アンブローズがバトルロイヤル優勝者を一蹴しIC王座防衛!ロンダが遺恨タッグ戦をアームバーで制す

  • 0
    はてなブックマークに追加
  • LINEでシェア

米国現地時間12月29日収録、12月31日放送のロウがミシガン州デトロイトのリトル・シーザーズ・アリーナにて開催された。

▼IC王者アンブローズ、ダーティ・ディーズ一撃で王座防衛
 IC王者アンブローズはバトルロイヤル戦で王座挑戦権を獲得したアポロ・クルーズと対戦し、ダーティ・ディーズ一撃で退けて王座防衛に成功した。
 アンブローズはフィン・ベイラーやバロン・コービンら14人が参加したバトルロイヤル戦を制したクルーズの挑戦を受けると、その勢いに押されて苦戦を強いられた。クロスボディやシューティングスタープレス、エプロンからのムーンサルトと大一番に果敢に攻め込むクルーズに対し、防戦が続いたアンブローズはサミングも繰り出して辛うじて攻撃を回避。さらにトペ・コンヒーロも食らって劣勢のアンブローズだったが、コーナートップからのフロッグスプラッシュを寸前のところでかわすと、ダーティ・ディーズ一発でクルーズを沈めて3カウント。王者アンブローズが健闘したクルーズを最後の一撃で退けて王座防衛を果たした。

▼ロンダ、遺恨タッグ戦をアームバーで制す

 ロウ女子王者ロンダ・ラウジーが先週の王座防衛戦から一転して盟友ナタリアとタッグを組んで、因縁のナイア・ジャックス&タミーナ組と激突。ロンダがアームバーでタミーナからタップ勝ちを収めた。
 試合前、ナタリアがインタビュー中にナイア&タミーナの暴行を受けて遺恨を深めると、この行為に激怒したロンダはゴング前から2人に襲い掛かかってタミーナに払い腰、ナイアをアームバーで攻撃するとコーナートップから場外へのクロスボディも繰り出した。一時はナタリアが2人のパワーファイトに捕まって劣勢となるも、ロンダはナイアにコンビネーションブローやジャンピングエルボーで攻め込み、交代したタミーナのスーパーフライ・スプラッシュを足を立てて迎撃すると、最後はアームバーでタミーナからタップを奪って勝利した。

【関連サイト】
WWEオフィシャルサイト:http://www.wwe.co.jp/
WWEネットワーク: http://network.wwe.com
DAZNオフィシャルサイト: http://www.dazn.com/
J SPORTSオフィシャルサイト: http://www.jsports.co.jp/
WWE Live Japanオフィシャルサイト: http://www.wwe.co.jp/wwelive/index

(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

関連記事

サイト内検索

日別

2020年1月
« 12月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  

月別

ページ上部へ戻る
×