W-1 9.21後楽園大会 KAIvs.征矢のW-1チャンピオンシップ、天龍&越中&河野vs.ムタ&KAZMA&論外

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア
2015-9-21Wrestle1後楽園ホール大会

WRESTLE-1 TOUR 2015 2nd ANNIVERSARY
日時:2015年9月21日(月・祝)
開場:11:00 開始:12:00
会場:東京・後楽園ホール
観衆:1402人(超満員)

▼第1試合 タッグマッチ 30分1本勝負
浜亮太/●翔太(ガッツワールド、佐野魂)
6分7秒 マザーファッカー→片エビ固め
MAZADA/○土肥孝司

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
●カズ・ハヤシ/近藤修司
7分53秒 リングアウト
村瀬広樹/○芦野祥太郎

▼第3試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
中之上靖文/吉岡世起/○黒潮“イケメン”二郎
12分53秒 ムーンサルトプレス→片エビ固め
AKIRA/葛西純/●熊ゴロー

▼第4試合 WRESTLE-1クルーザーディビジョンチャンピオンシップ前哨戦 30分1本勝負
田中稔/●大和ヒロシ
10分18秒 スモールパッケージホールド
○TAJIRI/アンディ・ウー

▼第5試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
天龍源一郎(天龍プロジェクト)/○越中詩郎/河野真幸
16分17秒 ダイビングヒップアタック→エビ固め
グレート・ムタ/KAZMA SAKAMOTO/●NOSAWA論外

▼第6試合 WRESTLE-1チャンピオンシップ 60分1本勝負
[王 者]●KAI
19分49秒 ワイルドボンバー→片エビ固め
[挑戦者]○征矢学
※第5代王者KAIが初防衛に失敗。征矢が第6代王者となる。

KAIがまたも初防衛失敗!タッグに続きシングル王座も奪取した征矢が新エースか!?
ワイルド軍がベルト総取り宣言!ラスト後楽園の天龍はムタから毒霧を吸い取る!

第1試合

2015-9-21Werstle1後楽園_第1試合大会開始前に公式サポーターのCheer♡1が登場。5人のメンバーによる息の合ったフォーメーションダンスを披露した。
オープニングVTRでカード紹介されたあと、河野を排除して東京愚連隊と合体したリアルデスペラードが始動。まずはMAZADAと翔太の先発で試合開始。翔太がスピーディーな動きでMAZADAをかく乱してドロップキック。

だが、背後から土肥がバックドロップで投げていくと、浜が飛び込んできてぶちかましで土肥を排除。すかさず翔太のカニ挟みでMAZADAを倒すと、そこに浜がレッグドロップを投下。だが、エプロンから土肥が翔太を攻撃していく。ボディスラムからロープに足を乗せる反則カバーをしていった土肥。
デスペラードはクイックタッチで翔太の腕を痛めつけていく。土肥が「天パちゃん、カモン」と挑発していくと、翔太は足を掴む土肥に延髄斬りを叩き込んで浜にタッチ。まずは控えのMAZADAを体当たりで吹っ飛ばした浜は、土肥にコーナースプラッシュからスティンクフェイス。

だが、MAZADAが入ってきてサミングをお見舞い。怒った浜はMAZADAをDDTで叩き付けて翔太にタッチ。土肥とMAZADAを同じコーナーにホイップすると浜がコーナースプラッシュ。さらに翔太がダイビング・エルボードロップを投下してから同にトラースキック。
キャッチした土肥はショートレンジラリアットからマザーファッカー(=ペディグリー)で叩き付けて3カウント。試合後、マイクを持った土肥は「今日はよ、俺らリアルデスペラードの始動の日だっていうのに、あんな変な豚人間とワケ分からねぇ天パ連れてくるんじゃねぇよWRESTLE-1よ。俺らリアルなデスペラードはNOSAWAの論ちゃん大先生、そしてMAZADA大先生、ボスはキャズマ先輩だ! ウィーアー、リアルデスペラード、マザーフ●ッカー、アーイ」とマイクアピール。

<試合後コメント>
浜亮太&翔太
翔太「せっかく心強いパートナーがいたのに。足引っ張ってしまいました」
浜「いや、翔太だけが悪いんじゃないと思います。俺はもう、一試合目(の試合順)でやるのを望んでない。一番になりに来たんだ。今日(メインのタイトルマッチで)勝った方と俺やるから。みんな期待していてくれ。よろしく!」

第2試合

2015-9-21Werstle1後楽園_第2試合①カズから「もうストイックやめろ!」と言われた村瀬だが、敢えてコーナーに登ってストイックポーズをして246を待ち受ける。そのままドラゴンリングインした村瀬が先発で出ていく。まずは組もうとするカズをかわして「ストイックッ!」とポーズを決めた村瀬は、何もしないまま芦野にタッチ。
呆れ気味にカズは近藤にタッチすると、村瀬は芦野とタッチして「カズ、お前が来いよ」と挑発。怒ったカズが殴りかかっていくと、芦野も一緒になってカズを攻撃していくが、近藤も入ってきて場外に連れ出す。

近藤が芦野を客席に投げつけ、カズは村瀬に逆水平チョップ。近藤が芦野をリングに戻すとカズがニードロップを落としてから、頭にストンピングを落としてからの逆片エビ固め。だが、村瀬が入ってきてカズの顔面を下から蹴り上げてカット。そのまま場外に連れ出してストンピングを落とすと、近藤が背後からスリーパー。
しかし芦野がスリーパーで近藤を引き剥がすと、村瀬はカズを客席に投げつけてから西側の壁に叩き付ける。カズも村瀬を壁に叩き付けるが、背後から芦野がイス攻撃を見舞ってからカズをリングに連れ戻してストンピング。

村瀬も戻ってきて2人がかりでストンピングを落とすと、芦野はサーフボードストレッチに捉える。そこに村瀬がチョップを叩き込むが、近藤が戻ってきて芦野にスピアー。村瀬が芦野を救出して2人がかりでエルボーを見舞ってから場外に放り出す。そこから村瀬と芦野はカズをダブルのブレーンバスターで投げる。
近藤がカットに入るが、村瀬が逆水平チョップ。芦野の串刺し攻撃をかわしてスリーパーで近藤が捕まえると、カズは村瀬に左右の張り手を乱打してからハンドスプリング・レッグラリアット。場外に落ちた村瀬にロープの間をくぐり抜けるトペ・コンヒーロを発射。

2015-9-21Werstle1後楽園_第2試合②そのままカズは村瀬を記者席のあるステージ上に連れ出していくが、村瀬はブレーンバスターを狙ったカズを逆にボディスラムでステージ上に叩き付ける。さらに村瀬は記者席のテーブルの上に置かれてあったノートパソコンを奪い取り、何とカズの顔面をノートパソコンで殴打! 当然ノートパソコンは完全破壊され、カズは顔を押さえて倒れ込む。
そのまま場外カウントが進んでいく中、近藤をイスに座らせて村瀬が抑え付けたところに芦野がドロップキック。そのまま村瀬と芦野はリングに戻るが、試合の権利があるカズが倒れたままカウント20となり、 チーム246がまさかのリングアウト負け。

場内がどよめく中、マイクを持った村瀬が「カズさん、近藤さん、いやちげぇな。カズ! 近藤! お前ら何年プロレスやってんだよ。そんなものかぁ? お前らがな、お前らがいつまでもWRESTLE-1のトップにいるから俺らが上にあがれないんだよ! 気付いてねぇのはお前ら二人だけなんだよ!」と言い放つ。
さらに芦野も「カズさん、いつまで寝てんすか? もう試合は終わりましたよ。前タッグ王者、こんなもんっすか? 今日、教育するんじゃなかったんですか? 俺はずっと前から髭もじゃの汚い奴も、上着きてプロレスする奴も目障りだったんだよ! 純粋に熱いプロレスしましょうよ」と246だけでなく征矢や黒潮に対しても挑発的な発言。

それを聞いて立ち上がったカズはステージを降りてリングに戻ると「ストイック、鼻もげるだろうがコラ。オイ、オイ、それがアレか? お前がプロレスで勝ち上がっていく、これがストイックらしい手段かお前……。そうやって上がっていくのか? ……無理だ。教育マッチじゃねぇよ、テメーら二人調教してやるよ俺らが! オイ、マッチメークすべて変えろ。この先、マッチメークすべて変えて、246とテメーら二人とすべて勝負だこの野郎!」と宣戦布告。
この先、チーム246vs.村瀬&芦野の“調教マッチ”を要求したカズは「近ちゃん、やりましょう」と言って近藤に握手を求めるが、しばらく考え込んだ近藤。カズが「なぜなら、あの二人を調教マッチだ」と言うと、近藤もようやく握手したが、浮かない表情で引き上げていった。

<試合後コメント>
チーム246
近藤「全部俺はリング上で答えを出す」
カズ「鼻もげたよ、鼻もげた。すべてあいつらのせいだよ。リング上で言った通り、すべてのマッチメーク、チェンジね。246とあいつら2人でタッグマッチでやります」

ーー2人の闘いぶりはいかがですか? 今までなかった面でしたが。
カズ「なかったですよ。どこで覚えたか知らないけど、そういう登り方で登ろうとするならそうすればいいよ。その代わり俺もそういう手でいくから。あいつらがそういう手でくるのならその上を行くから。それであいつらが登ったことのない階段、登っていない階段の部分を見せてしっかり勝ちますよ。なぜ、なぜこれが必要なのかをあいつらにわからせてやる。そんな簡単に時代は、レスラーが作ってきた歴史はひっくりかえせないよ」

ーー下からの自己主張という意味ではカズさんもうれしい部分はあるのでしょうか?
カズ「全然! 僕らも通ってきた道で飛び越えたいのはわかる。気持ちはわかるけど、やらなくちゃいけないものはやっぱりある。それを飛び越えてっていうのは無理だよ。飛び越す事はできないって事を246がわからせてやります」

ーーショートカットは許さないと?
カズ「そうですね。て言うかボロが出るんだ。どこの世界も一緒だよ。そんな人間、上に行けないよ」

村瀬広樹&芦野祥太郎
ーー教育マッチと見られていたところを、強烈な自己主張でそれを覆しましたね。
芦野「そうですね。何が教育だと。それを全部ぶち壊して、こっちが(新しい時代を)作っていく。これからマッチメーク変えてやると言っていましたけど、とことんやり合いたいです」
村瀬「教育? 俺、あんなに試合してこれだけしか汗かいてないぞ(笑)。あいつら汗だくじゃないか。それでよく言えたな(笑)」

ーーカズ選手は着実に一歩一歩上がる事こそが本当の意味で上に行く事だと言っていましたが?
芦野「ここで246とずっとやり合って、僕らが(首を)獲ればいいんですよね。そうしたらショートカット。あの2人を倒せばショートカット。僕はそう思っています」
村瀬「しばらく、ずーっと、あの2人に言われた事をやってきたんだよ。若手として、練習教わって。あいつの言う通りにやったらあいつのようなレスラーにしかならないじゃないか! なぁ? それじゃ終わりだよ。この団体は終わりだよ! あとひと言だけ言っておいてやる。逆だよ逆。お前らを教育してやる」

第3試合

2015-9-21Werstle1後楽園_第3試合復活するUWA世界6人タッグ王座を狙うnew Wild orderと黒潮。黒潮はまだパートナーが決定していないが、今回は中之上&吉岡と組み、AKIRA&葛西&熊ゴローのnew Wild orderと対戦。
まずは中之上がショルダータックルでAKIRAをなぎ倒していくが、AKIRAもアームドラッグで投げていく。続いて熊ゴローと黒潮がリングイン。「イケメン」コールと「ワイルド」コールが起こる中、両者ともコーナーに登ってコールを煽る。

そこから熊ゴローがショルダータックルでなぎ倒すと、黒潮がヘッドスプリングで立ち上がるが、熊ゴローはマッケンロー。しかし3発目をジャンプしてかわした黒潮はサミングからの乳首攻撃。だが、なぜか乳首攻撃が効かない熊ゴローは葛西にタッチ。
葛西の突進をリープフロッグでかわしてドロップキックを叩き込んだ吉岡は、ジャンピング・フロントキックからスワンダイブを狙う。しかし場外に突き落とした葛西は、鉄製に仕切り板に叩き付けていくと、場外マットのないところでブレーンバスター。AKIRA、熊ゴロー、中之上、黒潮も場外乱闘をする中、リングに戻った葛西はビールを口に含むと吉岡に向かって噴射。

さらにパイルドライバーで叩き付けてからAKIRAにタッチ。吉岡の左ヒザにストンピングを連打したAKIRAはヒップトスを落とすと熊ゴローにタッチ。ダブルのカウンターチョップから決めポーズ。さらに熊ゴローは豪快なボディスラムで吉岡を叩き付けると葛西にタッチ。new Wild orderは太鼓の乱れ打ち。そこから葛西はヘッドバットで吉岡をダウンさせてAKIRAにタッチ。
しかし吉岡もカウンターのゼロ戦キックを返していく。熊ゴローが飛び込んできてタッチを妨害するが、吉岡はAKIRAを捕まえると熊ゴローを駆け上がってスイングDDTを決めて中之上にタッチ。AKIRAを逆エビ固めに捕らえた中之上だが、葛西がカットに入る。

しかし中之上はエルボーで葛西を倒すとAKIRAと二人まとめて逆エビ固めに捕らえる。熊ゴローがカットに入ろうとするが、黒潮が入ってきてコブラツイストで捕まえる。どうにか脱出したAKIRAは中之上の串刺し攻撃を蹴りで迎撃するとジャンピング・ラリアット。10分が経過して熊ゴローは中之上をぶっこ抜いて肩口まで担ぎ上げるとバックフリップで叩き付けてからのセントーン。
中之上もDDTを返して黒潮にタッチ。エルボーからニールキック、サイドキック、串刺しレッグラリアットで畳みかけた黒潮は「フィニィ〜シュ」とミサイルキックを発射するが、熊ゴローがかわして自爆させると、new Wild orderはトレイン攻撃。さらに熊ゴローのバックフリップからAKIRAがムササビプレスを投下すると、続けて葛西がパールハーバー・スプラッシュ。さらに葛西からゴーグルを受け取った熊ゴローがコーナーに登っていく。

だが、吉岡が追いかけていって雪崩式フランケンで吹っ飛ばすと、中之上がダイビング・エルボードロップを投下。そこに黒潮がトラースキックを叩き込むがカウントは2。黒潮組はnew Wild orderに3人同時ドロップキックを発射。そこから黒潮は熊ゴローをハリケーンドライバーで叩き付けると、ゴーグルを奪い取って装着。そのままムーンサルトプレスを投下して3カウントを奪った。
マイクを持った黒潮は「センキュー! ちょっともしかしたら長くなるかもしれないですけど、みんな帰らないでくださいね。UWAの6人タッグのベルトが新設されることは皆さんご存じでしょうか? 目標欲しくないですか、目標! 僕と組んでベルト獲りましょうよ! ねぇ? この人たち、僕に優しいんですよ! ベルトでしょ、ちょっと揺れてるんじゃん! ちょっと待って」と、中之上&吉岡を勧誘した黒潮はリング下から袋を持ってくる。

2015-9-21Werstle1後楽園_黒潮が中之上、吉岡とジャケッツ結成へ中から青空柄のジャケットを取りだした黒潮は吉岡に手渡すと、中之上にはグレーのストライプという地味なジャケットを手渡す。とりあえず中之上と吉岡がジャケットを羽織ると、黒潮は「今日から俺たち三人で……どうしようかな……ジャケッツ!」と新ユニット『ジャケッツ』の結成を宣言。
しかし中之上が「ちょっと待て! ちょっと待ってくれよ。ちょっと待って。これさ、二人結構派手でしょ? でもめっちゃくちゃ地味やし、まずリクルートスーツやんけ」と文句をつけるが、AKIRAが「いやいやいや中之上、よく似合ってるよ」と中之上の“着こなし”を絶賛。

すると熊ゴローが「中之上さん、ちょっと可哀想じゃないですか。何すかコレ」と同情するが、葛西は「ノガちゃん、褒めている場合じゃねぇだろ! オイオイオイ、お前らジャケッツだかオナペッツだか知んねぇけどよ、話勝手に決めてんじゃねぇよ。UWAの6人タッグ狙っているのはお前らだけじゃねぇんだよ!」とジャケッツに宣戦布告。
すると黒潮は「出て来るの早い! もう一つだけあるんですよ。僕の後援会長が今日は観に来ているんです。たぶんいずれジャケッツの後援会長になってくれると思うんで」と言うと、リングサイドで観戦していたビッグダディこと林下清志さんに次回new Wild orderと対戦する際にセコンドについてほしいと要請。

ビッグダディが「セコンド? やるか。よし、やろう!」と承諾すると、葛西が「オイオイオイ、お前がお世話になってるビッグダディだかなんだか知らねぇけどよ、小さ過ぎて見えなかったよこの野郎! 分かった、分かった。お前がお世話になっているビッグダディをセコンドにつけるっていうなら、こっちは熊ゴローが夜、散々お世話になった“ハダカの美奈子”を連れてきてやるよ!」と爆弾発言。
この日、高木CEOは不在だったが、ひとまず黒潮がその場でジャケッツwithビッグダディ vs. new Wild order with ハダカの美奈子によるUWA6人タッグ王座決定戦を10.9後楽園大会で行うことを決定と発表し、「いろいろあるけどフィ〜ニッシュ」と締めくくった。

<試合後コメント>
new Wild order
熊ゴロー「ダメって言ったじゃないですか(苦笑)」
葛西「しょうがねぇだろ。もう言ったもんはしょうがないだろう。男だろう? ワイルドじゃねぇな」
熊ゴロー「聞いてないよ。まいったなぁ……」
AKIRA「ビッグダディを出してきたか。まぁ人生経験は俺も負けちゃいないからね。面白い戦いになるんじゃないですかね」
葛西「まぁ俺っちもツイッターや何やらでビッグダディが黒潮のことを応援してるって言っててちょっと警戒していたんですよ。まぁこんな事もあろうかと思って、ハダカの美奈子にコンタクトを取って、味方に付けましたよ! 先手先手を見つけなきゃ。ホイス・グレイシーやヒクソン・グレイシーのように100歩先、1000歩先を見なきゃワイルドじゃねぇよ」
AKIRA「ワイルドにぶちかましていきましょう。まずはUWAのベルト! 俺たちワイルドが獲ってやる。それじゃあ決め言葉、行きましょうか? せ〜の……」
全員で「ワイルドに、行こうぜ!」

ジャケッツ
黒潮「いろいろありましたけど、こうして無事ジャケッツ! 結成に成功しました。つきましては10.9ファン感謝デーで、後楽園ホールでジャケッツ、6人タッグのベルトを狙いましょう! ……そんな意地張らないで。ベルトがほしいのは確かでしょう?」
吉岡「まぁ確かに……」
黒潮「3人でチーム組んでいく事が大事だと思うんですよ。あとはビッグダディ、(相手チームは)なかなかの曲者なんで、ビッグダディにうまくセコンドについてもらって、ハダカの美奈子をもっとハダカにしてやりますよ。フィニッシュ!」

ーーダディと美奈子さんの関係は大丈夫なんですか?
黒潮「いや! あとでよく交渉しますけど、闘いの場ですからね。美奈子が向こうに行ったって男と女ですからね。結果は見えてますけど、もし美奈子がその気なら僕がダディを止める事はできないですよ」

ーー中之上選手はそのジャケットで納得は……
中之上「なんですかね?」
黒潮「とりあえず皆さんに合ったジャケットを選んだわけですけど、とりあえずジャケットを着て入場という、ジャケッツという意志の疎通ですかね。試合中は僕の専売特許なんで脱いでいただきますけど、まず仲良くしているというのをみんなに見せないと。……そんな怖い顔しないでくださいよ」
中之上「柄ものじゃない……」
黒潮「柄入ってますよ。ストライプ柄ですよ。(僕が)ひまわり。(吉岡が)空。線ですね、線模様。線柄。……以上でよろしいでしょうか。ジャケッツ結成ということでひとつよろしくお願いします!」

第4試合

2015-9-21Werstle1後楽園_第4試合クルーザーディビジョンタイトルマッチが決まっている王者・田中稔と挑戦者アンディ・ウーの前哨戦となるタッグマッチ。EWPインターコンチのベルトこそ失ったが、まだジュニア三冠王者の稔は三本のベルトを携えて入場。コーナーに登って睨み付けたアンディが先発を買って出ると、稔も先発で出ていく。
まずは腕の取り合いから稔がグラウンドに持ち込むが、アンディはヘッドシザースで脱出。コルバタで投げてからドロップキックで稔を場外に追いやったアンディは三角跳びプランチャを狙ったが、素早くリングに戻った稔は「カッコイイことはさせません!」とドロップキック。しかしアンディもドロップキックを出して相打ちに持ち込む。

続いてTAJIRIと大和がリングイン。ショルダータックルで倒した大和はアームホイップからロープに飛んでその場で倒れ込む一直線(=背面アタック式ヘッドバット)。さらにロープに飛び乗っての一直線を出すが、これをかわして自爆させたTAJIRIはコーナーに大和を逆さ吊りにして踏みつける。
執拗にカバーしてキックアウトすることで大和の大量を削っていったTAJIRI。さらにアンディがブレーンバスターで投げるが、大和もスピアーを返して稔にタッチ。カウンターのドロップキックを叩き込んだ稔はコーナーに登ったアンディに襲いかかるが、トップロープを側転してかわしたアンディはソバットを叩き込むとスイングDDT。

そこからもう一度コーナーに登ったアンディだが、稔が追いかける。だが、エルボーで叩き落としたアンディはダイビング・クロスボディー。これを下からのドロップキックで迎撃した稔はアンディをコーナーに乗せると雪崩式ブレーンバスター。だが、トルネード・カッキーカッターをかわしたアンディはスクールボーイ。
続けてラ・マヒストラルで丸め込むが、カウント2で返した稔はエルボー。180度開脚で伏せてかわしたアンディはソバットを叩き込むが、稔も返す刀でジャンピンハイ。両者タッチすると、TAJIRIが大和にハイキックの連打からハンドスプリングエルボー。だが、大和も一直線を返すと、足を踏みならしてからコーナーに飛び乗っての一直線。

稔がアンディを場外に放り出してTAJIRIにソバットからハイキック。続けて大和がミサイルキックからノーザンライト・スープレックスで投げるがカウントは2。10分が経過し、大和がTAJIRIを羽交い締めにするが、アンディが稔を排除するとTAJIRIが大和を羽交い締め。そこにアンディがミサイルキックを発射。
そのままアンディは場外の稔に三角跳びプランチャ。リング上ではTAJIRIが大和を首固めで丸め込んで3カウント。試合後、クルーザーのベルトを持った稔はアンディの顔の前にベルトを押し付けて挑発してから引き上げる。するとアンディは「稔さん、帰るのが早すぎだろ? 明後日のタイトルマッチ必ずベルトを獲って、それから俺がこのクルーザーを引っ張っていきます」とアピールした。

<試合後コメント>
田中稔&大和ヒロシ
大和「いやぁ私から言うことは何もないですね。足を引っ張ったまでじゃないですけど」
稔「ありがとうございました! あいつ(=アンディ)のマイク聞いてても、ちょっと前までは大事な試合の前でも『今日の前哨戦でも負けてしまいましたが、一所懸命練習して本番では勝ちます』くらいしか言えなかったですけど、クルーザーディビジョンを引っ張るって言えるようになっただけでもものすごい進歩だと思う。ただ前、あいつのクルーザーに懸ける気持ちを炎に例えた時、カセットコンロ程度と言っていましたけど。かなり熱くはなってきましたけど、まだまだカセットコンロからリンナイのガステーブルコンロになったくらいなんで。もっと熱いもの持って来いよ。俺と勝負したいんだったら、俺に勝ちたいんだったら、このベルトがほしいんだったら、もっと熱いもの持って来い!」

アンディ・ウー
「今日の前哨戦、直接は獲られなかったけど、いいかたちで終わって、あさって、必ず、全力でベルトを獲りにいきたいと思います」

試合後、スクリーンで10.9後楽園ホール大会でW武藤vs.WワイルドによるF-1タッグ王座決定戦が行われること、10. 12仙台大会で黒潮&吉岡vs.バラモン兄弟が決定したことが発表された。さらに10.30後楽園大会に藤波親子の参戦が決定したことも併せて発表された。

第5試合

2015-9-21Werstle1後楽園_最後の後楽園ホールとなる天龍11月に両国国技館で引退試合を行う天龍にとっては、この試合が最期の“聖地”後楽園ホールでの試合。1996年に名勝負を展開したグレート・ムタと相まみえる天龍は「今のプロレスに見飽きているんだから、一番フレッシュなのが古いプロレスですよ。堂々と昭和のプロレスを見せてやりますよ」と煽りVの中で語った天龍はWAR時代によく大一番で着用していたグレーの昇り龍ガウンで入場。
一方のムタは戦国武将風ガウンと兜姿で入場。先発を買って出た天龍は手にツバすると、ムタを指名。ムタは緑の毒霧を天に向かって吹くと、天龍を向かって悔いをかっ斬るポーズ。

ロックアップからロープに押し込んだムタだが、まずはクリーンブレイク。天龍の腕を取って捻り上げたムタだが、天龍はロープをエスケープ。すると天龍はカニ挟みで倒してからステップオーバートーホールド。ロープに逃れたムタは場外に出るとリング下からテーブルを取り出す。
そこにペットボトルを投げていった天龍だが、ムタは動揺することなくリング下からホウキを持ち出すが、村山レフェリーが取り上げるとムタは論外にタッチ。天龍は越中にタッチするが、論外は控えの河野に襲いかかっていき、客席に投げつける。しかしエプロンに戻ってきた論外に天龍がグーパンチからの逆水平チョップ。

2015-9-21Werstle1後楽園_第5試合①越中が論外をリングに戻しヒップバットを連打。さらにヒップアタックを見舞ってから河野にタッチすると、河野は豪快なボディスラムからカウンターエルボー。そして論外を羽交い締めにすると、天龍が逆水平チョップの連打からグーパンチ。さらに越中とダブルタックルを決めた天龍はエルボードロップ。
左の張り手を叩き込んだ天龍だが、論外はどうにかKAZMAにタッチ。逆水平チョップで天龍に向かっていったKAZMAだが、天龍は喉元へのチョップで応戦。KAZMAの逆水平チョップに後退した天龍にKAZMAがグーパンチを叩き込むと、天龍はムッとした表情でグーパンチをお返し。

吹っ飛んだKAZMAがムタにタッチすると、ムタはコブラクローでのチョーク攻撃からフラッシング・エルボー。チキンウイング・アームロックを狙うムタだが、決まらないと論外にタッチ。デスペラードは三人がかりで天龍にストンピング。当然ブーイングが起こるが、論外はお構いなしに天龍を踏みつけ、場外に出すとイスで殴打。
10分が経過し、イスをコーナーの間に挟んで固定した論外は、そのコーナーに天龍を押し込んで逆水平チョップを連打。だが、天龍は咆哮しながら胸を突き出して受け止める。さらに挑発するようにグーパンチを叩き込むが、天龍はグーパンチからの逆水平チョップを返す。

だが、論外がムタにタッチするとデスペラードはトレイン攻撃。河野が飛び込んできて論外とKAZMAをドロップキックで吹っ飛ばすが、ムタがドラゴンスクリュー。さらにムタは越中にもドラゴンスクリューを決めると、天龍に閃光魔術。辛くもロープを掴んだ天龍だが、KAZMAがなおも逆水平チョップ。しかしグーパンチからの逆水平チョップでなぎ倒した天龍は河野にタッチ。
河野もグーパンチと逆水平チョップの連打からジャンピングニーを叩き込むと、串刺し式ニーからのバックドロップ。チョークスラムを防御したKAZMAをネックハンギングボムで叩き付けた河野だが、KAZMAはトラースキックを返すと論外にタッチ。

2015-9-21Werstle1後楽園_第5試合②合体攻撃を狙った論外とKAZMAをダブルラリアットで吹っ飛ばした河野は越中にタッチ。ヒップアタックの連発から場外に出たKAZMAにエプロンからダイビング・ヒップアタックを放った越中はリング上の論外に対してコーナーに登っていくが、ムタが場外からイスを投げつけてカット。河野がそのイスを奪い取るが、ムタは河野の顔面に赤い毒霧を噴射。
天龍はムタの毒霧攻撃をグーパンチで防ぐと、まさかのリップロックでムタから毒霧を吸い取って逆毒霧攻撃。ムタもどうにか閃光魔術を返すと、続いて越中が論外のラリアットをかわしてKAZMAに誤爆させる。すかさず論外にヒップアタックを連発した越中は、ダイビング・ヒップアタックを発射して3カウント。

ラスト後楽園を勝利で飾った天龍は、「天龍」コールを送る四方のファンに一礼してからリングを降りると、『サンダーストーム』が鳴り響く後楽園ホールの花道を引き揚げていった。

リアルデスペラード
論外「まず天龍源一郎に言いたい。ありがとう。俺が一番最初にビビったレスラーが天龍源一郎だから、それを最後、残り少ない天龍さんのプロレス人生で、今日ここでやれたっていうのは本当感謝してるし。本当はもっともっとやりたかったんだけど、ただ今日は……ちょっと感極まっちゃうよね」
KAZMA「もっと闘いたかったな……」
※ムタが登場
ムタ「グッバイ、テンリュー! グッバイ、テンリュー! シー・ユー・魔界だな……」
KAZMA「……以上!」

天龍源一郎
「向こうでは何か言ってましたか?」

ーーNOSAWA選手が一番最初にビビった相手が天龍さんだったので感慨深いという話をしてくれました。
「NOSAWAの言うことを信用しているようじゃまだ甘いよ(ニヤリ)」

第6試合

2015-9-21Werstle1後楽園_第6試合①鈴木秀樹からベルトを奪還したものの、エースとはほど遠い存在となっている現WRESTLE-1王者のKAI。対するはWRESTLE-1に参戦して以来、4度の一騎打ちすべてでKAIに敗れているが、WRESTLE-1 GP 2015で優勝し、KAIへの挑戦権を獲得した征矢学。ことある事にいがみ合ってきた両者だが、王者vs.GP覇者という頂上対決にもかかわらず、ある意味でどちらも絶対に負けられない崖っぷちでの闘いとなった。

まずはW-1タッグベルトを肩にかけた征矢が葛西、AKIRAを従えて入場。続いてブーイングが起こる中、王者KAIがベルトを手に入場。セコンドについたのは他団体の翔太。試合開始のゴングが鳴ると、「ワイルド」コールを受けた征矢が気合い十分の表情でまずはロックアップ。ロープに押し込んだ総亜は慎重にクリーンブレイク。
KAIがエルボーを打っていくと、征矢はチョップで応戦。そこからニーリフトを叩き込んだ征矢はロープに飛ばすが、ストップしたKAIはフロントキックを狙うが、これは征矢がかわす。再びロックアップすると、今度はKAIがロープに押し込む。

離れ際にエルボーを叩き込んだKAIはフロントキックを叩き込むと、続けてトラースキック。スリーパーを狙ったKAIをバックドロップで投げた征矢は、場外に出たKAIに向かってプランチャを狙ってロープに飛ぶ。しかし素早くリングに戻ったKAIはヒザへの低空ドロップキックで迎撃すると、低空ドロップキックで征矢を場外に蹴り出してトペを発射。
リングに戻ったKAIは征矢が痛めている左足にローキックを叩き込むと、トーホールドからの逆片エビ固め。ロープに逃れた征矢だが、KAIはカニ挟みで倒してリバースデスロック。これもロープに逃れた征矢だが、左足のダメージが大きい。KAIは征矢の左足を持ち上げてマットに叩き付けると、立ち上がれない征矢の背中にスプラッシュ・プランチャを投下。

溜まらず場外にエスケープした征矢に対し、KAIはリング中央であぐらをかいて待ち構える。リングに戻ってきた征矢の左足にローキックを連打してからロープに巻き付けていったKAIはエルボーを連打。征矢の動きが止まったところに串刺しフロントキックからブレーンバスターを狙う。だが、踏ん張った征矢は逆に投げようとするが、左足のダメージで動きが起きが止まる。
KAIはブレーンバスターを諦めてスリーパー。さらにグラウンドに持ち込んで胴絞めフロントネックロック。だが、そのまま立ち上がった征矢は、そこからブレーンバスターで投げていく。10分経過し、「ワイルド」コールが起こる中、串刺しラリアットからブルドッキングヘッドロック、ショルダーネックブリーカーと決めていった征矢。

デスバレーボムを狙った征矢だが、KAIは左足へのローキックでカット。さらに背後からヒザ裏に低空ドロップキック。征矢も串刺し攻撃を狙うが延髄斬りで迎撃したKAIはヒザへの低空ドロップキック。征矢も返す刀で串刺しラリアットを出すと、KAIをコーナーに乗せて雪崩式ブレーンバスターを狙う。だが、エルボーで叩き落としたKAIはなおも追いかけようとする征矢の顔面を蹴っていく。
だが、下からヘッドバットを見舞った征矢はKAIを抱え込むようにしてリング中央まで持ってくると、そのままパッケージ・パイルドライバーで叩き付ける。さらに垂直落下式ブレーンバスターでカウント2まで追い込んでからデスバレーボム。これもカウント2で返されると、征矢はコーナーに登ってダイブ。

下からのジャンピングキックで迎撃したKAIはロー宇に飛び乗ってのジャンピングキックからラリアットでなぎ倒すと、パワーボムの体勢に。だが、腰を落とした征矢はリバースで切り返す。KAIもトラースキックから延髄斬り、顔面へのジャンピンハイを叩き込むと、15分経過と同時にパワーボムで叩き付けてから全体重を乗せてのエビ固め。カウント2で返されるとスプラッシュ・プランチャを投下したが、征矢はヒザを立てて迎撃。
両者走り込んでのラリアットは相打ち。KAIは突進してくる征矢をフロントキックで迎撃するが、後退しない征矢はショートレンジラリアット。しかしKAIもトラースキックを返してからダウン。先に立ち上がったKAIは両ヒザがまだマットについている征矢の顔面にトラースキック2連発。

2015-9-21Werstle1後楽園_第6試合②さらに手を掴んで引き起こしてからエルボーを連打。征矢もエルボーを返していくが、KAIはグーパンチを顔面に叩き込む。しかし征矢は延髄斬りをショートレンジラリアットで叩き落とすとロープに飛ぶ。そこにKAIはカウンターのグーパンチ。それでも歯を食いしばって立ち上がろうとした征矢だが、KAIはトラースキック。
さらにパワーボムで叩き付けたKAIだが、カウントは2。ならばとロープに飛んだKAIにカウンターのラリアットを叩き込んだ征矢は、右腕を突き上げるとワイルドボンバー。カウント2で返したKAIだが、再び右腕えを突き上げた征矢はKAIの背後から後頭部にラリアット。続けて正面からワイルドボンバーを叩き込んで3カウント。

エンディング

2015-9-21Werstle1後楽園_タッグに続きシングル王座も奪取した征矢new Wild orderのメンバーが一斉にリングに飛び込んで二冠王となった征矢に駆け寄る。葛西が拍手をして征矢を祝福。KAIはリング下からその様子を見つめるしかない。そしてWRESTLE-1チャンピオンのベルトとを腰に巻いた征矢をAKIRAと熊ゴローも祝福すると、マイクを持った征矢は「KAI、俺が勝ったぞ。お前にひと言だけ言わせてもらうぞ。お前はエースじゃねぇ。お前は負け犬だ! そう何度も何度もな、すぐにベルトに挑戦できるか? 髪の毛切ればそれでいいのか? 違うだろ。そんなんじゃWRESTLE-1のエースはやっていけねぇんだよ」と言い放つ。
2015-9-21Werstle1後楽園_KAIに対して「負け犬」と言い放った征矢KAIが悔しそうに引き上げていくと征矢は「本日はご来場まことにありがとうございました。3年前、2年前、どっちか忘れましたが、自分は長期欠場で休んでいた時期がありました。ただ、WRESTLE-1が旗揚げするときに、その時僕は遅れてこの団体に来たんですけども……。ただ、自分だけ違和感があったという中で、なかなか結果が出せませんでした! でもこうしてタッグのベルトを獲って、トーナメントに優勝して、シングルのベルトを獲りました。(※場内拍手)まだ自分でエースと言うのもおかしな話なんで、エースとはお客さんが判断してくれ!(※「エース!」という声がたくさん飛ぶ)ただよ、ひと言……ただ、これだけで俺たちは終わっちゃいねぇんだよ。オイ、ワイルドと愉快な仲間たちリングに上がってきなさい」と言って、リング下の葛西、AKIRA、熊ゴローを呼び込む。

リング上をnew Wild orderの4人で占拠した征矢は「次はシングルのベルトを獲って、この3人(=葛西&AKIRA&熊ゴロー)でUWAか? 6人タッグマッチベルト獲って、そして俺が10月9日、スギちゃんとF-1獲ります。ようするに! ワイルドでベルトを制覇していくってことだ!(※歓声)その意気込みを込めて最後は俺のかっこいい台詞でお別れしようじゃないか」と言うと、観客に立つように指示してから「じゃあみんな、練習はしねーから一発でいくぞ。これからは俺たちが全ベルトを制覇するぜ! ワイルドに…いこうぜっ!」と拳をワイルドに突き上げた。

<試合後コメント>
征矢学
ーータイトル奪取、おめでとうございます。これで二冠王ですね。
「二冠ですね。ただね、さっき向こう側で全部言っちゃいましたよ! もう一回言うんですか? 何言ったか忘れちゃったんで、そのまま言えるか分からないですけどね。ただ何度も何度も試合でね、こうしてタッグのベルトとか、シングルとかいろいろ挑戦しました。結果では勝利というものを納められなかったかもしれませんが、俺はこうやってベルトを巻いた日のために、そこに続くタイトルマッチをやってきたと思っています。負けるための試合ではなく、勝ちにつながる試合をやって、こうして今、ようやく勝ちにつながる、そういう結果を残せたと思っています。ただエースなのかどうなのかと判断するのは、正直お客さんにお任せします。俺たちはこれからこのベルトを獲ったからといって終わることはない。なおも突き進んでいこうと。次は6人タッグのUWA(王座)。ノガちゃん、純ちゃん、熊ゴローと、3人でベルトを獲ってもらい、俺はスギちゃんとF-1(王座)を! 全力で獲りにいく。いいですか? ベルトというものはすべてワイルドが制覇したいと思っています。これになんら二言はありません。ワイルドに有言実行するだけだ。以上!」

ーーKAI選手には負け犬と言葉を浴びせていましたが?
「あいつは試合の直後にも『すぐにでももう一度やらせろ』と。これはマイクでも言っていないですけど、生声で言っていましたので。ただ、挑戦したいという、負けてすぐリベンジしたいという気持ちはわかります。でも、あいつ何度目だ? これが一回目じゃないでしょう? 何度も何度も何度もヤツが言えばすぐ挑戦できるのかって。それもおかしな話だろう。だからあいつに負け犬と言ったのは、試合で負けたとかそういう意味じゃないんですよ。あいつはあいつ自身の気持ちに負けているんですよ。お客さんにブーイングもらおうが、何を言われようがあいつがエースと言ったならそれを貫けばいい。ただ俺に負けたからエースは名乗らない?それはおかしな話だろう。だったらよぉ、意地でもよぉ、食いついてこいよ。だからアイツは負け犬なんだよ。自分に負けている負け犬だ。ただそれだけだ」

ーーリマッチはすぐには受けない?
「リマッチじゃなくて、俺は他の人とやりたい。KAIに勝ったからってWRESTLE-1のテッペンだなんて言う気はさらさらありません。どうせだったら熊ゴローともノガちゃんとも純ちゃんとも、全員やって、全員に勝って。そしたら俺が一番だったって言ってやりますよ。ただ現在は俺がWRESTLE-1のベルトを持っているから、俺が一番という証明になっているかもしれないですけど、ただそれはあくまでベルトを持っているだけであって、事実上の一位じゃないと思っています。ここで足元をすくわれたくなんいでね。どうせだったら全員ぼっこぼこにしてやりたいですよ。それが野上さんだろうが、熊ゴローであろうがね!」

ーーそれができた時が征矢選手が自らエースを名乗る時でしょうか?
「エースに関しては俺は自らは名乗りません。俺にはれっきとしたワイルドというものがあるので、エースといったそんなわけのわからないものに頼りたくない。ワイルドと名乗った以上、ワイルドを貫き通す。それがワイルドの生きる道ですから。ただお客さんがあいつがエースだと判断するのなら、それは勝手にエースと呼んでもらって構いませんが、俺は自分からはワイルド一筋でいきたいと思っていますんで、今後ともワイルドとよろしくお願いします」

KAI
ーータイトル防衛失敗という残念な結果となってしまいました。
「負けたんですか? 俺、負けたんですか?」

ーーはい。負け犬とののしられました。
「負け犬? ……小佐野さん。俺、負けたんですか? 負けてないでしょう?」
小佐野氏「……1、2、3、獲られました」
「じゃあ負けたってことですか!」
小佐野氏「負けですね」
「じゃあ俺は負け犬ですか?」
小佐野氏「それはKAI選手がその言葉をどう受け止めたかで……」
「いや、俺、負けてないよ。いや、負けた? 俺、負け犬ですか? 俺は……負けを認めない。俺は負け犬じゃない。いや、負け犬? 俺は負け犬ですか? いや、負け犬でもいいよ。負け犬でもいい。でも俺の師匠は、アニマル浜口さんは、負けても、負けても、負けても! そっから立ち上がるのがプロレスラーだって俺は教えられたんでね。俺は負けてないですよ。負けて負けて、立ち上がれなくなるのが負けだって教わったんで。俺は立ち上がりますよ。もう一回、征矢に挑戦する。あいつが応えるか分からないけど、(これまでやった通算)5戦のうちの1勝だろう。お前勝ち逃げするのか? 俺は負け逃げしねぇぞ。負けて逃げねぇぞ。負けても負けても俺は立ち上がることを教わってきたんですよ。小佐野さんもよく知ってますよね、浜口さんの教え」
小佐野「知ってます」
「俺はこのまま引き下がらないです。必ず立ち上がります」

ーーエースという称号については征矢選手は自分で名乗るものではなく、ファンが認めるかどうかだと言っていました。
「じゃあアイツは自分でワイルドと名乗っているのはなんなんですか?」

ーーワイルドは自分で……
「それ都合のいいことでしょう?」

ーーいえいえ、また違うと思いますよ。
「俺がリンベンジして、俺がワイルドでエースだってことをあいつ自身に認めさせます。もう一回だろう、もう一回! 俺はあきらめない」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

月別

ページ上部へ戻る