三冠ヘビー級王者が靖国神社に降臨!「『全日本プロレス、ここに在り』っつーのを見せたかった」

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 27日、東京都・靖国神社にて『第19回奉納プロレス・大和神州ちから祭り~プロレスオールスター 大チャリティー祭り~』が行われ、全日本プロレスの面々がプロレスを奉納した。

 靖国神社でのプロレス奉納は、1961年4月に力道山率いる日本プロレスが例大祭にて初めて実施。まだ若手であった馬場正平(ジャイアント馬場)、猪木寛至(アントニオ猪木)らが神前試合を行った。
 その後は奉納プロレスの文化が途絶えていたが、2005年に当時のZERO1-MAXが44年ぶりに『大和神州ちから祭り』として復活させ、以降は毎年伝統行事として定着させてきた。
 今大会ではコロナ禍にあえぐ日本に元気を与えるため、全20団体から総勢54選手が集結。それぞれ熱い想いを持って奉納プロレスに臨んだ。

 この日は全日本プロレスの提供試合として、諏訪魔&田村男児vs石川修司&本田竜輝のタッグマッチが実施。
 全員奉納プロレス初参戦となるこの試合では、今年1月まで“暴走大巨人”としてタッグで戦ってきた諏訪魔と石川の対決に注目が集まった。靖国神社の土俵の上に立てられたリングの上で一際身体の大きい2人が真っ向からぶつかり合う姿に観衆は大興奮。
 今大会は屋外会場であるため声を出しての応援が認められており、久々の大歓声を浴びた諏訪魔は満面の笑みを浮かべながら軽妙なトークで観衆を盛り上げていき、最後は若手の本田にラリアットからバックドロップを決めて勝利を果たした。

 現三冠ヘビー級王者の諏訪魔は、初の靖国神社での試合を振り返り「『全日本プロレス、ここに在り』っつーのを見せたかった。この靖国神社という舞台でね、奉納プロレスがで きたっていうのは、もう感無量ですよね。感動しました。素晴らしいですね。俺もまだ全日本プロレスでも素晴らしいものを提供していきたいと思います。いい刺激もらいました」と穏やかに笑う。

 しかし、男児が「神聖な靖国神社で試合ができたのは凄く光栄でありがたく思います」と感謝の言葉を述べ始めると、諏訪魔は「お前!綺麗事ばっかり言ってんじゃねーよお前よお前!ホントにお前よ、普段の道場の試合じゃねーかよお前!あんなの道場だよお前!道場でやってるのと一緒だよお前。お前どこでも一緒のことやってんじゃねーよお前!ミッチリ教えてやる。来いお前コノヤロー!来い!」と“お前”を連呼する諏訪魔節を炸裂させ、男児を控室へと連行していった。

関連記事

サイト内検索

日別

2022年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

月別

ページ上部へ戻る