ゴージャス松野がバブリーを倒すため歌舞伎町に再臨!「俺様はホストもやってるし、DV離婚騒動で一文無しになり500万でビデオにでた」

  • 1
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 28日、プロレス団体『P.P.P.TOKYO』が新宿歌舞伎町・SOD LANDにて、9月14日に新宿FACEで開催される『SOD BASARA presents P.P.P.TOKYO 酒池肉林祭』に関する記者会見を開催。ゴージャス松野が乱入し、“バブリー”力との全面対抗戦が決定した。

 『P.P.P TOKYO』は“令和のバブル”をテーマにセクシー男優のしみけんがアドバイザーを務めるプロレス団体。慶應義塾大学卒の元・博報堂レスラー三富兜翔が総帥としてプロデュースし、シャンパンタワーやテキーラが飛び交うパリピ興行なため、当時オファーを受けた力道山三世の力(ちから)は「パリピではないのでこのノリについていけない」と出場を辞退する。しかし、力によく似た“バブリー”力が左右に女性を侍らせながら「力選手はバブリーにでれないからオレが代わりにでることになったメーン!」と参戦を表明し、今や“バブリー軍”を結成するほどPPPで人気選手となっていった。

 これに異を唱えたのが、バブリー参戦以前のPPP初期を盛り上げていたゴージャス松野。会見に乱入した松野は「あん時の感動とみんなで力を合わせようって言った時の心忘れたのかよ?人間、忘れちゃならないものは、義理と、人情だよ。なんで俺がPPP出てねーんだよ最近」と憤慨し、言い訳をする三富兜翔総帥が平成元年生まれである事を指摘すると「平成以降にバブルなんかないんだよ馬鹿野郎!バブルって言ったら昭和。この俺様は昭和のバブルの真っ只中を生きてきたんだよ。歌舞伎町で俺様はホストもやってるし、ましてSODさんとコラボ?言っちゃ悪いけども、俺はもうセクシービデオ2本やってます。2本で500万もらいました。DV離婚騒動があって、一文無しになってやったんだよ!実際は暴力もなにもないって裁判で証明されてるけど、イメージがやっぱり残ってる。言葉はついてまわる。また松野DVとか記者さんすぐ書いちゃう」とまくしたてる。

 その松野に対し、SOD女子社員をはべらせて登場した“バブリー”力は「ブラザー松野、残念ながら、PPPのスターの座はバブリーが奪ってしまったメーン。バブリーには心強いファミリーが沢山いるんだメーン!覚悟しておくメーン。どっちがナンバーワンのパリピか決めるメーン」と挑発。
 これを受けて松野は「バブリーとか言ってるけどよ、お前力だろ!なんか満たされなくてそんなカッコしてんだろ。逃げてんじゃねーのか?お前仮の姿でよ、自己顕示欲満たしてんじゃねーのか?パリピの前によ、お前をホントの力に戻してやるよ。そしてゴージャスか、バブリーが、どっちが世界の上にいるか決めてやるよ。9月14日はお前の最後のバブリーのリングだ。それ以降は、初期のゴージャス松野が牛耳ってやるよ」と、バブリー軍vsゴージャス軍の全面対抗戦を決定した。

 当日は筋肉系YoutuberでありSOD専属女優のちゃんよたによるプロレスデビューも決定。オリンピック後の東京で令和のバブルと昭和のゴージャスが激突する。

関連記事

サイト内検索

日別

2021年10月
« 9月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

月別

ページ上部へ戻る