新日本8.16両国大会 棚橋vs.中邑の優勝決定戦、KUSHIDAvs.リコシェのIWGPJr.戦、ヤングバックスvs.reDragonのIWGPJr.タッグ戦

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

バディファイトPresents G1 CLIMAX 25
日時:2015年8月16日(日)
開始:15:00
会場:東京・両国国技館
観衆:10,180人(超満員札止め)

▼第1試合 6人タッグマッチ 20分1本勝負
獣神サンダー・ライガー/●小松洋平/田中翔
6分39秒 スライディング・ヒップアタック→エビ固め
○田口隆祐/マスカラ・ドラダ/デビット・フィンレー

▼第2試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
○天山広吉/小島聡/キャプテン・ニュージャパン
6分38秒 アナコンダバイス
永田裕志/中西学/●ジェイ・ホワイト

▼第3試合 シングルマッチ 30分1本勝負
●YOSHI-HASHI
9分24秒 エルガンボム
○マイケル・エルガン

▼第4試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
矢野通/○石井智宏/桜庭和志
8分53秒 垂直落下式ブレーンバスター→片エビ固め
バッドラック・ファレ/高橋裕二郎/●タマ・トンガ

▼第5試合 6人タッグマッチ 30分1本勝負
真壁刀義/内藤哲也/●本間朋晃
10分41秒 フェニックススプラッシュ→片エビ固め
後藤洋央紀/柴田勝頼/○飯伏幸太

▼第6試合 IWGPジュニアタッグ選手権試合 60分1本勝負
[王者組]マット・ジャクソン/●ニック・ジャクソン
17分35秒 チェイシング・ザ・ドラゴン→片エビ固め
[挑戦者組]カイル・オライリー/○ボビー・フィッシュ
※第42代王者組THE YOUNG BUCKSの2度目の防衛に失敗。reDragonが第43代王者組となる

▼第7試合 IWGPジュニアヘビー級選手権試合 60分1本勝負
[王 者]○KUSHIDA
17分28秒 ホバーボードロック
[挑戦者]●リコシェ
※第71代王者KUSHIDAが初防衛に成功

▼第8試合 スペシャル6人タッグマッチ 30分1本勝負
●オカダ・カズチカ/マット・ターバン/マイケル・ベネット with マリア・ケネリス
11分16分 スタイルズクラッシュ→エビ固め
○AJスタイルズ/“ザ・マシンガン”カール・アンダーソン/ドク・ギャローズ

▼第9試合 G1 CLIMAX 25優勝決定戦 時間無制限1本勝負
[Aブロック1位]○棚橋弘至
32分15秒 ハイフライフロー→片エビ固め
[Bブロック1位]●中邑真輔
※棚橋がG1 CLIMAX 25優勝

武藤と蝶野が見守る中、棚橋がライバル中邑を撃破して8年ぶり2度目のG1優勝!
オカダを引退試合の相手に指名した天龍が登場!KUSHIDAがリコシェに雪辱しV1

オープニング

開始前、リングに上がったROHのデリリアスが「今日はROHの代表として来ました。ROHはアメリカでナンバー1の団体です。そして新日本プロレスは日本でナンバー1の団体です。ROHには最高のレスラーがいます。例えばマイケル・エルガン、ザ・キングダム、reDragonといった選手たち。新日本には日本で最高のレスラーがいます。これから私ROHと新日本は世界一のレスリングをお届けします。ROHと新日本が組めば、これはもう世界最強の勢力になったと言えるだろう。そして2016年、ROHは日本にやってくるぞ! ROHの試合をライブで体験してもらおう! 日本のファンよ、私たちは日本が、日本のファンが大好きです。何よりプロレスを愛している! アリガトウゴザイマス。また会おう!」と挨拶すると、ROHのロゴマークが入ったTシャツをアピールしてから客席に投げ入れた。

第1試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第1試合8.22(現地時間)にWWE・NXTに出場するライガーに大歓声が飛ぶ。小松とドラダの先発で試合開始。腕の取り合いからアームドラッグで投げたドラダは、ハンドスプリングのフェイント。しかし小松もコルバタで投げていく。エプロンに出たドラダはスワンダイブ。かわした小松だが、ドラダはコルバタで投げていく。
続いてフィンレーと田中がリングイン。フィンレーのドロップキックを自爆させた田中はショルダータックルからフィンレーを捕まえてライガーにタッチ。フィンレーを場外に放り出したライガーはスライディングキック。リングに戻されたフィンレーをロメロスペシャルで吊り上げたライガーは続いてキャメルクラッチ。

田口がヒップバットでカットすると、ライガーは田中にタッチ。エルボーからロープに飛んだ田中だが、フィンレーはカウンターのドロップキックを返して田口にタッチ。ヒップアタックを連発した田口にライガーはアトミックドロップで切り返す。しかし田口はカウンターのヒップアタック。
そこからギタった田口だが、攻撃していった田中はバックブリーカー。そこからライガーと小松が入ってきてトレイン攻撃。ライガーの掌底から小松はコーナーからウルトラタイガードロップを発射。

どが、ドラダとフィンレーが入ってきて小松にトレイン攻撃を決めると、田口がダイビング・ヒップアタック。田口のどどんを小松がサムソンクラッチで切り返すが、カウント2で返した田口は延髄斬りからオデレータバスター(=フェースバスター式ファルコンアロー)。そこからギタった田口はスライディング式ヒップアタックを叩き込んで3カウント。

<試合後コメント>
小松洋平&田中翔
小松「ケツ硬ぇよ。あの人、ギタるとケツ硬くなるんだよ」
田中「NOAHから新日本に帰ってきて、やっぱりこれだけたくさんのお客さんの前で試合ができるのはめちゃくちゃうれしいって改めて感じた。NOAHにも出た。これからは新日本で結果を残します。俺が目指しているのは新日本の一番。それはプロレス界の一番だから。そのためにも、未来のプロレス界のレベルを上げていくためにも、若手だけでヤングライオン杯。他の団体から集めてもいい。ヤングライオン杯をやりたい」

第2試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第2試合第三世代の四人がリング上に揃った6人タッグマッチ。小島と中西の先発で試合開始。ヘッドロックに捉えた小島をロープに振った中西だが、小島はショルダータックルでぶつかっていく。倒れない中西は逆にショルダーブロックで小島をなぎ倒す。しかし小島もDDTを返すと。そこに永田が入って来ると天山が飛び込んできてモンゴリアンチョップで迎撃。
そこからテンコジはヘッドバットとスリングショット式エルボードロップの合体攻撃。ここでキャプテンがタッチを要求。小島がタッチに応じると、キャプテンは中西はモンゴリアンチョップ。

だが、中西はのど輪で突き飛ばすとジェイにタッチ。ドロップキックを叩き込んだジェイは永田にタッチ。キチンシンクを見舞った永田は控えの小島にフロントキック。さらにキャプテンにミドルキックを叩き込んでいった永田だが、キャプテンもカウンターのジャンピングソルダー。タッチを受けた小島はマシンガンチョップから「よーし」。
そして行っちゃうぞエルボーを狙ったが、永田はコーナーに登る前に攻撃していくと、ニーリフトからフェイントを挟んで張り手。さらにエクスプロイダーで投げた永田だが、小島もコジコジカッターを返すと天山にタッチ。

モンゴリアンチョップを放った天山だが、永田が腕固めに捉えると、中西が小島をアルゼンチン・バックブリーカーで担ぎ上げる。キャプテンが天山を救出するが、中西がキャプテンに小島を投げつける。ジェイが天山にランニングエルボーを叩き込むと、永田、中西が入ってきてトレイン攻撃。
さらにジェイがミサイルキックを発射するが、キャプテンが入ってきてカリビアンデスクリップ(=コブラクロー)。ジェイは一人でテンコジに向かっていくが、走り込んできたジェイにテンコジはテンコジカッター。そこから天山がアナコンダバイスに捉えてギブアップを奪った。

<試合後コメント>
天山広吉&小島聡
天山「今年のG1、自分自身めっちゃ長いなと。長いし、きついし、どうしようかと思ったけどやっとここまでたどり着いて。ファイナルね。公式戦じゃないけど体が動く限りは最後まで戦ったしね。完走できて自分自身やってやれないことはないなって。ここまで長かったですけどね。ここまで散々な成績だったかもしれないけどこれを乗り越えて、ここまで来たってことでもよしとしなければ。今年20回目出ましたけど、こんなオンボロの天山、誰も見たくないと思うし、もう自分自身見つめなおしたい。しっかりやらないとと思ってますんで。また来年、このG1クライマックス。来年もし出られるチャンスがあればまだまだ出たいって気持ちはあるんで」
小島「G1クライマックスという中で考えれば残念なカードだと思うし、シングルマッチのリーグ戦である以上、最終戦でこのカードで当たるというのは不本意だけど、でも気持ちという部分ではすごく前向きなんで。今回のすごく長い、19試合というリーグ戦とタッグマッチをやってきて、すごい自信になった。このキャリアで、この年齢でこうやって最後まで生き抜いてきた。俺、ただ試合をしているだけじゃなくてずっとメッセージを送ってきた。全国のファンの方にずっとメッセージを送ってきたし、それは伝わったと信じています。俺のこの思いというか、生き様というか、プロレスラーとしての生きている姿は全国の皆様に見ていただいたと思ってるんで、それは非常に。結果は残念ですけど、G1クライマックスを走りぬいたというのはすごく満足しています。ありがとうございました」

第3試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第3試合ROHから参戦し、初出場のG1で一気に日本のファンのハートを掴んだエルガンが、来年こそG1への初出場を狙うYOSHI-HASHIとシングルマッチ。この一戦はYOSHI-HASHIにとってはG1への査定試合と言ってもいい。
ロックアップから突き飛ばしたエルガンだが、コーナースプラッシュをかわしたYOSHI-HASHIは串刺しラリアットから回転エビ固めを狙うが、堪えたエルガンはヒップトス。かわしたYOSHI-HASHIは低空ドロップキックでエルガンを場外に追いやるとプランチャ。

しかしキャッチしたエルガンはYOSHI-HASHIを鉄柱に叩き付けてからボディスラム。YOSHI-HASHIをリングに戻したエルガンは滞空時間の長いブレーンバスター。そこから唐突にグーパンチを叩き込んだエルガンはニーリフトからカウンターエルボーを狙う。かわしたYOSHI-HASHIはヘッドハンター(=前方回転ネックブリーカー)。
エルガンをトップロープの上に乗せて逆さ吊りにしたYOSHI-HASHIはドロップキック。バックの取り合いからロープに押し込んだエルガンだが、ロープを掴んだYOSHI-HASHIはエルガンに飛び付いてリバースDDT。しかしYOSHI-HASHIの串刺し攻撃をかわしたエルガンは、串刺し攻撃を狙う。

YOSHI-HASHIは蹴りで迎撃しようとしたが、その足をロープの上に乗せたエルガンはローリングエルボーからロコモーションジャーマン。パワーボムの体勢に入ったエルガンだが、リバースで切り返したYOSHI-HASHI。しかしエルガンは延髄斬り。YOSHI-HASHIもラリアットを返すが、エルガンもフロントキック。続くバイシクルキックをキャッチしたYOSHI-HASHIはトラースキック。だが、エルガンもラリアットを返す。
エプロンに出たYOSHI-HASHIをコーナー二段目に乗って捕まえたエルガンは、ぶっこ抜き雪崩式ファルコンアロー。カウント2で返したYOSHI-HASHIだが、エルガンは首をかっ斬るポーズからパワーボムの体勢。しかしコードブレイカーで切り返したYOSHI-HASHIはラリアット。

エルガンも腕へのラリアットで迎撃するが、YOSHI-HASHIは利き腕である左腕でラリアット。そこからコーナーに登ったYOSHI-HASHIだが、追いかけていったエルガン。だが、YOSHI-HASHIは回転エビ固めで切り返す。そこからもう一度コーナーに登ったYOSHI-HASHIはスワントーンボムを投下。かわしたエルガンはラリアットを狙うが、エルボーで迎撃したYOSHI-HASHI。
ネックブリーカーを狙ったYOSHI-HASHIだが、エルガンはローリングエルボーで迎撃すると、四つん這いになったYOSHI-HASHIにもう一発ローリングエルボー。さらにターンバックル・パワーボムで投げつけたエルガンはダメ押しのエルガンボム(=スパイラルボム)で叩き付けて3カウント。

<試合後コメント>
マイケル・エルガン
「今日がG1クライマックスの最終日となった。頑張ったもののこのトーナメントで優勝するつもりだったが、それはかなわなかった。参加しているすべての選手にメッセージを送りたい。わたしはまた帰ってくる。恐れていろ、おびえていろ、そしてわたしの再登場のために準備しておけ」

ーー初参加のG1クライマックスについてはいかがでしたか。
「ベストな選手が集まるリーグ戦だったね」

ーー対戦した中で最も印象的な選手は誰でしょうか?
「イシイ選手だ」

第4試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第4試合この日の裕二郎は女豹の格好をしたセクシーダンサー・ピーター嬢を帯同して登場。猫耳を裕二郎につけた女豹ダンサーのピーター嬢は180度開脚してのセクシーダンスを披露。一方のCHAOSは矢野のテーマ曲ではなく『CHAOS音頭』で入場。
石井と裕二郎の先発で試合開始。裕二郎はサミングからフロントキックを叩き込む。すうrと石井もサミングをお返ししてからショルダータックル。続いて矢野とファレがリングイン。ロープに自らブレイクした矢野はレフェリーに抗議するファレの背後から頭を叩くとサミング。

怒ったファレはショルダータックルで吹っ飛ばすと左右のハンマーで殴りまくる。続いてトンガがハイハイでかく乱してからドロップキック。さらにコブラクローを見舞っていったトンガは裕二郎にタッチ。ハーフダウンの矢野にフロントキックを叩き込んだ裕二郎はコーナーにホイップ。しかし光の速さでコーナーカバーを外した矢野は、剥き出しになった金具に裕二郎を叩き付けると、コーナーカバーでファレを殴打。
タッチを受けた桜庭はファレにオンブ式スリーパー。裕二郎がカットに入ると、桜庭は裕二郎にもスリーパー。しかし腕に噛みついた裕二郎。怒った桜庭はスタンディングのアームロックからフロントネックロック。しかし裕二郎もフィッシャーマンバスターで切り返すとトンガにタッチ。

石井が入ってきてパワースラムで叩き付けると突進するが、トンガはドロップキック。しかし倒れない石井はショルダータックルからブレーンバスター。トンガもリープフロッグで石井をかわすとスピアー。さらに旋回式のフラップジャックで石井の顔面をマットに叩き付けると、ヴェレノ(=ナカユビ)を狙う。
しかしヘッドバットで逃れた石井。そこに裕二郎が入ってきてラリアットを叩き込むと、ファレがジャンピング・ボディプレス。そしてトンガがトンガンツイスト(=リバースのネックスクリュー)を決めるがカウントは2。BULLET CLUBはトレイン攻撃を狙ったが、ファレのコーナースプラッシュをトンガに誤爆させる。

ファレと裕二郎がダブルのショルダースルーを狙うが、背後から矢野が急所攻撃。さらにエプロンから桜庭がトンガをスリーパーで捕まえてから突き飛ばすと、石井がラリアット。そこから垂直落下式ブレーンバスターで叩き付けて3カウント。

<試合後コメント>
矢野通
「俺の、宮本武蔵が止まらない。(手に持ったDVDを見せながら)絶賛発売中!」

第5試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第5試合本間、飯伏が入場した際は大歓声が起こったが、内藤の入場の際は大ブーイング。ロス・インゴベルナブレスのTシャツとキャップ姿で登場した内藤は相変わらずリングインしそうでなかなかしない。放送席のゴン中山さんにキャップを渡した内藤はようやくリングイン。真壁が入場してくると飯伏と睨み合い。
真壁と飯伏の先発で試合開始。飯伏のショルダータックルを受け止めた真壁は「こうやるんだ」とショルダータックルを狙うが、飯伏はドロップキックで迎撃。しかし真壁は端ってきた飯伏にショルダーブロック。

ここで飯伏が柴田にタッチすると、柴田は控えの内藤を睨み付ける。だが、内藤は一切目を合わせない。本間がリングインすると脇を差した柴田はロープに押し込む体勢を入れ替えた本間がクリーンブレイクすると、エプロンから内藤が柴田にエルボー。クールな表情のままの柴田は本間の小こけしを2連続でかわしてから控えの内藤にフロントキック。だが、読んできた内藤はリング下に降りてかわす。
後藤が本間に串刺し式村正(=ニールキック)から牛殺しを狙うが、本間は背後に逃れる。後藤はローリングラリアット。しかし倒れない本間はラリアットの相打ちから後藤をラリアットでなぎ倒して内藤にタッチ。

側頭部に低空ドロップキックを叩き込んだ内藤は後藤を踏みつけて目を見開くポーズ。さらに控えの柴田を攻撃して場外に叩き落とす。怒った柴田だが、内藤の背後から後藤がラリアットで吹っ飛ばすと柴田にタッチ。ナックルパートから串刺しフロントキックを叩き込んだ柴田は顔面ウォッシュ。不適な表情の内藤だが、柴田は串刺し式低空ドロップキック。
さらにハーフハッチで投げた柴田は卍固めに捉える。本間がカットに入るが、柴田は本間にエルボー。すると内藤がバックを取ってジャーマンで投げ捨てる。柴田も顔面へのフロントキックを返すが、内藤はジャンピングエルボーアタック。内藤は真壁にタッチを求めるが、真壁は応じない。

内藤が真壁の体を叩いて強引にタッチすると、飯伏がミサイルキックで飛び込んでくる。しかし真壁もパワースラムを返すと、串刺しラリアットからコーナーで馬乗りナックル。さらにダブルリストアームサルトで投げていくと、飯伏とエルボー合戦。そこから飯伏は蹴りと掌底のコンビネーションで倒すとその場飛びムーンサルト。
だが、真壁も走り込んだ飯伏にカウンターのラリアットを叩き込んで本間にタッチ。逆水平チョップから串刺しジャンピングエルボー、フェースクラッシャー、小こけし、前方回転ネックブリーカーと決めていった本間だが、飯伏もカウンターのフランケンシュタイナーを決める。飯伏が本間のバックを取って突き飛ばすと後藤がノータッチヘッドバット。そこからジャーマンで投げた飯伏。

場外では柴田が内藤を鉄柵に叩き付けてからフロントキックで鉄柵の外に蹴り出す。リング上では飯伏がシットダウン・ラストライドから右ハイキック。そしてフェニックス・スプラッシュを投下して3カウント。場外ではなおも柴田が内藤のTシャツを破ってから首を絞めていく。リング上でも真壁が飯伏にエルボーで向かって行くが、飯伏はストレート掌底を連打するとハイキック。これで真壁は前のめりにダウン。
2015-8-16新日本プロレス両国_柴田と内藤が挑発合戦リングに戻った柴田はリング上であぐらをかいて腕組み。すると内藤もエプロンに寝転んでニヤリと笑って手招き。さらに内藤は真壁のチェーンを投げつけ、放送席からキャップを回収。リング上では後藤と飯伏も柴田の横であぐらをかいて腕組み。

<試合後コメント>
後藤洋央紀&柴田勝頼&飯伏幸太
ーーG1でのリーグ戦を通じて柴田選手へのお客さんからの期待が大きくなっている事を強く感じたのですが?
柴田「……ありがとうございます。とりあえず今日のクソガキ。めんどくさいから、やってやるって。いつでもいいよ、俺は。一回終わったと思ったけど。G1で、公式戦でやってるんでね。終わったと思ったけど、いつでもいいよ。やってやる。始まる前に終わらせてやる。以上!」

ーー公式戦最終戦と今日と、明日につながる勝利だと思いましたが?
飯伏「まずG1を完走できたことが自分の中では一番のプラスになったと思いますし、すごいいい経験になったと思います。今日も直接じゃないですけど、(真壁に)勝ったんでぜひNEVERのベルトに挑戦したいと思います。挑戦させてください。お願いします」

ーー飯伏選手の中では真壁選手とNEVERのタイトルとでは気持ち的にはどちらが重いですか?
飯伏「……どっちも同じくらいですね。でも真壁さんともう一度シングルマッチができる。ベストな状態でお互いできれば一番うれしいです。前回、公式戦で勝ったんですけどあくまで公式戦なんで。その時の体調によるんで。今回はよりベストな状態でお互い戦えると思うんですけど。ベストな状態で挑戦したいです。ありがとうございました」
後藤「インターコンチネンタルチャンピオンとして、決勝に上がれなかった。悔しいよ。でも何より悔しいのは中邑にタップアウトというかたちで敗れたことだ。こうなりゃよ、中邑、優勝しろ。その優勝した中邑とやって叩きのめしてやるから」

天龍登場

2015-8-16新日本プロレス両国_天龍が引退試合の相手にオカダを指名第5試合終了後、2016年1月4日に東京ドームで『レッスルキングダム10』を開催することを発表すると、スーツ姿の天龍源一郎が登場。放送席の外道に何やらひと声かけてからリングにあがった天龍は「オイ、新日本! 俺の引退の相手を今日決めるつもりで来たぞこの野郎! どうなってんだ? ハッキリせえオラ! レインメーカーは出てこないのか?」と言うと、放送席を立った外道がリングに上がって「天龍さん、レインメーカー待ちですか? あいにくだけどレインメーカーは出てこねぇぞオイ!」とバッサリ。
それを聞いた天龍は「オイ、ずいぶんと背が小さくなってきたなじゃねぇかこの野郎」と外道を挑発。すると外道「言っておくけどな天龍さん、レインメーカーが出るまでもねえよ。俺が答えてやるよ。答えはもちろんNOだ!」と引退試合の相手にオカダを指名していた天龍に対して「NO」を突き付ける。

これには場内からブーイングが起こるが、天龍は「オイ、昭和のプロレスを味わう最後のチャンスだこの野郎」。だが、外道は「天龍さん、これはあんたのためなんだよ。プロレスだけじゃねぇ。人生まで引退しなくていいようにな」と言うが、そこにオカダ・カズチカが現れる。
リングインしてマイクを持ったオカダは「天龍さん、引退されるそうですね。お疲れ様でした。天龍さんにひとつだけ言わせてください。僕と同じ時代じゃなくてよかったですね」と、かつて猪木、鶴田、そして天龍に向けて吐いた台詞を再び吐いた。すると天龍は「オイ、あんちゃん。吐いた唾は飲み込むんじゃねぇぞこの野郎」と言って睨み付ける。

するとオカダは「天龍さん、11月15日、どうなっても知らないですよ。それでもいいならやりましょう!」と天龍の引退試合の相手になることを受諾。一気に場内が沸き上がると、天龍は「オカダ、よく言ったよお前。お前、平成のかっこいい男だよ。認めてやるよ。俺はその日まで楽しみに一生懸命体鍛えてやるよ」と言うとオカダと睨み合った。そこから『サンダーストーム』が天龍が引退の地に選んだ国技館に鳴り響くと、スーツ姿のまま天龍は受け身を取ってからリングを降りると、追いかけてきた報道陣に背を向けたまま会場から出ていった。

第6試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第6試合ヤングバックスの持つIWGPジュニアタッグ王座にROHのreDragonが挑戦。マットとフィッシュの先発で試合開始。お互いの蹴りをかわして睨み合うと、マットが唾を吐きかけるとニックにタッチ。オライリーをショルダータックルでなぎ倒すたニックだが、「Su●K It!」と挑発したオライリーはアームドラッグから腕十字。さらにカニ挟みからのシャープシューター。
ロープに逃れたニックに今度はフィッシュがスリングショット式アトミコを投下。続いてオライリーがロープに飛ぶと、エプロンからマットが攻撃。だが、トップロープを下げてマットを場外に追いやると、フィッシュが入ってきてトペコンを発射。オライリーはニックにぶら下がり式三角絞め。

reDragonはニックにサンドイッチローキック。しかしフィッシュがロープに飛んだところでマットが場外から足をすくって引きずり出すと、ニックがエプロンからランニングロー。オライリーが救出に入ってくるが、ヤングバックスはダブルのスーパーキックで迎撃。さらにニックが抑えたオライリーにマットがスワントーンボム。するとセコンドのコーディがオライリーをファイアーマンキャリーで担いでそのままバックステージまで走っていって拉致。
リング上ではフィッシュがマットにアンクルホールドを決めるが、当然ニックがカット。ニックが捕まえたフィッシュにマットが前方回転ネックブリーカーを決めると、そのままマットがバックブリーカー。フィッシュもエルボーで反撃すると、マットにハイキック。

だが、タッチしようにもオライリーの姿がない。そこにニックが串刺しニーを叩き込むと、マットのスピアーからニックがランニングニー。だが、フィッシュもランサルセでヤングバックスをコーナーに叩き付けると、ニックの串刺しニーをかわしてマットに誤爆させてからニックにバックフリップ。
ここでようやくオライリーが戻ってきてミサイルキックでヤングバックスをまとめて吹っ飛ばす。さらにマットに飛びヒザ、ミドル、水面蹴りを叩き込む。そこにニックが回転エビ固めを狙うが、オライリーは腕十字で切り返す。マットがカットに入るが、オライリーはアキレス腱固めに捉える。

さらに場外に出たニックにジャンピングニーを叩き込むと、コーナーに登っていくがマットも立ち上がる。オライリーが飛び越えると、フィッシュがクロスボディーで飛び込んでくる。そこからreDragonはバックブリーカーとダイビング・ニードロップの合体攻撃。しかしニックがオライリーにXファクター(=相手の頭を掴んでジャンプして決める開脚式フェースバスター)を決めると、場外のフィッシュにスイングDDT。
ヤングバックスはオライリーにターンバックル・パワーボムと延髄斬りのサンドイッチ攻撃から大暴走。さらにロープに両足を乗せられ固定されたオライリーにニックが450°スプラッシュを投下。カウント2で返したオライリーはフロントネックロック。マットもそのままノーザンライト・スープレックスで投げていくと、そこからツームストンパイルドライバーの体勢。

インディーテイカー(=スワンダイブ式ハイジャックツームストンパイルドライバー)を狙うが、フィッシュがニックの足を掴んで阻止。オライリーは連続ダブルアーム・スープレックスを決めるとDDT。そこをフィッシュがジャーマンで投げる。だが、ニックのスピンキックをかわしたオライリーはカカト落とし。バックエルボーを返したニックだが、オライリーはアイルビーバックからラリアット。
さらに垂直落下式ブレーンバスターから腕十字。そこにフィッシュがダイブすると、オライリーはアルマゲドン(=足取り式腕十字)を狙うが、マットがカット。ニックはレフェリーを盾にするとフィッシュに急所蹴り。さらにベルトでフィッシュとオライリーを殴打。

フィッシュにインディーテイカー(=スワンダイブ式ハイジャックツームストンパイルドライバー)を決めたがカウントは2。驚きの表情を隠せないマット。するとオライリーがフィッシュを突き飛ばし、ヤングバックスに唾を吐きかける。するとコーディがエプロンにあがってきたオライリーを羽交い締め。そこにヤングバックスがダブルのスーパーキックを放つが、オライリーがかわしてコーディに誤爆させる。
だが、オライリーはヤングバックスをまとめてドラゴンスクリューで投げていく。しかしマットがスーパーキックを叩き込むと、マットがオライリーを場外に連れ出し、場外でインディーテイカーを狙う。だが、フィッシュがニックをバックドロップで投げて阻止。

逆にreDragonが場外でマッチにチェイシング・ザ・ドラゴン(=オライリーがブレーンバスターの体勢で持ち上げたところにフィッシュがミドルキック→垂直落下式ブレーンバスター)を決めると、リングに戻ったフィッシュはニックに雪崩式ファルコンアロー。そこからオライリーとチェイシング・ザ・ドラゴンを決めて3カウント。reDragonがIWGPジュニアタッグ王座奪還に成功した。

<試合後コメント>
reDragon
オライリー「日本に来てしばらく経つが、IWGPジュニアのベルトをようやく取り戻した。今度自分たちに挑戦してくるのは誰でもいい。ジュニアヘビーの選手でもヘビーの選手でも誰でも。ヤング・バックスが挑戦したいというのならそれももちろん受けてやる」
フィッシュ「ついにベルトを獲り返した。IWGPジュニアタッグのベルトだ。自分たちに挑戦してくるのなら、いつでも誰でも受けてやる。新日本に来ることができて本当に良かった。これから10回でも20回でも防衛し続けたい」

第7試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第7試合新日本マットに約1年ぶりに帰ってきたリコシェがKUSHIDAの持つIWGPジュニアヘビー級王座に挑戦。昨年のスーパージュニア優勝決定戦でリコシェに敗れているKUSHIDAとしては絶好のリベンジチャンスだけに、ビッグマッチ用の『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のテーマを前奏に付けた入場テーマで入場。
アリキックで飛び込んだKUSHIDAだが、リコシェは距離を取る。立ち上がったKUSHIDAはショルダータックルで倒すが、すぐに立ち上がったリコシェはリープフロッグからバック転からのヘッドシザースで投げるが、KUSHIDAは着地。するとリコシェはコルバタでKUSHIDAを場外に投げるが、リコシェはダイブと見せかけてバック転フェイント。だが、KUSHIDAはスワンダイブ式ミサイルキックで飛び込む。

リコシェの左腕を取ったKUSHIDAは捻り上げてからマットに叩き付ける。左腕を痛めつけるKUSHIDAだが、リコシェは旋回式ブルーサンダーで叩き付けると、場外にエスケープしたKUSHIDAに鉄柱越えのトペ・コンヒーロ。さらにKUSHIDAの腰をエプロンに叩き付てからリングに戻したリコシェはスリングショット式変形アトミコを投下。
ミドルキックからエルボースマッシュを叩き込んだリコシェは、ハーフダウンのKUSHIDAに低空ドロップキックからその場飛びムーンサルト。KUSHIDAもエルボーで反撃すると、リコシェの左腕を蹴り上げていくが、リコシェもローリングエルボー。しかしKUSHIDAは倒立キックでリコシェを場外に追いやると、コーナー最上段からトペ・コンヒーロを投下。

さらにリングに戻ろうとしたリコシェにドロップキックを叩き込んだKUSHIDAはムーンサルトプレス。リコシェがかわすとKUSHIDAは着地するが、リコシェは飛び付き式ネックブリーカーからその場飛びシューティングスター。KUSHIDAのムーンサルトアタックをキャッチしたリコシェだが、KUSHIDAはチキンウイング・アームロックで切り返す。そこから魔神風車固めで投げたKUSHIDAはもう一度アームロックへ。
だが、ファイアーマンキャリーで持ち上げたリコシェはベナドリラー(=ファイヤーマンズキャリーの体勢から相手を足から落とし、棒立ちになったところにハイキック)。かわしたKUSHIDAは左腕にミドルキック。しかしリコシェもスーパーマンパンチを返すとエプロンから延髄斬り。

だが、スワンダイブ式アックスボンバーをキャッチしたKUSHIDAは腕十字。三角絞めにスイッチしたKUSHIDAだが、そのまま持ち上げたリコシェはバスターで叩き付けて脱出。お互いにマットにヒザをついたままエルボー合戦。そこからリコシェはエルボースマッシュ。しかしKUSHIDAもショルダーアームブリーカーを返す。リコシェがバックスピンキックを打てば、KUSHIDAもオーバーヘッドキックを返す。
KUSHIDAは左腕へのミドルキックからハンドスプリングエルボー。しかしキャッチしたリコシェはロコモーション式ノーザンライト・スープレックスから3発目はブレーンバスター。リコシェはスワンダイブ式450°スプラッシュを投下。かわしたKUSHIDAだが、リコシェはジャンピングキック。だが、KUSHIDAも投球フォームからのパンチを返すとドラゴンスープレックス。

カウント2で返したリコシェだが、KUSHIDAはムーンサルトプレス。これもカウントは2。雄叫びをあげたKUSHIDAはリコシェの左腕にパントキック(=下から顔面を蹴り上げる)を見舞うと前から飛び付いてアームロック。だが、リコシェもベナドリラーで切り返そうとするが、KUSHIDAはかわして延髄斬り。
だが、リコシェはカウンターの厳鬼(=ジャンピングダブルニーのまま相手を押し潰す技)からシューティングスタープレスを投下。カウント2でKUSHIDAkが返すと、ペナドリラーを決めるがKUSHIDAは目の前のロープを掴む。リコシェは630°セントーンを投下するが、かわして自爆させたKUSHIDAはホバーボードロック(=アームロックの体勢から後転して改めてアームロック)。後転してリング中央に戻し、ガッチリと極めたところでリコシェがタップ。

KUSHIDAは昨年のスーパージュニア優勝決定戦での借りを返して初防衛に成功した。敗れたリコシェは「もう1回」とアピール。KUSHIDAが頷くと、KUSHIDAの腕を掲げて勝利を称えた。

<試合後コメント>
KUSHIDA
ーータイトル防衛おめでとうございます。先日のオライリー戦とは打って変わって大空中戦を受けて立った試合だったかと思いますが。
「そうですね。そう言われてみればそうですね。今ジュニアのトップを走るオライリー、ケニー・オメガ、リコシェ。この三人。三人とも技術が違う。極める技術、打撃、そしてハイフライヤー。どの分野を取ってみてもトップクラスですよ。ただその中で一番強いのは新日本プロレスのKUSHIDA。俺だ。こんな短期間に3トップを破った人間はいないでしょう。スゲー自信になりました」

ーーますますこのベルトへの愛着が深まったのではないでしょうか?
「そうですね。リコシェの一番の脅威は分かり易さ。誰が見ても『スゲー。面白い』。だけど底の深さ、これが俺が身につけたものと違うなと。表裏一体ですよ。分かり易い。素晴らしいよ。でも軽くもない。重い。でもプロレスはね、分かり易いものでは成り立ってないから」

ーー両国という場でタイトル防衛できたという事ではいかがですか?
「ずっとスーパージュニアの決勝をここに持っていきたいと。そしてG1クライマックスは3日間も満員にしちゃったわけで。全国廻ってやっぱりジュニアとヘビー。今現在、今日現在。とてつもなく大きな差があると僕は自覚しています。ただ俺がここまで、新日本プロレスの中で、外で、海外で歩んできた道が証明しているでしょう。一歩一歩、一歩一歩夢を持って価値観を必ず逆転させます! リコシェ! サンキュー・ベリーマッチ。ウェルカム・トゥ・ニュージャパン・プロレス。ライバルが増えてうれしいですね!」

第8試合

2015-8-16新日本プロレス両国_第8試合オカダがキングダムとトリオを結成し、AJ率いるBULLET CLUBと対戦するスペシャル6人タッグマッチがセミファイナル。オカダとAJの先発で試合開始。バックの取り合いから腕を取ったAJだが、足をすくって倒したオカダはレッグロック。だが、AJもすぐに脱出。すると握手を求めていったAJ。オカダは応じると思わせておいてToo SweetポーズでAJの額にキッス。
怒ったAJが襲いかかるが、オカダはショルダースルーで投げ飛ばしてターバンにタッチ。ギャローズにコーナー二段目からのミサイルキックを発射したターバンだが、エプロンからアンダーソンが攻撃すると、ギャローズはフロントキックからバイシクルキック。

さらにボディブローや地獄突きを見舞っていったギャローズはAJにタッチ。リープフロッグでターバンをかわしたAJはカウンターのドロップキック。アンダーソンとギャローズが入ってきてアンダーソンのジャンピング・フロントキックからギャローズがコーナースプラッシュをお見舞いするとバックドロップとネックブリーカーの合体技。
ここでマリアがエプロンに上がってきてアンダーソンに笑顔をおくるとアンダーソンも笑顔に。そこにAJが入ってきてアンダーソンを止めるが、アンダーソンが「マリアを見ろ」とやるとAJまで笑顔に。

さすがにギャローズが入ってきて2人を制止すると、マリアに殴りかかろうとする。そこにオカダとキングダムが襲いかかっていくと、ベネットがアンダーソンにエルボーからテーズプレス。馬乗りパンチをお見舞いしていったベネットは、変形のロックボトムで叩き付ける。しかしアンダーソンが突き飛ばすと待っていたギャローズが地獄突き。
すかさずマジックキラーを狙うがターバンがカット。ターバンがギャローズを場外に追いやると、アンダーソンにトレイン攻撃。そこからターバンのスパインバスターからベネットがライオンサルトを投下。だが、コーナーに登ったターバンをギャローズを引きずり落とす。

ベネットがアンダーソンにスピアーを返すと、オカダとAJが同時にリングイン。スピーディーな攻防からオカダがジャックナイフ式エビ固めからのリバース・ネックブリーカー(=こうもり吊りの体勢から相手の後頭部にヒザに叩き付ける)。しかしダイビング・エルボードロップをかわしたAJはオカダを場外に放り投げる。
キングダムとアンダーソン&ギャローズがやり合うが、ギャローズがベネットに地獄突きを叩き込むとマジックキラー。さらにコーナーに登ったターバンをギャローズがデッドリードライブで投げるとアンダーソンがガン・スタン。

オカダは辛くもマジックキラーを逃れると、AJにドロップキック。しかしAJもミスティカのように回転してからスタイずクラッシュを狙う。だが、オカダもAJを掴むと前に回してきてツームストンパイルドライバー。だが、AJもレインメーカーをかわしてペレキック。オカダもレインメーカーをもう一度狙ったが、かわしたAJはオカダのお株を奪うように逆さ押さえ込みからタイガードライバーのような体勢でオカダの体を浮かせてからスタイルズクラッシュを決めて3カウント。
大の字に倒れたオカダの上にIWGPのベルトが置かれると、そのベルトを手に取って掲げたAJはオカダにベルトを返す……というより、再びその日が来るまで預けておいてやるという感じだった。

<試合後コメント>
キングダム
ベネット「オカダは大丈夫かな」
ターバン「俺たちは負けるのは嫌だ! もうこんな結果はこりごりだ。今日は今日として我々には2つの目標がある。ひとつはBULLET CLUBを叩きのめすこと。もうひとつはIWGPタッグのベルトを獲ることだ」
ベネット「今日の結果は全くクソなものだ」

第9試合

2015-8-16新日本プロレス両国_25回目のG1決勝を見守る第1回G1決勝で対戦した武藤と蝶野史上最長・最大規模で開催された25回目の真夏の最強戦士決定戦G1クライマックス。Aブロックを勝ち上がってきたのは、G1といえど国技館が満員にならなかった時代から新日本を支えてきた棚橋弘至。Bブロックを勝ち上がってきたのは、今シリーズ中左ヒジを負傷して一度は欠場したものの、3大会休んだだけで復帰してここまで勝ち上がってきた中邑真輔。
試合前に『FANTASTIC CITY』を前奏にした『CRASH』に乗ってG1で5度優勝している蝶野正洋が登場して放送席に座る。続いて『HOLD OUT』に乗って95年G1覇者の武藤敬司が登場して放送席へ。蝶野が「25年の歴史を重ねてきて素晴らしいと思う」とコメントすると、武藤は「俺、10分前に会場入りしたんだけど大入り袋もらったんだよ」といかにもなコメント。25年前、伝説の第1回G1優勝決定戦で対戦した両雄が見守る。

2015-8-16新日本プロレス両国_第9試合まずは2年連続優勝決定戦進出の中邑が滾りながら入場。続いて気合いの雄叫びをあげた棚橋が右手人差し指を掲げながら入場。超満員の場内を見渡し、やや感極まった表情にも見える棚橋。両者がG1の優勝決定戦で対戦するのは今回が初めて。
試合開始のゴングが鳴ると、慎重に腕を取ろうとするが、そこからロックアップ。バックに回った棚橋は中邑の負傷している左腕を捻り上げる。悲鳴をあげながら逃れた中邑は、ヘッドロックでグラウンドに持ち込むが、棚橋はヘッドシザースで脱出すると軽くエアギターを披露。

ヘッドロックに捉えた棚橋は、中邑がロープに飛ばして逃れようとしても離さない。どうにかロープに飛ばした中邑だが、棚橋はショルダータックル。しかし棚橋のフライングメイヤーを着地した中邑はニーリフト。片足タックルからグラウンドに持ち込んだ中邑はサイドにパスするが、棚橋はどうにか脱出。
牽制の蹴りを出した中邑だが、キャッチした棚橋はヒジを落とすと、背後に回ってヒザ裏にショルダー。なおも左ヒザを攻撃していった棚橋はエルボー。中邑もエルボーを返すが、棚橋は強引に中邑の左ひざにレッグブリーカー。テキサス・クローバー・ホールドを狙う棚橋だが、中邑はロープに脱出。棚橋は太陽ブローから中邑の踏みつけバイブレーションをやろうとするが、やめてコーナーに登っていく。

だが、中邑はハイキックで場外に蹴り落とすと、放送席の目の前でミドルキックから棚橋をエプロンに寝かせてニーリフトを突き上げる。リングに戻った棚橋をスリーパーに捉えた中邑はニードロップを投下。そこから挑発するように棚橋の顔を蹴っていった中邑だが、棚橋も立ち上がって睨み付ける。
エルボー合戦から中邑はニーリフトを叩き込むと、コーナーで踏みつけるが、足を掴んで立ち上がった棚橋はフライング・フォアアーム。ジャンピング・エルボードロップを落とした棚橋はエルボースマッシュからコーナーからのローリングセントーン。

しかし中邑もニーリフトからスピンキックを返すと前蹴りで棚橋をコーナー下まで吹っ飛ばして踏みつけバイブレーション。だが、足を掴んで立ち上がると、その右足をロープの上に乗せておいて左足にドラゴンスクリュー。これで場外にエスケープした中邑だが、棚橋はコーナー最上段からプランチャ式のハイフライフローを投下。
中邑をリングに戻した棚橋はエプロンに戻るが、そこに中邑はカンフーキック。再び場外に転落した棚橋だが、カウント18でどうにか戻る。エルボー合戦から棚橋がエルボースマッシュを打てば、中邑もスーパーマンエルボー。棚橋の串刺し式クロスボディーをかわした中邑は串刺しニーリフトからバッククラッカー。

さらにリバースパワースラムからボマイェを発射するが、棚橋は左ヒザへの低空ドロップキックで迎撃。棚橋は中邑のスピンキックをキャッチした逆回転のドラゴンスクリューを決めると、テキサス・クローバー・ホールドに捉える。シャチホコ式で反り上げる棚橋だが、中邑はどうにかロープに逃れる。
20分が経過し、棚橋はtwelve six(=抱え込み式ファルコンアロー)からハイフライフローを投下。かわして自爆させた中邑は背後から棚橋の後頭部目がけてボマイェを叩き込む。中邑はコーナー二段目からダイビング・ボマイェを発射。滾りまくった中邑は渾身のボマイェを狙ったが、バックに回り込んだ棚橋は回転足折り固め。

しかしカウント2で返した中邑はカカト落としからスライディング式ボマイェを側頭部に叩き込む。だが、棚橋はカウント2で返す。中邑はランドスライドを狙うが、強引に逃れた棚橋はツイスト・アンド・シャウト(=ネックスクリューからのシャウト)。棚橋はスリングブレイドを決めるとクロスボディー式ハイフライフローを決めると、正調ハイフライフローを決めたが、中邑はこれもカウント2で返す。
棚橋はドラゴンスープレックスを狙うが、中邑が踏ん張るとダルマ式にスイッチ。しかしヘッドバットで逃れた中邑はストレートパンチからランドスライドで叩き付ける。ダブルダウン状態になると、観客からは両選手への大声援が飛ぶ。先に立ち上がった中邑だが、棚橋も下から殴っていく。

両者立ち上がってエルボー合戦になると、棚橋はエルボースマッシュ。中邑が思わず片膝をつくが、棚橋をねじ伏せてニースタンプを連打するとニーリフト。だが、キャッチした棚橋はドラゴンスクリュー。スリングブレイドを狙うが、中邑は飛び付き腕十字。やや体勢を崩しながらもどうにか腕十字に捉えた中邑だが、棚橋も必死にクラッチ。
だが、中邑は三角絞めにスイッチ。棚橋は立ち上がろうとするが、中邑は下からの十字を狙う。だが、顔面を踏みつけて脱出した棚橋。そこに中邑がボマイェを叩き込むがカウントは2。30分が経過し、中邑はぐったりする棚橋を引き起こすと、コーナーの上に乗せて雪崩式ランドスライドを狙う。しかし踏ん張った棚橋はエルボーを連打してから張り手。

そこから至近距離からのハイフライフローで押し潰した棚橋はドラゴンスープレックスで投げるがカウント2。棚橋はうつ伏せで倒れている中邑の背中にハイフライフローを投下すると、仰向けにして正調ハイフライフローを投下して3カウント!

 

エンディング

2015-8-16新日本プロレス両国_25回目のG1は棚橋が優勝8年ぶり2度目のG1制覇を達成した棚橋だが、試合後は両者倒れたまま。どうにか立ち上がった棚橋は勝ち名乗りを受けると歓喜のガッツポーズ。すると中邑が握手を求める。棚橋がその手を握り返すと中邑はその腕を掲げて棚橋を称えた。その様子を武藤と蝶野が見つめるという歴史的瞬間。

蝶野が優勝旗を渡すと、武藤が優勝賞金の小切手を渡す。そしてゴン中山さんから優勝トロフィーを受け取った棚橋は高々と掲げてみせる。武藤、蝶野、中山さんと共に記念撮影に応じた棚橋はマイクを持つと「ありがとうございましたー! 夏を極めました。みんなのお陰です、ありがとうございます。そしてもっとありがとうを言わせてください。プロレスを知ってくれてありがとう、プロレスを好きになってくれてありがとう、そして会場に来てくれてありがとう。そして応援してくれてありがとうございましたー! 今日でG1は終わりますけど、プロレスはずっと続いていくんでこれからも応援よろしくお願いします。ありがとうございましたぁ!」と言ってから、リングを降りようとする。
が、当然このまますんなりとリングを降りるわけはなく、一度滾ってからリングに戻った棚橋は、小松からエアギターを受け取ると「両国ー! 両国ー! 両国ー! 盛り上がっていこうぜー!」と叫んでエアギターを披露。さらにコーナーに登って「ラスト!」と叫んでからアンコールに応えた棚橋はエアギターを叩き付けて破壊。

しかしリングサイドの女性ファンから新しいエアギターを受け取った棚橋は「じゃあラスト、新曲いきます!」と叫んでから3度目のエアギターを披露すると、「タナハシ、サイコー」コール。全身でコールを浴びた棚橋は「ありがとう。最後までありがとうございました。じゃあ最後に会場の皆さん、そしてG1を見てくれた皆さん、愛してま〜す!」と叫び、輝く紙テープを浴びた棚橋は超満員の場内に向かって人差し指を突き上げると、両腕で渾身のガッツポーズ。そしてリング上を寝転がって全員紙テープまみれになって喜びを噛みしめた。
その後、優勝旗をエアギター代わりにしていた棚橋だが、何と優勝旗が折れるアクシデント! これにはリングサイドに駆けよってきたファンもびっくりした表情だったが、苦笑いした棚橋は優勝旗を尾崎リングアナに預けると、優勝トロフィーを掲げてからこの日もリングサイドのファン一人一人とハイタッチをしたり、タオルで汗を拭いて回ってみせた。

<試合後コメント>
中邑真輔
「……燃えたでしょう。リングの上で全部、全部吐き出した!」

棚橋弘至
ーー優勝おめでとうございます! 今の気持ちをあらためて教えてください!
「とうとう、8年ぶりに夏を極めました。シリーズが長くて、日程がきつかった分、充実感がすごいです。あふれてきます」

ーー今ご自身から8年ぶりという言葉がありました。2007年に優勝した時とは全く違う景色、ファンの声が広がっていたと思うのですが。
「本音を言うとね、お客さんには帰ってほしくないというか、いつまでもあの空間にいたいという気持ちでした」

ーー試合後にリング上にいた時間もいつも以上に長かったように思うのですが。
「その後起こった事(=優勝旗が折れてしまったこと)もね、あったけど、(※自分に言い聞かせるように)心は折れなかったという事で、よろしくお願いします!」

ーー若干隣にある旗が短いような気もしますが……
「はい! 徹夜で直します! こんな出来事、本当に100年に一回ですよね(苦笑)。すいませんでした!」

ーー今日の決勝の相手は中邑真輔選手でした。それについてはいかがでしょうか?
「……東京ドームで初対決してから、いろんなところでライバルと見られて、そういう中で戦ってきたけれど、それだけだったんでね。ライバル、それ以上何を望むんだって話ですけど、『ライバルでしょ?』で片づけられてしまうのは嫌ですね。また今日を境にライバル以上の関係性を俺は望みます」

ーー今日は放送席に武藤さん、蝶野さんの2人が見守る中での決勝戦でしたが。
「光栄です! 第1回から25年という歴史があるんで、歴史に敬意を示しつつ次なる一歩をという。その姿勢はこれまでもこれからも変わらないです」

ーー次なる一歩ということですが、これからG1王者としての戦いが待ち受けていますが、これから先についてはどのようなイメージがありますか?
「このG1という1か月の期間で、新日本プロレスの中心に戻りました。誰がなんと言おうと俺が新日本プロレスの中心です。そして俺が中心になった方が絶対に新日本プロレスは面白い。次に期待してください」

ーー新日本の中心になるという事でIWGPのベルトも気になるところかと思いますが。
「G1終わってもね。プロレスはまだまだ続いていくんで。このG1の勢いをこのまま続けていって。そうしたら自ずとベルトも戻ってきます」

ーー開幕戦でのお客さんとの世界一チャラくて重い、「ちょっくら優勝してきます」という約束を見事に果たしましたね
「リング上で言えば良かったですね(笑)。ちょっくら優勝してみました」

ーー今年の夏はNumber、月刊別冊カドカワと、プロレス以外のメディアの表紙を飾り、今回のG1も優勝で飾ったということで、棚橋選手には忘れられない夏になったのではないでしょうか?
「……今の時点で、シチュエーション、ファンのみなさん、結果、すべてが最高です。でも満足しないでさらに上を目指します」

ーー当然新日本の中心として、顔としてという事ですね?
「もっと行けるんです、プロレスは。もっと行けるから、それだけを信じて。……ありがとうございました!」

関連記事

サイト内検索

日別

2017年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る