中邑真輔がまさかの敗戦を喫しサミ・ゼインvsダニエル・ブライアンのIC王座戦が決定

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

 現地時間3月27日、フロリダ州オーランドのWWEパフォーマンスセンターでスマックダウンが開催され、中邑真輔がサミ・ゼインのIC王座戦を巡ってドリュー・グラックと対戦した。ゼインがダニエル・ブライアンの王座戦要求に対して「グラックが中邑に勝てればな」と条件を付けて決定したこの一戦。意気込むグラックがドロップキックやドラゴン・スクリューで攻め込めば、中邑は2ndロープからのダイビング・ニーを叩き込んで応戦した。さらに試合終盤には中邑がフェイスバスターから必殺のキンシャサを狙ったが、グラックはセコンドのブライアンのアシストでこれを回避すると、中邑はそのままグラックのジャックナイフで丸め込まれて3カウント。中邑はグラック相手にまさかの敗戦を喫し、ゼインとブライアンのIC王座戦がPPV「レッスルマニア36」で決定した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2020 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×