へ。
 アンブローズは場外で追いかけっこから、リングに戻ったミズがラリアットも避けたアンブローズがネックブリーカーからコーナーに登る。だがこれをマリースが妨害し、ミズが突き飛ばしアンブローズはコーナーに股間を強打。ミズはフロントキック3連発。4発目をアンブローズがキャッチし、ナックルとチョップを交互に叩き込むとラリアット。これを巻き込んだミズがネックブリーカーからフォールも2。ミズはジョーにタッチ。

 ジョーはナックルからランニングニー。ヘッドバッド連発からエルボー。さらにナックル乱発。アンブローズは振りかぶってナックルもこれは空振りしてリングに倒れる。ジョーはアンブローズを引き起こすが、バックエルボーで逃れたアンブローズが走り込むもバックエルボーで迎撃したジョーがフォールも2。ジョーはミズにタッチ。

 ミズはストンピングからキャメルクラッチ。さらに飛びつき胴絞めスリーパーからアンブローズはボディにエルボーで逃れようとするが、ミズは離さず。アンブローズはコーナーで背中にいるミズを潰しセスにタッチするかに見えたが、ミズがビッグブーツ。アンブローズはルナティック・ラリアットで倒す。両者タッチ

 セスはダイビングエルボーからダイビングネックブリーカー。そのままトペを発射し、リングに戻るとジョーのラリアットを避けてスリングブレイド。
 セスは串刺しエルボーからロープに飛ぶが、ミズが足を引っ張るもこれを蹴飛ばしてジョーに走り込むが、ジョーはパワースラムで迎撃。ジョーはミズにタッチ。

 ミズは振りかぶって正面からサッカーボールキック10連発。走り込んでのサッカーボールキックを避けたセスがスクールボーイも2。ミズはトーキックからDDT。フォールも2。ミズはジョーにタッチ。

 ジョーは首投げからモンゴリアンチョップ連発。さらにチンロックからセスが受けるとチョップ。ジョーはコーナーに叩きつけて串刺しショルダータックルから延髄斬り。フォールも2。ジョーはミズにタッチ。

 ミズはロープにセスを押し込むと、マリースがナックルからミズがストンピング連打。ミズは自軍コーナーに押し込み、ジョーがショルダークロー。ミズは自軍コーナーに叩き込むが、セスはジョーとミズに交互にナックル。だがミズはリアリティ・チェックからフォールも2。ミズはジョーにタッチ。

 ジョーはサッカーボールキックからエルボードロップ。フォールも2。
 チョップの打ち合いからジョーはヘッドバッド。ジョーは引き起こそうとするがセスはドロップキックでふっ飛ばしアンブローズにタッチ。ジョーもミズにタッチ。

 アンブローズはエルボーで倒していくと、さらにラリアットで倒し串刺しエルボーからフック・アンド・ラダー。さらにラ・マヒストラルも2。
 アンブローズはコーナーに登ると、走り込んできたミズを飛び越えトーキック。さrないラリアットで場外に叩き出すと、トペ・スイシーダを発射。
 リングに戻り、アンブローズがダイビングエルボードロップ。フォールモマリースがレフェリーの注意を引きカウントが叩かれない。ジョーがカットに入るも、セスがドロップキックでジョーを排除。だがミズがフェイスバスターでフォールもセスがカット。

 マリースがアンブローズにナックル。レフェリーがマリースに退場を命令し、アンブローズとセスは丸め込み合戦からアンブローズがダーティ・ディーズ。これで3カウント。

第6試合

 先発はアスカとアレクサ。お互い技をスカして挑発。アレクサはエマにタッチ。
 エマは握手を要求するが、アスカは応じるとトーキックをキャッチしハイキック。だがエマは膝をつく。アスカは容赦なくヒップアタックを叩き込んで、串刺しヒップアタックからヒッププレス。アスカはサシャにタッチ。

 サシャも串刺しヒッププレス。サシャはベイリーにタッチ。
 ベイリーもヒッププレスからコーナーに叩きつけていくが、エマが逆にベイリーをコーナーに叩きつける。お互いコーナーに顔面を叩き込みあうと、ベイリーが強烈に助走をつけてコーナーに叩き込んでフォールも2。ベイリーはスライディングエルボーからフォールも2。エマはエルボーで倒しアレクサにタッチ。

 アレクサはトーキック連発からハンマーブローを叩き込む。ベイリーはカニばさみで倒し自軍コーナーに叩きつけるとサシャにタッチ。
 サシャとベイリーがダブルのブレーンバスターからフォールも2。サシャは串刺しニーから3人で串刺し攻撃。フォールも2。

 サシャはアレクサをロープに振るが、その背中にナイアがタッチ。ナイアがサシャボディアタックで倒しフォールも2。
 ナイアはサシャをロープに押し込み後頭部を潰すと、場外からエマがロープを使ったフェイスバスター。ナイアがフォールも2。ナイアはアレクサにタッチ。アレクサはストンピング連打からエマにタッチ。
 エマは首投げからスリーパー。フォールも2。エマはナイアにタッチ。
 ナイアはヘアーホイップから串刺しボディスプラッシュ。フォールも2。ナイアはヘッドバッドからアレクサにタッチ。

 アレクサは串刺し攻撃と見せかけて、直前でとまり強烈なビンタ。フォールも2。
 アレクサはスリーパーで捕らえ、抜けたサシャにラリアット。アレクサはエマにタッチ。
 エマはナックルからコーナーに振るも、サシャは足を伸ばしてカット。エマはアレクサにタッチ。
 アレクサはライアットも、サシャはラリアットを避けてアスカにタッチ。

 アスカはローキック連打からヒップアタックで倒し、エマにハイキックからアレクサにニーアッパーからダイビングヒップアタック。フォールモナイアが出てきてヘアーホイップ。ベイリーがナイアの背中に飛び乗りスリーパー。着地したベイリーがナイアを場外に落下させる。
 アスカをエマがフォール。それを切り替えしたアスカがアスカロックで捕らえギブアップを奪った。

第7試合

 アンダーソンとベイラー(プリンス・デヴィット)の元BULLET CLUB対決。

 ロックアップからアンダーソンがロープに押し込むもクリーンブレイク。バックの取り合いからリストの取り合い。ベイラーが首投げからグラウンドの攻防へ。
 バックの取り合いからアンダーソンがロープに押し込み、アンダーソンがToo Sweetサイン。ベイラーが腕を上げたところをアンダーソンがトーキック。さらにボディブローからトーキックを叩き込み、サミングもベイラーがロープに振る。だがアンダーソンが前方回転エビ固めもベイラーは切り替えして低空ドロップキック。ベイラーは田口のように腰を振って挑発。アンダーソンはコーナーに押し込み腰を振って挑発すると、ベイラーをコーナーに振るが。ベイラーはエプロンに飛び降り延髄斬りから場外に叩き出してスライディングキック。さらにエプロンを走り込んでのサッカーボールキック。ベイラーはリングにアンダーソンを投げ入れチンロック。 ギャローズがエプロンから挑発すると、ベイラーは殴り掛かるがギャローズは場外に降りて挑発。ベイラーはエプロンに降りると、アンダーソンが殴り掛かるがこれはベイラーがナックルで迎撃。だがギャローズはベイラーの足を引っ張り場外に引きずり落とす。

 リングに戻るとアンダーソンは馬乗りになりナックル連打。フォールも2。
 アンダーソンは首投げからセントーンを投下。フォールも2。アンダーソンはスリーパーで捕らえるとベイラーはエルボーで逃れようとするがアンダーソンは場外に投げ捨てる。そこにギャローズがビッグブーツ。ベイラーは場外に倒れる。

 アンダーソンがロープに振りバックエルボー。エルボーの打ち合いになり、走り込んだベイラーをアンダーソンがエルボーで迎撃も、ベイラーはオーバーヘッドキック。両者ダウン。
 カウント8で立ち上がり、ベイラーがエルボーで倒しスライディングキック。さらに串刺しチョップから逆コーナーに振り串刺しチョップ。アンダーソンがコーナーに振るがベイラーは飛び越える。アンダーソンがコーナーに座るとベイラーは延髄斬りで場外に叩き落とし、ロープに飛ぶがギャローズが足を引っ張り倒す。そこへアンダーソンがガンスタン。フォールも2。
 アンダーソンは再度ガンスタンを狙うが、ベイラーが切り替えしてく。だがアンダーソンが担いでシットダウンパワーボム。フォールも2。

 アンダーソンが担ぐが着地したベイラーがラリアットで場外に叩き出し、ギャローズもまとめてトペ・コンヒーロ。

 ベイラーはスリングブレイドからジョン・ウー。ベイラーはコーナーに登るとダイビングフットスタンプも、避けたアンダーソンがガンスタン。フォールも2。

 アンダーソンはエルボーも、ベイラーはロープの反動を使ってエルボー。エルボー合戦からアンダーソンがエルボースマッシュ。アンダーソンは肩車するも、ベイラーはサミングからリバースブラディサンデー。フォールも2。

 ベイラーはアンダーソンをコーナーに叩きつけると、倒れたアンダーソンにクー・デ・グラ。これで3カウント。

 ベイラーは最後にToo Sweetサインをしリングを後にした。

第8試合

 ロックアップからワイアットがコーナーに押し込むも、ロマンはこれを抜けて距離を取る。
 ロマンはヘッドロックからショルダータックル。ワイアットは場外に降り一度入場ゲートへ。
 ワイアットがリングに戻ると、ロマンが手を伸ばすがワイアットは手をスカす。再度ワイアットは手を上げると、手4つからワイアットが地獄突き。さらに走り込むがロマンがラリアットで迎撃。
 ロマンはコーナーでナックル連打。ワイアットが突き飛ばして走り込むが、ロマンは地獄突き。ワイアットはたまらず場外へ。
 そのまま場外乱闘へ。ワイアットがロマンを鉄階段に叩き込んでリングへ戻る。

 ロマンがリングへ戻るとワイアットはストンピング連打からセントーン。フォールも2。
 ワイアットはヘッドバッドからスリーパー。だが抜けたロマンが膝蹴りから走り込むが、ワイアットはラリアットで迎撃しフォールも2。
 ワイアットはストンピングからナックル。ロマンは担ごうとするがワイアットが着地しDDT。フォールも2。

 ワイアットはスリーパーも、抜けたロマンがコーナに振って走り込むが、ワイアットがコーナーに登るもロマンはナックル。ロマンは担いでバックフリップ。
 立ち上がったワイアットがトラースキックからナックルでコーナーに押し込み走り込むが、ロマンはラリアットで迎撃。
 ロマンはコーナーでショートレンジラリアット連発から走り込むが、ワイアットはビッグブーツで迎撃。だがロマンもビッグブーツを叩き込んでフォールも2。
 ロマンはスーパーマンパンチも、ワイアットは避けてチョークスラムも2。

 ワイアットはDDTを狙うが切り返したロマンがジャンピングラリアット。フォールも2。
 ロマンが走り込むも、ビッグブーツで迎撃したワイアットが走り込むが、そこを切り返したロマンがスピアーで迎撃しフォール。これで3カウント。

関連記事

サイト内検索

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る