DDT 8.2新木場大会 闘うビアガーデンプロレス プロレス甲子園2015優勝者vs.X以外のカードは入場時に判明

  • 0
    Google+でシェア
  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

闘うビアガーデン2015〜DDT〜
日時:2015年8月2日(日)
開場:17:00 開始:18:00
会場:東京・新木場1stRING
観衆:460人(超満員札止め)

▼第1試合 2対5ハンディキャップマッチ 30分1本勝負
●高木三四郎/大鷲透
1分44秒 横入り式エビ固め
松永智充/中津良太/梅田公太/岩﨑孝樹/○鈴木大

▼第2試合 タッグマッチ 30分1本勝負
大石真翔/●勝俣瞬馬
9分37秒 ニールキック→片エビ固め
○石井慧介/高尾蒼馬

▼第3試合 ドランク5WAYマッチ 30分1本勝負
○アントーニオ本多
17分48秒 ウラノに躓いてから押さえ込む→体固め
●入江茂弘
※あとの3人はヤス・ウラノ、佐々木大輔、竹下幸之介

▼第4試合 シングルマッチ 30分1本勝負
○坂口征夫
9分25秒 腕ひしぎ逆十字固め
●鈴木大

▼第5試合 トーキョーダンシング&昭和歌謡デスマッチ 30分1本勝負
●平田一喜
10分34秒 首固め
○福田洋

▼第6試合 スペシャルシングルマッチ 30分1本勝負
○X=男色ディーノ
13分26秒 リップロック
●樋口和貞(プロレス甲子園2015優勝者)

▼第7試合 タッグマッチ 30分1本勝負
○KUDO/マサ高梨
13分13秒 ダイビング・ダブルニードロップ→片エビ固め
HARASHIMA/●彰人

プロレス甲子園で優勝した樋口の相手Xはディーノ!リップロックに轟沈した樋口に…
沖縄から帰還する鈴木大に高木大社長が営業職との兼務&3か月間の大阪赴任の辞令!

オープニング

2015-8-2DDT新木場_オープニングまず鶴見亜門GMが登場して観客に飲み物を用意するように言うと、この日乾杯の音頭を取るのはプロレス甲子園2015で優勝した樋口。マイクと飲み物を手に持った樋口が「昼の部のプロレス甲子園で優勝しまして、今日X、本当に誰か分からないですけど、HARASHIMAさんだろうがKUDOさんだろうが、自分は目の前にいる敵をぶっ潰すだけなので応援よろしくお願いします。それでは行きます、乾杯!」と乾杯の音頭で大会がスタート。

第1試合

2015-8-2DDT新木場_第1試合①大鷲は飛んで来た紙テープを手にキャッチして噛みしめるように高木にアピールする。対戦相手として登場したのは松永だけ。しかもその松永にも紙テープが飛び、愕然とする大鷲。すると松永は「高木さん、あんたは大社長だよ。でも、あんたに不満を持つ人間はこの会社にいるんだよ! それもな、1人や2人じゃないんだよ。みんな出てこーい!」と言い出すと、DNAのテーマ曲に乗って中津、梅田、岩﨑、鈴木のDNA勢が一斉に登場。

松永から「不満を言ってもらいましょう」と言われ、まず鈴木「不満しかないですよー! 忘れたとは言わせませんよ! 3か月の約束で沖縄に行って2年半、僕はいつになったら沖縄を離れて東京に戻ってこられるんですか! DNA始まってからも僕は行ったり来たりですよ!」とまくし立てるが、高木は「10年ぐらい行っててくれ」とバッサリ。
さらにその後、中津は「俺はね……とくにないっす(苦笑)」、梅田も「全然ないですね(苦笑)」、そして岩﨑も「僕もありません。感謝しかありません」と言ったため、何と不満があったのは鈴木だけ。

「話が違うじゃねぇかよ! うおーーーーー!」と発狂した鈴木は高木に襲いかかるが、スタナーで迎撃した高木は大鷲とトレイン攻撃からサンドイッチ・ラリアット。さらに高木がラリアットからカバーするが、DNA勢がカット。
DNA勢と松永で高木を攻撃し、尾を足を場外に追いやると「鈴木、行け!」と指示、鈴木はコーナーから「スーパーマンタロウパンチ!」とダイブするが、キャッチした高木はシットダウン・ひまわりボムの体勢に。しかし松永とDNA勢が飛び込んできて全員でビールミストを噴射。そこを鈴木がスクールボーイで丸め込んで高木から3カウント。

2015-8-2DDT新木場_第1試合②勝った鈴木は「高木さん、勝ちましたよ! これが僕が沖縄でやってきた2年半のすべてです! 僕が怒っているのは理由があります。僕はもっと大好きなDDTの力になりたいんですよ! だから……だから僕を東京に戻してはくれないでしょうか? お願いします」と頭を下げる。
それを聞いた高木大社長は8月いっぱいで沖縄から戻ってくるように言うと「2年半お疲れ様。最初は3か月って聞いていて、いつの間にか俺も『アイツ、いつ帰ってくるんだろうなぁ?』って思ってたんだけど、俺が『帰ってこい』って言うのをお前は待っていたんだな。……鈴木、ありがとう。お前のDDTの力になりたいっていう気持ちを受け止めてやるよ。お前、9月から選手兼任で営業職につけ! 皆さん、こいつ選手としては七流なんですけども、営業としては割と優秀で、だからなかなか沖縄から帰ってこられなかったそうなんですよ」というと、11月28日の大阪府立第一体育館大会の営業として、9月から11月までの3か月間、大阪に行くように社長命令!
さらに「お前のお疲れ様という意味を込めて、東京でいっぱい試合もしたかっただろ? だからこのあと俺がスペシャルな相手とのシングルマッチを組んでやるよ。楽しみにしておけよ」と言うと、鈴木の大阪行きを祝ってみんなで胴上げをしてから最後にお約束として落としてみせた。

第2試合

2015-8-2DDT新木場_第2試合1日のビアガーデンプロレス初日で結成された大石&勝俣の「KAT-TOO(カトゥー)」はNEWSの『チャンカパーナ』に乗って入場し、2人で振り付けを踊ってみせる。KAT-TOOからの握手を拒否したドリフ。大石vs.石井で試合開始。
腕の取り合いからロープに石井の腕を巻き付けてのハンマーロックに捉えた大石だが、アイドルらしくクリーンブレイク。続いて勝俣が高尾にドロップキックを叩き込むと、大石がキャメルクラッチに捉えたところへ勝俣が顔面への低空ドロップキック。

しかしドリフも勝俣をロープにもたれ掛からせ、場外に出た頭部にサンドイッチ・ドロップキック。「瞬!」と檄を飛ばす大石だが、高尾が勝俣にダブルチョップを叩き込むと、石井はより強烈な逆水平チョップから顔面を踏みつける。大石が「顔はやめろ!」と激昂するが、高尾がキャメルクラッチに捉えた状態で鼻フック。
そこに石井も加勢していくと、石井は弓矢固めで持ち上げる。そこに高尾が口に含んだ水をうがいをしてから勝俣の顔に吐きかける。石井にもすこしかかってしまい、ムッとする石井。ブレーンバスターを狙った高尾だが、背後に逃れた勝俣はドロップキック。

「大石くん!」とタッチすると、大石はランニングエルボーから串刺し攻撃を狙ったが、高尾はコンプリート・ショットでコーナーに叩き付けると、リバーススプラッシュ式フットスタンプ。続いて「おっさんが!」と叫びながらフロントキックを叩き込んだ石井だが、どうにか大石も反撃して勝俣にタッチ。
ミサイルキックを発射した勝俣はライトニング・スパイラルを狙ったが、石井はネックブリーカーで切り返す。そして勝俣を羽交い締めにしたところに高尾が口に含んだ水を噴射。これを勝俣がかわして石井に誤爆させると、大石が絶品!(=大石が使うムーンサルト系の技の総称)を投下。続けて勝俣がライオンサルトを投下。

さらに合体攻撃を狙ったが、石井は自力で回避すると勝俣に襲いかかる。だが、かわしてカサドーラでカウント3寸前まで追い込んだ勝俣は串刺し攻撃を狙う。これをかわしてジャーマンで投げ捨てた石井は立ち上がってきた勝俣にニールキックを叩き込んで3カウント。

第3試合

2015-8-2DDT新木場_第3試合①花道の前にテーブルが置かれた中、竹下、ヤス、入江、佐々木、アントンの順に選手たちが登場。すると5WAYマッチのルールが「乾杯」で始まり、酒を一杯飲む干さないと試合が始まらない。さらに試合中、フォールを返された選手はテーブルの上の酒を飲み干さないと試合に戻れないというドランク5WAYマッチ。
テーブルでは赤井沙希が酒を用意する中、リング上では選手が缶チューハイで「乾杯」。ヤス、差明、竹下が一気に飲み干すが、アントンと入江はなかなか酒が進まない。ようやく入江が飲み終えると、残ったアントンは本当に辛そうにチビチビ飲んでいく。

どうにかアントンも飲み干したところで試合開始。佐々木が共闘を申し込む中、握手に応じたのは竹下だけ。すると佐々木はトーキックをお見舞いするが、竹下はドロップキックを返す。そこを背後からヤスがスクールボーイで丸め込むが、竹下がカウント2で返したためペナルティでビールを1杯一気飲み。
思わず花道に座り込むヤス。アントンが「竹ちゃん、いけそうだからこの子を一緒に倒そう」と入江を指差すが、竹下は「監督、今日は敵や!」とアッパーカット。アントンも南部式ナックルからバイオニックエルボーを狙うが、そこを佐々木が丸め込む。

アントンがカウント2で返したため佐々木もペナルティの1杯。目が据わってきた佐々木だが、リング上では嫌がる入江をブレーンバスターで投げようとする竹下。そこにヤスが協力でダブルのブレーンバスターで投げてカバーするが、入江が返したためヤスと竹下がペナルティ1杯。佐々木もカバーするがこれも返され、竹下もカバーするが返される。
どうやら佐々木と竹下はビールが飲みたいがためにカバーしている模様。竹下はロープに足が引っかかるほど酔ってきたが、ここでアントンがカバー。入江がカウント2で返して、アントンがペナルティの一杯を飲みに行くと、ヤスが入江をボディスラムで投げようとする。

押し潰してカバーした入江だが、ヤスが返したため入江は泣きそうな表情でペナルティの一杯を飲みにい行く。そこに竹下がリングに戻ってくるが、完全に酩酊状態。場外では酔ったアントンが佐々木に笑いながら襲いかかるが、バケツをアントンの頭から被せた佐々木がナックル。
竹下は客席に座って枝豆を食べているし、佐々木はカメラマンのカメラを奪ってアントンを撮影。アントンがそのカメラを奪い取って佐々木の尻を撮ろうとしていたが、リングサイドの女性客をナンパし始まる。そこに割って入った竹下。すると激昂したアントンが女性客に殴りかかろうとするが、竹下が身を挺して守る。

「俺の体はどうなってもいい! この人の笑顔を守りたいだけなんや!」とタイガースマスクばりの名台詞。ようやくリングに戻ると、選手たちが相打ちになって全員がダウン。松井レフェリーがカウントを叩くとカウント2で全員が返したため全選手がペナルティ一杯。佐々木、竹下が早々と飲み干し、リングに戻ると佐々木が竹下に寝るように指示し、カバーするがカウント1で返したため、またビールを飲みに行く佐々木。
リング上では竹下がヤスをエアプレンスピンで回して完全グロッキー状態にしていく。そこに入江が戻ってきてカバーするが、カウント2で返されてしまい泣きそうになりながらペナルティの一杯を飲みに戻る。

2015-8-2DDT新木場_第3試合②佐々木は次々にスクールボーイで丸め込んでいくが、ことごとく返されてペナルティが6杯に。なぜかマツレフェリーも丸め込んで返されて7杯になったところでバックステージに戻ってしまった佐々木。リング上では泥酔した谷市が血走った目をしながらバンダナでアントンを殴っていく。
アントンも「お待たせました!」と南部式ナックルからバイオニックエルボーを狙うが、完全に千鳥足で決まらず。倒れたヤスに躓いてコケたアントンがグロッキー状態の入江の上に倒れ、そのまま3カウントが入ってようやくこのドランク5WAYマッチが終わった……

試合後、マイクを持ったアントンが「佐々木大輔ことカリスマがいま私に囁いたんですけど、アハハハハ……彼ちょっといなくなったと思うんですけど、『ちょっとお腹いっぱいになりすぎて1回ゲロ吐いてきた』……グダグダですね!」と大笑いする中、竹下はヤスをジャーマンで投げようとするし、完全にグロッキー状態の入江は松井レフェリーが場外に蹴り落とすし、何ともドランクマッチらしい地獄絵図だった……

第4試合

2015-8-2DDT新木場_第4試合①第1試合で高木大社長から沖縄から戻っていい代わりに、営業職として3か月の大阪赴任を命じられた鈴木大。高木はその餞にスペシャルな相手とのシングルマッチを用意すると言っていたが、その相手として登場したのは両国大会のメインイベンターである坂口征夫。
坂口の曲を聴いた瞬間に項垂れる鈴木は握手を求めるが坂口は無視。頭を抱えた鈴木だが、大「スズキ」コールを受けて前に出てエルボーを連打。だが、ボディブローから蹴り飛ばしていった坂口は、ボディブローからのローキックで片膝をつかせると、ミドルキックで吹っ飛ばす。

胸を突き出して手招きした坂口に対し、意を決してチョップを連打していった鈴木だが、坂口は小手投げで倒すとチキンウイング・アームロック。必死でロープに逃れた鈴木だが、坂口はまたも小手投げで倒すとアームロックと思わせて腕十字へ。足を抱え込んでクラッチを切ったが、それでも鈴木はどうにかロープに脱出。
ミドルキックを叩き込んでから踏みつけた坂口だが、立ち上がった鈴木は坂口の蹴りを受け止めてからエルボーを連打。さらにミドルキックをキャッチした鈴木は坂口を抱え上げるとエアプレンスピン。そのままマットに叩き落とした鈴木はブレーンバスター。

鈴木は串刺し攻撃を狙うが蹴りで迎撃する坂口。頭から突っ込んでいった鈴木は何度も突進するが、蹴りで迎撃した坂口はランニングキックで倒すとスリーパーに捉える。そのまましゃがませてPKを叩き込んだが鈴木はカウント2で返す。ボディブローからニーリフトを叩き込んだ坂口は神の右膝(=串刺しニー)を狙うが、「ちょっと待って!」と坂口を止めた鈴木は「僕の話を聞いてくれませんか? 坂口さんを漢(おとこ)と見込んでのお願いです!」と言って土下座。
2015-8-2DDT新木場_第4試合②さらにセコンドから缶ビールを受け取った鈴木は坂口に手渡す。「分かってんじゃねぇか」と思わず笑顔になった坂口は鈴木と一緒にトップロープの上に座って話を聞き始める。鈴木は沖縄での苦労話をしはじめる。話を聞いた坂口は思わず乾杯。そして「坂口さんってDDT何年目でしたっけ?」と尋ねる。

坂口が3年目と答えると、鈴木は2年半なのでほぼ同期ということなので「今日のところは引き分けで手を打つっていうのはどうでしょう」と提案。悩む坂口に張り手を見舞って「男だろ、坂口!」と喝を入れる鈴木だが、坂口は「引き分けでいいのか?」と言ってマットに降りると鈴木に向かって語りだそうとするが、鈴木は背後から丸め込む。
カウント2で返した坂口は張り手を見舞うと、「男なら堂々と来い! 俺を超えていけ!」と言って自ら大の字になってみせる。鈴木はそこをカバーするが、カウント2で返した坂口は電光石火の腕十字を極めて鈴木からタップを奪った。試合後、握手を求める鈴木を蹴り飛ばして坂口は引き上げていった。

第5試合

2015-8-2DDT新木場_第5試合すべてのダンスと歌が認められるトーキョーダンシング&昭和歌謡デスマッチというアナウンスのあとに福田が入場。対戦相手はもちろん平田だが、平田があの曲で踊る前にマイクを持って「1曲聞いてください」と言った福田は『また逢う日まで』を歌い出す。
しかし平田がマイクを奪い取って「人が踊ってんでしょうがー! 心折れちゃうだろうが! 人のダンス止めやがって。今日はこの試合を通じて歌より踊りのほうがすげーってことを証明してやるよ!」と絶叫すると、福田とコラコラ問答。

試合開始のゴングが鳴ると、「U・S・A」コールのあとに「GO」コールが起こる。福田がショルダータックルでなぎ倒すが平田がカウンターのドロップキックを返すと、サングラスを手にしてあの曲をかけるが、背後から襲いかかった福田は「これがないと踊れないらしいな」と言って平田GOサングラスをバックステージに向かって投げ捨てる。
「これでお前はだたのチャラ男だな」と福田が平田に襲いかかるが、コルバタで福田を投げた平田は「メガネがないと踊れないよー……なーんちゃって! 俺がTOKYO,GOだけの男だと思うな! レパートリーはまだあるんだよ! ミュージックカモン!」と音響係にリクエスト。

EDM調の曲が流れる中、平田が踊り始めるが、福田が襲いかかっていき、マイクを手に歌おうとするが、平田が阻止。両者のラリアットが相打ちになってダブルダウン。そこに中津が「メガネあったよー」と投げ捨てられた平田GOサングラスを持ってくるが、平田がダウンしているため、自ら装着。しかしあの曲を聞いたが立ち上がって中津をパンチでKOすると、「調子乗ってんじゃねぇぞ!」と一喝してからサングラスを装着。
あの曲が流れる中、福田の攻撃を曲に合わせて迎撃していくが、倒れた福田はマイクを持つと「待ってくれー! すごい腰つきだ。ダンスがうまいのも分かる。でも俺の言い分も聞いてくれ」と言い出す。そしてダンスと歌のどっちが上か闘っているが、そんな闘いは不毛であって、歌もダンスも戦争の道具ではなくお客さんを笑顔にさせるエンターテイメントじゃないのかと力説。

その上で「平田さん、僕はあなたと一緒に歌をうたいたかった! 僕が4年前にユニオンプロレスの門を叩いたのもそのせいです。僕と一緒に歌、うたってくれませんか?」と訴える。それを聞いた平田は「不器用な奴だな。歌おうよ! みんなもさ、歌おうよ!」と観客に向かって言い出し、観客を立たせた上で『サライ』を熱唱。
歌いおえたところで福田が平田に握手を求める。感動した様子で応じた平田だが、そこを首固めで福田が丸め込んで3カウント。平田は福田に詰め寄るがまさしく後の祭りだった……

デビューが決まった練習生挨拶

2015-8-2DDT新木場_デビューが決まった渡瀬と井上を伊橋がチーム伊橋に勧誘昼のDNAで発表されたが、8.23両国大会でデビューすることが決まった渡瀬瑞基と井上麻生がリング上へ。まずは渡瀬が「吉本興業、てのりタイガーの渡瀬瑞基と申します。自分の小学生からの夢だったプロレスラーになるということが、今日のお昼にいきなり発表され、なかなか実感湧かず、DDTの公式Twitterを確認したんですけど、ちゃんと書いてあったんですけど、渡瀬瑞基の“基”の字が間違っていました。樹木の樹になっていたんですけど、基本の基ですのでよろしくお願いします。名前は間違っていたんですけど、間違いなく僕がデビューしますのでよろしくお願いします。そしてヤス・ウラノさん、彰人さん、中津さん、すごいレスラーだと思いますが、勝ちたいと思います!」と挨拶。

続いて井上が「本日、突然デビューが決まった井上麻生です。女優に井上真央さんっていますが、漢字は違うんですけど同じ名前なので覚えやすいと思います。ぜひ皆さん、覚えていただけたら嬉しいです。ちなみに年齢は18歳です。(※場内から「えー」の声)この間まで高校生でした。まだまだ未熟な自分ですが、デビューが決まったからにはやります。やってやります! 応援よろしくお願いします」と挨拶。

すると、そこに「オイオイ、俺の曲をかけろ!」と言いながら、外の売店にいた伊橋が飛び込んでくる。伊橋の曲がかかると、花道から改めて登場した伊橋は「おい鶴見! イキのいいのが入ってきたじゃねぇかよ! 井上と渡瀬? こいつらよ、このDDTでも名伯楽と名高い俺様に預けてみないか? 俺様はいまチーム伊橋のメンバーを大募集しているんだよ。お前らなかなかいい素材らしいけど、そこをもっとチーム伊橋に入って磨き上げてみないか?」と勧誘。
2015-8-2DDT新木場_勧誘を断った渡瀬が伊橋にドロップキックしかし渡瀬と井上は「申し訳ありませんが」「お断りいたします」とキッパリと拒否。激怒した伊橋が襲いかかると、渡瀬はドロップキック。さらに井上も打点の高いドロップキックで伊橋を撃退してみせた。

「何かスッとした!」という亜門GMから、両国大会はあと1試合、タッグ形式の時間差タッグバトルロイヤルが予定されていて、プロレスデビューするLiLiCoはこの試合に出場するとアナウンスされた。

第6試合

2015-8-2DDT新木場_第6試合昼のDNAで行われたプロレス甲子園2015で優勝した樋口は、その特典としてXと対戦。しかし登場した樋口はGMに向かって「GM、いままで裏で試合に出て来た人をチェックしていたんですけど、今出てきてない選手ってHARASHIMAさん、彰人さん、KUDOさん、高梨さん、男色ディーノさん……これ普通に考えればHARASHIMAさん、彰人さんvs.KUDOさん高梨さんじゃないですか、メインイベントで? あの〜、まさか自分の相手は男色ディーノさんじゃないですよね?(苦笑)昼のプロレス甲子園で1日3試合やって優勝したにも関わらず、そのご褒美が男色ディーノさんっていうのはないですよね?」と尋ねる。
「まあまあまあ、そう焦らないで。とりあえずテーマ曲を聴いて。テーマ曲聞いて初めて分かるってことになっているんで」とGMが樋口を説得するが、井上リングアナが「ただいまより入場してくるX選手はホモでございます!」とアナウンス。もちろん登場したのは『スリル』に乗った男色ディーノ。

観客とビールで乾杯しながら登場したディーノは、樋口にも缶ビールを渡して乾杯すると、一気飲みしている樋口の腹部を缶ビールで殴打してから頭部にも一撃。場外に出た樋口を追いかけ、バックから腰を振っていくディーノだが、樋口もチョップで反撃。樋口をステージの上まで連れていったディーノはナックル攻撃。
樋口も逆水平チョップを返すが、男色クローでリングに連れ戻したディーノは樋口のバックを取ると、タイツの中に手を入れながら観客から奪い取った帽子を樋口に被せてからの男色殺法。バックを取った状態で腰をガンガン振っていったディーノはナイトメアーをしながら「オー」と拳を突き上げる。

そこから自らを張って顔面騎乗。カウント2でどうにか返した樋口はディーノのリップロックをどうにか防ぐとうっちゃりで投げてからチョップ。さらに立ち合いから相撲タックルで吹っ飛ばすが、ディーノは急所攻撃でキックアウト。どうにかボディスラムで叩き付けた樋口はジャンピング・ボディプレス。
ブレーンクローをしながらディーノの首をねじ切らんばかりに捻り上げていった樋口だが、ディーノもどうにかロープに脱出。「よし、いくぞ!」と自らを鼓舞するように拳を握った樋口は轟天(=カナディアンバックブリーカー→高角度のど輪落とし)の体勢に。

しかし樋口のタイツを下げて防御したディーノは男色スクリューからシャイニングあてがい。さらにファイト一発から男色ドライバーを狙ったが、樋口はのど輪で逆にディーノを捕まえる。だが、ぬるりと滑って逃れたディーノはゲイ道クラッチ。
カウント2で返した樋口にディーノが突進するが、樋口がかわすとディーノは松井レフェリーにリップロック。さらに樋口の串刺し攻撃を松井レフェリーに誤爆すると、ディーノは樋口に男色コンプリート・ショット。そこからタイツを下げてコーナーにセット。すかさず大石が樋口をホイップしようとしたが、逆に樋口が大石をホイップしてもんまりの餌食にする。

そこから四股を踏んだ樋口はディーノの尻に向かってマシンガン突っ張り。ぐったりするディーノに対し、男色タイツを上げて尻を覆った樋口は、どの体勢からディーノをカナディアンバックブリーカーで担ぎ上げる。悲鳴をあげながらタップしたディーノだが、松井レフェリーはまだ倒れたまま。樋口が松井レフェリーを起こそうとするが、背後から近づいていたディーノは振り向いた樋口にリップロック。
腕がダラリと垂れた樋口を見て、梅田と鈴木が「もういいよ!」とタオルを投げようとするが、中津や岩﨑が必死に食い止める。すると樋口は苦悶の表情を浮かべながらも男色タイツをマワシ代わりに掴む。上手を取った樋口だがディーノも樋口のタイツを引っ張りあげて上手を取る。

がっぷり四つの状態だが、樋口がリップロックに落ちそうになる。中津がプロレス甲子園で優勝したDNAの代表である樋口を応援すると、樋口はどうにか反撃しようと両腕を掲げるが、次の瞬間、何かが樋口の中でぷっつりと切れてしまいタップアウト!
2015-8-2DDT新木場_ディーノのリップロックにギブアップした樋口に詰め寄るDNA勢若い衆を一蹴したディーノは嘔吐く樋口を見ながらニヤリと笑うと、缶ビールで祝杯をあげた。DNA勢がリングに上がってきて、樋口に向かって「甲子園優勝してDNA代表でしょ? なにあっさりギブアップしてんだよ! ふざけるな!」と言いながら詰め寄る。そして謝る樋口を全員で樋口を袋叩きに。さらに中津がミドルキックを叩き込み、とっとと退場。仲間だと言っていたDNA勢から三下り半を突き付けられた樋口は、負けた高校球児のように肩を落として引き上げていった……

第7試合

2015-8-2DDT新木場_第7試合メインイベントは樋口の読み通り、KUDO&高梨vs.HARASHIMA&彰人。KUDOとHARASHIMAの先発で試合開始と思いきや、寸前で高梨が代わって先発で出て行く。腕の取り合いからヘッドロックに捉えたHARASHIMAだが、リストロックで切り返した高梨。ヘッドシザースでHARASHIMAが脱出すると、KUDOと彰人がリングイン。
腕の取り合いからKUDOがニーリフト、ミドルキック。すかさず高梨が入ってきて連係攻撃を繰り出す酒呑童子。高梨はロメロスペシャルの体勢から吊り上げようとするが、上がらないので「恥かかせやがって!」とストンピングにスイッチ。

しかし高梨のヘアーホイップを踏ん張った彰人は逆に高梨を投げ飛ばすとHARASHIMAにタッチ。すると今度はHARASHIMAがロメロスペシャルの体勢から糸も簡単に吊り上げる。KUDOが顔面を踏みつけて高梨を救出したが、彰人が河津落としから横十字固め。さらに俵返しを狙ったが、股下をくぐって脱出した高梨はミサイルキック。
タッチを受けたKUDOはミドルキックをHARASHIMAと彰人に叩き込むと、同じコーナーにホイップしてから8×4(=走り込み串刺しジャンピング肘打ち)。さらに彰人にダイビング・ダブルニーアタックを発射。彰人も時間差ロープワークからヒザへの低空ドロップキックを叩き込んでの俵返し。

タッチを受けたHARASHIMAはダイビング・カンフーキックから串刺しフロントキック。さらにエプロンに出てKUDOの串刺し攻撃をかわすとロープ越しのハイキックからスワンダイブ式エルボーアタック。お互いにロープに飛んだ相手に追走式フロントキックを叩き込むとミドルキック合戦に。
そこからハイキックが相打ちになると両者ダウン。タッチを受けた高梨が彰人にナックルからサミング。彰人はワキ固めで切り返すが、丸め込んでいく高梨はオクラホマロール。切り返した彰人は、回転エビ固めを狙った高梨を逆に丸め込むが、高梨はタカタニックの体勢に。

だが、彰人がこれを逃れるとKUDOが入ってきて合体攻撃を狙う。しかしKUDOの蹴り脚をキャッチして高梨にパスした彰人は2人まとめてドラゴンスクリュー。さらにHARASHIMAが入ってきてトレイン攻撃からスワンダイブ式ボディプレスを投下するが、高梨も彰人の串刺し攻撃をかわしてネックブリーカー。そこにKUDOがダイビング・ダブルニードロップを投下。
しかし高梨が彰人をコーナーに逆さ吊りにすると、KUDOがコーナーに登っていく。しかしHARASHIMAが追いかけていって雪崩式ブレーンバスターで投げると、そのままファルコンアローで叩き付ける。彰人も上にトスしてからニーリフトでカチあげるとギャラリア(=ドラゴンスリーパーからのドライバー)で叩き付ける。

そこにHARASHIMAが飛び込んで来るが、KUDOは逆上がり式逆さ押さえ込み。だが、彰人がKUDOをのバックを取ってアームクラッチ式ジャーマンで投げ捨ててからコーナーに乗せてキン肉大移動を狙う。KUDOが着地すると高梨が入ってくるが、かわした彰人はKUDOの蹴り足をキャッチして高梨にパス。だが、KUDOがスピンキックを叩き込むと、高梨がトラースキック。そこにKUDOがダメ押しのダイビング・ダブルニードロップを投下して3カウント。
勝つなり祝杯をあげた高梨が「勝って呑む酒はやっぱ美味いっすね。皆さんもビアガーデンプロレス、最高の酒、飲めない人は最高のプロレス見て楽しんでますか? でもな、もっともっとこれからDDTビアガーデン、平日、楽しくなるからな! 各ユニットの応援……まあ応援しなくても楽しんでいってください」と言うと、KUDOが「ビアガーデンまだ始まったばかりですけど、僕ら酒呑童子DAYもあります。そしてビアガーデンプロレスが終わったら両国大会が控えています。本当に時の流れが早くて……でもね! 時の流れが早いからこそ、俺は今を一生懸命生きます! そして今、一生懸命、今日は酒飲みます! いくぞー、酒盛りだー!」と乾杯して大会を締めた。

<試合後コメント>
鈴木大
――沖縄修行が終了し、次の辞令も早々に出ました。
「そうですね、僕の望みといいますか、東京に戻ってきて皆と一緒にDNAをDDTで頑張るという、僕の望みを聞いていただきまして、大阪で3か月、営業として頑張っていくことになりました。今後もまずは大阪大会をしっかり成功させるために、沖縄で培ってきた営業能力、こちらを使って、DDTのために頑張っていければなと決意いたしました!」
――大阪という地は行ったことは?
「はい、一度だけ行ったことがあります。知り合いは特に……はい、アテはございません」
――アテはございません?
「まあアテはございません」
――ここから開拓して?
「そうですね、はい! 何事もイチから……ゼロから切り開いていくものだと思います。沖縄も結局、ボクはゼロからのスタートだったので。大阪であっても、沖縄であっても、日本全国どこであっても、ゼロから……マイナスから……マイナスからのスタートとして! 頑張って行ければなと思っております」
――マイナスからのスタート?
「はい、マイナスです! 僕でマイナスです。ま、まあゼロからのスタートで頑張ります」
――大社長から餞の坂口戦をプレゼントされましたがいかがでした?
「はい、殺す気かと思いました。これからもよろしくお願いします」
――営業目標としては?
「そうですね、(8.28大阪大会の)満員です。はい。超満員札止めを目指して頑張ります」
――社長から営業として優秀だと言われていましたが、営業としての一番の武器はなんですか?
「そうですね、しつこい・優しい・しつこいです。この3つです」
――実際に歌が上手くなる粉の営業というのはどれぐらい売り上げたのですか?
「そうですね、基本的に各スタートから1年ぐらいですけれども、200店舗から300店舗ぐらいには回ってますね」

関連記事

サイト内検索

団体別

日別

2017年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

月別

ページ上部へ戻る